« 梨の花 ~梨畑にて~ | トップページ | 今年のチューリップ »

2007/04/20

産毛に包まれて

近所の造園屋さんのストック場に、この木はありました。 
 
070408karataneogatama 冬のうちからずっとずっと
 気になっていたんです。
 この柔らかい毛の生えた
 茶色のコートの中が。
 この姿の期間の長かったこと…
 4月にはいってようやく
 動き出したのでした。
 
 (4/8 撮影)
 
 
070412karataneogatama_tubomi   ほら、見て見て!
   茶色のコートを脱いで
   蕾が顔を覗かせています。
  
   長いこと待ったね。
   どんな花を見せてくれるの?
 
   (4/12 撮影)
 
 
070414karataneogatama_hana ついに咲きました!
 直径4~5cmの花です。
 花びらに、うっすらと赤っぽい
 縁取りが施されています。
 派手さはないけれど
 しっとりと落ち着いた
 可愛らしさを感じます。
 
 (4/14 撮影)
 
 
さて、この花木はどなたなのでしょう? 
「カラタネオガタマ」という答えに行き着いたのですが合っているでしょうか?
 
「カラタネオガタマ(唐種招霊)」:モクレン科 ・オガタマノキ属(?) 中国原産
            モクレン科の中ではもっとも小型の花をつけるそうです。
            バナナのような強い芳香があるとのことですが、写真を撮った日は
            1~2輪咲いたばかりだったからか、気付きませんでした。
 

|

« 梨の花 ~梨畑にて~ | トップページ | 今年のチューリップ »

コメント

昨日の白い花(咲き進むとオシベの色が変わるんですね!)も可憐でしたけど、今日はまたシックな色が素敵ですね。(これは「見て見て」ですよね♪)
手触りの良さそうな産毛に包まれて。
大事に守られていた令嬢の、初お披露目といったところでしょうか。(^o^)
まさに茶色のコートですね。
モクレン科とのことで、アーモンド型の蕾にも納得しました。

投稿: nanbu | 2007/04/20 10:41

おう、茶色のコートからちょこんとピンクの顔を出して。これ可愛いね。
先にコートを脱いだ花を見ながら、もう大丈夫?と言ってるみたい。
カラタネオガタマですか。招霊・・・霊を招く唐の国の種・・・これはすごいネーミング。
ガラス玉をポイして今度からこのオガタマにしよう。少しは占いが当たるかも(^g^)

投稿: あまもり | 2007/04/20 11:29

今 調べに帰りましたら去年の6月に薬用植物園で撮っていました。ポージィさんのようにきれいには撮れませんでしたが・・・。
TBしますね^^
茶色の毛皮のコートね・・・ う~ん見てみたいです。
実のようにも見えます。

投稿: 池田姫 | 2007/04/20 12:16

みた事無い花だぞ?カラタネオガタマ、分布が関東以西の太平洋側、四国、九州、沖縄、台湾と本に書いてありました。ナットク!!中々、カワイイ花ですね。

投稿: ロココ | 2007/04/20 16:58

ピンクの縁取りも可愛いですね。
泉の森に咲くはずですが、どうなっているか今度見てきます。
カラタネ・・実がなるかどうか楽しみですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/04/20 17:19

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

梨の花はエレガント、こちらのカラタネオガタマの花はシックな美しさ。
神社などに植えられることの多い木で神木ともされるとか…
蕾はなんとも可愛らしい姿♪
茶色のコートは、実際柔らかくていい手触りでしたよ。
何しろコートをまとったままの期間が何ヶ月もあったので、
何度か指先でナデナデして感触を楽しみました~(^^)
手触りは、モクレンの毛皮のコートよりランクが上でしたヨ。エヘ


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ねっ、ねっ。可愛いですよね~ ついにコートを脱いだ子、
脱ごうかどうしようか…という子の姿を見たときは心が震えました(*^^*)
そっか、先に脱いだ子に大丈夫かどうか確認しているんですね。

「カラタネオガタマ」の名前にはびっくりですよね。
なんかすごい神事に使われてきた由来がありそうな…
えっ、ガラス玉をポイしてですか? いやぁ、それはこの木の
霊力が確認できてからにしましょうよ、モッタイナイですもん(^^)


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

TBありがとうございます。拝見してきましたよ~
確信が持てました。同じですね!
この茶色のコートに最初に気付いたのがいつだったか、
記憶が定かではないのですが、でもとにかくずーーーっと前だった
ことは確かです。この場所を通るたびに茶色のコートを見続け、
春になったら、少しずつ大きくなってきたのに気付いて
ワクワクしていたんですよ(^^)
今度の冬は池田姫さんもこのコートを見て触ってみてください。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

あ、こんども分布地域を調べてくださったのですね。
中国南部が原産地だそうですから、比較的温暖な地域じゃないと
育たないのでしょうね。
初めて出会いましたが、落ち着き感ある可愛らしい花でした(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのブログ内検索で、去年アップされたカラタネオガタマの花を
拝見してきました。もっと赤っぽいタイプの花でしたね。
それが泉の森のものですか?きっと咲いているのではないかしら。楽しみですね。
私もこれからも時どき見に行って、実が生るかどうか見届けたいと思います。
ただし、ストック場から無くならなければ、ですけれど(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/04/20 18:14

こんばんは。
カラタネオガタマとはまた珍しいお花です。
きれいな色ですね。シベの色もなかなか。
本当に茶色のコートですね。春になって脱いで、皆にお披露目するのが洒落ています。
秋には赤い実が生るようですが、愉しみですね。
それまで売れてしまうでしょうか。

投稿: | 2007/04/20 19:24

上はtonaです。この頃登録されないものですからまた忘れてしまい失礼しました。

投稿: tona | 2007/04/20 19:26

こんばんは。
なんだか、舌を噛みそうな名前ですね(笑)。
実は好物のアーモンドみたい。。
奇麗な花が咲くんですね〜♪
4〜5センチ、けっこう大きいですね。

投稿: noodles3 | 2007/04/20 20:28

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

この情報を登録する の横の四角をクリックしても出てきませんか?
ふ…む どうして登録機能がうまく働かないのか。
まさかテンプレートのせいかしら?? ご不便おかけしてすみません。

この花木の名前は、他のブロガーさんのところで見せて頂いて
知っていたのですが、まさかこのストック場にあるとは思ってもいなくて
思いがけない嬉しい出会いとなりました。小さくて色も派手さはありませんが
印象深い綺麗な花でした。
それにしても「招霊」とは、いかにも霊力のありそうな名前の木ですね(^^;)
できれば実が生った様子も見てみたいものです。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

ですよね。カタカナだけ見たら何のことやら
さっぱり分からない上に舌を噛みそう(^^;) 
実は悟郎さんのブログにも登場したことがあるんですよ。
この名前が印象深くて頭の隅っこに残っていました。
あ、このアーモンドみたいなのは蕾で、茶色の膜を被っています。
(2枚の托葉が変化したものだそうです)
いい色合いの綺麗な花ですよね。noodles3さん好みかも。
4~5cmは、モクレンの仲間うちではかなり小さい方だと思いますヨ。

投稿: ポージィ | 2007/04/20 21:25

ツボミの時を見たら、どんな花が咲くんだろう?って楽しみですよね。
モクレン科のお仲間は皆、中のしべが豪華版ですよね。
バナナの香りは気付かなかったですねぇ。
結構顔を近づけて写真撮ったりしたけど分かんなかった。
香りやすい時期や時間帯ってあるんでしょうかねぇ。。。

投稿: ちょびママ | 2007/04/21 00:59

カラタネオガタマに出会われたのですね。
可愛いですね。
私の出会ったものは、もう少しクリーム色が強くて、こんなピンクっぽいイメージではなかったです。
その木も、もととも駐車場の隅っこにあったのですが、いよいよ建物が建ち始め、伐採されてしまいました。
「バチがあたるぞ!」って、小さくつぶやいてやりました(笑)。
もう1ヶ所確認は出来ているのですが、少々遠くにあるので、今年は出会えるかどうか…
でも私のことですから、行くはめになるんだろうな(笑)。

投稿: goro's | 2007/04/21 02:28

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

今回、蕾なのか葉が出てくる芽なのかすら確信がなかったので、
なおさらワクワク楽しみにしていました。カラタネオガタマかなぁ~?
と半信半疑で予想を立ててはいましたけれど(^^)

ちょびママさんの仰るとおりですね。モクレン科のシベのぶっとくて
立派なことといったら…(^o^)花は小さくてもカラタネオガタマさんも
例外ではないようです。
あ、ちょびママさんも香りにはお気づきにならなかったのね。
大抵どのサイトさんを拝見しても、香りが、香りがって書いてあるのに。
きっと私たちが近づいたときは香る時期じゃなかったんですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

半信半疑で長いこと見つめ続けてきて、花でいよいよ確信が深まりました。
自分がカラタネオガタマを実際に見られるなんて思ってもいなかったので、
これには感激しましたよー。可愛い花ですね。
どうやら、花色は悟郎さんが撮られたようなクリーム系のものもあれば、
私が撮ったものよりもっとピンクが濃いものもあるようですね。

え"ッ!伐採されちゃったんですか? ぅぅ可哀想に…
そんなに大きな木でもないのに、移植もできなかったんでしょうかね。
御神木とされる木なのにぃ(^^;)
少々遠くにある、別のカラタネさん。悟郎さんのことですから
きっと見にいらっしゃるでしょうね~。(無理はなさらないで下さいね ^^)

投稿: ポージィ | 2007/04/21 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14712273

この記事へのトラックバック一覧です: 産毛に包まれて:

» カラタネオガタマ [池田姫のきままLife]
        唐種招霊(からたねおがたま) モクレン科      中国原産 江戸時代に渡来 神社などに比較的多い 花はあま~い香り                   中国名 含笑花              初めて見ました 素敵な花ですね...... [続きを読む]

受信: 2007/04/20 12:19

« 梨の花 ~梨畑にて~ | トップページ | 今年のチューリップ »