« 実が楽しみ その2 | トップページ | 産毛に包まれて »

2007/04/19

梨の花 ~梨畑にて~

4月半ば、ご近所にある梨畑で、梨の花が満開を迎えていました。
真っ白でフリルのかかった花びら、少し茶色味を帯びた柔らかそうな新芽…
桜にも劣らぬ美しさに、しばし足を止めてうっとりと見入っていました。
 
070413nasi_ki_1 梨の木
 
       070413nasi_hana2 花-1
 
              070413nasi_hana3 花-2
 
薄い花びらたちは、止むことのない春の風に、ふるふると揺れ続けていました。
   (いずれも 4/13 ズーム撮影 
    このところ続いた冷たい雨と風で、一気に散ってしまったかもしれません。)
これも、「実が楽しみ」な一つなのですけれど、果樹畑ですからね、実がある程度
大きくなってくると、袋の中にお隠れあそばして見えなくなってしまうのです(^^)
 
 「ナシ」:バラ科・ナシ属
      中国大陸に自生する原種から、果樹として改良されたそうです。
      (この梨畑の梨の品種名は分かりません。)
 

|

« 実が楽しみ その2 | トップページ | 産毛に包まれて »

コメント

ポージィさん こんにちは~

梨の花の季節なんですね~
木に咲く花って、以外に可憐なものが多いですよね
りんごの花も真っ白で可憐ですよね~
広~い庭があったら梨の木かりんごの木を植えたいです~
実も楽しみですものね^^

投稿: glenn | 2007/04/19 12:41

ナシの花は真っ白な花弁にシベがアクセントをつけて本当に素敵です。
受粉作業を前にして、この天候では農家の方たちも大変ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/04/19 13:04

花だけが先に咲いて後から葉が出て来る桜に比べると,葉とともに花が咲くのはちょっと地味に見えてしまいますね.でもこっちのほうがずっと自然に感じます.ところで,梨畑で,冠を正したりしなかったでしょうね.

投稿: LiLA管理人 | 2007/04/19 13:52

もう、今ぐらいから梨の花って咲くんですね〜!
やはり、バラ科らしい造作の花ですね♪

いきなり木と花だけ見つけたら、わからないだろうなあ(笑)。。

投稿: noodles3 | 2007/04/19 16:05

梨と言ったら秋の味覚
そのせいか花も涼しげに見えるのは気のせいでしょか
白い花って やっぱりいいなぁ♪

投稿: miki | 2007/04/19 16:20

梨のお花は桜のようでも蘂が大きく立派ですね。
白い花びらもとても綺麗です。
これにあの美味しい梨がなるのですね。
筆で花粉をつけたり農家の方はお忙しくなるのでしょう。
バラ科なので桜や木瓜に似ているのですね。

投稿: | 2007/04/19 17:24

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは♪半年後のために、もう今花が咲くんですね。
木に咲く花の可憐さは、私も、ブログを始めてから改めて感じました。
それまでは限られたものしか知らなくて。
残念ながらリンゴの花は、まだ実際に見たことがないんですよ。
でもやっぱり白くて綺麗ですね(^^)
広~いお庭があったら、glennさんは梨か林檎の木を植えられますか?
ステキでしょうね… いろんな果樹を1本ずつ、というのも楽しいかもしれませんね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのブログで拝見してから、また改めて見に行きました。
そして、あぁやっぱり綺麗だーと頑張って撮ってきました(^^)
しべのアクセントは、おーちゃんが書いていらしたように2色でした。
雨続きで、この梨畑の受粉はうまくいったのかどうか… 気になるところです。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

真っ白な花で、もう少し葉の色が赤かったら山桜のようです。
ちょっと地味に見えてしまうのは、花が白で芽吹いたばかりの葉の色が
鮮やかでないからかもしれません。
こちらでは八重桜が見頃を迎えていますが、あれは花と葉が同時でも、
花がピンクのせいか華やかですね。

冠も帽子も被っていなかったので、直したりはしませんでしたが、
カメラを掲げて支柱にへばりついている姿のほうがよっぽどか
怪しかったんじゃないかと思います(^^;)
まだ実が生っているわけじゃないから大丈夫かな。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

梨の花の時期って、4~5月頃のようですよ。
りんごもそうでしたが梨もやっぱりバラ科だな~、ですよね(^^)

私も、梨畑と知っているから分かりますけど、いきなりポンと
見せられたら多分分からないと思います(^^;)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

白さが清楚で爽やかエレガントです。
涼しげに見えるのはそのせいもあるかも~ 秋を連想するのと同時に。
ほかの花色もそれぞれに魅力がいっぱいですけれど、
白い花は、ほかの花に決して真似することのできない
魅力があるんですよね(^^)


◆玲さん、ありがとうございます ♪

そうですね、桜よりしべが長くて目だっていますね。
そうなんです。真っ白の花びらがとても綺麗でエレガントでした。
こちらのお宅では受粉はどうなさっているのか、
私がここを通りかかったときは、たまたまいつも無人でした。
でもきっと秋には瑞々しい実がたくさん生っていることでしょう。
バラ科の木の花たちは、どこかみな共通点がありますね(^^)
バラ科の木って、意外なほど身近にたくさんあってちょっとびっくりです。

投稿: ポージィ | 2007/04/19 17:38

リカの冠のリカが、李下でも、梨下でもどちらでも良いということで、私のスモモの写真とポージィさんの梨の花でワンセット。
でもLiLA管理人さんのコメントでもやっぱり梨ですね。
一般的にはやはり梨の木の下ということのようで。
お互い穴を探さなくて良かった良かった(笑)
梨の花は綺麗やな~(こういう表現はやっぱり馴染みの大阪弁で)。
開き始めの花の葯はちょっと赤っぽい?
開ききると緑色の葯になるのかなぁ。

投稿: あまもり | 2007/04/19 19:24

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんのところで「李下の冠」のお勉強をして間がなかったので、
LiLA管理人さんのコメントにはちょっとドッキリ!(^^;)
李も梨もありとのことでしたね。辞書では李(すもも)で登場しますが、
梨下と覚えている人も多いようで。ホッ(^.^)
ほぉ~んと、あまもりさんの李と私の梨でワンセットになりましたね♪

きれいやなぁ おおきに などの、柔らかくて気持ちのこもった
大阪弁、好きですよ。(好きやなぁ でいいのかな)
葯の色は、あまもりさんの仰るとおりのような気がしますね。
肉眼ではそこまで見えなくて、パソに取り込んだ写真を見て
色が違うことに気付きましたが、上の2枚目の写真の開きかけの花の葯は
明らかに赤っぽいですものね。

投稿: ポージィ | 2007/04/19 21:31

梨の花、好きなんですよ。
昨年から探しているのですが、なかなか気に入ったものには出会えておりません。
こちらでは梨の木、あまり見かけないです。
ヤマナシには今年も会ってきたのですがね。

今日あたりは、やっと暖かくなりそうですね。
ムズムズしておりましたので、一安心です(笑)。

投稿: goro's | 2007/04/20 03:54

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

この白さ、花びらの控えめなフリル感、清楚さ、…
悟郎さんがお好きな花の条件を満たしていますよね、梨の花は。
梨の木はあんまりその辺にポンと植えてある木じゃないですものね。
こちらでは、もう少し足を伸ばせば梨畑がぽつりぽつりとありますから
出会いはあるのですが、フェンスやネットに遮られずに見られる場所は
ここだけです。それでも、写真を撮れたのは10倍ズームを手に入れるまで
無理で、去年までは文字通り手の届かない花でしたよ。
ヤマナシには会ったことないです。悟郎さんは今年も会われたのですね(^^)

やっと暖かさが戻ってくるようで、私もほっとしています。
雨や曇りは土日から来週にかけてもまだまだ続くようですが。

投稿: ポージィ | 2007/04/20 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14700151

この記事へのトラックバック一覧です: 梨の花 ~梨畑にて~:

« 実が楽しみ その2 | トップページ | 産毛に包まれて »