« 海と空を満喫!(江の島) | トップページ | 新芽も花も »

2007/05/09

パレードと写真展

G.W.お出かけショット第2弾として、横浜へ「ザ よこはまパレード」を観に行った
ときのものと、東京・お台場へ写真展「Ashes & Snow」を観にいったときのものを、
アップさせていただきました。
(写真クリックでポップアップ・ウィンドウが開き、大きめ写真をご覧いただけます。)
 
パレードは、夫がどこかで広告を見てきて、一度は観に行ってみたいというので
クック共々見物に繰り出しました。
写真展はカナダの写真家グレゴリー・コルベール氏による、種を越えた魂と魂の
ふれあいを感じさせられるような写真と映像の展示会。私が説明するよりも、
詳しくはぜひホームページをご覧ください。こちらです→ 「Ashes & Snow」
 
 
Photo Photo_1 Photo_2
 
左:長いパレードコース中、「馬車道」という通りにて見物。
中:どこかのマーチンぐバンド いくつもの団体が参加していました。
右:暑いのと眠いので垂れクックになっています。
 
 
Photo_3 Photo_10 Photo_5
 
左・中:華やかなフロートも何台か。横浜ベイスターズは、この日近くの横浜球場で
     対阪神戦デー・ゲームを戦っている最中でした。
右:中華学院?の子供達のパレード。(正しい学校名が分からなくてすみません)
   龍を上手に操っていました。でもここで爆竹が バリバリバリパンパンパン!!
   爆竹はクックの大嫌いな音。怖くてパニック状態になってしまい退散…;
 
…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

1 2 Photo_6
 
左・中:日本人建築家、坂茂氏によって「Ashes & Snow」のために設計された
     移動美術館「ノマディック美術館」正面とサイドの様子。
右:美術館正面にはワイルドフラワーの花畑と、遊園地施設の観覧車が。
 
 
Photo_7 Photo_8 Photo_9
 
左:ワイルドフラワーの間を縫って続く小道では、人々がのんびりと寛いだ様子で
   足を運んでいました。
中:端のほうでたくさん咲いていた「ヒルザキツキミソウ」
右:ワイルドフラワーは、赤とピンクの「ポピー」とブルーの「ヤグルマギク」
 
写真展は、クックには留守番してもらっておいて夫と2人で行ってきました。
美術館の中では1時間半あまり写真と映像を楽しみ、そのあと食事をして帰宅。
東京・お台場まで、わが家からは電車で約1時間半かかります。ちょっと遠いです。
 
連休報告はこれでお終い。明日以降は、連休前に下書きしていた記事をアップ
させていただきます。ちょっと鮮度が落ちていますがお許しを…
 
  

|

« 海と空を満喫!(江の島) | トップページ | 新芽も花も »

コメント

すっかり初夏の風景ですね.写真展のホームページも見ました.この美術館って,廃品利用で作られてるんですか.コンテナの積み方に隙間があって,ちょっとあぶなげに見えます.
ところで,昼咲きじゃ月見できませんね.あ,夜更かしして,昼まで寝てたのか(それは私です).

投稿: 棒K氏 | 2007/05/09 12:08

↑間違ってアヤシいほうの名前を使ってしまいました.

投稿: LiLA管理人 | 2007/05/09 12:10

◎「クックのつぶやき」

おーGW.最初のお出かけ。
ここが江ノ島か。
青い海に爽やかな初夏の風、何処となく漂う海の香り、沖には大きなお船が行く。時間がのんびりと去っていく。聞こえるのは寄せては返す波の音。抱っこされて景色を眺め、潮の香りを嗅いで「おー幸せな一日」

おーGW.次のお出かけ。
今度はなにやら人の多い賑やかなところ。
今日は暑いなー。何でこんなところに来たんだろう。
「プップラプップ、ドンドン」。あついよー!
おやおや、今度は変な恰好をした大きな奴が動いてやがる。気持ちわるー
と思ったら面白い顔をした奴がクネクネ動きながらやってきた。
「バリバリバリバリバンバンバン」あーいやだいやだ!おかちゃんたすけてー!

またまた別のところ、何処のいるのか頭の中がこんがらがっちゃって
わかんなくなっちゃたよー。と思ったら今度は一人置いてけぼり。
そうですか、いいですよ。お二人で楽しんでいらっしゃい。

最初はよかったのにあー疲れたGW.でした。

◎ 「人間の一言」
Ashes & snowのリアル体験サイト見ました。
なにか神秘的、幻想的な世界に吸い込まれていきました。
人間と動物とのコラボレイト、映像が何を意味するかは個人によって違うでしょうが、なにか心が洗われるような気がしました。
いいエキジビジョンにいかれましたね。
移動美術館の建物もユニーク。壁はコンテナですよね。面白い。

投稿: 夢閑人 | 2007/05/09 12:20

タレパンダじゃなくてタレクッック!いいな~(^O^)
本人(?)は、「もうあかん」状態ね。
しっかし、クックちゃんはおとなしい犬ですね。
人混みの中でもこんなにおとなしいのならどこでも連れていけるわけです。
移動美術館とは、これまたユニークな発想。初めてみました。
サーカス小屋のプレハブ版てな感じで。
美術館といえばお堅い感じだけど、この移動美術館なら気軽に入れそう。
私はそのお堅い固定美術館でフランスに保管されていた浮世絵展を見てきました。
明治初期に海外に流出した浮世絵、悔しい思いもあるけれど、海外に流出していたからこそ、今こうして見られるのかもしれないとも。日本に残っていたら戦火で消失したものも多かったに違いないと。
お花畑の左の写真、絵になってます。
ポピー(ナガミヒナゲシだけど)は駐車場や道端のちょっとした土の上で今盛んに咲いてるけど、写真のようなポピーのお花畑、一度見てみたい。

投稿: あまもり | 2007/05/09 12:28

うつむいたクックちゃん、暑さと眠気のせいだそうですけど、言わなければアンニュイクックで通りそうですね!
写真展のサイトは一部しか見られなかったんですが、写真を和紙に印刷するなんて凝ってますね〜。コンテナを積み上げた建物も面白くて、子供の頃の積み木遊びを思い出してしまいました。
隙間に貼ってあるキャンバス地からは、テントのように自然光が入ってくるんでしょうか?(そうなると映画はどうやって?)
なんて質問ばかりになってしまいましたけど。
ご夫妻で食事も出来たし、日帰りでも充実したGWでしたね。(^o^)
(クックちゃんは江ノ島でたっぷりダッコしてもらいましたもんね♪)

投稿: nanbu | 2007/05/09 16:14

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

棒K氏って誰やねん?(なぜか怪しげな関西弁)と思ったら、LiLA管理人さん
だったのですね。そんな別名を持っていらっしゃるとは知りませんでした。
棒の字を使われた理由に頭を悩ませています(^^)

いや、ほんと初夏そのもののGWでした。暑いという声も聞こえますが
寒がりの私にはそのくらいがちょうど過ごしやすくて快適です♪
写真展のホームページも見てくださったんですね。ニューヨークと
サンタモニカでも開催されたそうです。
2月にお台場へ行ったとき、コンテナを積み上げて工事をしているのを目撃して、
あれは何だろうね?と話していたのですが、それが移動美術館だったと
後で知りました。さすがにただ積み上げただけじゃないみたいですよ(^^;)
コンテナはそれぞれの開催地で借りるんだとか…

ヒルザキツキミソウたちが、お月見できないのではないかとのご心配
ごもっともです。夜更かし寝坊じゃないと思いますけどね~(^_^)
昼間咲くうえに1日花ではなく2~3日しぼまないという、マツヨイグサ属の
仲間の中では変わり者さんのようです。
この花たちは、きっと夜の月も見て、真昼の月も見ているのですよ。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

アハハ(^o^)クックの思いはこんなふうでしたか。
いつも楽しい翻訳をしてくださってありがとうございます。
今回も笑いながら楽しく読ませていただきました~。
クックにとっては、だんだん楽しさが減るわ疲れがたまるわの
連休になっちゃいましたね。ポリポリ
おまけに、実は駄目押しがあるんですよ。6日は動物病院行きの
日で、いつもの診察以外にチクリと針を刺されて血液検査まで
あったのでした~。

Ashes & snowのサイトも見てくださったのですね。
実際に行かなくてもかなり雰囲気がよく分かるように作られているようです。
夢閑人さんの仰るとおりです。感じ方は人それぞれでしょうけれど、
神秘的な世界に誘われ心が洗われるようでした。
入場料が高いなぁ…と思ったのですが、行ってみてよかったです(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

気温が高くなってくるとよく出現するたれクックで~す。
どんどん力が抜けてきてくたんくたんになってきて、人の腕に全体重を
預けきってます(^^;)
こういう賑やかな場所へ連れて行っても、いちおう大人しくしていますね。
でも条件付なんですよ。その1は他のワンちゃんがいないこと。
他のワンちゃんを見つけるととたんにワンワン吠え立てます。
その2はよその人に触られないこと。抱っこされているときによその人の手が
にゅーと伸びてくると鼻に皺を寄せて歯をむいて唸ります。お~こわっ!(^^;)

移動美術館というのは面白い発想ですよね。写真がベージュの和紙に
セピアカラーといった色合いでプリントされたものでしたから、このコンテナの
美術館の雰囲気とよくマッチしていると感じました。
気軽にひょいと入るにはちょっと入場料がお高いですけれど…
あまもりさんは浮世絵展を観ていらっしゃったんですね!
仰るとおりですね。そのままずっと日本にあったら、大方は戦火で灰になって
しまっていたに違いありません。でも、フランスもナチスの侵攻などが
あったのでは?よくぞ守ってくれました。

お花畑の写真は、出来ればパノラマで撮りたかったのですが、パノラマ機能の
使い方をよく知らなくて…(買ってからどんだけ経つんじゃ)
ちょっとズームしすぎの感もあると思うのですが、絵になると思って
いただけて嬉しいです。ありがとうございます。
ご近所でもナガミヒナゲシがたくさんですか?うちの方もです。
日頃目にするポピーといったらナガミちゃんオンリー。お台場の赤とピンクが
とっても鮮やかに見えました。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

おぅ、アンニュイクック! そういうことにすればよかったなー。

写真展のサイト、見に行ってくださったのですね。一部しかダメでしたか。
動画がたくさんあったりしますからね…
和紙への印刷は微妙なにじみをもたらしていて、セピアカラーといった感じの
色味と相まって、独特の味わい深さを醸し出していました。
コンテナで美術館を作るというのも面白いですね。
建物の中には光は入らないようになっていて、照明で写真や足元が見える
ようになっていました。
中は縦長に3つのスペースに仕切られていて、両サイドスペースの両側に
大きな和紙にプリントされた写真が空間に吊るされ、その奥にスクリーンが
バーンとあり、高低差のある椅子代わりの円柱がいくつか並んでいるという
構造になっていました。真ん中スペースは奥まったところに両サイドより
大きなスクリーンがバーンと!それと円柱。
全体にとっても贅沢な空間の使い方になっていましたよ。
そしてスクリーンには不思議な世界が映し出されていました。
像と人がひざまずきあっていたり、チーターと人が一緒に休んでいたり
といった動物と人のふれあいの写真と映像が、一切の合成も加工もないのだ
そうです。いいもの観せてもらいました(^^)

クックにとってこのGWは、一緒とお留守番が半々。ちょっと疲れたみたいです。

投稿: ポージィ | 2007/05/09 17:52

爆竹が鳴ったときのクックの顔を見たかったです。
パレードはもう何年も前に行ったきりです。以前にもましてにぎやかになったでしょうね。
Ashes & Snow はまだしばらくやっているんですね。機会があったら行って見ます。 

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/05/09 20:42

馬車道のパレード、中華学院のもあったのですか。
爆竹つきでクックちゃんが驚いてしまったのですね。
クックちゃんの写真を見て、何を考えているのかと思ったのですが、疲れちゃったのですね。

お台場も人が多かったでしょう。
私の友人の息子さんは先端をいくお台場の雰囲気が好きで横浜から引っ越してしまいました。夏の花火大会は特等席だそうです。
移動美術館、コンテナでできているのでしょうか、面白いですね。
そして、お台場にワイルドフラワーのお花畑があるなんて、素敵なんですね。
今日も私も一緒に楽しませていただきました。ありがとうございます。

投稿: tona | 2007/05/09 20:56

こんばんわ~(^o^)
「ザ よこはまパレード」私も見たかったなぁ。他のブログの方もパレードのことを書いていらっしゃったので・・・。でも、遠すぎるなぁ。

投稿: ロココ | 2007/05/09 21:19

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

爆竹がなったときのクックの顔ですか?おーちゃんったら(^^;)
パニックになったときのクックは、急に心臓がバクバクしだして、
目がまん丸になります。で、そのまん丸の目は瞳孔まで開いてしまって
何も見えていないみたい。ただただその場からどこかへ逃げようと
やみくもに動こうとするんですよ…。
明日は雷雨だそうですね。雷も結構怖がって、抱っこされないと
気がすまなくなります。とほほ
パレードは、早くから場所取りをした人たちがお食事をしながら
のんびりと時間が来るのを待っていましたし、パレードも随分たくさんの
グループが参加しているようでした。

写真展、興味をお持ちになられましたか?あと一月半ほどやってますね。
機会がありましたらいらしてみてください。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

横浜のパレードは山下公園から出発して赤レンガ辺り、馬車道辺りを通り、
伊勢崎モールまでがコースになっていたようです。
たくさんのグループが参加していましたよ。制服とポーズをバシッと決めて
演奏して歩くマーチングバンドがみんなカッコよかったです。
さすが中華街が近くですからね。中華学院の子達も参加していました。
最近のクックは、やっぱり以前より疲れやすくなったみたいです。

お台場では、この移動美術館と食事のためにビーナスフォートへ
入っただけでしたが、お昼時になるにつれてどんどん人が多くなって
きていました。
ほぉ~お友達の息子さんはそこまでお台場に惚れこんだのですね。
ちょっと分かる気もします。
特等席で部屋にいながらにして花火が見られるなんていいなぁ~♪
ワイルドフラワーのお花畑がある土地はどういうものなのか知りませんが、
あの開けた場所と小道は今後もぜひ残っていて欲しいなと思います。
なんて、私など次に行く機会がいつかも分からないのですけれどね。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)
他の方のブログでも「ザよこはまパレード」ご覧になったのですね。
結構な人出で、大勢の方がデジカメ構えていましたから、
その中のお一人なのでしょうね。
横浜へいらっしゃるとしたら、やっぱり泊りがけになるのでしょうか。

投稿: ポージィ | 2007/05/09 22:21

すてきなゴールデンウィークでしたね!
そして、混雑するのはどこも一緒^^。

クックちゃんだと、抱っこして歩けるんですね。
こゆきは5キロ以上あるので、
数分の抱っこが精一杯・・・。
ということで、お留守番してもらうことが多いです。
長いこと歩かせるには、歳をとってきてますしね^^。

投稿: koko | 2007/05/09 22:47

クックくんの疲れた具合が伝わってきて、笑っちゃいました。

「Ashes & Snow」展、面白そうですね。
時間がゆっくり流れているなって、そう感じました。

お台場に、ワイルドフラワーのお花畑があるんですね。
昔観た映画に、多分「ブラザーサン シスタームーン」だったと思いますが、まさにポピーと矢車菊の群生シーンがあって、どちらも花壇でしかみたことなかったので、こんなお花畑が普通にヨーロッパにはあるんだなって、感激したことを思い出しました。

投稿: goro's | 2007/05/10 03:10

うえーん。。。
「Ashes & Snow」を見てたら勝手にホロホロと涙がこぼれちゃってキーボード濡らしちゃいましたぁ(涙)
でも大丈夫、今のとこトラブルないです!
いつも悔し涙ばかり流してるので、こうした感動の涙は久しぶりですよ。
先日テレビで行き倒れて死んでしまった仲間の象の骨を長い鼻で抱き抱えるようにして偲んでる映像を見て象は体だけじゃなくて心もでっかい事を知って象が大好きになったんですよ。
だから余計グッときたようです。

クックちゃん、パレードは嫌そうですね。
多分ちょびも同じような顔するだろうな~って思いながら拝見しました。
これからは日中暑いので一緒に!ってのは機会が減るでしょうね。
こんなとこ連れてこられるなら家でいる方がいいって思ってるかな?
でも嫌そうな割に出掛けるって言うとすごく寂しそうな悲しそうな顔するんですよね。
後ろ髪ひかれます。。。

投稿: ちょびママ | 2007/05/10 10:23

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

おかげさまで、今年はなかなか充実したGWでした(^^)
家の近くの道路は普段より空いていて車が少ないのに、どこかへ行くと
そこは人でごった返しているという状況…それってどういうこと?
でもま、仕方ないですよね。

こゆちんは5キロですか。う~ん、それは抱っこし続けるのはかなり辛いですね。
クック(3.4キロ)ですら20分も抱いていると手は痺れ腰は張り…です。
お留守番もやむなしですよね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

この写真のクックは力抜けまくりでしょう?周りの物音も人ごみも何のそので
居眠りしてます。ずっとこんな状態だったのが、爆竹の音で一変!
心臓バクバク目を見開いてパニック状態に。そうなるとしばらく落ち着きを
取り戻せなくなっちゃうんです(^^;)

「Ashes & Snow」展は、まさしく時間がゆっくりと流れていました。
魂と魂のふれあいを感じながら、こちらの魂も浄化されていくような感じです。

お台場の、この土地はどういう土地なのか分かりませんが、かなりの広さが
広がっていて、2月に行ったときは菜の花が咲き始めで、今回はポピーと
ヤグルマギクでした。広いのっぱらに花が自然な感じで咲き乱れているという
情景、日本ではなかなかないですよね。
そうですか、映画の中でそんなシーンに出会われたのですね。
私は「大草原の小さな家」の冒頭部分で、草原の丘を子供達が駆け下りてくる
映像にいつも心惹かれていました。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

わぁ、涙がこぼれ落ちちゃいましたか。心の奥深くで感動が生まれると、
意識する間もなく、自然と涙があふれ出てくることってありますよね。
(キーボードが故障しなくてよかったヮ ^^)
象の感動的な映像をご覧になったばかりで、余計にグッときたのですね。
象の愛情ぶかい行動や仲間を思いやる行動の話、私もいくつか読んだことがあります。
展示写真のなかで、象の片方の目だけをとらえた写真があったんですよ。
とっても優し~い、静か~な、目でした。

クックはとにかく一緒にお出かけが大好き。この日もキャリーバッグに入って
電車を乗り継いで行く間うんともすんとも言わずにおとなしーくしてました。
目的地に着いてからはちょっと退屈だったみたい。抱っこされながら
すぐに眠たくなってました(^^) 爆竹の音がするまででしたが。
ちょびちゃんはまだ若いですから、抱っこされたまんまなんてちっとも
面白くないですよね。
これから暑くなるとワンコと一緒のお出かけも気を遣うのよね。
でもクックの場合、一人置いてけぼりの留守番はすっごく嫌みたい。
そうそう!クックも一緒。「お留守番」というとシュンとうなだれるんです。
も、後ろ髪引かれまくりですよね。

投稿: ポージィ | 2007/05/10 11:01

写真展行かれたんですね。
気に入ってもらえましたか?

私は、象の目の優しさにジーンと来ました・・・。
うーん・・・1年半前が懐かしい。。。

GWは私も近場でウロウロしてましたが、何処も人が多かったですねえ。
学生の頃からGWとは無縁の生活で、寧ろにっくきGW!!と思ってましたが、今の仕事はきちんとお休みが貰えるので、今年はどうやって過ごして良いのか、戸惑いました。だから、近場でうろうろ。笑
来年は、計画立てて、どこかでのんびり過ごしたいものです。。。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2007/05/10 13:27

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

行ってきました。そして大いに気に入りました~
SAKURA-MOCHIさんのご紹介で知らなかったら、その後繰り返し新聞で
広告を目にしても行こうと思い立たなかったかもしれません。
素適な情報を下さってありがとうございます(^^)

象の片方の目だけを真ん中に大写しにしてある写真があって、
私もその目を覗き込んだとき、まさしく「なんて優しい目をしているの」って
思ったんですよ。同じ思いを抱いたのですね。

渡米される以前の日本では、GWを楽しむどころではなかったのですか。
研究や仕事によっては休んでなんかいられない場合も多いですものね。
今回は久し振りの長い連休だったのでは、どう過ごそう…との戸惑いも
さもありなん(^^)
どこでも人が多いですからねぇ。近場でうろうろのほうがかえって楽しめるもの
かもしれませんよ~。でも、早くから交通手段や宿の予約を手配しておいて、
同じ場所で何日かのんびり、というのもよさそうですね♪

投稿: ポージィ | 2007/05/10 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14997420

この記事へのトラックバック一覧です: パレードと写真展:

» お台場でランチ [京の昼寝〜♪]
5月13日(日) お台場  ゴールデンウィーク疲れなのかお台場は比較的空いていましたにも拘らず、朝一番から品川でボーリングをして、お昼にはお台場を散歩している我が夫婦は疲れ知らず(笑) 思い起こせば2年前(笑)、ヴィーナスフォート前に広範囲に渡って咲いていたワイルドフラワーのことを思い出し、出かけてみました。 そして見事に咲いていました〜                そうそう、目の前にのあの大観覧車ですが、シース... [続きを読む]

受信: 2007/05/16 08:29

« 海と空を満喫!(江の島) | トップページ | 新芽も花も »