« オオデマリ 華麗なる変身 | トップページ | 花後のドウダンツツジ »

2007/05/23

一重の白バラ

この5月は、2種類の一重咲きのバラの花に会うことができました。
 
ひとつはこちら
 
070502naniwaibara 070502naniwaibara_up
 
「ナニワイバラ(ロサ・レビガータ )」
  純白の5枚の花弁と黄色のシベ、椿のような照り葉、淡い芳香、たくさんの棘
  などが特徴の原種バラで、関西から九州では自生も見られるとのことです。
  花の直径は7~8cmといったところだと思います。
  うちの近所でも、去年あたりから見かけることがとても多くなりました。
  この写真は、なぜか畑にポンと植えてあるものをズームで撮ったものです。
  他のものも高い位置のアーチ仕立てで、花に近付けないため、香りを嗅いで
  みることはできませんでした。
 
 
もうひとつはこちら
 
070502nobara1 070502nobara2

「ノイバラ(ノバラ)(ロサ・ムルチフローラ)」??
  かな?と思っているのですが、正しいかどうか自信がありません。
  あるお宅の塀の外側に添うように植えられていた、まだ1mにも満たない
  小振りの株でしたが、蕾をいっぱいつけていましたよ。
  花の直径は3cmほど、葉には艶がなく花弁も薄くひらひらとして可憐な感じで
  とても可愛いらしい花でした。
  
  ちなみに「ノイバラ」は日本原産の原種バラで、強い芳香があり秋には赤い
  実が生り漢方薬として使われるそうですし、花材としても出回ります。
  
 
豪華なバラも「花の女王」と呼ばれるに相応しい美しさですが、こうした原種系の
一重咲きのバラたちの素朴な美しさ・可憐さも、とても素適ですね。
 

|

« オオデマリ 華麗なる変身 | トップページ | 花後のドウダンツツジ »

コメント

これがバラだとは・・・
ポージィさんに説明を受けなかったら
絶対わかってないです

正直 豪華で華やかなバラには
あまり魅力を感じません(女じゃない?(^_^;))
それより こういう素朴な感じの方がいいなぁ
「白」ってこともポイントかも(^^)

投稿: miki | 2007/05/23 09:22

ナニワイバラというのですか。
近所で似たようなバラが咲いていたのですが、名前が分からずそのままになりました。やっぱり畑の傍でした。
ノイバラはたくさん咲いています。花弁に少しピンクが入ったりしますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/05/23 09:44

ポージィさん こんにちは♪

ノイバラもナニワイバラも日本原産のバラなんですね~
同じく日本原産のバラの仲間でハマナスもありますね
ピンクが多いようですが、白い花もあり同じく一重ですね
でも、ハマナスは棘の見事さにビビッてしまいます

一重のバラはポージィさんのおっしゃるように華やかではありませんが
可憐で独特の美しさがありますね
家のアーチも一重の白バラなんですよ
そろそろ満開になりそうなので写真アップします
お暇なときにみてくださいね~~~

投稿: glenn | 2007/05/23 12:01

一重でながら白く清き一輪のバラです.でも,ちょっといいでしょうか.バラですよね,これ.

なんで,バラが「浪花」なんですかー.難波なんて,全然バラのイメージじゃないです.おまけに学名,ロサ・レビガータなんて,なんだか椿姫のような名前じゃないですか.大阪ですよ.ロサ・バラデンネンでしょ,やっぱり!


投稿: LiLA管理人 | 2007/05/23 12:23

きゃっはっはっは・・・
上のLiLA管理人さんの「ロサ・バラデンネン」には大笑いしました。
今時、「でんねん」「まんねん」を日常会話で使う大阪人はいません。せやけど「~ねん」は使います。
従って「ロサ・バラヤネン」が正調大阪弁\(^O^)/

ポージィさんGood Timing
先日、淀川の河川敷で、水辺に近いところにあった低木は「ノイバラ」と確認できました。花はもうかなり傷んでましたけど。
たくさん有る雄しべの葯が黄色から黒っぽくなっていました。
ノイバラは大阪にも沢山あったようですが、今街中では見られるのは淀川のような河川敷だけかもしれません。
上のナニワノイバラのロサ・レビガータヤネン(笑)はまだまだこれからって感じで元気で綺麗。この木も見つけてみたいなぁ。

投稿: あまもり | 2007/05/23 14:33

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ん?バラに見えませんでした?写真がイマイチだからなぁ…
葉っぱがちゃんと写っていませんものね。

mikiさんは華やかなバラにはご関心がないんですね。
いらっしゃいますよ、そういう方。アレンジのネットショプを
していたとき、贈り先の方はバラが好きじゃないから使わないで、
という方もいましたし(^^)
でも、こういう原種系のバラは、mikiさんも好きになられるかも。
特にノイバラは、実際にご覧になったらきっと!!


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ナニワイバラ、かなり古くから栽培されているもののようですが、
私もよく見かけるようになったのは、つい去年からのことです。
アーチや生垣などにされることが多いようですが…あらら、おーちゃんが
お見かけになったのも畑の傍に植えられていましたか。
いいなと思って買ったけど庭には植えられず畑に、というパターン
なのかもしれませんね(^^;)

えっ、自生のノイバラがたくさん見られるのですか?いいなぁ~~~
はい、私が見かけたこの株↑も、うっすらピンクが入っている花弁も
ありました。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
glennさん、ナニワイバラは中国の南の辺りが原産地のようですよ。
ノイバラは日本原産だそうですね。ハマナスも日本が原産地のひとつ♪
一般にバラは中国が原産地と聞きますが、日本が原産地になっている
ものもあるのが、なんだか嬉しいです。
ハマナスはご近所でピンクのを植えているお宅があって、垣根越しに(^^;)
見たことがありますけど、ほ~んと、すっごい棘ですね!!

glennさんのお宅でも一重の白バラが、アーチを飾っているのですか?
素適~♪ お写真のアップ、楽しみにしています(*^^*)


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

「はい、バラですがそれがなにか?」←『派遣の品格』風に。
(あ、このドラマご存じないかしら、失礼しました~ ^^;)

ウハハハ 品種名「ロサ・バラデンネン」には、もう、大うけ(^o^)
難波の人に品種名を決めさせてあげたら、ほんとにそうなってたかも
しれませんねぇ。(ナイナイ)
大阪にお住まいのあまもりさんが、現代大阪弁風の品種名を書いて
下さってます↓「ロサ・バラヤネン」だそうですよ~(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

LiLA管理人さんの大阪弁風品種名にはウケましたね。
へぇ~「でんねん」「まんねん」は今どきあまり使われないんですね。
私なんかが大阪弁真似て喋ったら、現代の古いの京都辺りのもっと西の方の
ごちゃまぜのヘンテコな言葉喋りそうです。
「ロサ・バラヤネン」「ロサ・バラデンネン」どっちがいいかなぁ~
(おいおい、真剣に悩んでどうする ^^;)

あらー、あまもりさんもノイバラをご覧になっていらっしゃったとは(・o・)
河川敷で自生しているものがあるんですね。私も今度は自生のものを
見てみたいです。おーちゃんがご覧になっているようなので、案外うちの
近くにもあるのかもしれません。
ナニワイバラ(ロサ・レビガータヤネン 笑)は、これからですか?
こっちではもう咲き終わってしまいました。いかにも原種の風情を
楽しまれながら、このバラを持ち帰ったという難波の商人に思いを
馳せてくださいね…。

投稿: ポージィ | 2007/05/23 17:56

「ナニワイバラ」サンショウバラのあるお宅にあります。山茶花と間違えるような感じです。葉がとてもバラとは思えません。
一般に一重のバラは原種が多いですね。

「ノイバラ」かどうかはわかりませんが、接木の台木に使われていたものからシュートが出て、この写真のような一重の白い花がいっぱい咲き、芳香があり、花の後は実がなっていました。秋には赤くなっていました。多分これだと思います。花が素朴できれいだったのでそのままにしてました。2年くらい楽しんだあと、これも枯れてしまいました。台木から出たシュートは切らねばいけないのですが…案の定、本体のバラも枯れてしまいました。

投稿: 夢閑人 | 2007/05/23 20:28

こんばんわ~(^o^)
ナニワイバラって暖かい地方では野生化しているバラなんですね。夏椿の花かと思ったのは私だけ?
ノイバラ、花の大きさ(3㎝)からすると、ミヤコイバラではないでしょうか?ロココの庭では接ぎ木の台木用にノイバラを植えているんだけど、そんなに大きな花が咲かない・・・栄養失調かなぁ?

投稿: ロココ | 2007/05/23 20:52

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

サンショウバラのお宅にはナニワイバラも植えられているのですか。
バラが好きなお宅なのですね(^^)
葉が厚めでツヤツヤしている様はほんと山茶花のようです。
私も、この畑にぽつんと植えられているナニワイバラを見たとき、
あれれ、違うもの?とちょっと気持ちがぐらつきました(^^;)

ノイバラは夢閑人さんも育てていらしたことがおありだったのですね。
花や実の様子は、ノイバラで検索してあちこちのサイトで拝見した
ノイバラの特徴と同じです。枯れてしまったのは残念でしたが、
そういうこともありますよね。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

ナニワイバラは関西~九州では自生が見られるとか。
これだけ大きな花をつけるバラが自生で咲いている様子は素適でしょうね。
ウフフ 花だけパッと見るとナツツバキのようにも見えるかしら。
ナツツバキより元気いっぱいの感じではありますが(^^)

ロココさんのお庭にはノイバラもあるんですね。接木までなさるんですか。
うわぁ、いよいよもって本格的!すごいです。
ミヤコイバラというのは知りませんでした。検索して色々見てみましたが、
私にはノイバラとの見分けができそうにありません~(^^;)
これ↑は蕾はいっぱいでしたが、その他の細かいことは見てこられませんでした。

投稿: ポージィ | 2007/05/23 21:51

こんな時間に失礼致します。
やはり、女性はバラが好きですか?
僕は、草花にハマりブログにカテゴリーしたとき、内心これでアクセスが伸びるかもなんて邪なことを考えました。
僕のブログは料理中心なため、女性の読者さんが多かったので。

でも、実際はドン引きされました(笑)。

後日、ゴローさんとその話になったときいわれました。
「noodlesくん、女性が好きなのは花を“もらうこと”であり、世の女の人全てが花好きなわけではないからね」

多分一生、忘れ得ない名言です。
僕には。。。

投稿: noodles3 | 2007/05/24 00:27

ナニワイバラ、登場しましたね。
一重の白花好きと自認しておりますが、ナニワイバラが原種だとはつゆ考えませんでした。
九州で自生してるという記事を私も見ましたが、こんな大きなバラの花が自生しているなんて、想像も出来ません。
どんな光景になっているんでしょうか。

ノイバラは日本中に自生してますよね。
私の環境でもノイバラはありますが、自生種ではありません。
赤い実は、リース作りに利用させて貰ってます。
今年も狙ってます(笑)。

PS
noodlesさんのコメントですが、私の体験談です。
花にはまったく興味がないという女性、私のごく近くにいます。
goroちゃんのブログ、花ばかりでつまんないって、よく言われます。
完全無視してますけどね(笑)。

投稿: goro's | 2007/05/24 03:14

前回のオオデマリは、緑色から白へ変わる花びらがアジサイのようだったし。
今回も、上のバラの照り葉はまさに椿のようですね。
今までどんな台木にバラが継ぎ木されているのか知らなかったんですが。
セッセと水や栄養を取り込んでくれていた根は、これが本来の姿だったんですね。
(感謝しなければと思いましたです)

投稿: nanbu | 2007/05/24 09:27

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

昨夜は夜更かしなさってましたか?(^^)

女性はバラが好きか? さぁ…人それぞれだと思いますよ。
大好きという方もいれば嫌いという方もいて。
私はどうかというと、花が小さく優しいものやスプレー咲き、
色も白や優しいもの、グリーン系などが普通に好きです。

アハハ 私はnoodles3さんの草花ブログにばかりお邪魔して、
お料理の方にはたまにしか伺わないのですけれど、noodlesさんの
もともとの読者さんは、料理には関心いっぱいだけど草花には関心
ないわ~という方が多かったのですね。新たな読者さんはきっと
シャイで読むだけに徹している方ばかりなんですよ。

悟郎さんの「女性が好きなのは花を“もらうこと”であり、世の女の人全てが
花好きなわけではない」説、後半は確かに、前半も大方当たっている
ような気がします。その「もらう花」でも、花束が好きな方アレンジメントが
好きな方、鉢物が好きな方と分かれますしね。女心は(も)複雑なりです(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ナニワイバラ、すっかり花が終わってしまってからの登場となって
しまいました。
私も同じこと思いましたよ~。この大きなバラが自生している様子って
どんななんだろうって。それとも自生しているものはもう少し花も
小振りだったりするのかしら。だとしてもすごいでしょうね!

ノイバラはどこでも自生が見られるようですね。残念なことに私は
出会えていませんが~~(;_;) あ、悟郎さんも同じですか?
赤い実、リースにもとってもいい素材ですよね(^^)v
(今年も作品楽しみにしてま~す)

noodlesさんの書いていらした悟郎さんの名言、体験談でしたか(^^)
関心を向ける対象は人それぞれですものね。花に無関心の人もいれば
好きで好きでたまらない人もいる。花が好きでも切り花には全然興味が
ない人もいる。園芸種には興味がないけど野草は大好きという人もいる…
男女関係なくいろんな方がいますね。
私は、というとそこいらで咲いている花への関心が高まったのはこの数年です。
それまではごくごく普通だったんじゃないかな。そして、コテコテに
人の手が入ったものより自然な雰囲気のものの方が好き。
花をもらうのは好きなのかどうか、だぁれもくれないのでよく分かりませーん。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ナニワイバラの照り葉は、厚みも感じられて本当に椿のようです。
アジサイに似たオオデマリ、葉が椿にそっくりのバラ、どちらも
ちょっと面白くもあり不思議な感じがしますね。
バラの接木の話は一応知っていたものの、詳しいことは私も何も知り
ませんでした。地面にズボッと挿しても根が出るのに、台木を使うと
いうことは、台木の強健さとか良い性質に助けてもらおうという意味が
あるのでしょうか。
そういえば、C.L.アイスバーグの苗木も、接木の後がありました。
いったい何に支えてもらっているのかしら。上下両方のバラに
感謝と応援を送らなくてはいけませんね(^^)

投稿: ポージィ | 2007/05/24 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15101620

この記事へのトラックバック一覧です: 一重の白バラ:

« オオデマリ 華麗なる変身 | トップページ | 花後のドウダンツツジ »