« サラサドウダン | トップページ | 一重の白バラ »

2007/05/22

オオデマリ 華麗なる変身

散歩コース沿いにある造園屋さんのストック場で、今年もオオデマリが素適な姿を
見せてくれました。小振りのアジサイのような姿ですね。
小さなグリーンの蕾のときから、すっかり変身を遂げるまでを追ってみました。
 
070408oodemari_tubomi1_1 グリーンの蕾 4/8撮影
 
 ちょっとふっくら 4/12撮影 070412oodemari_tubomi2  
 
070422oodemari_1 070422oodemari_up
 ずいぶん大きくなって色も淡いグリーンになりました。素敵です。 4/22撮影
 
 070505oodemari_up 真っ白に変身 5/5撮影
 
真っ白に変身した姿を見に行くのは遅れをとってしまって、少し縁が茶色くなり
かけてしまっていました。真っ白に変身したばかりの姿は、きっともっと張りもあって
美しく輝いていたのでしょう。
皆さんは、どの時期のオオデマリの姿がお好きですか?
 
「オオデマリ」:スイカズラ科・ガマズミ属
         別名を「手毬花(テマリバナ)」というそうですが、満開になると
         子供の片手にちょうどポンと乗るくらいの大きさの球形(直径10cm位)
         になります。
         「ヤブデマリ」から作られた園芸種で、ヤブデマリが周辺のみ装飾花で
         中央に両性花があるのに対して、「オオデマリ」は花がすべて中性の
         装飾花となっているのが特徴だそうです。
         (4/22の写真で、ちょこっと見えるおしべのようなものは何だろう?)
 

|

« サラサドウダン | トップページ | 一重の白バラ »

コメント

こんにちわ~(^o^)
オオデマリ、ポージィさんよく観察してますね、こちらでは今が盛りのオオデマリ、です。(^_^)
ロココの庭にはないので、よそ様の庭で楽しんでいます。

投稿: ロココ | 2007/05/22 12:33

オオデマリを経過観察されたのですね。
並べて見せていただくと満開の真っ白が、いっそう引き立ちます。
オオデマリはすべて装飾花と思っていましたが、オシベが残るのもあるようですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/05/22 13:42

4月8日から5月5日の約1ヶ月間のオオデマリの観察。
これもクックちゃんの散歩コースにあるお陰ですね。
花だけ見ればほんと紫陽花に見えるけど、大きさも葉も違いますね。
先日近くで撮った花、最初はコデマリかと思ってました。小さかったので。でも葉を見て、オオデマリだったことがわかりました。おおきにぃ。
オオデマリは「オオ」が付くからもっと大きな花だと思ってた。これ以上大きかったらそれこそ紫陽花そっくりになってしまうと、今気付きました。
真っ白に変身した花も目を奪うけど、淡いグリーンの花も素敵。

投稿: あまもり | 2007/05/22 14:25

先週末、鎌倉でも見ましたが、こうして見るとほんとに紫陽花ににていますね♪
開花状態を見ても似ていると感じていましたが、開花までの途中もよく似ているんですね〜。

投稿: noodles3 | 2007/05/22 16:57

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

こんなに何度も足を運んで、じっくりと眺めたのは今年が初めてです(^^;)
こちらではもう咲き終わってしまいましたが、妙高では今が盛りですか。
私もたいていのものはよそ様のを見て楽しませていただいています(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

だんだん変わっていく姿を載せたくてこんなことをしてみました。
本当はもっと綺麗な時期の白い花を撮りたかったのですが、ちょっと残念です。
私も全部装飾花と思っていましたら、パソコンで大きくして見た写真に
オシベのようなものを発見。んん?となりました。
でも、残っているものがあってもさほど不思議ではないですよね(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさん、鋭~い。もう私の行動はお見通しですね。
そうなんです。クックの散歩コースのひとつにあるおかげで、頻繁に
足を運んで変わっていく姿をカメラに収めることができました。
おぉ!あまもりさんもオオデマリを撮られていたんですね。
オオデマリと確信していただくお役に立ててよかったです。
オオデマリとコデマリは葉っぱも違いますが、コデマリの花は一輪一輪が数mmと
小さく、オシベがいっぱいです(^^)
オオデマリとは言いますが、コデマリに対しての「オオ(大)」なのかも。

淡いグリーンのときも素適ですよね~ 私はその時期がいちばん好きです♪ 


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

科も属もまるで別なのに、ここまでよく似ているというものは
珍しいかもしれませんね。
ほんと、最初が緑の小さな蕾から始まることからしてそっくりです。
アジサイたちも、いままさに華麗なる変身を遂げつつある最中ですね。

投稿: ポージィ | 2007/05/22 18:07

4/8の葉がすごくきれいですね。葉脈も色も。目に焼きつきました。
そしてヤブデマリと葉がそっくり。
でもヤブデマリが目の前にあっても、額紫陽花や、山紫陽花などと区別がつきません。でもこの記事で葉が全然違うことがわかりました。
緑から白に変わるのですか。緑のもなかなかいいですね。
装飾花と両性花というのもわかりました。どうもありがとうございます。
今日は2位でした。

投稿: tona | 2007/05/22 19:45

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

葉に注目なさいましたね。オオデマリは葉脈が深くてくっきりはっきり!
その若葉ですから色もとっても綺麗(^^)
ヤブデマリと実際には出あったことがないのですが、そっくりでしたか。
さすがは親子の関係?といえそうです。
そうなんです。緑から白に…綺麗ですよね。私は淡いグリーンの頃が好きです。

わぁ、2位とは素晴らしい結果でしたね。やったー!!
おめでとうございます!(^^)v

投稿: ポージィ | 2007/05/22 21:22

1ヶ月かけてのオオデマリレポート、楽しませていただきました。
私の環境では、なかなか気に入ったオオデマリの木がないんですよ。
毎年花だけは見ることができるのですが、樹形がイマイチです。
人さまが育てているものに、ケチをつける気はないんですけどね(汗)。

淡いグリーンの頃のオオデマリ、素敵ですね。
咲ききると白花になるものたちのなかに、しばしグリーンの姿を見せてくれるもの、時々ありますね。
今日見た柏葉紫陽花も、まだグリーンの花色でしたよ。

投稿: goro's | 2007/05/23 02:15

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

経過を追っている間、日にちのことを全然意識せずにただ撮っていて(^^;)
白花まで行ったあとで改めて、あら1ヶ月かかったのねと気付きました。
アジサイはどのくらいなんでしょうね。こちらは観察していません。

悟郎さんの周りではお眼鏡にかなう樹形のものがありませんか。
一体どんな形に整えられているのやら…(^^)
私が見かけるのはこの写真のものと、ある畑に植えられているものと
2株しかないのですよ~ 樹形はこれまでのところ自然のままにしてあるようです。

淡いグリーンの頃、素適ですよね~ 私はその頃がいちばん好きです。
こういう色変化をするもの、悟郎さんも去年たくさん見せてくださいましたね♪
そうそう。柏葉紫陽花も今まだグリーン!私も昨日チラと見ました。

投稿: ポージィ | 2007/05/23 11:05

前の記事になってしまいすみません
私はオオテマリを緑のうちに押してしまいます。
白いお花は沢山ありますが緑と言いますと余り見かけませんので・・・
本当に可愛いお花です。
お花で嫌だと思ったのは先日のウラシマソウかな?
お花は皆可愛くて美しくて、ウラシマソウにはかわいそうですが
これはこれできっとよさがあるのでしょうね。

投稿: あやや | 2007/05/24 09:39

◆あややさん、ありがとうございます ♪

いつの記事へでも大歓迎です。ありがとうございます(^^)

なるほど、オオデマリのグリーンの花は、貴重な色目の素材となるのですね。
他にはグリーンの花というと、カーネーション、バラ、若いアジサイ、
などでしょうか。確かにほとんどありませんし、押してもそのまま色が綺麗に
残るものとなると、ほんと限られるのでしょうね。

たいていのお花は綺麗だ可愛いと思いますが、中にはやっぱり苦手な
ものもありますよね。私は臭いのせいで栗がダメですし、パッと思い出せませんが、
たしか他にもあったはず(^^;)
ウラシマソウやムサシアブミといった花も、苦手な方もいれば
大好き!という方もいらっしゃるようですね。

投稿: ポージィ | 2007/05/24 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15089922

この記事へのトラックバック一覧です: オオデマリ 華麗なる変身:

« サラサドウダン | トップページ | 一重の白バラ »