« クチナシのかほり | トップページ | ほほほたるこい »

2007/06/22

薔薇と蟷螂

「薔薇と蟷螂」 なんかすごいタイトル。写真を見ていただくとおわかりのように、
そのまんま並べただけなんですヨ。でもこうして漢字で書くと怪人ナントカ面相が
登場する小説みたいです。(薔薇も蟷螂も自分じゃ書けません。変換機能さまさま♪)
 
まずはバ~ンといきましょう。
     070605kamakiri_rose4 「薔薇と蟷螂」
 
070605kamakiri_rose1 070605kamakiri_rose2
 
わが家の周りには、毎年秋にあちこちにカマキリの卵が産み付けられます。
そんな卵から孵ったカマキリの赤ちゃんが2匹、バラの上で遊んでいる姿が
微笑ましかったです。遊んでるんじゃなくて私のことを威嚇してる??
 
続きまして4株きりのわが家のバラの花を。貧弱なものですがせっかくなので
一緒にお披露目です。アップで見れば貧弱さも分からないし~♪
 
 
   070516mini_rose1  070516mini_rose3
              ↑                     ↑   
いちばんの古参者のミニバラ。甲虫の幼虫に根を齧られる被害から立ち直り、
黒星病にもうどんこ病にもめげず、今年は去年よりたくさん蕾をつけました。
 
070527rose_ib 070528rose_ib
             ↑                      ↑
去年の秋、苗を買って鉢植えにしたクライムローズ・アイスバーグ。まだ蔓を伸ばして
いる最中ですが、今年は5輪咲きました。咲かせてよかったのかな?試行錯誤中です。
柔らかな白でほんのりいい香りがしました。ちゃんと育ちますように…
 
070527rose←カマキリが乗っているのがコレ。
  切花の茎を庭にズボッと
  挿したらついたツワモノ。
  咲き始めまでは淡いグリーンの
  色味が素敵。咲くとクリームに。
  ほんのりいい香りもします。
  花持ちも抜群でやっぱりツワモノ。
 
 
070612rose_orange2そしてこちらも、       →
切花を庭にズボッと挿しておいたら
ついてしまったというツワモノ。
去年の秋にも、なんと地面から
10cmくらいのところで
咲いていたらしい…すごい(・。・)
草に埋もれて気づかなかった。
今年はちゃんと背が伸びてから
咲きました。 
淡いオレンジで香り強し♪
庭ズボ・バラは1輪ずつの開花。
 
以上「薔薇と蟷螂」でした(^^)

|

« クチナシのかほり | トップページ | ほほほたるこい »

コメント

妙高もとうとう梅雨に突入してしまいましたぁ。
ポージィさんのバラは美人揃いですね(もちポージィさんも含めて? アハハハ )そして強者揃い?すごいな!
カマキリの赤ちゃん、こちらでもちょうどこのくらいのが、うじゃうじゃ・・・。

投稿: ロココ | 2007/06/22 11:11

入梅後、一週間続いた真夏日もようやくお終い、朝から雨が降り出しました。暑さからやっと開放といった感じです。

バラ、きれいに咲きましたね。悩まされるのが黒星病に、うどんこ病。手入れも大変だけど、咲いてくれると嬉しいですよね。

花束で頂いたバラ、よく挿し木するんですけどつくのは一割くらいかな。早めに挿せばいいのかも知れません。
ズボッで二本も根付いたとはラッキー。一番下の淡い色合い、いいですね。黄色系に淡いピンク系は好きな色です。

投稿: 夢閑人 | 2007/06/22 12:07

ポージィさん こんにちは♪

うん、確かに 「薔薇と蟷螂」すごい!
老眼には字がつぶれて見えにくいかも^^;

家の薔薇もアップばかりですよ~^^;
うどん粉病とかアブラムシとかで葉は悲惨なんですもの
でも、健気に咲いてくれるので写真だけは載せてあげたいですよね

アイスバークは購入を考えています
アーチによさそうですよね?

クックちゃんのご機嫌は治りましたか?
機嫌が悪いときはやはりどこかが調子悪いのでしょうね
雨も降り出し、今日は水遣りが休めます
木々もほっとしているでしょうね

投稿: glenn | 2007/06/22 12:57

赤ちゃんで鎌も持っていないくせに威嚇するなんて、たいしたものですね。2匹以外はどこかで遊んでいるのでしょうか。
バラは病気や虫に弱いけれど、根っこ方面は逞しいのですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/06/22 13:09

「薔薇」は読めるけど書けない。「蟷螂」は読めもしなかった。
んんん?と文字を飛ばして読んでいたら、なんだ「カマキリ」かと。
「バラとカマキリ」。
ん~、これじゃ遊びがないね。
「薔薇と蟷螂」。
なるほど、漢字にすれば何となく怪しく感じてくる(^O^)
三島由紀夫の小説にこんなのなかったかなぁ。
・・・あれは黒蜥蜴か。(これも書くのは勿論、トカゲと読めない)
薔薇が付く小説もなかったかなぁ。
(実は三島由紀夫の小説は短編を少し読んだだけであまり知らないのだ)
ポージィさんは怪人ナントカ面相を想像したんですか。
怪人21面相なら、まだ脳裏にはっきりと刻み込まれている。
あまりにも身近で起きた事件だったから。
で、カマキリ。ポージィさん庭のお馴染みの住人ですね。
今年もご挨拶にまかり出たってわけですね。
古参者の赤いミニバラも綺麗けど、ズボバラの清楚な美しさも光ってます。
うちもこんどズボバラを植えてみようかな(笑)

投稿: あまもり | 2007/06/22 13:51

まるでフジTVの昼ドラのタイトルのような「薔薇と蟷螂」
蟷螂は読めもしなかったmikiです(^^)

赤ちゃんだと「カマキリ」の方が似合いますね♪
薔薇が綺麗だなぁ。。貧弱だなんて思いません
うちのは今日の大雨で全部散ってしまいました
枝を切ってやった方がいいんでしょうか?
棘(書けって言われたらきっと書けない)があるからダンナにさせよう(^o^)

投稿: miki | 2007/06/22 14:44

くちなしのお花もバラのお花もとても美しく撮られていて
ホッと気分がよくなりますね~
香りがほのかにどちらも、ですね。
カマキリ君が生まれたてでも懸命に頑張っているのですね。
これから悪い虫を食べて貰わなければ。しかし大部分は鳥たちに食べられてしまうのですね、自然のなせる業なので仕方がないです。
よくバラは根付いてたいしたものですね、最初の挿し方に何か秘訣がありそうです。

投稿: | 2007/06/22 16:25

確かアイスバーグは初お披露目ですよね。
ツヤツヤの葉と、丸弁の白い花が清楚な感じで素敵ですね♪
(ツルバラはよく分からないんですが、咲かせてあげてもいいんじゃないでしょうか)
ノースポールが同居していたミニバラも元気に花を付けましたね。
それにしても、挿し木したバラは白花だけじゃなかったんですか!
もう一株あるとは思わなかったんですが。
淡い色がとっても綺麗で、思わず見とれてしまいました!!(^o^)

投稿: nanbu | 2007/06/22 17:29

お庭のバラがきれいに咲きましたね☆
カマキリの赤ちゃんて可愛いです~
初めてみました。
でもポージィさんにとっては困り者なのかな^^
えっ ズボッで寝付くものなんですか~?
私の場合枯れてしまうと思うけど、ポージィさんが
お上手だからじゃないの?

投稿: 池田姫 | 2007/06/22 17:53

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

妙高も梅雨入りしましたか。雪が少なかった分を補って、ちょうどいい量の
雨が降ってくれますように~
こちらは梅雨入り後ピーカンが続いていましたが、今日はやっと梅雨らしい
天気になって雨が降っています。ホッとしましたが続くとやっぱり嫌だな(^^;)

うちのバラ、本当の姿は全然美人じゃないのですよ。私と一緒(^^)ヘヘ
でも、すごいつわもの達でしょう?世話をしてもらえないわが家では
つわものしか生き残れないのであります~
カマキリの赤ちゃん、ロココさんのお庭にも?アハハうじゃうじゃいますか。
可愛い~。でもいつの間にか数が減ってしまいますよね。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

こちらも今日は午前中から雨になりました。気温も下がって暑さから
開放されましたね。これで今度は本当に梅雨になるのでしょうか。

うちのバラたちも、花の部分だけ見ると綺麗ですけれど、定番の?
ウドンコ病や黒星病をしっかり発症しています(;_;)
薬を撒いておいてもやっぱりかかってしまいます。にもかかわらず
咲いてくれるのが嬉しいです。きっとまた秋にはと期待しています。

ほんとうにズボッでついちゃったんですよ。このバラたち。
よっぽど生命力が強いんでしょうね。うちの庭は花壇にした場所以外は
瓦礫がごろごろ埋まっているひどい土。そこを少しスコップでほじほじして
ズボッと挿しただけなのに。ラッキーでした(^^)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

薔薇・蟷螂 ほんとですねぇ。字の大きさ「中」だと細かい部分が
よく見えません(^^;)パソコンの漢字は省略形だったりしますしね。

まったく、バラってどうして病気や虫と仲がいいのでしょ。
glennさんのアップされた綺麗なバラたちも、葉っぱ部分は大分やられて
しまっていますか。うちもです~

アイスバーグお買いになるかもしれないのですか?私もパーゴラ仕立てに
挑戦しようと(無謀にも鉢植えで)買ってみたんです。
うまくいくかどうかは未知数です。

クックのご心配もありがとうございます。
ご機嫌は相変わらず斜めのままなんですよ~。人間でも特別な理由は無いけど
妙に何でもかんでもにイライラする、というときもありますしね。
クックの場合よくあることなので、気長に待ちます(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんな赤ちゃんカマキリでも、キッと睨みつけてくるのが可笑しいですよね。
しばらく前からあちこちで孵化して、庭の植物のあちこちで遊んでいます。
この前は2階のベランダの物干し竿にまでいましたよ(^^)

バラは病気と虫となかなか縁が切れませんね。
ミニバラは根っこも虫に齧られて一時は生命の危機に陥ったのですが、
それでも持ち直したというのは、やはり根っこ部分の逞しさゆえでしょうか。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

蟷螂 滅多に見ない漢字ですよね。私も読めるといってますけど、
本当は思い出すまでに大分時間がかかりそうです(^^;)
そうなんです!「バラとカマキリ」だとフツーの雰囲気。
ちょっとおどろおどろしい雰囲気にして遊んでみたかったんです~
意図をばっちり分かっていただけて嬉しいです。

黒蜥蜴って三島由紀夫でしたか。同じく三島氏の作品に薔薇がつくものも?
(↑黒がつくと読めるけど、蜥蜴だけじゃ読めませぬ)
私は三島氏のは「金閣寺」と「潮騒」しか読んだことないです。
「薔薇と蟷螂」で江戸川乱歩氏の作品を思い描いたのですけれど、
そういえばあの悲惨な事件をも思い起こしますね。

はい、カマキリさんたちもうち庭のお馴染みの住人です。
いまは赤ちゃん達がたくさんいますが、いつのまにか数を減らして
秋まで生き残ったのが、また卵を産みつけます。家の外壁に産み付けるのは
やめて欲しいんですけどね。後で剥がそうとすると塗装まで剥がれます…

ズボバラはほんとその生命力が光ってますね。
ズボッと試してご覧になるのは春か秋がお勧めです。いちお、短くして
2~3枚残した葉っぱも半分くらい切ったのをズボッと挿します。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

昼のメロドラマ風タイトルですか?なるほど~(^^)
真珠婦人なんてのもあったような…(古っ!)
「蟷螂」なんて、普段目にしませんもの、読めなくて普通です~。
私は前に見ているんですけど、思い出すまでに時間がかかります(^^;)
そうですね、かわいい赤ちゃんカマキリには「蟷螂」は重過ぎますね。

バラたち、花の部分だけアップで撮っているからまともに見えるんですよ。
ちゃんと世話していないので、他は惨めな有様、お見せできませぬ~
あ、うちのも今咲いているのはミニバラだけです。
こちらも今日は雨なので大分傷んだだろうな。バラの花に雨は非情ですね。
でも降ってくれないと渇水が。(あらま、大雨なんですか?極端だなぁ…)
雨が止んだら花後の剪定ですね。ご主人にお願いしましょう。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんな芸のない写真でもホッとしていただいて嬉しいです~
そうですね、昨日のクチナシと今日のバラ、ほのかな香りが共通項でした♪

カマキリの赤ちゃん達、うちのにわでもわんさか生まれました。
でもいつの間にかうんと数を減らしてしまうのですよね。
鳥に食べられたり、うちの場合はトカゲもたくさんいますから、きっと
トカゲの餌にもなっているでしょうね。
カマキリたちにもサバイバルを生き残ってぜひ頑張って貰わないと(^^)

ズボッでついたバラは、ひとえに生命力の強さゆえだと思われます。
瓦礫だらけの庭の土を、ちょっとスコップでほじほじして、そこに
短くして葉も切ったものを挿して水をやっただけなんです。
まさかつくとは思いもしませんでした~ ラッキー☆


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

はい、アイスバーグは初お披露目です。
丸っこい花びら可愛いですよね。香りもなかなか素適でしたよ(^^)
(もう咲き終わりましたが、5輪ばかり咲いても問題ないですよね、きっと)

ミニバラのノースポールとの同居、覚えていてくださいましたね。
ノースボールはnanbuさんの仰ったように夏になって枯れたので抜きました。
今年は花付きがいいのですが、黒星病だけでなくウドンコ病も多いです(;_;)
それでも健気に咲いてくれますけれど。

アハッ そうなんです。実はもう1種類ズボッがあったんです。
同じように庭にズボッと3~4本挿しておいたら1本ついてくれて(^^)
去年は延びきった草やら何やら整理したら、咲き終わって茶色くなった
花後の姿があってびっくりしたんです。まさかそんなに小さくて咲くとは
思いもせずに忘れてしまっていたのに…
ちょっと白の混じったオレンジ色がなかなか素適でした~♪


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

カマキリの赤ちゃんをご覧になるの初めてですか?
それならもっとよく見えるように大きくすればよかったかな。
生まれたては1cmくらいで細っこいんです。可愛いですよ~
こんなにチビのくせしていっちょまえに威嚇ポーズをしてみせて(^^)
いいえ、ぜんぜん困り者じゃないです。成虫になったのは食いついたり
カマで挟まれたりしそうで、手でつかむことはちょっとできませんが、
それでも見るのは平気。秋に産卵が近くなるとよく目に付くところへ
来るので、向こうに睨まれながらしばらく眺めています。

ズボッでバラがついたのは、たまたまこのバラたちの生命力が
強かった体と思いますよ。上手も何も、本当に瓦礫だらけの庭の土を
ちょっとほじほじしてズボッと挿したんですもの~
茎は短くして葉も半分くらいに切りはしましたけれど、それだけです。
5本中2本、といった確率でしたよ。ラッキーでした♪

投稿: ポージィ | 2007/06/22 19:47

ポージィさん こんばんは
先日は有り難う御座いました。

我が家でも挿し木でミニバラが咲くのですが、離れて見ていますと、綺麗に咲いているのですが、近くで見るとキズだらけ、

蟷螂の赤ちゃんもいます。でも私には写せません。
結構可愛いものですね。
今年は陽気のせいかトカゲの赤ちゃん、ヤモリの赤ちゃん
他にもいろいろ虫が発生してるようです。

お花たちにはちょっと可愛そうな気雅します。


投稿: あやや | 2007/06/22 22:18

わーい!
今年も登場ですね、カマキリのあかちゃん。
私、大好きなんですよね~赤ちゃんカマキリ♪

んーーーきれい!
憧れの、バラ。
私は植木鉢にずぼっとやってみようかしらん。
それなら枯らしちゃってもショックは少ないような。
そういう覚悟がなくてやるから失敗するんですよね。
反省!!

投稿: koko | 2007/06/22 23:46

ズボバラ、何だか凄いネーミングですけど、インパクトがあって、結構耳?目?に残ちゃうかもです(笑)。
回りを見せたくないときのテクとして、トリミングしてアップ画像にしちゃうってこと、私はよく使ってます。

ガーデナーさんたちにとって、強い味方なんですよね、蟷螂(コウモリだと思い込んでました)さんたちは。

投稿: goro's | 2007/06/23 02:12

◆あややさん、ありがとございます ♪

お礼なんてとんでもないです。自分のためでもあるのですから(^^)

あややさんのお宅でもミニバラの挿し木が咲いているのですね。
切り花で、数日でおしまいと思っていたものが、新たな命を咲かせて
くれるのは嬉しいですね。私はきれいな部分だけを見ることにしてます(^^;)
カマキリの赤ちゃんもやっぱりいますか。小さいときは結構植物に
溶け込んでいてパッとは気づかないことがありますね。
カマキリやトカゲ・ヤモリは肉食で、植物を食べるような小さな虫を
食べているので、私達人間や植物にとってはかえってありがたい存在かな。
毛虫や芋虫たち、アブラムシたち、ナメクジなどは寄ってこないで
もらいたいです~(><)
(近所の並木には早くも毛虫が大量発生しています ゾゾゾゾ~~)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

は~い、カマキリ・ベィビーたち、今年も元気に孵りましたよ~
kokoさん、お好きなんでしたね(^^)

切り花のズボバラ、是非やってみて♪
どっちにしろ切り花は数日の命でおしまい。それが思いがけなく
ついたらもうけもの、そのまま枯れてもそうがっかりもしません。
この前のカトゥーンを挿すには、ちょっと暑くなりすぎちゃったかしら?
バラというと難しいというイメージが強いですけれど、私みたいな
ズボラでほったらかしのやり方でも、強い子はちゃんと咲くんだというのは
ある意味バラが身近になるかな、なんて思っています。
ちゃんと本格的に育てている方にしてみれば邪道かもしれませんけれどね~(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

エヘヘ「ズボバラ」なんかすごい名前が定着しつつあります。
自分としても、本当に無造作にズボッと挿したのがついた、ということが
すごいインパクト大でしたし、いつもご訪問くださってる方には、
ズボバラの一言で、あぁ、あの挿し木のバラねと分かっていただける
ドンピシャの呼び方だったりして~(^^)??

トリミング・アップで切り取ったり、撮るときにスパーマクロ機能使うと、
見ていただきたいところだけを、見せられますよね(^^)v

蝙蝠 蟷螂 ほんとだぁー似てますねぇ。ムシヘンがつくところも
画数がやたらと多いところも。単独で見たら私も間違えそう。
「薔薇と蝙蝠」…「薔薇と蟷螂」以上に怪しげです(笑)
ナミテントウ、カマキリにはいつもエールを送ってます。
そうそう、クモにも蚊を捕まえてね~と頼んでいます。
(自分が捕まえて食べられる虫だったら…とは考えないことにします)

投稿: ポージィ | 2007/06/23 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15429128

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇と蟷螂:

« クチナシのかほり | トップページ | ほほほたるこい »