« 寄り添って | トップページ | ツインキャンドル »

2007/06/07

つめくさ たち

四葉のクローバーを見つけたことなんて一度もないのに、なぜかしらシロツメクサこと
クローバーを目にすると、それだけで幸運を見つけたような気持ちになってしまいます。
シロツメクサがわーっと一面に広がっているような開けた場所、好きです。
今年は赤・白・黄色のツメクサ(詰め草)に会うことができました。

 
<赤>
070526akatumekusa 070526akatumekusa_tubomi
  < 「アカツメクサ」の咲いたものと蕾 ある公園にて、5/26撮影 >
 
<白>
070509clover_yoko 070509clover_naname
< 「シロツメクサ」まだ蕾の残る花と満開になった花 空き地にて、5/9撮影 >
 
070509clover_ha 

 「シロツメクサ」の葉
 白っぽい模様がきれい
 (このV字形の模様は、
  ないものもあります)
 
 
 
<黄>
070526kometubutumekusa_up_2 070526kometubutumekusa2
 < 「コメツブツメクサ」…これは蕾かしら? ある公園にて、5/26撮影 > 
 
 
「アカツメクサ」 : マメ科シャジクソウ属の多年草。別名「ムラサキツメクサ」
            原産地ヨーロッパ。
            最初は牧草として日本に持ち込まれたものが帰化。
            花のすぐ下に葉が出ているのが特徴。
            花色が白い場合もありますが、葉の付き方で見分けるそうです。
            シロツメクサの葉より大きくて先が尖っているように思います。
           
「シロツメクサ」 : マメ科シャジクソウ属の多年草。 原産地ヨーロッパ。
            江戸時代、輸入物のガラス器などの、梱包の際の緩衝材として
            詰められてきたものから発芽して帰化したのだそうです。
 
「コメツブツメクサ」:マメ科シャジクソウ属の多年草。原産地ヨーロッパ~西アジア辺り。
            明治時代後期に渡来して帰化した植物。
            小さな花の集まりの直径は3~4mmと小さいことから「米粒」の
            名が付けられた。別名「コゴメツメクサ」「キバナツメクサ」
            「コメツブツメクサ」の花とは初めての出会いでした。
            予想以上の小ささと風に泣かされました。
 

|

« 寄り添って | トップページ | ツインキャンドル »

コメント

こんにちは、
最近はあまり見かけなくなりましたが、子供の頃一面のクローバー畑で四つ葉のクローバーを探したり、クローバーに埋もれて空を眺めたりなつかしい思い出が蘇りました。
・・・と、ここまで書いて気付いたことがあります。
たしか、レンゲも一緒にあったよな・・・
レンゲの蜜をなめてました。
一面のレンゲ&クローバー畑~。

投稿: mone | 2007/06/07 10:46

ツメクサ・トリオが揃いましたね。
アカツメクサの白もあるそうですね。気をつけているのですが、まだ出会いません。
最近ずっと風が強く、小さい花を撮るのは一苦労です。今も強風なので家でおとなしくしています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/06/07 14:38

ポージィさん、ついに米粒に出会ったのですね。おめでとう。
何がめでたいのかわからないけど(^_^;
アカツメクサは、シロツメクサと色が違うので一目瞭然ですが、花のすぐ下に数枚の葉っぱを付けることも大きな違いですよね。これは去年しっかりと勉強させてもらった。
そして赤も白も葉には白いV字があることも。中にはV字が薄くなったり無いのもあることも。
で、ですね。今記事にしようと編集に悩んでいるのもこの詰草なんです。
実は、先日の城北公園で、見つけたんです。ピンクのシロツメクサを。
アカツメクサじゃなくて、シロツメのピンク色です。見たことありますか?
どうも「タチオランダゲンゲ」かもしれないんですが、これでもなさそうな気がします。混雑種もあり?かも・・・と。
種類が特定できないままで記事にするかもしれません。その時はまた見てね。

投稿: あまもり | 2007/06/07 14:38

アカツメクサ、北海道・礼文島の山野草自生地にはびこっていました。牧草として入れたものが帰化、今あちこちで見られます。
何しろ国定公園内ですので、雑草と言えどもあまり勝手に除去できないと言っていました。
昔、外国で、荷物の緩衝材として詰めたのでツメクサというのだと教わりました。

四葉のクローバー、小学生の頃、一生懸命探しては押し花にして
好きな女の子にあげたものでした。昔々の淡い何とかの思い出です。
一昨年、その娘(今は同じ年のおばあさん)から電話があり、在京クラス会に出たいと言ってきたが、未だに実現してない。
何しろ本人は大阪在住、娘さんが埼玉にいるとのことでした。
四葉のクローバー持っているかな?。聞く方がヤボかもしれない。

投稿: 夢閑人 | 2007/06/07 14:58

「コメツブツメクサ」始めてみたなぁ。「アカツメクサ」の白花は5月19日にUPしました。これも初めての花でした。
本当に偶然にもポージィさんはアップで、ロココは遠景でUP。ポージィさんは解説付き、ロココはイメージ派、性格の違いかしら・・・。

投稿: ロココ | 2007/06/07 15:12

高校の頃、つき合ってた彼女が四葉のクローバー探しの名人だったのです。

で、今の家内に話を向けたところ、
「そんな気の遠くなること、したくない」
と、あっさり言われました。。。

“女性は皆花好きじゃないのか?”
弟2段でした〜〜〜(笑)。。

投稿: noodles3 | 2007/06/07 17:44

◆moneさん、ありがとうございます ♪

お久し振りです~(^^)
一面のクローバーの光景、あんまり見なくなってしまいましたよね。
子供の頃の私が、そういう光景を本当に自分の目で見たのか、頭の中で
思い描いて憧れていただけなのかなんだかはっきりしなくなっています。
moneさんはクローバー畑での懐かしい思い出がおありなのですね。
現代っ子たちにもそういう楽しさを知って欲しいなぁ…
あら、そのクローバー畑にはレンゲまで一緒にあったんですか?ますますステキ♪
レンゲ、もうずいぶん見ていません~
 

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

うちの近所にはアカツメクサも見当たらず、たまたま出かけた公園で
アカとコメツブを見つけて、やっと赤白黄色を揃えられました。
そうでしたね。シロバナアカツメクサ、というのもあるそうで…
私も見たことないと思いますが、ひょっとしたらよく見もせずに
シロツメクサと思っていた中に混ざっていたかも?(^^)

風強いですねぇー。これでは写真もなかなか。今日はまた特別強くて
散歩に出たときカメラは持っていたものの出番なし。代わりの収穫?は、
頭ぐちゃぐちゃ目に砂埃でした。トホホ 


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ハイ、やっと米粒を見つけることができました。たまたま行った公園で。
お祝いしてくださってありがとうございます。やっぱり目出度い出会いです(^^)

え~ピンクのシロツメクサをご覧になったのですか。わぉ!
いいえ、お目にかかったことないです。
私もザザッと検索かけてみました。「シロバナアカツメクサ」があるように
「モモイロシロツメクサ」という、ピンクの花が咲くシロツメクサもある、と。
あまもりさんが書いていらっしゃる「タチオランダゲンゲ」こと
「アルサイク・クローバー」というのも出ていました。
でも、私のザザッでは「モモイロシロツメクサ」と「タチオランダゲンゲ」は
違うものなのか同じものなのかよく分かりませんでした。
これだけ近いお仲間ですから、交雑も大いにあり得るでしょうし、
難しいですね。あまもりさんがどんな答えを引き出されるのか、ナゾのままか
記事のアップ楽しみにしていまーす(^^)


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

去年礼文島へ行かれた時にたくさんご覧になりましたか。
最初が牧草としてということですから、酪農のさかんな北海道には
それこそ多いのでしょう。そのとき、シロツメクサが梱包の緩衝材の
詰め草だったこともお聞きになったのですね。

キャッ♪小学生だった夢閑人さんもロマンチストだったのですね。
自分のためではなく好きな女の子にあげるために一生懸命探して
押し花にまでして… 貰った女の子は嬉しかったと思いますよ~
すてきな初恋の思い出。いいなぁ~そんな素適な思い出(*^^*)
長い年月の間に、押し花は無くなってしまったでしょうけれど、
その思い出は、その方の胸にもそっと大事にしまわれていると思います。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

ロココさんもコメツブツメクサはご覧になっていませんか。
私も初めてだったのですけれど、大阪在住の方のお話では川沿いの土手に
びっしり生えているそうです。現在全国制覇を目指して勢力拡大中
なのかもしれません(^^;)

そうそう。シロバナアカツメクサのこと、記事にされていましたね。
あのとき、へーそんなのがあるんだとびっくりしましたが、
モモイロシロツメクサというのもあるとか… ややこしいですぅ~

ほんと、今回はクローバーで握手♪でした。
私も本当はイメージ派なんですよ。写真を撮るときは細かい観察
すっかり忘れていて、パソコンに取り込んでから少しは説明も…と
悩むことになります(^^;)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あらぁ~ “女性は皆花好きじゃないのか?”弟2段! 楽しぃっ!
noodles3さんにも四葉のクローバーに関する思い出が…。
夢閑人さんがご自分で探して好きな子にあげたのと逆で、彼女が
探してくれたのですね。四葉探しの名人かぁ、すごいな~。
きっと、そのときのお二人がとぉ~ってもお幸せだったのですね。ワァ~~!

ちなみに私は、noodles3さんの奥様と一緒。
「そんな気の遠くなること、したくない」ですよぉ。
花は好きですし、「ハイ」ってくれたら喜んで貰いますけどね(^_^)

投稿: ポージィ | 2007/06/07 18:08

ポージィさん、ありがとう\(^O^)/
私の検索の仕方が悪くてモモイロシロツメクサに行き当たりませんでした。
タチオランダゲンゲ以外にもヒナツメグサなんかもヒットして、これも違うあれも違うと。
文字だけで当てるなんてすご~い。
編集しなおします。嬉しい~。
それにしてもシロを抜いてモモイロツメクサだけでもいいんじゃないかと思ってしまふ。

投稿: あまもり | 2007/06/07 18:33

私など車で吹っ飛び歩いているのでなかなかこの様なお花に巡り合いませんです。
やはりクックちゃんとお散歩、多分そうでしょうか。
収穫大ではありませんか、尤もあまり時間をかけると
クックちゃんが厭きちゃうこともあるかもですね。
コメツブツメクサは一段と可愛らしいですね。
風にはお互い泣かされますねでもとても綺麗に撮れています~

投稿: | 2007/06/07 19:58

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

おぉ~もう読んでくださったんですね。
モモイロシロツメクサでよさげな感じなんでしょうか。
少しでもお役に立ててよかったです。
検索ワードは「シロツメクサ ピンク」だったような…もう忘れちゃった(^^;
んふふ モモイロツメクサでいいじゃん、って私も思ひまふ。
けれど敢えて入れるのは「遺伝的にはシロツメクサだけど、花の色が
ピンクになっちゃったんだい」って言いたいんでしょうね。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

車で吹っ飛び歩いていらっしゃるとの表現に吹き出してしまいました(^^)
私が見つける花たちは、90%クックとの散歩のときです。ピンポ~ン♪
そうなんです、あんまり長いこと立ち止まっているとクックが嫌そうに
するので、いつもそそくさと撮っていますよ(^^;)
今日のアカツメクサとコメツブツメクサは、2人と1匹で、ある公園に
車で行ったときに見つけました。そういうときでもやっぱり、自分以外の
1人と1匹に気兼ねしてそそくさ撮りです。

コメツブツメクサは予想以上に小さくて可愛らしかったです(^^)

投稿: ポージィ | 2007/06/07 21:14

シロツメクサのじゅうたんを昨日見てきたところです。
昔北海道旅行をしたとき、電車やバスの待ち時間があると、四葉のクローバーを探したものでした。ところが未だかつて見つかったことがありません。ポージィさんは如何ですか?
あっ、見つけたことないと書いてありましたね。
まあ、見つからなくてもどうやら幸運をつかんだこともあって、いつの間にか、四葉を探すことも忘れていました。
シロツメクサの花細かく見たことがありませんが、ポージィさんの写真でわかりました。

コゴメツメクサは知りませんが、似ている名前のコゴメマンネングサをこの間撮影しました。

投稿: tona | 2007/06/07 21:28

3色のツメクサたち、揃いましたね~~

コゴメツメクサ、小さかったでしょう?
今年が初見でしたが、想像以上の小ささに、撮影には悪戦苦闘でした。
私もポージィさんがつぶやいているように、まだ開ききっていないのかなと思いましたが、これで開花状態なのではないでしょうか。
白や赤のようには、どうも開かないようです。

投稿: goro's | 2007/06/08 01:18

ポージィさん、こんにちは。
この前まで、赤い方はレンゲだと思ってたnanbuです。(笑)

でも、気がつかなかったのは名前だけじゃなくて。
花の下に葉がついてるのにも気づきませんでした。
だから首飾りや冠を編んで遊ぶのにはシロツメクサを使うんですね。
(理由が分っても私には作れないんですが)(^^;)

投稿: nanbu | 2007/06/08 08:45

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

わぁ…シロツメクサのじゅうたんを見ていらしたんですか?
いいなぁ~憧れの光景のひとつです。

tonaさんも四葉のクローバーをお探しになったことがあるんですね。
その場所で手にすることはできなくても、見えないどこかでちゃんと
見つけていらっしゃったのですね(*^^*)
遠足で潮干狩りに行っても、いっつも収穫無し(もしくは1~2個)
ということを何年か繰り返し、子供心に探し当てるものはダメだと
深く刻み付けられた結果、四葉は探してみようとしたことすらありません。
一生懸命探しても見つけられなかったときの落胆を味わいたくないという
逃げの心理も働いていたのかもしれませんねぇ。(ほんとかいな ^^;)

シロツメクサの花、アップで見るといかにもマメ科という蝶形の花が
密集していますね。コゴメツメクサはそういうはっきりした形のものが
見当たりませんでした。
コゴメマンネングサは見たことがありませんが、名前からすると
やっぱり小さそうですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

これが、前にぼやいていた記事です~(^^)
ツメクサたち、本当はずいぶん色々あるようですが、やっとこの
3色だけ揃えられました。
コゴメツメクサは想像していた以上に小さかったです~
ほんと撮影には四苦八苦させられましたね。私も何枚か撮ったうち
ピントが合っていたのは僅かに2枚ほど。
花の状態はこれが開花状態ですか?ナワシロイチゴのように。
なるほど、検索していろんな写真を見てみても、白赤のように
咲いてるぞ!っていうのは見当たりませんね(^^;)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ウフ(^^)そう仰ってましたねぇ。レンゲもマメ科ですし
色も似ていますから…
アカツメクサは花のすぐ下に葉が付いているということ、
私も見て撮っているときは全然気付きませんでした~(^^;)
あとから検索などで調べていて、あらほんとだヮ!って。
いつもこんなで観察力ゼロです。
花冠など作るときは、だからシロツメクサ。なるほど~言えてますね。
あぁ、花輪はね、最初2~3本まとめて持って、それに次の花を添えたら
その茎を最初の2~3本の茎にくるっと回してひと結びしてから茎の先端を
同じ方向に揃えるんです。そうやって次々に花を足していって…
あら?最後はどうするんだったかしら??

投稿: ポージィ | 2007/06/08 09:41

シロツメクサの絨毯、最近、つくば市のゴミ拾いの日に家の周辺をウロウロしてて見つけました♪
昔はシロツメクサで花冠を作って遊んだな~と懐かしく思い出したのですが、その作り方を今やサッパリ覚えておらずガッカリしました。
旦那に聞いても「俺はそんな遊びはしなかったから分からん」と。笑

上のコメント見て、そうそう・・・と思い出したのですが、
あら、最後はどうするんでしたっけ??笑

投稿: tomona | 2007/06/09 23:18

◆tomonaさん、ありがとうございます ♪

お久し振り~ 元気に頑張ってますね(^^)

シロツメクサの絨毯見つけたんですか?それもご自宅近くに?
いいですね!来年の春は1歳になったぼくちんと一緒にごろごろ
柔らかな春の陽射しを楽しめたらいいですね♪

シロツメクサの花冠の作り方、これ↑で合ってますよね。
でもtomonaさんも最後は思い出せない?
あちゃーこれじゃ2人ともフラワー・ロープね(^o^)

投稿: ポージィ | 2007/06/10 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15242575

この記事へのトラックバック一覧です: つめくさ たち:

« 寄り添って | トップページ | ツインキャンドル »