« たおやかに咲く | トップページ | 小判がざくざく »

2007/06/02

清楚な花ドクダミ

近所のドクダミがすっかり咲きそろいました。暗い色あいの葉に、白い花(総苞片)が
映えてとても綺麗です。この清楚さ大好き♪
においが嫌われることも多いですが、触れなければ大丈夫ですよ~。
以前摘んできて一輪挿しにいけたことがありますが、室内に置いても素適でした。
でも今日は近所の道端に咲いているものと、わが家の鉢植えの八重のものを
見てやってください。
 
070514dokudami 070514dokudami_up
  < 左:道端の群生 右:今年私が見た一番花の咲きかけ 5/14撮影 >
 
070522dokudami_up 070527yaezakidokudami
    < 一重の花 5/22撮影 >      < 八重咲きの花 5/27撮影 >
 
ドクダミは地下茎でどんどん殖えますから、わが家の八重ドクダミは鉢植えに
しています。今年の春鉢底から根っこが出てきちゃったよ~と思っていたら、
実は茎だったのか、その先にも葉が出て花芽が出て咲きました。 逞しさを
目の当たりにした感です。花が終わったらもう少し大きな鉢に植え替えてやろう。
 
「ドクダミ」:ドクダミ科・ドクダミ属
       ドクダミという名前は、「毒痛み」「毒矯め」などに由来するとのことです。
       毒を溜め込んでいる毒草という意味ではありませんよ(^^)
       「毒を矯(た)める(矯=正しく直すの意)」「毒を止める」、という意味、
       あるいは「毒や痛みに効く」という意味で、民間薬として大きな力を発揮
       してきた植物です。その効能から「十薬(じゅうやく)」と呼ぶそうです。
 
       白い花弁に見える部分は総苞片で、黄色の部分が花弁のない小さな花の
       集まりです。こちらのページに花の様子がよく分かる写真が紹介されて
       います。↓ 
       http://www.kobe-c.ed.jp/shimin/shiraiwa/dokudami/doku2.html
       
       葉にカラフルな斑が入った園芸種「五色ドクダミ」というのもあります。
 

|

« たおやかに咲く | トップページ | 小判がざくざく »

コメント

ご心配おかけしましたが無事、復活いたしました。
またよろしくお願いしますね。

夫に言わせると、そんなにドクダミが珍しいのかと。。。(笑)
昔はそこらじゅうドクダミだらけだったそうだから
ドクダミを見つけてはしゃがみこんで眺める私が可笑しいんでしょね。
空き家の庭からはみ出るように茎を伸ばすドクダミ
持ち帰りたいのは山々だけど繁殖力旺盛なのですよね。
八重のも可愛いなぁ♪
今、斑入りのドクダミがキレイで欲しくって喉から手が出そうです(笑)

投稿: ちょびママ | 2007/06/02 11:44

ドクダミ・・・は、いまだに苦手(∋_∈)
抜いた時のあのニオイ、もうトラウマになってます。
でもあの苦手なドクダミもポージィさんに撮ってもらったらなんと清楚な感じに映るのか、不思議~。
八重のドクダミはもうドクダミには見えません。
リンクサイト、見てきました。
白い花弁に見えるものはガクだと思っていましたが、総苞なんですね。アガパンサスや、ニラと同じなんですね。
アガパンサスは、今、蕾じゃなくて緑色の苞が膨らんできています。
ニラは花が開くと総苞は無くなってしまうけど、ドクダミはしっかりと残って花びらのように見せている。なるほど~。
今回は、ドクダミのことがよく理解できました。
苦手意識をすこしずつ無くしていくよう努力しよっと。

投稿: あまもり | 2007/06/02 14:41

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

わーい♪お待ちしていましたよ!お気持ち晴れていらっしゃいました?
いろいろと本当に大変ですよね…。でも復活してくださって嬉しいです。
こちらこそよろしくお願いします(^^)

アハハ ドクダミに引き寄せられて見とれていると、ちょびパパさんに
あきれられちゃいます?
かっては見飽きるほどあって、空気みたいなものだったのだったとか??
でも、綺麗なものは綺麗ですものね。花が咲くのは今の時期だけですし~

私も八重をいただいたとき、繁殖するしどうしよう~と思ったのですが、
鉢植えにすることで解決しました。ドクダミの鉢植えもなかなかいいですよ。
斑入りのドクダミも素適ですよね。鉢植えでいかがですか(^^)
って、私けしかけてます?


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんは草取りのときに濃厚なにおいを嗅がれちゃったんですよね。
トラウマになるのも無理ありません。
咲いているのを傍でただ見るだけなら全然におわないんですけれど、
トラウマになっていらっしゃるあまもりさんの場合、においの記憶が
どっと甦ってしまわれるかな。

八重のドクダミ、なかなか可愛いでしょう~(^^)
一重のものよりそれぞれの総苞が小さくて可憐な感じです。
ご紹介したサイト、ちゃんとリンクできていなかくてお手数おかけしましたね。
なのに見に行ってくださってありがとうございます。
(リンクは直しておきました。)

アガパンサスももう苞が膨らんできていますか。そのうちですね♪
ニラのことはそこまで観察したことがありませんでした。
どこかで会ったら見てみまーす。

そうそう、今日はクチナシの蕾を見てきました。こちらのクチナシは、
まだまだ小さい緑の蕾でした。咲くのは半ばくらいかしら…(^^)


投稿: ポージィ | 2007/06/02 18:42

近所のあちこちで、あっという間にドクダミが花盛りになりました。
八重のドクダミも綺麗ですね。
見つけたら撮ってみたい花です。一つ一つの苞とシベの対応がどうなっているかも観察したいです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/06/02 20:19

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

今まさに花盛りですね!
近所のドラッグストアの横の植え込みは、もともとはサツキが
植えてあったように思うのですが、いまではドクダミオンリーに
なっています。十薬とドラッグストア、いい組み合わせではあります(^^)

noodlesさんのブログで、八重のドクダミを真横から撮った写真を
拝見したところ、苞がびっしりではなく、雌しべと雄しべの花を
サンドイッチにするように苞が出ていて面白かったです。
自分のもそこまで見たことがなかったのです(^^;)
おーちゃんもどこかでお会いになれるといいですね。

投稿: ポージィ | 2007/06/02 22:07

やっぱり好きですよ、ドクダミの花。
今の季節は何処に行ってもみられるので、シアワセです。
今日は、うじゃうじゃ咲いてる八重のドクダミを、堪能してまいりました。
その一角で普通のドクダミを見ると新鮮で、一重花の良さを再確認してしまいました。
こいう経験もいいなって、ひとり笑ってしまいました。

別件ですが、私のブログでポージィさんにお願いしていることがあります。
事後承諾です。
寛容なお返事を、お待ちしております(笑)。

投稿: goro's | 2007/06/03 01:55

ウチのマンションの植込みの芝生。
いつのまにかツクシ→スギナ→ドクダミのサイクルになってます。(^o^)
赤味のある葉のフチとか味があって。
白い花だからなのか、葉の色合いが際立ってますね。
それがまた白い花の清楚さを引き立てて。
園芸種があるのも分かる気がします。
ポージィさんの八重の鉢植えも、花だけだととても同じとは思えないんですが、葉はまさにドクダミの葉ですね。

投稿: nanbu | 2007/06/03 10:18

ここんとこ白い花がよくお目見えしますね
白い花が好きな私として嬉しいですがぁ
毎年 この時期になると
洗濯物を干す位置に群生するのと あの匂い、、
ドクダミだけは「わぁ~♪」という気になれません(^_^;

確かに花だけ見たら可愛いんですけどねぇ。。
もうちょっと控えめに咲いてくれないでしょか(^o^)

投稿: miki | 2007/06/03 13:01

どくだみの季節ですね~(^^)

どくだみと言えば「煎じて飲む」ですね。何とも独特の臭いがありますが、真っ黒になるくらい煎じると甘味が出て臭みもなくなり、GOOですね。私はどくだみ茶漬けもへっちゃらです(^^)v

投稿: こぶめろ | 2007/06/03 15:31

ちょうど、今朝、ドクダミの花の白さに思わず立ち止まって見入ってしまったところでした。名前がちょっとと思いますが、確かに清楚な野草ですね。ポージィさんの八重のドクダミも綺麗です。
匂いが問題ありとのことですが、知り合いにドクダミの乾燥したものを煎じて飲んでいる人がいます。(ホント)
漢方薬になるそうです。

ところで、クックちゃん、血液検査の結果がちょっと心配ですね。
6月の検査結果が少しでもよいように祈っています。

投稿: メグロウ | 2007/06/03 15:34

近くの工場の塀の下にずらりと咲いています。結構纏まるといいものです。
子供の頃、おできの吸出し薬として、蒸してつぶして使っていました。あの匂いが嫌でした。でも花は真っ白で清楚でいいですね。
八重のドクダミは見たことありません。

投稿: 夢閑人 | 2007/06/03 19:18

我が家のジャングルにもドクダミが根強く頑張っています。芝生にまで進出してきたので、目の仇にして引っこ抜いております。しかし、ポージィさんのお話の通り、なかなかに可愛い花ではあります。ドクダミがはびこると、いかにも庭の手入れを怠っているかのごとく見えるので、近所の手前、むしりとっております。それにしても可愛い花に似合わず、しぶといですよね。

投稿: 茂彦 | 2007/06/03 21:30

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんはドクダミ大好きファンのお一人ですものね(^^)
うちの近所でもあちこちで見られて、綺麗だなぁ~と顔ほころばせいています。
え~っ!うじゃうじゃ咲いてる八重のドクダミですか。そりゃまたすごい(^^;)
八重ばっかりだと一重の良さが際立つって、それ分かりますよ。
そもそも、悟郎さんも私もどちらかと言うと八重よりは一重の花のほうが
好みですし。私はいくら八重が可愛いからといって、そればっかりに
なってしまったらやっぱり嫌だなぁ。やはり十字の花の基本があってこそ
だと思います。

んん~事後承諾のお願い?寛容な返事??
あら何でしょう。リンクかな?もちろんオッケーですよン(^^)
後で伺いまーす。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ツクシ→スギナ→ドクダミのサイクル? そういうのも季節感があって
楽しいですねー(^^) 冬の間がちょっと寂しいかな。
そうですそうです。葉の色と花の白さがお互いに引き立てあっていますよね。
葉の縁の細い赤色の筋もまたいいです~
五色ドクダミは、オランダへ渡って品種改良で生まれたものだそうですよ。
里帰りしてきたということですね。
八重ドクダミは、葉だけの間は一重のものとまるで区別が付きません。
今年もちゃんと八重が咲くかなぁ~と少しばかり心配しながら
開花を待っていました(^^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ん?あんまり意識していませんでしたが、言われてみれば白い花の
登場率高いですね。私も白い花が好きですし、季節を彩る花も
春先より白いものが増えたからでしょうね。

あらあら、mikiさんのお宅では洗濯物を干される足元にですか。
それじゃ、うっかり踏んだりされることもあるでしょうねぇ。
そうすると特有のにおいが~~(^^;)
控えめに咲いてもらうためには、息を止めておいて手前の分を
少し抜いちゃいましょう。ん~酸素ボンベが必要かしら?


◆こぶめろさん、ありがとうございます ♪

どくだみの季節です~(^^)
おや、こぶめろさんは「煎じて飲む」派なのですね。
私は専ら「眺めて楽しむ」派で、ドクダミ茶は未経験領域です。
もちろんドクダミ茶漬けも未経験。
よぉく、よぉ~く、陰干しにするとあのにおいが抜けるとは
聞いたことがありますが、真っ黒になるまで煎じるのもコツなのですか。
それまでには家中にドクダミのにおいが回りそうですが…(^^;)
でも、体にいいそうですね。夫の母も飲んでいたことがあるようですよ。


◆メグロウさん、ありがとうございます ♪

おっ、タイムリーでしたね(^^)
早朝に見るドクダミは昼間見る以上に白さが際立っているかもしれませんね。
(そこまで早起きできないので想像してみています)
花は、十字のも八重のもほんと清楚ですよね。葉とお互いに引き立てあって
いるようにも思います。
そうですよね。ドクダミという名前とにおいと生命力の強さから、
ちょっと損をしている面がありますね。せめてもう少し違う名前だったら…
ドクダミ茶を飲んでいるお知り合いがいらっしゃるのですね。
以前夫の母も飲んでいたんですよ~ 今はハブ茶に変わりましたが。
私は味見してみる気になれませんでした(^^;)
でも、体にはいいそうですね。

クックへのご心配もいただいてありがとうございます。
肝臓の薬が効き目を表してくれることを祈っています。2週間後に検査です。
ナナちゃんの首輪事件にはお互いにびっくりされたでしょうけれど、
ナナちゃんが案外ケロッとしていたようでよかったですね(^^)


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

夢閑人さんのご近所にもたくさん咲いていますか。
群生しているとなかなか見応えがありますし、1~2本が茎を伸ばして
咲いていても趣がありますね(^^)
濃い葉色に白さを際立たせて咲くドクダミの花、清楚で綺麗ですよね。
八重の人気は高まりつつあるようですから、ご近所でも近い将来
目にされる日が来るかもしれません。

夢閑人さんは、まさに民間薬としてのドクダミを身を持って体験なさったのですね。
効き目のほどはいかがでしたか?それにしても、ドクダミの色々な効力、
使い方を発見した人たちはすごいですね。あのにおいにもめげることなく
色々試してみたということでしょうから。


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

茂彦さんのお庭にもありますか。芝生の中にまで顔を出されては
ちょっと困ります(^^;)ここから先へきてはダメ、というラインを
設けるしかありませんね。放っておくと地下茎をどんどん伸ばして
勢力範囲を広げて、「ドクダミの庭」になってしまいます~
かなりの野草を許容している(はびこらせている)うちも、そうなられては
さすがに困るので、生えてきて欲しくないところに顔を出したのは
せっせと抜いていま~す(^^)
花は可愛くて好きなんですけれど仕方ありませんね。

投稿: ポージィ | 2007/06/03 21:40

八重のドクダミって、自然界のもの、それとも園芸種?ドクダミはあの独特の臭いが苦手ですが、こうやってよく見ると綺麗な花ですね。

投稿: ロココ | 2007/06/04 07:58

我が家にも沢山毎日あちこち抜いています。
でも八重はありませんね。
初めて聞きました。
あの匂いさえなければ、とてもいい感じなのに
昨年は押し花にしてはがきを作りましたが、
押すには切り込みを入れるので、匂いがいっそう強くなります。

先日JRの改札の横にドクダミが活けてありました。
とても高価なお花のように見えました。

投稿: あやや | 2007/06/04 10:04

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

う~ん、どちらなんでしょうね。
分からないのですけど、自然に生えているものの中にも苞が4枚より
多いものが混じっているので、自然発生したのかなと思います。
それをたまたたま見つけた人たちが、可愛いぞっていうんで保護して
殖やしたのかもしれないな~と。あくまでかってな想像ですが。
においは苦手な方が多いですよね。私も少しなら平気ですが、
強くなるとちょっと…(^^;)


◆あややさん、ありがとうございます ♪

あややさんのお庭にもやっぱり(^^)放っておくとどんどん殖えますよね。
よくよく見ると、八重までは行かなくても苞の枚数が5枚だったり
6枚だったりするのが時折り混じっています。そういうのがもっと苞の
枚数を増やして突然八重に変身、なんてこともあるかもしれませんね。

ドクダミの押し花…確かに押すときは手元から強烈ににおいが立ち上りそう(^^;)
あの特有のにおい成分には強い抗菌作用があるのだそうですが。

駅に活けてありましたか。「とても高価なお花のように」お見えになった
というの、よく分かります。
花展の花材にもしばしば使われていますが、とても高貴な野草に見えます(^^)

投稿: ポージィ | 2007/06/04 10:29

なんと、八重咲きのものを鉢植えしているのですか!!

僕も真似しようかな。。。

投稿: noodles3 | 2007/06/04 17:13

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

この八重ドクダミ、去年フラワーデザインを教わっている先生から
いただいたんです。そのとき、狭い庭にドクダミがわさわさ生えるのも
困りもの…どうしたものかと思っていたら、ある方が鉢植えにしていると
仰っていて、これだ!と思いました。
丈夫なのであまり気も使わないで大丈夫ですし、お勧めですよ~
冬の間は地上部が枯れて消滅するのでちょっと寂しいですけれど。

投稿: ポージィ | 2007/06/04 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15266163

この記事へのトラックバック一覧です: 清楚な花ドクダミ:

« たおやかに咲く | トップページ | 小判がざくざく »