« 思い通りには行かないけれど | トップページ | クチナシのかほり »

2007/06/20

御神木の花

隣の空き地の、わが家と接した場所に「サカキ」が植えられています。
その土地がまだ畑だった頃、野菜作りをしていたおじさんが、ある日突然
植えたものです。木に付いていた札には「キンモクセイ」の名前が。
でもね、どう見てもキンモクセイじゃありません。
やがて何年かして花が咲き実が生るのを見て、「サカキ」と分かったのでした。
 
070518sakaki_sinme 070518sakaki_tubomi1
< 「サカキ」の新芽と蕾。蕾は葉の下側に付いています。 5/18撮影 >
 
070518sakaki_tubomi2「サカキ(榊)」:ツバキ科・サカキ属
 関東以西の温暖な地に生息する
 常緑小高木。
 枝葉は神事に用い、木材としては
 細工物・建築・薪炭などに用いら
 れる。
 5~6月頃、葉の付け根に白い
 花をつけ、紫黒色の球形の
 実をつけます。
  
これまでも毎年花を見てきたのですが、なかなか撮れず、今回が初お目見えです。
6月も間もなく中旬となったある日、いっせいに咲き出しあっという間に茶色く変色して
咲き終わりを迎えました。それにしても今年はすごい数の花でしたよ。
 
 070610sakaki2 アリに人気
 
       070610sakaki3 びっしり!
 
              070610sakaki5 結構きれい
 

|

« 思い通りには行かないけれど | トップページ | クチナシのかほり »

コメント

以前ここで見せていただいたシキミ(シキビ)の花も清楚な感じだったけど、サカキの花も神事にふさわしい花ですね。
(シキミの花は、確かここで見たとブログ内検索。記憶は正しかった)
この花を見て、あらエゴノキの花にそっくりと。
次に一番最後の写真を見て、シナノキ(菩提樹)に何となく似てると。
花を日差しから守っているような葉っぱが、シナノキの花のヘラ型の包葉に似ていたからですね。
例のお寺のシナノキの花、まだ蕾です。去年はとっくに咲いていたのに。
対面にあるナツツバキは去年より開花が早かったのに。
神事、仏事に関係のある花は、いずれも白い花ですね。

シキミに続いてサカキの花。
なんだかポージィさんのお部屋が神々しくなってきました(^O^)

投稿: あまもり | 2007/06/20 11:25

サカキはこんな花ですか。エゴノキやウツギに似た感じもありますね。野菜つくりのおじさんはキンモクセイを期待していたのでしょうか。こんな可愛い花が咲けば満足ですよね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/06/20 12:01

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

シキミの花、今年はアップしなかったのによく覚えていてくださいましたね。
わぁ…感激です(T_T) ブログ内検索も役に立ってくれてよかった。
(niftyさん、付けてくれて大正解でしたよ~)

やはり、神事や仏事に使われる木というのは、葉もさることながら
花もそのイメージを損なわないものが選ばれているのかもしれませんね。
色も見た雰囲気も(^^)
シナノキは知らないの木なので(さぶっ;)ピンときませんが、
エゴノキの花には似ているな~と思いました。花柄がもっと長かったら
かなり似てますよね。

あら、ここ、神々しくなってきました?せめてここだけでも光り輝いて
いてもらいましょうか…。(なんてムリムリ)
実際のわが家は片付けない私のせいとクックの毛とで、神々しさとは無縁でーす。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

サカキの花はあっけないほど花期が短かったですから、おーちゃんも
見逃していらっしゃるのかもしれませんね。
ヒサカキがずいぶん長かったのと対照的でした。
花の姿はエゴノキや、そうそう、ウツギの雰囲気とも似てますね。
このサカキを植えたおじさん、いったいどこから苗木を持ってきたのやら。
明らかにキンモクセイとは違っていましたが、知っていらしたのか
どうかも今となっては永遠の謎ですが、これなら良かったですよね。

投稿: ポージィ | 2007/06/20 18:41

まぁ!お隣の畑のおじさんはお気の毒でしたね。でもサカキも役に立つし、こんな綺麗な花も咲くしいいんじゃないですか・・・。

投稿: ロココ | 2007/06/20 20:10

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

そのおじさん、苗木が育つ前に亡くなられて…
それで今では夏場は葛の海になっていますが、
サカキはすくすくと育っています。
今年はいままででいちばんの花付きでした。
空の上から見下ろして楽しんでおられることでしょう。
あ、サカキの花は見上げないとよく見えないんでした。ムムム(^^;ゞ

投稿: ポージィ | 2007/06/20 21:15

榊の花きれいですね。
新芽の時期って、花屋にとっては辛いです。
切りだともたないし、見た目枯れてるみたいだし。
榊って、本榊と藪榊(非榊)がありますよね~。
ポージィさんの撮ったのは本榊ですね?

投稿: てる | 2007/06/20 22:19

◆てるさん、ありがとうございます ♪

お久し振り。
榊の花こんななんです。きれいでしょ~(^^)
花屋さんにとって、榊の束は定番品ですよね。
そうかぁ…この茶っぽい新芽の時期は花屋さん泣かせなのね。
なるほど。新芽はたいていのものみんな水下がりしやすいし、
この色だもんね。なるほどなるほど。
この写真は本物の榊です。
ヒサカキ(=藪榊・非榊・姫榊)も榊の代用で使われるね。

投稿: ポージィ | 2007/06/21 10:03

あれれ、またコメントが反映されておりませんでした(泣)。
昨日書いたもの、改めて入れます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

私は今年初めてサカキの花と出会いました。
花を見たとき、これって何だろうと思ってしまいましたが、どうみても樹木はサカキなんですよね。
へえぇ、こんなに可愛い花が咲くのかって、少々驚きでした。
ヒサカキは馴染んでましたが、まったく違う花ですものね。
葉っぱの陰に隠れて下向きに咲いてるでしょう?
撮るのに上を向いてピントを合わせてと、首が痛かったです(笑)。

投稿: goro's | 2007/06/22 02:49

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あらら またまたまた…ですか?
やっぱり夜中のniftyには何かが起こっているのだヮ
改めてのご投稿、ありがとうございます。

サカキの花との出会い、悟郎さんは今年が初めてでいらっしゃいましたか。
ヒサカキと比べて、サカキはその辺に生えている数が少ないような…
あ、これはうちの近所に限る現象かもしれませんが。
サカキの花は、今年見ていて気付いたのですが、蕾の期間は長いのに、
咲き始めたらわーっと咲いてあっというまに茶色くなってしまうのですね。
おぉ、クチナシのごとくですね。ですから、ちょっとタイミングを逃すと
見られない花なのかもしれません。ヒサカキは長いこと咲くのに。
初々しくて可愛い花ですよね(^^)
そうそう、葉の陰で下向きに咲くのです。木が大きいとそれこそ首が
痛くなりますね。う~と首をさすって溜息をつかれる悟郎さんの姿が
目に浮かびました。
うちの隣のはまだ背が低いので、目の高さで見られまーす。

投稿: ポージィ | 2007/06/22 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15417230

この記事へのトラックバック一覧です: 御神木の花:

« 思い通りには行かないけれど | トップページ | クチナシのかほり »