« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

小さな花火

今年の夏で3度目の出会いになります。(去年の記事はこちらから)
今年は家のすぐそばの植栽に絡みついていました。
 
070713siode_tubomi 蕾が…
 
       070713siode_obana ぱぁ~ッ
 
「シオデ」の雄花です。
花火が開いたような、線香花火の先っぽがチカチカしているような花姿が楽しい。
涼しげなこの色も気に入っています。

今年の収穫は、雄花を見られたことももちろんだけど、初めて雌花を見られたこと。
 
070726siode_mebana1
 
 ジャーン、これが雌花です。
 子房と柱頭しかないみたい
 ですが、反り返っているのが
 花被片です。
 (花被片=萼片と花弁を
        合わせた呼び方)
 
 
 
「シオデ(牛雄菜)」:ユリ科・シオデ属 雌雄異株のつる性植物
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/07/30

水無月

これまで写真でしか会ったことのなかった花「ミナヅキ」に、今年初めて
会うことができました。花穂の形からピラミッドアジサイと呼ばれたりもする
(カシワバアジサイのことじゃありませんよ)アジサイの仲間です。
小振りな装飾花が可愛らしく、咲き始めのグリーンはなんとも爽やか。
やがて真っ白にそして秋色へと変化していくという姿も楽しみです。
 
070720minaduki_up 
 近くにある喫茶店の庭で
 咲いていました。
 もしかしたら去年もあった?
 私が会うのは今年が初めてです。
 
 まだ若そうな木で、花穂はまだ
 あまり三角っぽくありません。
 
 
 
070720minaduki「ミナヅキ」:ユキノシタ科
「ノリウツギ」の園芸品種で、
ノリウツギは両性花と装飾花が
あるのに対し、ミナヅキは全て
装飾花になっています。
 
名前の「ミナヅキ」は「水無月」
旧暦の水無月の頃咲くから
この名になったそうです。
写真を撮った7/20は旧暦だと6/7、
まさしく水無月。
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007/07/28

炎のイメージ

梅雨明け発表がまだの関東ですが、この3~4日は暑い日が続いています。
暑いときに熱い炎のイメージ、いっちゃいましょう!!

散歩中に、可愛いキャンドルの炎が揃って燃えているのを見つけたんです。
赤だけじゃないんですよ。黄色やピンクもありました。
 
070705yarikeitou 
 「ヤリケイトウ」というの?
 それとも「ウモウケイトウ」?

 カラフルな炎たちが
 なんだか美味しそうな
 キャンディーにも
 見えてきました。
 
 
 
 
070705himehiougisuisen 070705himehiougisuisen_up
 
こちらは「ヒメヒオウギスイセン」
花は炎の形ではないけれど、なぜか毎年この花を見るたびに炎のイメージが
浮かんでくるのです。この花色のせいかもしれないし、夏の日差しが似合うから
かもしれません。子供の頃から身近にあった懐かしい花です。
 
 
「ケイトウ(鶏頭)」:ヒユ科・セロシア属
           ヤリケイトウ-全体が円錐形で先端がとがるのが特徴。
           ウモウケイトウ-羽毛を束ねたような形で、全体が細長い円錐形。
           トサカケイトウ-全体がニワトリのトサカに似た形。
           クルメケイトウ-トサカケイトウに似ているが、全体が球型。
 
「ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)」:アヤメ科・(クロコスミア属?)
               別名「クロコスミア」「モントブレチア」
               

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/07/27

lemon レモン ♪

造園屋さんストック場で、久し振りにめっけものに遭遇しました~♪
花は咲いていなかったのですけれど、若い実が生っていたので分かりました。
 
070716lemon_tubomi 
 最初に目に飛び込んできたのがこちら。
 
 葉っぱで柑橘系という予想は付いたものの
 このピンクの蕾はなぁに?
 蕾ばかりで咲いているものは無し。
 札でも付いていないかとキョロキョロ…
 
 濃い葉の色に紛れるように若い実が
 生っているのを見つけました。
 それが次の写真ですよ~
 
 
 
070716lemon_miまだ小さくて硬くて
濃いグリーンの実だけど、
形にはもうレモンの特徴が。
だんだん色付いていくのを
見られるかな、楽しみです。
咲いた花も見たいな。

レモンの木に出会うのは
初めて。嬉しかったです♪
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007/07/26

青い果実

       ご近所の畑で見た青い果実。その日、空は梅雨空でしたが、
       瑞々しく若い実たちは生命力いっぱいに輝いて見えました。
 
         070713budou
         粒の小振りなブドウはデラウェアかしら?ご家庭用に少し。
 
         070713nashi
         袋をかけていない梨の若い実。足元にも摘果か落果か
              たくさんの小さな実が落ちていました。
 
 
       もうスーパーではブドウもナシも並んでいます。
       この畑の青い果実たちが熟すのは8月に入ってからでしょうか。
                (写真はどちらも7/13に撮影しました)
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007/07/24

太陽の花

私が幼い時にお絵かきで描いた太陽の絵は、○の周りに短い線が放射状に
広がっている形でした。だからかもしれませんが、ヒマワリを見ると決まって太陽を
連想します。今日はほんっとに久し振りのピーカン。青い空と陽射しが眩しいっ!
 
散歩コース沿いにある畑に、今年は大型のヒマワリが咲いていました。
 
070705himawari1 何本もにょきにょき
 
          太陽のかたち 070705himawari3
 
070705himawari4 そんなに重たいの?
 
 
太陽の形をしたヒマワリにはやっぱり夏の明るい濃い陽射しがよく似合うと
そう思います。長々と続いていた雨と曇天の間、きっとヒマワリたちも
お日様を恋しく思っていたことでしょう。
 
ヒマワリもまたギリシャ神話に登場する花です。太陽神アポロンに片思いの
恋をした水の精が、東から西へと馬車を駆るアポロンの姿を長い間見つめ追い
続けているうちに、足は地に根を生やし顔は花に変わってしまった…
その花がヒマワリという、切ないお話です。
 
「ヒマワリ(向日葵)」:キク科・ヒマワリ属 北アメリカ原産
             写真のヒマワリの品種名はわかりません。
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/07/23

あれれ 色が薄いよ

7/20に、真っ青な花色が美しい「ツユクサ」の花をアップしましたが…
あのときの花を撮ったすぐそばに、薄紫のツユクサが咲いているのを
見つけました。私にとって、真っ青以外のツユクサとの出会いは初めてです。
 
070720tuyukusa_usumurasaki1 070720tuyukusa_usumurasaki2
 
陽射しが当たってしまっていますが、薄紫色(藤色)がお分かりいただけますか?
検索してみると「ウスイロツユクサ」の名前がヒットしました…。
 (ウスイロツユクサって、植物界で広く一般的に認められた名称なのかな?)
この藤色、これはこれでとても綺麗な色。
でもやっぱり真っ青がいいな、などと思うのは私の身勝手なのでしょか。
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/07/21

またまた散歩中に

雨で路面が濡れていてまともに散歩できない日の方が多いこの頃。
(クックのお腹がびしょびしょドロドロになるので止めることにしています)
久し振りにちゃんと散歩できたある日のこと…
 
070703casablancaふわっと鼻先をくすぐった甘い香り
そういうときは思わず周りを
キョロキョロと見回して
香りの出所を探してしまいます。
 
今回甘い香りを放っていたのは
この方でした。
あるお宅の玄関脇で咲いていた
見事な「カサブランカ」
そういえば去年もこの場所で
会ったのだったと思い出しました。
去年にも増して立派な姿に
なっていました。
 
 
070703nobudou_mi もう少し歩を進めると、今度は
 道境の背の高い植栽に這いのぼり
 いつのまにかもう実をつけていた
 「ノブドウ」が目に飛び込んできました。
 
 この場所のノブドウには毎年
 目を楽しませてもらっています。
 この緑の実がコバルトブルーに
 変わるのはいつごろでしょう。
 それまで残っていられれば、
 のことですが。
 
 この付近に生えるノブドウは、 こんな風に葉の切れ込みが深いものと
 浅く切れ込みの数も少ないものと両方が見られます。
 
 
070701salvia_guaranitica1 070701salvia_guaranitica2
 
さらに歩いていくと、何やら騒がしい一角が。
シックで優美な色合いにお構いなく、今年も叫びあっているような彼らは
「サルビア・ガラチニカ」通称「メドー・セージ」たちです。
連日大声コンテスト大会開催中?あごが外れちゃうよ。
あら、大きな声で歌を歌っていたの?そりゃ失礼をばいたしました(^^;)
 
 
070706cook 
 ふと気付くと足元には
 草の根元に顔を突っ込むクック
 やめてけろ~~
 ダニがいるかもしれないじゃん
 もちろん
 すぐに引き離しました
 写真撮ってからだけど(^^;) 
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/07/20

ツユクサ

       毎年の夏の楽しみのひとつは、真っ青な花色の美しい
       「ツユクサ」の花との出会い。
       今年はあまり出会いに恵まれません。
 
       ひとつにはツユクサの咲く時間帯に外歩きをしていないせい。
       ひとつには生え揃ったツユクサの群生に除草剤の雨が注いだせい。
 
       今のところ唯一カメラに収めたのが、ご近所で数輪咲いていたもの。
       たまたま朝のうちに出かけたその日は陽射しのある日で、
       真っ青な〝潔い青〟が眩しいほどに輝いていました。
  
        070706tuyukusa2
 
        070706tuyukusa1_1
 
        ツユクサはよく見ると面白い花の作りをしています。
        ブルーの花弁が2枚 白い小さな花弁が1枚
        長い雌しべが1本 長い雄しべ(本物)が2本
        黄色の飾り雄しべ(仮雄しべ)が形を変えて3本と1本
        そして花は、二枚貝みたいな苞葉に包まれています。
        苞葉の中に隠れるように半透明の萼が3枚と、次に咲く蕾たち。
 
        こういう形になったのには、きっとツユクサなりの戦略が
        あるのでしょうね。呼び寄せたいのは蟻?蝶?蜂?それとも…
 
        「ツユクサ(露草)」:ツユクサ科・ツユクサ属
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007/07/19

シンボリックな果実

関東は今日もどんより重たい空。お日様とは随分ご無沙汰している気がします。
一昨日・昨日は涼しさ通り越して寒いくらいで、2ヶ月ほど前の気温だったようです。
今日は晴れ間も覗くとの予報でしたが…現時点ではむしろ雨が降りそうな空(-_-)
 
というわけで、今日は明るい花色でお日様を呼んでみよう~
眩しい朱色の花を咲かせるザクロです。
 
「ザクロ」は神話との結びつきの強い果実ですね。ギリシャ神話では冥界の果実
として登場します。また、仏教の鬼子母神は子孫繁栄をあらわす果物として
ザクロを手に持っているそうですし、キリスト教でも再生と不死に対する希望の
シンボルなのだそうですよ。(他の解釈もあるかもしれません)

花や実の赤い色、厚い果皮に包まれ種の多い特徴ある実は、信仰のシンボルと
結びつきやすかったのかもしれませんね。
 
070708zakuro_hana ザクロの花
 朱赤の花びらは
 まるで光を放っているように
 眩しく感じられます。
 
 「ザクロ(石榴)」:
     ザクロ科・ザクロ属
 
 
 
070708zakuro_mi_mae 
 
 
 
花後、膨らみ始めたまだ青い実
オシベがたくさん覗いています。
 
 
 
 
070708zakuro_mi_yoko 
 実を横からみると…
 残ったガクの部分が王冠のよう
 というので、権威の象徴として
 宮殿のデザインに使われたり
 神話の中でも王冠と結びついたり
 している例があるそうです。
 
 
 
秋になるとスーパーに並ぶ輸入物の大きな大きなザクロの実。
花が咲くときはどんな様子なんでしょうね。一度見てみたいものです。
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/07/18

セイヨウニンジンボク

去年そういう名前の木があることを初めて知った「ニンジンボク」。
散歩コース沿いのお宅のお庭によく似た花を見つけ、外の駐車場に枝を伸ばして
いたのを、ちょっと近寄って見させていただいてきました(勝手に ^^;)。
 
どうやらこれは「セイヨウニンジンボク」のようですね。
細長い葉、淡い紫の小さな花の集まり、柔らかそうな枝、なんとも涼やかな姿です。
 
070708ninzinboku1 070708ninzinboku2
070708ninzinboku3 070708ninzinboku_ha
 
例によってそそくさと撮ってきたので、5mmほどの小さな花の様子は今ひとつ
ちゃんと見えませんが、花びらが反り返ってオシベが突き出ていました。
 
わが家の古い「日本の樹木辞典」には、「セイヨウニンジンボク」も「ニンジンボク」も
載っていません。でも中国原産の「ニンジンボク」は古くから栽培されているそうです。
私は最近まで、どちらも見かけることなくきてしまいましたけれど。
近年、一般家庭でも人気が出て広まりつつあるのかもしれませんね。
この、花の咲いた姿を見ると、人気が出るのもうなずけます。
昨日の〝清爽なり〟の仲間に入れてもいいくらい(^^)
 
「セイヨウニンジンボク」:クマツヅラ科・ハマゴウ属 2~3mになる落葉低木
               原産地:地中海沿岸地方 白花種もあり
               全株に香りがあり、欧州では果実が香料に使われるほか、
               女性ホルモンを整えるハーブとしても古くから利用されている
               とのことです。
               写真を撮っているときは香りに気付きませんでした。
 
「ニンジンボク」は中国原産で、葉の形がチョウセンニンジンに似ることから、その名が
付けられたそうです。私はチョウセンニンジンの葉の形を知らないのでピンときません。
「セイヨウニンジンボク」は西洋からきたニンジンボクといったところなのかな??
渡ってくる順番が逆だったらどんな名前になっていたのでしょうね。
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/07/17

清爽なり

台風が去ったと思ったら、今度は大地震… どうしてこんなに続くのでしょう。
被災地の方々にはお見舞申し上げると共に、一日も早く平常の生活が戻られることを
祈って止みません。
空模様も気持ちも清爽とはかけ離れた今日ですが、敢えてこの花たちを。

「清爽」とは、「清く爽やかなこと。さっぱりしていること。」
              私は、この花たちにそんなイメージを重ねます。
 
ひとつはこの花
 
070628agapanthus1
  別名を「紫君子蘭」と
  いわれるように
  君子蘭に似た
  堂々たる姿ですが、
  こちらの方が
  優しいイメージですね。
  
 
 
070628agapanthus2
「アガパンサス」:
 ユリ科?ヒガンバナ科?
 アガパンサス科?ネギ科?
 (所属体系によって違うそうで)
 アガパンサス属 ??
(別名:ムラサキクンシラン
     アフリカンリリー  )
 
淡い青紫の花色が爽やかで優しげです。たまたま車で前を通ったお宅のお庭には、
薄紫と白の2色が並んで咲いていました。
 
 
もうひとつはこちらの花
 
070701gibosi2 070701gibosi3
 
070701gibosi1070605gibosi_ha
 
「ギボウシ(擬宝珠)」:ユリ科・ギボウシ属 (これまた他の分類もある…?)
              多くの種類があり、花色は淡い紫・白・紫など。
              幅広で美しい葉も、品種によって色々な姿が楽しめます。
 
わが家の庭にも一昨年一株ギボウシを植えたのですが(品種名は忘れました)、
あまりに日陰過ぎたのか、去年も今年も葉が数枚出てるだけで、花は一向に咲く
気配なしの観葉ギボウシとなっています。うちはこんなのが多いようです。
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007/07/14

ノカンゾウかのん?

暗く重い空が続くこのごろですから、今日は明るい色でまいりましょう。
 
今年は、こんなオレンジ色の花をちょこちょこ目にします。「ノカンゾウ」でしょうか。
片やスレンダー&スリム、かたやフリルがかかっているお洒落さんでした。

ほとんど種子をつけず、匍匐(ほふく)枝で繁殖するという記述を見ましたが、
実際はどうなのでしょうね。最初の一株はやっぱり種からなのかしら。
 
070705nokanzou1_1 070708nokanzou2
          < 7/5 と 7/8 にそれぞれ別の場所で撮影 > 

追記:横浜のおーちゃんより、右の写真は「ヤブカンゾウ」のよう…とのご指摘を
    いただき、オリジナル写真をよ~く見たところ、おしべの中に小さな花弁
    らしきものが1~2枚あるのが認められました。
    花が大き目なこと、花弁化しているおしべがあることから、右の写真の花は
    「ヤブカンゾウ」へ変異中の「ノカンゾウ」かもしれません。
    それともここまでくればもはや「ヤブカンゾウ」なのかな?(21:43記)
 
夏の濃い緑の中にあって、このオレンジ色はよく映えますね。
 (↑写真の周りに見える葉っぱたちは、違う植物のものです)
汗をかいていたせいか、美味しいオレンジジュースが頭に浮かびましたが、
写真を撮ろうと近づいてみたら、でっかい白いアブラムシがよってたかって
ノカンゾウジュースを飲んでました ひぇ~~ ^^;
でも、がんばって撮ってきました。
 
ノカンゾウの変異で八重になったものを「ヤブカンゾウ」というそうですが、
そちらにはまだお目にかかったことがありません。
 
「ノカンゾウ」:ユリ科・ワスレグサ属
        「悲しいときに、カンゾウを眺めれば忘れられる」という言い伝えが
        あるそうです。一日花であることからきたものかもしれませんね。
 
「ノカンゾウかのん?」は「ノカンゾウですかねぇ?」を、私の故郷・愛知県は豊川の
懐かしの三河弁ふうに言ってみました。「のん」の部分は仏語の「non」と同じように
発音します。「そうだのん」「明日は晴れるかのん」「暑いのん」…などなど祖母が
使っていたのを覚えていますが、今ではあまり使われません。
私の年代でも、もう誰も使っていなかったと思います。
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/07/13

蝶がとどけた妖精の鈴

台風4号が北上中ですね。沖縄地方はすでに…このあと3連休は列島を縦断?
この週末予定していた私の実家(愛知・豊川)への帰省は涙をのんで中止としました。
すでに大雨被害を受けている九州は更なる被害が心配ですね。
その他の地域の方々もどうぞお気をつけください。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
わがやの玄関の ☆☆☆ 白い妖精の鈴とピンクの蝶 ☆☆☆
 
070527fairy_bell070609fairy_bell
 
070527gaura 070614gaura2
 
いえ、本当は蝶が届けてくれたわけじゃなくて、どちらもホームセンターから
お金と引き換えにさらってきました。わが家の玄関はお気に召していただけたかしら?
美しく咲き続けていたのに、このところちょっと元気がなくなって一休みかな。

そんなことより妖精の鈴だの蝶だのって何のこと?ですよね。名前をご覧ください。
 
 ◆白い妖精の鈴 「フェアリーベル」:ナス科・ニーレンベルギア属
                       ( サントリーフラワーズの登録商標)
 ◆ピンクの蝶   「ガウラ」:アカバナ科・ガウラ属 
 
「フェアリーベル」はまんま「妖精の鈴」。
「ガウラ」は別名を「白蝶草」ともいうそうで、元々白花か薄いピンクが主だったガウラが
風にそよぐ様を、蝶が舞う姿になぞらえた名前だそうです。うちのはピンクの蝶♪
「妖精」「鈴」「蝶」なんて揃っては、もうファンタジー世界へ行くしかありません。
それでこんなタイトルになりました。お話は皆さんご自由に楽しいのをお考えください。

どちらも花期が長くて冬越しできるというので白羽の矢を立てました。
前からあったシルバーレースと寄せ植えにしてあるのですけど、寄せ植えとしては
失敗かな~。ということで鈴さんと蝶々さんに個別出演していただきました。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/07/12

巻きつきたいの

梅雨空が続いていますが、蔓植物たちは元気いっぱいです。
 
070628hagoromorukousou_turu1 070628hagoromorukousou_turu2
 
巻きつきたいの、何でもいいから。 今すぐに~ くねくねっ
                            (ハゴロモルコウソウ)
 
 
070628kuzu_turu3 どこだどこだ?
 
   070628kuzu_turu1 巻きつくものぉ~
 
      070628kuzu_turu2 巻きつくものや~い
                                              (クズ)
 
070628nigauri_turu
 
 
 
 
   巻~きつ~いたっ
 
   もう放さないもんね!!
 
      (ゴーヤー)
 
 
 
茎本体自ら巻きつくものもあれば、巻きひげを伸ばして巻きつくものもあります。 
 

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2007/07/11

クックの入浴シーン

去年辺りから、2週間おきから4週間おきくらいに回数を減らしたクックのシャンプー。
それにしても今回はずいぶん久し振りになってしまいました。1ヵ月半振りくらい?
夫と2人で手早く済ませることが多いのですが、寒い時期じゃないし、と
ちょいと入浴シーンを撮らせてもらいました。
濡れて毛がぺしゃんこになるとクックはこんな姿に変身します。
 
070707shampoo2 やだ
 
       070707shampoo3 やだもん
 
               070707shampoo4 助けてよぉ
 
       070707shampoo5 もうちょっとだよ~
                       ほんとは、この後ドライヤーが待ってるけどね
 
シャンプーのときのクックは、
 まずはこちらの準備を察して床にへばりついてぐたっと力を抜いて抵抗。
 その抵抗もむなしく風呂場へ連れ込まれた後は、よじ登って逃亡を図るも
 シャワーの湯をかけられ抵抗を断念。その後は緊張のあまり固まってしまいます。
 流し終えたらタオルドライとドライヤーで乾かします。乾かし始めは夢中で頭を
 人のズボンにこすり付けて、その後はまたしばし固まり…。半乾きくらいになると
 「もういいだろ~解放せろ~」とばかりに唸り声を上げ始めますが、それでも
 捕まえているわけでもないのに頑張って座ってドライヤーの風を浴びております。
 
              070708field2
               < 翌日 ふわっふわのサラサラになりました >

| | コメント (16)

2007/07/10

散歩中に見つけたもの

散歩中に撮ったものたちを載せていることがほとんどの当ブログですが、
こぼれ落ちてご紹介できないでいるものもいくつか。
今日はそんな写真の中から拾い上げたものを少しばかりアップしてみます。
 
070609oridururan
 とあるマンション入り口の
 植え込みで咲いていた
 「オリヅルラン(折鶴蘭)」の花
 
 私、初めて見ました
 清楚で涼やかな姿
 欲しくなってしまいました
          (6/9)
 
 
070626gaillardia_up
 

 畑の端で咲いていた
 「ガイラルディア」
 花が散った後の姿も
 面白いね
       (6/26)
 
 
 
 
070627kuri
 
 
 栗の実の赤ちゃん
 これから大きくなります
 まだ雌花が残って
 いるように見えるね
       (6/27)
 
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/07/09

モリムラくん

2年位前、道端で3cm角分くらい拾ってきた(正確には地面から引っぺがしてきた)
マンネングサ。小さな鉢であふれんばかりになってしまったので、家の横の
砂利敷きの場所に追い出してしまいました。この生命力の強さならそんな場所でも
十分にやっていけると見込んでのことです(言い訳かい? ^^;)
 
他の方のブログで頻繁に紹介されているのは「メキシコマンネングサ」「コモチ
マンネングサ」「ツルマンネングサ」など。でも、それらのどれとも、うちのはちょっと
違って、こんもり繁って遠目には盛り上がった苔のように見えるのです。
名前が分からないままきていましたが、今年久し振りにネットでマンネングサを
調べてみて、やっと名前が分かりました。
 
070615morimuramannengusa_ie
 
 ←こちらがわが家の
  モリムラくん達です。
  砂利の上でも
  元気そうでしょう?
 
 
 
 
070615morimuramannengusa_yoso2070615morimuramannengusa_yoso3
 
070615morimuramannengusa_yoso1中段・下段は、拾ってきた近くで
花を咲かせていたモリムラくん達。
葉の先端が少し丸みを帯びて
全体にこんもりとした姿に
まとまるのがいい感じです。
 
花が咲いた姿を、こうしてアップで
見ると、なんだか海底で揺らぐ
藻の花のように見えてきます。
(藻にこんな水中花が
 咲くかどうかは存知ませぬ)
 
「モリムラマンネングサ」:ベンケイソウ科マンネングサ属  常緑多年草
               詳細はよくわかりませんが、日本原産のマンネングサ
               かもしれません。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
【ご報告】 
健診の結果が出ました。乳癌健診の要精検の結果は「多分軽い乳腺症でしょう」
とのことで、胃のポリープ?とあわせて毎年の健診での経過観察ということに。
他はちょっと血圧(下)が高めなことと聴力低下が要注意となった以外はOK。
(聴力は子供のとき飲んだ薬の副作用と持って生まれた体質のせいです)
意識して体を動かすようにして血圧の改善につなげていきたいと思います。
「体重は減ったんだけど…」でご心配くださった皆さま、ありがとうございました(^^)
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007/07/07

大きくなったね

「タケニグサ」という大きな野草をご存知ですか?
街中ではこんな大きな草は大きくなる前に刈り取られてしまうでしょうね。
うちの近くでも、種を落とすまでずっと生えていられることは稀です。
 
070513takenigusa_ha 春、早くも大きな葉を広げながら
 新芽が伸びてきました。
 まだ初々しくて柔らかそうな
 きれいな葉です。(5/13撮影)
 
 この写真の株は、もう少し
 生長したところで刈り取られ
 消滅しました。
 
 
 
6月、別の場所で生き残った株が大きく育って、花を咲かせ始めていました。
円錐形の花序を高く伸ばして花が咲きますが、この株は2mを超えていました。
  
070626takenigusa1 070626takenigusa2
 
070626takenigusa_ha 
 「タケニグサ」:ケシ科・タケニグサ属
 竹煮草とも竹似草とも書くようで、民間薬や
 うじを殺す薬剤として使用される身近な
 野草だったようです。
 花弁はなく、オシベ・メシベを包んでいる
 白いのは2枚のガクで、開花と同時に
 落ちます。個々の花は一日花だそうです。
 花後には扁平な長細い実がたくさんでき、
 その実が風にサラサラと鳴るというので
 「囁草(ささやきぐさ)」の別名もあるとか。 
 
 
かって色々活用された野草も、今では雑草として嫌われることが多いようです。
自然な雰囲気のアレンジメントには時々使われていますが、アレンジに使う場合、
身近に生えていなかったら市場で買ってくるのだそうですよ。 
 
 
グリーンストライプのnoodles3さんが、タケニグサについてとても詳しい説明と
花のアップ、咲いて実が生っていく過程の写真の記事を書いていらっしゃったので
リンクさせていただきました。→こちらをご覧下さい。
 

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007/07/06

レモンリーフをご存知ですか?

花屋さんで手に入る葉物のひとつ、「レモンリーフ」に花が咲きました。
ただ水に挿しておいたら花が咲いただけなのに、「花遊び」のカテゴリーに
入れるのはちょっと無理があったかな…(^^;)
それはともかく、こんな花です。見てやってください。
 
070518lemon_leaf_hana3 070518lemon_leaf_hana1
   < 釣鐘型の可愛い花 この花の形はアレやアレに似ているぞ… >
 
070517lemon_leaf 070518lemon_leaf_hana2
  < レモンの実の形?の葉 >  < 花の中を覗き込んでみたけれど…見えん >
 
葉っぱの形がレモンの実の形に似ているから、というので「レモンリーフ」と
教わってアレンジメントやブーケに何回か使ってきたけれど、それ以上のことは
何も知らないままでした。今回、使い残した枝を何本か水に挿しておいたところ、
そのうち1本の先端からなにやら芽が出てきて…あらら蕾みたい!ということに
なったのです。そして咲いたのがこんな花。
なんだか、アセビやドウダンツツジやブルーベリーの花みたい♪
ええ~っ「レモンリーフ」って、もしかしてツツジ科のお仲間なの?
 
手持ちの「花図鑑-切り花-」には(今までちゃんと見たことありませんでした ^^;)、
【学名:Gautheria shallon 分類:ツツジ科・ゴーセリア属(シラタマノキとは同属)、
 原産地:北アメリカ 英名:「シャロン」「サラール」】と載っていました。
同図鑑によると、「レモンリーフ」という呼び方はアメリカの花店が始めたそうです。

検索してもこの木自体のことはほとんど出てこないのですが、
「ゴーテリア・シャロン」:ツツジ科・シラタマノキ属と書かれているものもありました。
 
070531lemonleaf_hana_up1
 
 
 最初の1輪が咲いてから
 約2週間後、
 3つあった蕾がすべて
 咲きそろいました。
 
 かわゆい…(*^^*)
 
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/07/05

嬉しい再会

去年たった1本だけ見ることのできた「キキョウソウ」。今年同じ場所には見当たらず、
セリバヒエンソウ同様に、私にとっては幻の花かと諦めていたところ…
たまたま目を向けた幼稚園のフェンスの内側の隅っこに何本も生えているのを発見。
嬉しい嬉しい再会となりました。
 
070615kikyousou1 070615kikyousou2
< 同じアングルの写真だけど嬉しいから2枚並べてアップしてしちゃおう >
 
幼稚園の建屋と敷地の死角ともいうべき、狭い三角ゾーンに10本くらいがニョキ
ニョキと立ち上がって咲き、ゆぅ~らりゆぅ~らり風に揺れていました。
1本だけ、いちばん手前のが先端がフェンスのこちら側に出ていたのです。
この子が外の世界を覗き見していなかったら、気付かなかったに違いありません。
 
似た花に「ヒナキキョウソウ」というのもあるのですが、ただもうこの紫の小さな花に
会えた喜びで有頂天になり、どちらなのかすら気にも留めずにピント合わせにのみ
必死になって撮ってきたのでした。
幸い撮ってきた写真で目出度く?「キキョウソウ」と確認できました。
花が先端のみでなくいくつか咲き、葉はぐるりと茎を抱えるようについています。
ただ、早い時期の閉鎖花や実は、この先っぽだけでは今回も確認できませんでした。
 
「キキョウソウ」:キキョウ科・キキョウソウ属
 
キキョウソウの簡単な説明は去年の記事でしていますので今年は割愛します。
また、キキョウソウとヒナキキョウソウの比較はこちらのページで詳しく説明されて
いますのでよかったらご覧ください。
 
7月に入ってもう一度見に行ったら、すっかり抜き取られた後でした。
種はちゃんと落ちた後だったかな~ 来年も見られますように~ ヘヘッ(^^;ゞ 
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/07/04

美しい姿のうちに

ことしの春、こちらにもよく来てくださるmikiさんのブログで「アズーロ・コンパクト」の
マリンブルーという花を知り、すごーく欲しくなった私。
ホームセンターで苗を発見するやいなや飛びつくようにして買ってしまいました。
「アズーロ」はサントリーフラワーズの登録商標で、「アズーロコンパクト」はオランダ・
シンジェンタシード社が開発したものだそうです。

070609azzuroc3 キキョウ科・ロベリア属の花で、
 夏越ししやすいロベリアといった
 ところだそう。夏越ししやすいといっても、
 鉢を置いているわが家の玄関前は、
 夏場は強烈な西日がギンギン。
 6月の声を聞く頃にはすでに
 葉先が焼けて茶色く…。
 かわいそうに、陽射しを浴びる昼間は
 グッタリしています。
 果たして夏越しできるかどうかアヤシイ
 そこで、綺麗なうちに記念にパチリ♪
 ふんわり広がっていい雰囲気を
 見てやってください♪ 
 
 
070609azzuroc1 070609azzuroc2
 < アップで見ると一つ一つの花はこんな感じ。茎も細くて繊細です。 6/9撮影 >
 
070621kumabati
 あるとき、見るからに重そうな
 クマバチがせっせと蜜を吸って
 いました。
 体の重さで花の中に沈んだり
 また這い出てきたりしている
 様子は、マリンブルーの海で
 溺れているかのようでした。
           (6/21撮影)
 
 
案の定、クマバチのいる写真を撮って間もなく、どんどんくたびれた姿になってきて
しまいました。半日陰の場所を探してやるべきですね。それだと見えない場所に…。
パラソルでも立てる?風で吹っ飛ぶこと必至。う~ん
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007/07/03

紫陽花たち

どうやら今週は梅雨空が続きそう…というので、クックとの散歩途中に出会った
紫陽花たちを並べてみました。(ごめんなさい、クックは登場しません)
よそのお宅の庭、公園、造園屋さんストック場などで見たものです。
よそのお宅のお庭には、まだ他にもステキだなと思うのが咲いているのですが、
写真を撮れない場所のことも多く、目で見て楽しませていただくにとどまりました。
 
どれもそそくさと撮った、写真としては平凡なものばかりですが、写真をクリック
していただくとポップアップウィンドウが開き、少しばかり大きめの写真を見て
いただくこともできます。よろしかったら大きめ写真もご覧ください。
 
070527sitidanka_ue 070602azisai2 070602azisai3

070606azisai3_2 070603azisai1_1 070606azisai1

070616azisai1 070615azisai 070616azisai2

070606azisai2 070617azisai_up 070617azisai
 
070522kasiwabaazisai 070522kasiwabaazisai_up ←カシワバアジサイ
 
今回は品種名も無しにしました。ただ 花の姿を愛でていただければ幸いです。
どんなタイプがお好みですか?
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007/07/02

綺麗だったサンゴジュの花

毎年いちばん綺麗な時期を見逃していた「サンゴジュ」の花。(赤い実はこちらで。)
今年はついに、まだ綺麗なうちに見ることができました。この数日後だったら
今年もまたがっかり、ということになっていたでしょう。危ないところだった~。
 
070616_sangozyu_hana 070616_sangozyu_hana_up
<こんもりと花をつけ、一つ一つの花はアップで見るとこんな感じ 6/16撮影>
 
近くの中学校の植栽で、道路との境に背高く植えられています。
花が反り返って咲く様子はネズミモチなどとも似ているな~と思いました。
科や属は全然違うのですけれど。(現在トウネズミモチが花盛りですね ^^)
 「サンゴジュ(珊瑚樹)」:スイカズラ科・ガマズミ属
  
さて、このサンゴジュの花を見ていたとき、何やら蔓ものが絡まっているのを発見。
最初葉を見てノブドウかと思いましたが、全然違う花を発見。ひょっとしてヤマブドウ?
それとも、この近くにあるブドウ園の実を鳥さんが食べて、ここに種を落としていった
のでしょうか~ ↓こんなのでしたよ。
 
070616yamabudou_tubomi070616yamabudou_hana
        < 左が蕾で右が咲き始めたところなのかな?? >
 
070616yamabudou_ha 
 
 そしてこれは葉の様子
 
 
 
 
 
 
横浜のおーちゃんがくださったコメントにより、どうやら「エビヅル」(ブドウ科)らしいと
判明しました。 黒く甘い実が生るようですが、コレ↑雄花みたいです…(^^;)
                                      (7/2 16:15追記)
  

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »