« 水無月 | トップページ | ふたつのノウゼンカズラ »

2007/07/31

小さな花火

今年の夏で3度目の出会いになります。(去年の記事はこちらから)
今年は家のすぐそばの植栽に絡みついていました。
 
070713siode_tubomi 蕾が…
 
       070713siode_obana ぱぁ~ッ
 
「シオデ」の雄花です。
花火が開いたような、線香花火の先っぽがチカチカしているような花姿が楽しい。
涼しげなこの色も気に入っています。

今年の収穫は、雄花を見られたことももちろんだけど、初めて雌花を見られたこと。
 
070726siode_mebana1
 
 ジャーン、これが雌花です。
 子房と柱頭しかないみたい
 ですが、反り返っているのが
 花被片です。
 (花被片=萼片と花弁を
        合わせた呼び方)
 
 
 
「シオデ(牛雄菜)」:ユリ科・シオデ属 雌雄異株のつる性植物
 

|

« 水無月 | トップページ | ふたつのノウゼンカズラ »

コメント

庭にシオデがあるなんてスゴイ、ロココは山菜としか見ていないので(^_^;) 花をじっくり見たことが無いな~、ポージィさんのところで見れて良かった (^-^✿) なかなかかわいいもんだねぇ。

投稿: ロココ | 2007/07/31 11:03

涼しげな、まさしく火のない花火。
絡みついていた・・・蔓性?
二枚目の写真にきっちりと蔓が写ってました。
去年の記事に飛ぶとちゃんと蔓性と書いてあった(^_^;
その前の年に飛ぶと黒い実が。
ああ、シオデしょのあの黒い実。
(つまらない駄洒落を書いていたんですね・・・恥ずかしい!)
今年初めて見つけた雌花がやがてこんな実をつける。
これは三年かけた時系列写真。遡るというのも面白い(^O^)
雌花はリボンを付けた可愛いお人形さんがいっぱい。
雄花の線香花火を見ようとつま先だっている子供のようにも見えますよん。

投稿: あまもり | 2007/07/31 11:36

早いもので、明日からもう8月。
ポージィさんの小さな花火大会も2回目ですね。(^^)
最初の秋の実の記事を入れたら3回目になるんでしょうか。
今回は雌花も登場して、年ごとに盛況になってきましたね。
ところで、前回の記事でアジサイがユキノシタ科というのを初めて知ったんですが。
こんな蔓植物がユリ科というのにもちょっと驚きました。(・o・)

投稿: nanbu | 2007/07/31 17:32

初めて見ました!

これは、そそります(笑)
特に雌花は、なんとも可愛らしい造作ですね♪

投稿: noodles3 | 2007/07/31 19:58

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

山菜としてのシオデ、ネット検索で見ました。
ロココさんもお食べになったことがあるんですね~~。
私は秋の黒い実がシオデとの最初の出会い。
次が花で、食べたことはないんですよ。
花もなかなかいい味わいでしょう?(^^)

そうそう、これはお庭ではなくある畑と道との境の
植栽に絡み付いていました。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

わぁ~去年のも一昨年のもさかのぼって見てくださったのですね。
ありがとうございます(^^)
グリーンの花が涼しげな異界の花火のようですよね。
黒い実は花火の大きな玉の中に詰める小さな玉だったりして。

雌花はリボンを付けた女の子ですか。あ、いいわぁ~
つま先だって一生懸命花火を見てる♪なんて可愛らしい想像でしょ。
大いに気に入りました。
駄洒落も大好きですよ。つまんなくなんてないです。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ほぉんと早いですね。とうとう梅雨明けしないまま8月突入です(^^;

nanbuさんも一昨年までさかのぼってみてくださったのですね。
ありがとうございます。
私は、本物の花火大会には今年も縁がないですけど、
代わりにシオデ花火で楽しませてもらうことができました。
一昨年の黒い実は花火の大きな玉の中に詰め込む小さな玉の
ようにも見えてきましたヨ(^^)

「こんな蔓植物がユリ科というのにもちょっと驚きました。」
ですよね~!私もサルトリイバラやシオデがユリ科と知ったときは
思わず「ヘーーーッ!そうなの!?」と目を丸くしました。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

お初でいらっしゃいましたか。
この造形、色、いいでしょ~~(^^)
どんなところで見られるのかはさっぱり分かりませんが。
私は、たまたま今住んでいる近くにあったおかげで会えました。
noodles3さんは雌花の方がお気に入りですか。ウフ

投稿: ポージィ | 2007/07/31 21:13

ポージィさん こんばんは~

私もあまもりさんと同じく、去年、一昨年とさかのぼって
見せていただきました~
自分のコメントを読むというのは気恥ずかしいものですね^^;
でも、みなかったらまた同じようなコメントを書きそうです

シオデの花火をみたら、花火をしたくなりました
長かった梅雨も終わりそうですね
明日(もう今日ですね)からはまた暑くなるそうです
花火の似合う夏になるかな

投稿: glenn | 2007/08/01 00:28

今回はしっかり憶えておりましたよ、シオデのこと(笑)。
1枚目の写真を見て、シオデだってわかりました。
ポージィさんのおかげで、すっかりインプット出来たようです。
ただ、まったく縁の無い植物です。
ウコギの花(今年初見)を見つけたときに、シオデかと思ってこころ踊ったのですが、違ってました。
同様に憧れているサルトリイバラの花には、少しかすったのですが、シオデとはすれ違いもしていません。
なんとか実物を見てみたいとは思いますが、神の領域の話になりそうです。
普段の信心が足りませんからね、そうそう神さまも、こちらの都合には答えてくれないでしょう(笑)。

投稿: goro's | 2007/08/01 05:12

◆glennさん、ありがとうございます ♪

glennさんもさかのぼって見てくださってありがとうございます~(^^)
過去に自分が書いたことを読むのって、気恥ずかしいですね。
私も、冷や汗もので読み返すことがあります(^^;)

私も静かでじっくり楽しめる線香花火をしてみたくなりました。
もう何年もしたことないですけれど。子供の頃はもっと鮮やかな
派手な花火が好きでしたけど、いつの頃からか線香花火に魅力を感じる
ようになっていましたよ。年齢的なものかしら。
梅雨明けはとうとう8月にずれ込んでしまいましたが、
きっと、もうそろそろですね。今日はアヂ~と言って過ごすことに
なりそうですが、この後は夏らしい夏が続くかな、どうでしょうね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

実際にはご覧になっていないのに、しっかりインプットされましたか。
これならもう、いつ実際にお会いになってもOkですね。
ウコギの花ご覧になったんでしたっけ…アップなさいました?
やだな、今度は私が(またもや)記憶にありません(滝汗;)
ウコギ科って、球形に花や実をつけるものが多いようですね。
私はシオデには幸運にも出会えましたが、サンキライは花材として以外は
とんと縁がありません。山に入らないとダメかもしれませんね。
会いたくて会えなくて、それがいつの日か叶ったら、その感動は
とっても大きいでしょうね。
悟郎さんには、今年は植物の神様が大いに微笑んでくださってますから、
ひょっとするとひょっとするかも~(^^)

投稿: ポージィ | 2007/08/01 10:42

私も雌花を発見しました。でも、このようにきれいに撮れなかったので記事にしそびれました。
実がきれいになったときには、ちゃん撮りたいと思います。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/08/01 10:47

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

わ~ おーちゃんも雌花を発見されましたか。
よかったですねー(^^)
植栽や藪のような場所で他のものに絡み付いていますから、
写真はちょっと撮りにくいですね。
実の時期を楽しみに待ちましょう。

投稿: ポージィ | 2007/08/01 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15905182

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな花火:

« 水無月 | トップページ | ふたつのノウゼンカズラ »