« 紫の君たち | トップページ | 紫陽花たち »

2007/07/02

綺麗だったサンゴジュの花

毎年いちばん綺麗な時期を見逃していた「サンゴジュ」の花。(赤い実はこちらで。)
今年はついに、まだ綺麗なうちに見ることができました。この数日後だったら
今年もまたがっかり、ということになっていたでしょう。危ないところだった~。
 
070616_sangozyu_hana 070616_sangozyu_hana_up
<こんもりと花をつけ、一つ一つの花はアップで見るとこんな感じ 6/16撮影>
 
近くの中学校の植栽で、道路との境に背高く植えられています。
花が反り返って咲く様子はネズミモチなどとも似ているな~と思いました。
科や属は全然違うのですけれど。(現在トウネズミモチが花盛りですね ^^)
 「サンゴジュ(珊瑚樹)」:スイカズラ科・ガマズミ属
  
さて、このサンゴジュの花を見ていたとき、何やら蔓ものが絡まっているのを発見。
最初葉を見てノブドウかと思いましたが、全然違う花を発見。ひょっとしてヤマブドウ?
それとも、この近くにあるブドウ園の実を鳥さんが食べて、ここに種を落としていった
のでしょうか~ ↓こんなのでしたよ。
 
070616yamabudou_tubomi070616yamabudou_hana
        < 左が蕾で右が咲き始めたところなのかな?? >
 
070616yamabudou_ha 
 
 そしてこれは葉の様子
 
 
 
 
 
 
横浜のおーちゃんがくださったコメントにより、どうやら「エビヅル」(ブドウ科)らしいと
判明しました。 黒く甘い実が生るようですが、コレ↑雄花みたいです…(^^;)
                                      (7/2 16:15追記)
  

|

« 紫の君たち | トップページ | 紫陽花たち »

コメント

私がサンゴジュの赤い実を宝石みたいって違う植物の名前をつけて載せてたら、ポージィさんが優しく「サンゴジュ」だと教えて下さったんですよね。
それ以来忘れません!
と言いながら花はチェックしてなかったです(^^ゞ
キレイなお花が咲くのですね。
そしてヤマブドウ。。。
実がなるとこまで見る事が出来たらいいですね。
そんで願わくば実をお口に放り込んでみたい。
もっと願わくばジャムにしたい!(笑)

投稿: ちょびママ | 2007/07/02 10:55

サンゴジュ、秋には赤い実の宝石を付ける。
ダイヤモンドの出来る花なんてないのかな?

ベニカナメにも、サンゴジュみたいな花の咲くのがある。でも実は見たことがない。
トウネズミモチの花が、いっぱい咲いてるのは見事なものです。

花からしてノブドウではなさそう。ノブドウは雑木林にあるけど、花はヤブガラシに似ている。ヤマブドウは山にありますよね。
ひょっとして、ぶどう園のものかも。

投稿: 夢閑人 | 2007/07/02 11:31

サンゴジュ、あの赤い宝石を付ける木ですね。
でも、ポージィさんも書かれているように、このサンゴジュの花を見て、ネズミモチにそっくりと。
城北公園で撮った人形のようだと思ったネズミモチの花はとうとうUPしそこねましたが、サンゴジュの花もそっくりだったんですね。
以前、サンゴジュだと教えてもらったあの木も今このように真っ白な花を付けているのかも。
サンゴジュに絡まったヤマブドウらしきもの。実が熟すのが楽しみ~。野鳥も狙っているかも。

投稿: あまもり | 2007/07/02 13:16

サンゴジュは実がきれいだけれど、白い花も可愛いですね。今年は撮る時期を失ってしまいました。
最後の葉の大きさは掌の半分ぐらいでしょうか。それだったらエビズルかもしれません。
下記にいくつか私の関連記事があります。ご照覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/since2600/s/%A5%A8%A5%D3%A5%BA%A5%EB

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/07/02 13:45

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ウハハ(^^)サンゴジュの名は、ちょびママさんの中であの折のことと
密接に結びついてしまっているようですね。
私は去年花を見ようと思っていて時季を逸したので、今年はリベンジ。
でも、チェックが甘いので危うく今年も見逃すとこでした。ギリギリセーフ。

ひょっとしてヤマブドウ?と思ったのですが、横浜のおーちゃんが
教えてくださったエビヅルを拝見したら、どうやらエビヅルのような
気がしてきました。
エビヅルも実が食べられるみたい。味見してあわよくばジャムなんぞも…
夢が膨らみますね。
…でも、これ↑って雄花みたいなの。はかない夢に終わるかもです~~


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

赤い実の宝石をつける草木はあっても、ダイヤモンドをつけるのは、
うーん…思いつかないですね。どこかにあるのかな。

あぁ、そうですね!ベニカナメモチとその仲間たちもこんな風な花を
咲かせますね。私も剪定を免れて花を咲かせたのを見たことあります。

この蔓ものは、横浜のおーちゃんからエビヅルかもとのコメントを頂き、
調べてみたところ、どうもそのような気がしてきました。
エビヅルも食べられる実が生るそうですが、私が見たのは雄花みたい。
やっぱり試食は無理かなぁ…(^^;


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

はい、赤い宝石を付ける、あのサンゴジュです(^^)
ネズミモチの花についての、あまもりさんの「小さな百合のような感じ」
という表現が心に残っていて、よく似てると気づきました。
あまもりさんの見つけられたサンゴジュも、選定されていなかったら、
きっとこんな白い花を咲かせていたでしょうね。

ヤマブドウかな?と思った蔓ものは、横浜のおーちゃんがエビヅルでは
ないかと教えてくださいました。調べてみたところどうもそのようです。
エビヅルも食べられる実が生るそうで、鳥さんにも狙われるでしょうね~
でも、私が見たこの花↑は雄花みたいなんです。ということは実が生らない。
う~残念ですぅ。(><)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

やっと、きれいな状態の花を見ることができました。
写真は暗く写ってしまいましたが、照り葉の若葉に白い花がよく映えて
なかなか綺麗でした(^^)

蔓ものの葉の大きさは、そうです、掌の半分くらいでした!
おぉぉぉエビヅル!!!エビヅルはその存在すら忘れていましたが、
リンクしてくださったおーちゃんの記事や検索サイトの画像を拝見して、
私が見たのもどうやらエビヅルだったという気がしてきました。
やはり初めての出会いということになります。
この先ずっと残しておいて貰って、実まで見たいし味わってみたいなぁ~~
と思いましたが、この花↑は雄花のようですよね?…残念。

投稿: ポージィ | 2007/07/02 16:06

やはりエビズルのようですか。
こういうのは1株だけ単独であるというのは考えにくいので、そう遠くないどこかに雌株もあるかもしれせんね。うちの近所のは実も出来始めています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/07/02 17:21

珊瑚に似てるから「サンゴジュ」なのかなぁと思ってたら
去年の記事で納得です♪
実も花もぎっしりで赤い実と白い花。。
同時に見れたら かなりインパクト強いですね(^^)

投稿: miki | 2007/07/02 19:11

サンゴジュって寒い地方にはないんですね、どおりで知らないはずだぁ。
エビズルはロココの子供の頃の、おやつの一つだぁ。ロココは山っ子だったから、食べられるものは何でも食べたなぁ。

投稿: ロココ | 2007/07/02 20:09

去年のあの赤い実のお花ですね。
花びらが反り返って可愛いですね。
すぐ褐色に枯れ始めるのですか?

エビヅルというのも見た事がないですが、花の蕾もブドウ状に見えるですね。いろいろ面白いです。

投稿: tona | 2007/07/02 20:47

◆横浜のおーちゃん、ご再訪ありがとうございます ♪

どうもそのような気がします(^^)
おーちゃんのおかげで何かわかってスッキリしました。
単独でということは少ないのですか?
では、近くで実が生る雌株を見つける可能性も…?
また夢が膨らみます。
今度この中学のところへ行ったらもう少し注意深く見てみますね。
バツバツの剪定が入りませんように~~


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ピンポンピンポ~ン♪ mikiさん大正解でしたね。
ほんと花も実もビッシリですね、この木は。
白い花と赤い実が同時に見られたら、また別の名前になっていたかも。
緑の葉と合わせてクリスマスカラーボクとか(^^;ゞ


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

あーまたもやですね。今確認したら、元々は暖地の海岸に
自生と出ていました。その点エビヅルは北海道から九州まで
広~い範囲で見られるそうですね。
子供時代のおやつになっていましたか。
甘いと出ていましたから美味しいおやつだったのですね。
私は見たことが無いんです。もし、このサンゴジュの周りで雌株も
見つけられて実が生るまで残っていたら、味見のチャンスですね!


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

はい、あの赤い実の生るサンゴジュの花を、やっときれいな内に
見ることができました。頻繁に通らないのでついついタイミングを
逃してしまっていたようです。
くるりんと反り返った純白の花びらが可愛く、なかなか綺麗でした(^^)
実も赤いのが次第に黒くなりますが、花もあまり長く綺麗な姿を
保ち続けることはないような気がしました。でも毎日見に行ったわけでも
ないのに適当なことを言ってはいけませんね(^^;)

tonaさんもエビヅルにはお会いになったことがありませんか。
私も初めてでした。サンゴジュが剪定されなかったら、今後も会える
かもしれないし、ひょっとしたら実の生る雌株にも会えるかも…
とちょっと楽しみです。

投稿: ポージィ | 2007/07/02 21:08

サンゴジュの木、縁が薄いのですよ。
近所にあるのは強剪定されてて、みるも無残な状態です。
それなりのものは見つけたのですが、ちょっとついでにってところじゃありませんのでね、花にも赤い実にも出会ったことがありません。

エビヅル、私も見つけましたよ。
ただし都会の植栽に絡んでいますのでね、昨今姿を消してしまうだろうのが運命でしょうね。
甘いという黒い実、食べてみたいです。

投稿: goro's | 2007/07/03 02:21

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

サンゴジュとは縁が薄いと、前にもそう仰っていましたね。
状況は変わらず… こんなこというとサンゴジュに睨まれそうですが、
洗練された都会的雰囲気の木じゃないような気がしますから、
首都圏では昨今肩身の狭い思いをしているのかもしれません。
うちの近くのこの中学のも、ときどき強剪定されます。今年ももしかすると…
学校が夏休みに入ってからがいちばんアブナイ(^^;)

悟郎さんも同じように植栽に絡みついたエビヅルを発見されたんですね。
植栽の中に住み着いてしまった野草たちには、まずたいてい過酷なる
運命が待っているんですよね~。サンゴジュの中のこのエビヅルも
同じ運命をたどるんではないかと、私も心配しています。
幻に終わってしまうだろうと思うと、なおさら実を食べてみたくなりますね。

投稿: ポージィ | 2007/07/03 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15583005

この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗だったサンゴジュの花:

« 紫の君たち | トップページ | 紫陽花たち »