« またまた散歩中に | トップページ | 太陽の花 »

2007/07/23

あれれ 色が薄いよ

7/20に、真っ青な花色が美しい「ツユクサ」の花をアップしましたが…
あのときの花を撮ったすぐそばに、薄紫のツユクサが咲いているのを
見つけました。私にとって、真っ青以外のツユクサとの出会いは初めてです。
 
070720tuyukusa_usumurasaki1 070720tuyukusa_usumurasaki2
 
陽射しが当たってしまっていますが、薄紫色(藤色)がお分かりいただけますか?
検索してみると「ウスイロツユクサ」の名前がヒットしました…。
 (ウスイロツユクサって、植物界で広く一般的に認められた名称なのかな?)
この藤色、これはこれでとても綺麗な色。
でもやっぱり真っ青がいいな、などと思うのは私の身勝手なのでしょか。
 

|

« またまた散歩中に | トップページ | 太陽の花 »

コメント

ポージィさんおはようございます。
あらほんと!紫ですね。
耳の周りがちょっと赤っぽいような気もします。
(どうもミッキーに見えてしまって^^)
この分だと白い花もあるかしらね?(笑)
見つけた時は目を疑ってしまいましたか?

投稿: 池田姫 | 2007/07/23 09:30

私も見かけたことがあるけど珍しいと言うだけでそれ程綺麗な訳じゃなくやはりツユクサはあの青色が命だよね、と思ってしまった(^^;)

見たことはないけど他にも花弁が細いウサギツユクサとか苞に毛が生えているケツユクサとかがあるそうだ。
種としてどれほどの違いがあるか分からないけどあまり細かく分類しないでくれ、と思う今日この頃(笑)

でもシロバナツユクサは一見の価値があります。
市内で咲いている場所があるからそろそろ見に行かなくちゃ。

投稿: 平家蟹 | 2007/07/23 12:00

変異種なんでしょうかね.土壌や環境の変化で色が変わるとか.
昨今のバイオ技術をもってすれば,ウスベニイロツユクサだって作れそうですが,意味ないですね.やっぱりくっきりした青が似合います.

投稿: LiLA管理人 | 2007/07/23 12:41

ウスイロツユクサ?ヘェ~そんなのも有るんですね。ロココはまだ出会ってないな~、ウォーキングの時、気をつけて見てみます。他に白色もあるなんて信じられません。

投稿: ロココ | 2007/07/23 15:37

これは大発見!
こんな色のツユクサを見たのは初めてです。
ウスイロツユクサ、日差しにあたりすぎて色がはげたとか、栄養が足りなくてとか、土壌の違いでとか(とかとかとか・・・)
じゃなくて、元々色の薄いツユクサの種類なんでしょうか。
なんだか、モモイロシロツメクサ、シロバナアカツメクサと同様な安直な名前。の感じを受けました。
でも、この薄い色や真っ白のツメクサが真っ青なツユクサの中に混じっているのも見てみたい。
ピンク色のシロツメクサを見つけてから、気がつかなかっただけで、そこらにいっぱい咲いているのを知ってから、このウスイロツメクサもひょっとしたら気付かないだけ?かも。それともやはり珍しいのかも。(今度はかもかも)

投稿: あまもり | 2007/07/23 16:20

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

目を疑うというほどではありませんでしたが、
なんでここに~???とクエスチョンマークが乱舞してました(^^;)
耳の縁が赤っぽく見えますか?それはモニターの加減かな。
目で見た感じは赤っぽさは見えませんでした。
でも、紫に見えるってことは赤系の色の要素も入っているってこと?
ひょっこりこんな色のツユクサを見てしまって…もしかしたら
白いツユクサにもあってしまうかもしれませんね。


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

平家蟹さんも見かけられたとき、同じような感覚を持たれたんですね。
やっぱり真っ青の方がいいですよね、ね、ね(^^ゞ

ウサギツユクサ、ケツユクサ、メガネツユクサ…などなど、私も検索で
ウスイロツユクサを見つけたとき、これらも見ました。
実は、たまたまちょっと変異が出ちゃっただけなんじゃないの~?と
思ってしまいましたよ。私も細かい分類をしないでいただきたい口です。

シロバナツユクサは一見の価値ありですか?それくらい楚々として美しい
ということなのですね、きっと。混じり気のない青に対して混じり気のない白。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ちょっとした変異種かも知れないし、たまたまちょっと
色素バランスが崩れただけかもしれませんよね。
真相は遺伝子でも調べないと分からなさそうですが。
わぁ、バイオ技術でウスベニイロツユクサですか?
うーん、ツユクサの真っ青に惚れこんでいる私としては、
あんまり見たくないかも~~
やっぱりツユクサ=くっきりした青ですよね!


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

ウスイロツユクサ、検索したらそういうのが出てきたんですよ。
丸呑みして使ってしまっていい名前なのかどうかは分かりません。
ロココさんも青以外のツユクサにはお会いになっていないんですね。
私も今回が初めてです。
白花はアルビノ(白子)と書いてるサイトもありました。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんもご覧になったことありませんか。
私も初めてのことで、頭の中は「とかとか・かもかも・??」でいっぱい。^^ゞ
こちらは、もう3週間くらいほとんど陽射しのない梅雨空が続いているので、
日差しにあたりすぎて色褪せたということはなさそう。日差しが関係するなら、
逆で日照不足とか。一日花ですから、葉が光合成を十分にできなくて
花に影響が出ちゃったのかも? あるいは突然変異とか?
何にしろ私の行動範囲でこんな色のを見るのは初めてです。
「ウスイロツユクサ」の名前を使ってしまっていいのかどうなのか、
私には判断できなかったのですけれど、確かにツメクサたちの色変わりの
ものに付けたのと同じような付け方ですね。
検索では、他にミッキーの耳が細いウサギツユクサとか、毛深いケツユクサ、
耳の縁が濃くて内側が薄い色のメガネツユクサ、それにシロバナツユクサ
などが出てきましたよ。私は見たいような見たくないような… 
それだけあの混じり気のない青に惚れこんでいるのです(^^)

投稿: ポージィ | 2007/07/23 17:51

ウスイロ〜と付くツユクサですか〜!
確かに紫系ですね!!
勉強になります♪

投稿: noodles3 | 2007/07/23 19:01

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

「ツユクサ 薄紫色」で検索したら、
「ウスイロツユクサ」が出てきました。
他にも色々なツユクサが (・o・)
それらが、「たまたま」ではなくて
固有の種なのかどうか、私にはよく分かりません。

投稿: ポージィ | 2007/07/23 20:57

ポージィさん こんばんは♪

あら なかなか可憐な色あい!
ウスイロツユクサっていう名前もそのまんまですね~^^

本家のつゆ草の記事を読ませていただいて
子供の頃から身近にあったつゆ草が実はこんな形をしていたのか!と
あらためて感激しました
つゆ草や朝顔、ホウセンカなどで色水を作って遊びました
この頃の子供はそんな遊びなどしないのでしょうね

投稿: glenn | 2007/07/23 23:59

私も昨年、薄い色のツユクサに出会いましたが、ポージィさんが出会ったような薄紫色じゃなく、薄い水色でした。
白花にも出会いましたが、嬉しかったけど、やっぱりツユクサの魅力は、潔い青ですよね~~

その場所、今年はツユクサの姿が見られません。
強力な除草剤でも撒かれちゃったんでしょうか?
民間の駐車場ですから(泣)。

ウスイロツユクサという名称、誰かが勝手に付けたんじゃないですか?(乱暴?)
ネット社会では、ひとつの情報が一人歩きしてしまうことがありますからね。
ウスイロツユクサがということではありませんが、きちんと見分けられるようにしないと、大変なことになっちゃいます。
かくいう自分も、そうと知らずに偽情報を流しているんじゃないかと、ふと怖くなることがあります。

投稿: goro's | 2007/07/24 01:54

◆glennさん、ありがとうございます ♪

可憐で綺麗な色ですね。私も真っ青のツユクサを知らなかったら
即行で惚れこみそうです(^.^)
ウスイロツユクサの呼び名は見たまんま、ですね(^^;)
ただ、この呼び方が固有種としてその地位を確立しているものか
どうかは分かりません。

前記事のツユクサも読んでくださってありがとうございます。
glennさんはお花で色水を作って遊ばれたのですね。
可愛い~ 色水はおままごとのジュース代わりになったのでしょうか。
それともそれで絵を描いたり布切れを染めてみたりなさった?
身近にツユクサも朝顔もホウセンカも、たっぷり咲いていたということですね。
私はそれほどたくさんは咲いていなかったので、色水遊びはしたこと
ないのですよ。代わりに?水彩絵の具で色水作って、小さな絞り染めを
作って遊んだことがあります。母が教えてくれたんです。
今の子達にも、花で作った色水あぞび、させてあげたいですね。
フーちゃんにもぜひ、glennおばあちゃまから伝承を~(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうそう、そうでしたね!悟郎さんは薄い水色のツユクサにも、
白いツユクサにも会われたのでした。それも複数ですよね。
珍しいもの、綺麗な色の花に出会えた嬉しさはありますが…
私の中では潔い青のツユクサが不動の位置を占めております(^^;)

あら?たくさんのツユクサに会われたその場所、今年は無しですか?
やっぱり除草剤のせいかしら…可能性高いですよね(;_;)悲しいです。

ウスイロツユクサの名前、悟郎さんも眉唾気分でご覧になりました?
ほんとに固有種の地位を確立しているのかな~?って、私もとりあえずは
眉唾気分で見ました。本物だったら失礼もいいとこなんですけれどね(汗;)
でも、ネット情報を鵜呑みにして痛い思いをしたことありますし。
本当は図書館にでも行って色んな資料を調べるのがいいのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2007/07/24 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15843428

この記事へのトラックバック一覧です: あれれ 色が薄いよ:

« またまた散歩中に | トップページ | 太陽の花 »