« 紫陽花たち | トップページ | 嬉しい再会 »

2007/07/04

美しい姿のうちに

ことしの春、こちらにもよく来てくださるmikiさんのブログで「アズーロ・コンパクト」の
マリンブルーという花を知り、すごーく欲しくなった私。
ホームセンターで苗を発見するやいなや飛びつくようにして買ってしまいました。
「アズーロ」はサントリーフラワーズの登録商標で、「アズーロコンパクト」はオランダ・
シンジェンタシード社が開発したものだそうです。

070609azzuroc3 キキョウ科・ロベリア属の花で、
 夏越ししやすいロベリアといった
 ところだそう。夏越ししやすいといっても、
 鉢を置いているわが家の玄関前は、
 夏場は強烈な西日がギンギン。
 6月の声を聞く頃にはすでに
 葉先が焼けて茶色く…。
 かわいそうに、陽射しを浴びる昼間は
 グッタリしています。
 果たして夏越しできるかどうかアヤシイ
 そこで、綺麗なうちに記念にパチリ♪
 ふんわり広がっていい雰囲気を
 見てやってください♪ 
 
 
070609azzuroc1 070609azzuroc2
 < アップで見ると一つ一つの花はこんな感じ。茎も細くて繊細です。 6/9撮影 >
 
070621kumabati
 あるとき、見るからに重そうな
 クマバチがせっせと蜜を吸って
 いました。
 体の重さで花の中に沈んだり
 また這い出てきたりしている
 様子は、マリンブルーの海で
 溺れているかのようでした。
           (6/21撮影)
 
 
案の定、クマバチのいる写真を撮って間もなく、どんどんくたびれた姿になってきて
しまいました。半日陰の場所を探してやるべきですね。それだと見えない場所に…。
パラソルでも立てる?風で吹っ飛ぶこと必至。う~ん
 

|

« 紫陽花たち | トップページ | 嬉しい再会 »

コメント

花だけを見て北米に自生するフロックスの一種かと思ったんですが,これはキキョウ科なんですね.ちなみにフロックスの一種に芝桜があります.うちもこういう花が好きで,玄関脇にグランドカバーとして植えてるんですよ.春先は青紫の小さなカーペットができます.

投稿: LiLA管理人 | 2007/07/04 12:31

サントリーと言えば青いバラ。
サントリーはウィスキーメーカーなのに、なぜか新種の花の開発に力をいれてますね。
今その青いバラはどんな色だったかと検索したら、このアズーロコンパクトのマリンブルーの花色と青いバラの色がかなり似ている。サントリーお得意の色でしょうか。
綺麗な色です。目が覚めるようなというべきか。
(今ちょっと眠たかったので、目が覚めた)
マリンブルーの海に浮いたり沈んだりのクマバチ。花より大きいね。
力士が小さな浮き輪につかまって波打ち際で泳いでいる姿を頭に描いてしまった(^_^;
パラソルが登場したせいもあるかも。

投稿: あまもり | 2007/07/04 15:07

この時期、暑さや雨にも注意しなければいけないので大変ですね。
キキョウの仲間なのに広がった姿になるのですね。
先日、どこかから逃げ出した花が道端に咲いていたのを調べたら、サントリーのタピアンでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/07/04 16:12

あ、ぴっかぴっかのこれよく見ます!

最近は園芸種の花をなるべく避けています。
同じく、ハーブ系の小さいのも。。。

名前検索に難儀するので(汗)。

投稿: noodles3 | 2007/07/04 16:58

あっ 私もこのようなお花・・・
ホームセンターで『3鉢でこんな豪華に!』を見て、
○○○×3と頭ではじき出し、こんなに素敵になるんなら
いいかも~と思っていました。
結局、買ってはいないんですけどね・・・汗;
色もいいし、触った感じもふわふわですよね~☆
はい、いつかは我が家にも!

投稿: 池田姫 | 2007/07/04 18:28

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

科は違ってもよく似た花ってありますね。逆もまたしかり。
シバザクラの花の鮮やかな絨毯は、今年の春もあちこちのサイトさんで
拝見しましたが、LiLA管理人さんのお宅では青紫の絨毯が?
そういうのいいなぁ、素適ですね!うちももう少し地面があったら、
小さな絨毯も作ってみたいですけど、それには駐車場のコンクリートを
剥がしてリフォームするしかありません(^^;)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

そうそう。サントリーフラワーズは青いバラ、青いカーネーションで
有名ですよね。私が最初に「サントリーが花!?」と知ったのは
「サフィニア」でした。そのとき、あまもりさんとおんなじこと思いました(^^)
『サントリーフラワーズは、2002年7月、サントリーの花事業部が分社独立し、
 設立されました。1980年代より、サントリーでは、花を「人々の生活に潤いを
 もたらし、心の健康をもたらすもの」と位置付け、酒類・食品分野で培った
 基礎研究を応用、植物の研究開発を行ってきました。』とのことです。

バラやカーネーションは元々青色形の色素を持たない花に、新たに青色系色素を
持つ品種を作り出したというので注目を集めました。
目には紫系に見えますが。うん、このアズーロコンパクトの色と似てますね。
このマリンブルーに目が覚めました?(・_・)パチリ!
この写真も紫系に見えますが、肉眼で見ると光の加減などでもっと青っぽく
見えることもあります。それこそ目の覚めるような色に♪

ウハハ マリンブルーの海に反応してくださって嬉しい(^^)
それにしても小さな浮き輪を相手に波と戯れる力士とは。しっかと想像させて
いただきました(^m^)ウププ


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ロベリアはたいてい夏の暑さで枯れてしまうのだそうですが、
改良されたアズーロコンパクトはどうでしょうか… 
地植えならまだしも、やっぱり半日陰に移動してやらないと、さすがに
持ちこたえられないかもですね。
これは細い茎が伸びてふんわり垂れ下がりました。いい感じでしたが
みすぼらしくなったので、今日、1本1本様子を見ながら切り戻しました。

おやおや、道端にタピアンが?へぇ~けっこう強いのですね。
そういえば、近所の歩道の隙間にはペチュニアかサフィニアが咲いていました。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

よくお見かけになります?やっぱり人気なのかしら。

いやはや園芸種は訳分かりませんね。
私も園芸種をアップするのは、ほぼ自分ちの限定です(^^;)
ハーブ系の小さいもの、というとタイムとかミントとかですか?
うちにも何とかミントが絶えそうになりながらかろうじて
ひょろっと生えていますが、もう名前も忘れてしまいました~


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

アハハ どこも一緒ですね。今年の販売戦略だったんでしょうか。
こちらのホームセンターの園芸コーナーにも、たいていふんわりや
こんもりの見本が置いてありましたよ~(^^)
で、池田姫さんも少し心を動かされたのですね。
えーと、1ポットのお値段忘れてしまいましたが、結構お高いですよね。
うちのは、これ↑1株です♪プランターがあんまり大きくないので。
この色でふわふわ感、いいですよね。1株でここまでなりましたし。
きっと毎年販売されるでしょうから、いつか池田姫さんもー(^^)

投稿: ポージィ | 2007/07/04 18:42

タイトルの「美しい姿のうちに」という気持分かります。
「あんなに綺麗だったのに…」と思いながら切り戻すのは忍びないですよね。
暑さに弱い花は、今頃になるとどうしても疲れがでてくるし。
私も、夏が苦手なものは切り戻して日陰に避難してもらいました。
(うまく夏越しできるかは分かりませんが)
でも、このアズーロ・コンパクトは夏に強いとか。
秋にまた綺麗な姿を見せてくれるのが楽しみですね。(^^)

投稿: nanbu | 2007/07/04 19:34

拡大写真はやっぱりロベリアそっくりですね。
妙高ではロベリアも何とか夏越しします。秋になると新芽が伸びて、また咲いてくれます。、冬も暖房のない室内で越冬までしてくれます。そちらより涼しいからかな?

投稿: ロココ | 2007/07/04 20:34

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

あ~、今日まさにそういう思いで切り戻しをしました。
細い茎がいっぱいあるのを1本1本つまんでは、次の芽が出かかっている
辺りでチョキンチョキン。上の写真とは大違いの姿になりました(^^;)
nanbuさんも、暑さに弱い子達はもう避暑に出されたのですね。
梅雨空で陽射しが無い間に新しい芽を伸ばして回復してくれるかな。
そのあとは、ハナモモの木の下にでも非難させましょうか…
ロベリアよりは夏の暑さに強いとありましたが、盛夏の直射日光は
避けて半日陰の方がよいとも書いてあったんです。できれば無事夏を越させたい。
ハナモモのところへ水やりに出るたびに蚊に刺されそうですが(;_;)


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

花の形はロベリアそっくりですよね。どこが違うの~?っていうくらい(^^;)
妙高の夏はやっぱりこちらよりは少し涼しいのかもしれませんね。
越冬までしてくれるとはすごいですね!
ロベリアを調べると夏の暑さで自然に枯れるとありますし、
アズーロコンパクトに付いていたタグには、1年草と書かれていました。
妙高の気候もあるでしょうけれど、ロココさんのお世話が上手と
いうのもあるのでしょうね(^^)v

投稿: ポージィ | 2007/07/04 21:40

この花、ホームセンターで見てきれいだな~って思ってたんです。
ちょっと手がかかるのですね。
ゲットしなくて良かった(笑)
が、代わりに我が家にロベリアがどっかから飛んできて今花をつけてます。
ロベリアの方がもっと手がかかるんでしょうか?
今のとこ元気にしてるようだけど。。。心配だわ。
クマバチって刺さないんでしょうか?
私、見かけたらワーワー逃げ回ってるんだけど。

投稿: ちょびママ | 2007/07/04 23:02

こんもりふんわり、いい感じですね。
お隣さんが、5月の初め頃、プランターに苗を植えていたのを見かけたんですが、ロベリアだとばかり思って見ておりましたが、ひょっとしたらアズーロ・コンパクトだったのかもしれませんね。
すぐ枯らしちゃったので、確認することが出来ませんが。
ロベリアそっくりですよね。

切り戻しなさったのですね。
もう1度、美しい姿が見られるかもしれませんね~

投稿: goro's | 2007/07/05 01:17

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

あら、ちょびママさんも目を留めていらしたんだ。この色ですもんね~(^^)
暑さでだれてくるまでは手はかからなかったんですよ。
勝手にふんわりとした形になって、次々に花を咲かせて、ひと月くらいは
こんな感じを楽しませてもらったでしょうか。
6月末になって、ついに花がらが目立つってくたびれてきたので、
ここへきてついに手間暇かけて切り戻しをしました。祈復活!

おぉ、どこからかロベリアが舞い込んできてくれたなんてステキ♪
私はアズーロコンパクトが初めてで、ロベリアを育てた経験もなくて…
ネット上で読んだものによると、ロベリアは夏の暑さに耐えられなくて
自然枯死することが多いとありました。どこからか飛んできて顔を出した
逞しい子だから頑張って夏を越して欲しいけれど、もし枯れちゃっても、
落ちた種から来年また芽を出してくれますよね、きっと。

クマバチは体が大きいから怖く感じるけど、性格は穏やかなんですって。
こちらが攻撃や邪魔をしなければ、あちらから仕掛けてくることは
ないそうですよ。この写真を撮ったときも、花の海に溺れながら
蜜を吸うのに必死で、間近でカメラを構える私には知らん顔でした(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

こんもりふんわり♪ひと月近くこんな姿を楽しませてもらいました(^^)
お隣さんでも似たのを育てていたのですね。
ひとつひとつの花姿はロベリアそっくり。名札がなかったら私には
見分けが付かないと思います(^^;)
お隣さんのはどちらだったのでしょうね~ すぐというと5月の内に
枯れちゃったのでしょうか。残念でしたね…。

はい、とても涼しかった昨日、蚊取り線香を傍らにしゃがみこみ、
時間をかけて丁寧に切り戻しをしました。
復活してくれるといいんですけどね。期待が膨らみます。

投稿: ポージィ | 2007/07/05 10:26

おぉ!沈没してる間にアズーロのお写真がぁ♪
うちのより立派ですよ(^^)v
私はもう少し前に切り戻ししました
しかも丁寧にではなくバッサリとです(^_^;
ここんとこ雨続きでお日様に当たってないのが気になりますが
今のところ 元気に頑張ってくれてます

投稿: miki | 2007/07/06 21:08

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

mikiさん大丈夫ですかぁ?
お仕事に関してはもう浮上してくださいね。
失敗は成功の元、ですもん(^^)
いろいろご心配なことも解決に向かいますように。

はい、アズーロの美しい姿をご披露したくて
アップしてしまいました。いちばん綺麗だったときです。
切り戻した後は養生中。早くもちっこい葉が伸び始めてます。
この分だと復活してまたたくさん咲いてくれるかも。
mikiさんとこのアズーロもまたいっぱい花を付けて
くれるといいですね♪

投稿: ポージィ | 2007/07/06 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15583173

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい姿のうちに:

« 紫陽花たち | トップページ | 嬉しい再会 »