« 小さな花火 | トップページ | 弾けた »

2007/08/01

ふたつのノウゼンカズラ

「ノウゼンカズラ」は、珍しく父が名前を教えてくれたことで、私にとって思い出と
結びついた印象深い花となっています。
今住んでいる家を訪ねてきてくれた折りに、駅から家までの道沿いのお宅に
咲いているのを見つけ「あれは何ていうか知ってる?」というので「知らない」と
答えると、ちょっと嬉しそうに「ノウゼンカズラ」と教えてくれました。
思えば父と2人で歩いたのは、あのときが最後だったかもしれません。
もう、何年も前のことになりました。
 
070628nouzenkazura070706nouzenkazura
 
 「ノウゼンカズラ」 雨や曇天が続く間、咲かずに落ちてしまっている蕾を 
 たくさん見かけました。晴れが続くようになったら、またたくさん咲くかな… 
 花の、優しさを感じるオレンジ色、丸いフォルムが可愛らしいですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  
 
070721americanouzenkazura1 070721americanouzenkazura2
 
 「アメリカノウゼンカズラ」 ノウゼンカズラより小振りで横顔(花筒)が長いみたい。
 花色はこんな風に濃いもののほかに、もっと薄く黄色っぽいものとあるそうですよ。
 うちの近辺ではノウゼンカズラより見かけることが少ないようです。
 
 
「ノウゼンカズラ(凌霄花)」:ノウゼンカズラ科・ノウゼンカズラ属 中国原産
「アメリカノウゼンカズラ」:ノウゼンカズラ科・ノウゼンカズラ属 北米原産
                                 (ともに蔓性植物)
 
「凌霄花」の漢字↑、見ても読めもしなければ意味の見当も付きません(^^;)
 

|

« 小さな花火 | トップページ | 弾けた »

コメント

うちの近所でもノウゼンカズラのほうがずっと多いです。
お父様との思い出の花があるというのは素敵なことですね。
凌霄とは本当に難しい名前ですが、空に関係しているようです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/08/01 10:54

今日はよく晴れて暑いですね、関東甲信地方まで梅雨明けだそうですが新潟県だって良いお天気なのになあ。

ノウゼンカズラ、ポージィさんにとってはお父さんの花?なのでしょうか。検索をしたら、
http://www.hana300.com/nouzen.html
でこんな事が書いてありました。
「凌」は”しのぐ”、
「霄」は”そら”の意味で、
つるが木にまといつき、天空を凌ぐほど高く登ると ころからこの名がついた。

投稿: ロココ | 2007/08/01 14:21

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こちらにもありがとうございます(^^)
おーちゃんのご近所でもノウゼンカズラの方が多数ですか。
アメリカノウゼンカズラは出回り始めてまだ年数が浅いのかも
しれませんね。

ほんとに一言二言言葉を交わしただけの思い出ですが、何しろ父に
花の名前を教わるなどとても珍しいことでしたので印象に残りました。

凌霄 空と関係あるのですね。ありがとうございます。
ロココさんも↓教えてくださいました。
「天空を凌ぐほど高く登る」ことから付いた名だそうです。
ノウゼンカズラはまさにそういう感じですね。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

今日は晴れて暑くなりました。関東甲信越はついに梅雨明け。
新潟県はまだ?とおもったら東北・北陸も梅雨明けになりましたね。
明けたと思ったら台風5号の影響がありそうですが…(^^;)

ノウゼンカズラは、父に名前を教わったほんの片手にも満たない
植物のうちのひとつなので印象深いものではありますが、
「父の花」とまではいかないかなぁ(^^)
片手の中の別の一つは「コニシキソウ」ですよ。ウハハ

ご紹介くださったサイト、見に行ってきました。ありがとうございます。
「凌」「霄」の意味書かれていましたね。

つるが木にまといつき、天空を凌ぐほど高く登る …まさしく!!
ノウゼンカズラの姿そのものに思えます。

投稿: ポージィ | 2007/08/01 17:13

我が家の近くでもノウゼンカツラはとても多いですね。
前はわが家にも有りました2本、3軒先のお二階からよく見えて、と云われていましたが都合で取ってしまいまして残念がられた思い出があります。
黒いアゲハがよく来ていましたよ。
その時俳句か何か作りたいと懸命に思いを寄せていたことも思い出されます。
アメリカノウゼンカツラも可愛らしいですね、どちらか又欲しくなりました。でも落花が凄いのですね。

投稿: | 2007/08/01 19:39

私も漢字のが読めません。ましてや書けといわれてもだめですね。最後が花だけ覚えました。
今年はノウゼンカズラはお花の当たり年のような気がします。
我が家のだけでなしに、よそ様のも花が多いような気がするからです。
欲しいという方が居て、挿し木をやってみましたが失敗しました。
お父様の思い出の花として私もこの花を見たらポージィさんを思います。

投稿: tona | 2007/08/01 19:50

何気ないことなんだけど、ずっと後まで記憶に残るシーンってあるような気がします。
ちょっぴり切なくて、でも暖かい気持になるような。
お父様とは、そんな素敵なエピソードがあったんですね。
名前といい、姿といい、その花がノウゼンカズラだったのも、なぜだかピッタリな気がして。
静かな短編小説を読んだ後のような気分になってしまいました。(^^)

投稿: nanbu | 2007/08/01 20:11

◆玲さん、ありがとうございます ♪

玲さんのご近所にもたくさんありますか。
あ、かっては玲さんのお庭に咲いていたこともあるのですね。
高く蔓を伸ばしたものは、やはり高い位置からのほうが花がよく見える
ものかもしれません。3軒先のお宅のお2階からは、明るいオレンジの
花がよく目に付いたのですね。
黒いアゲハがですか?この柔らかさのあるオレンジ色の花に黒いアゲハ。
頭の中で思い浮かべてみましたが、なかなかいい絵になりますね。

確かに落花はかなりのものですね。掃除が大変そう。
大きなものを這わせているお宅では地面にぼたぼたいっぱい落ちています(^^)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

「凌霄花」の漢字、tonaさんでもダメでいらっしゃいますか?
私は、例えば「紫陽花」のようには、とても覚えられそうにありません。
tonaさんのお宅のノウゼンカズラは花付きがいいですか?
うちの近所では、7月に延々と暗い日が続く前は素晴らしい花付き
でした。暗い日々の間に咲けずに落ちたものがたくさん見られ…
多分これからまた盛り返すのではないかと期待しています(^^)
繁殖は挿し木と書いてあるものが多いですね。
この次されたら、今度は成功なさるかも。

ノウゼンカズラの花で私のこととこのささやかなエピソードを
思い出して下さるなんて…ありがとうございます。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

そうそう。それです。この思い出は、本当に些細な、時間にしたら
1分間にも満たないようなものなのに、妙に印象深く残っているんです。
そういうことってあるものなんですね。
私は母にベッタリのほうでしたから、父との思い出はあまり残って
いないんですよね。だから余計になのかもしれません。

この小さな思い出話、ノウゼンカズラの雰囲気とぴったりですか?
そんな風に言っていただくと、自分までそんな気になってきます。
感性豊かなnanbuさんの想像力で、ステキなワンシーンを
演出してくださったのですね、ありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2007/08/01 22:05

お父さまから名前を教わったんですか。
素敵な思い出ですね。
こういうことって、一生忘れませんよね。

アメリカノウゼンカズラ、なかなか特定出来ないんです。
ノウゼンカズラも、花色に微妙な違いがあって、濃いオレンジのものを見かけると、アメリカさんかと思ったりするんですが、イマイチ花形が違うなって。
ひょっとしたら、未だ出会っていないかもしれません。
会ったらわかると思うんですよね。
こちらでは、ピンクノウゼンカズラをよく見かけるようになりました。

梅雨も明けましたしね、一休みしてたノウゼンカズラの花たち、元気なオレンジ色で、天高く上ってくれるでしょうね。

昨日は紛らわしいこと書いちゃったようですが、ウコギの花、アップしておりません。
憶えのないポージィさんは、まともだということですね(笑)。

投稿: goro's | 2007/08/02 01:33

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

面白いものですね。30秒くらいの短いシーンだったのに、
しっかり思い出として残ってしまったのですから。

アメリカノウゼンカズラ、うちの近辺にあるのはノウゼンカズラとは
明らかに違うなと感じます。この前のお話の心で捉えるって感じで(^^)
蕾の先っちょも横顔も大分違いますしね。
悟郎さんは特定できていらっしゃらないというと、やはりまだお会いに
なっていないんですよ、きっと。

ピンクノウゼンカズラも咲き始めていますか。可愛いでしょうね~。
こちらではまだ一度もお目にかかっていません。といっても私のかなり
狭い行動半径内の話ですが。

やっと梅雨明け発表ですね。と思ったら今朝は雨が れれれ?(^^;)
台風5号が行ってしまえば、きっと夏らしい夏が来てノウゼンカズラたちも
元気を取り戻すことでしょう。

ウコギの花アップしていらっしゃいませんでしたか。ちょっぴりホッ(笑)
いえいえ、アップなさったものもどんどん忘れてしまう私のこと、
きっと今回も、と思ったのです。ほんと嫌になるほど忘れっぽいのです(;_;)


投稿: ポージィ | 2007/08/02 10:50

ノウゼンカズラ、未見の花なんです。
オレンジのようなコーラル・ピンクのような。。。
微妙な色合いが素敵ですね♪

義父さまの手術、上手くいくと良いですね。

投稿: noodles3 | 2007/08/02 15:32

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

えっ!?ご覧になってませんでしたか。
意外でした~ うちの近所ではあっちのお宅こっちのお宅と
ノウゼンカズラを巻きつかせているお宅がたくさんあるものですから。
小地域の流行、なんてのも関係ありそうですね。

「オレンジのようなコーラル・ピンクのような」
そうそう、そんな感じの微妙な変化のある色合いですね♪

義父のことありがとうございます。
手術は無事終わってICUに入ったようです。ひとまずホッとしました。

投稿: ポージィ | 2007/08/02 18:16

リキとの散歩道でよく見かけるノウゼンカズラ。
花の命は短いようでいっぱい下に落ちています。

お父様との思い出の花、見るたびに思い出されるのでは。

空に向かってトランペットを吹いてる。
「おいおい」その音ちょっと違うんじゃない?
「そうかい」俺はそうは思わないけど・・・
「お前の方こそおかしんじゃない」?
まあまあ喧嘩しないで、青い空に向かって
楽しく吹こうじゃないか。

投稿: 夢閑人 | 2007/08/02 20:21

◆夢閑人さん、こちらにもありがとうございます ♪

リキちゃんとの散歩道でも咲いているのですね。
梅雨空が続くうちは、花開くことなく落ちてしまった蕾もたくさん
ありましたし、咲き終わった花もぽたぽたとたくさん落ちていますね。

たったこれだけの思い出ですが、毎年ノウゼンカズラが
咲き始めると必ず思い出します。

トランペットの演奏会ですか♪
あぁ~なるほど~~ 可愛らしいトランペットですね(^^)
そうそう、喧嘩しないで空に向かって楽しく高らかに
吹き鳴らしてくださいな。

投稿: ポージィ | 2007/08/02 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/15898392

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつのノウゼンカズラ:

« 小さな花火 | トップページ | 弾けた »