« 夏の花 ムクゲ | トップページ | 夏の花 モミジアオイ »

2007/08/30

夏の優しいピンク

写真を撮ったのはもうずいぶん前になってしまいましたが、
優しい、ちょっぴり渋さも感じられるピンクに心ひかれて撮った花2種類です。
 
 
ひとつはこちら…
 
070721_azisai_akiiro 070721_azisai_akiiro_up
 
6月ころしっとりと咲いていたアジサイが、夏になりアンティークカラーの装いへと
変わっていました。写真を撮ってからしばらくしたら、虫食いで無残な姿に
なっていましたから、この株の、秋色になった姿のいちばんいいときを見ることが
できたようです。
 
 
もうひとつはこちら…
 
070721natuzuisen_lycoris 070721natuzuisen_lycoris_up
 
ナツズイセンです。
ある畑の端っこも端っこ、電柱の陰にかくれるようにして2本きり花茎を伸ばして
いました。群生していると明るく元気な印象ですが、ぽつりと身を潜めるように
咲いていたこのナツズイセンは、ピンクの花色も少し淡く渋めに見え、ちょっと
違う雰囲気をかもし出していました。
 
「ナツズイセン」:ヒガンバナ科・ヒガンバナ属
          葉がスイセンに似ていて、夏に花を咲かせることから「ナツズイセン」
          と名付けられたようです。
 
ヒガンバナ同様、花の咲く時期に葉は見られませんが、検索すると「春に出て花茎が
伸びる前に枯れる」と書かれているものと、「花の終わった後秋に葉が出て5月頃に
枯れる」と書かれているものがありました。
私自身は自分で見た事がないので実際がどうなのか分かりません。
もし覚えていられたら、このナツズイセンの咲いていた場所を、秋になってから
見てみたいと思います。
          

|

« 夏の花 ムクゲ | トップページ | 夏の花 モミジアオイ »

コメント

アジサイがきれいな色になっていますね。うちの近所でも見られます。
キツネノカミソリは春に葉が出て、花が咲く前にすっかり枯れてしまいます。ナツズイセンも春に葉がでるのだと思いましたが、確かめてくださいね。ヒガンバナは花の後に葉が出ますね。仲間なのに、どうして違うのでしょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/08/30 10:13

おっ、もうコメントが書けるみたい。

アンティークカラーの装いをした一番お洒落な姿をカメラにおさめてあげて、この紫陽花も感謝しているに違いない。ガクアジサイはまだ増しだけど、手鞠型の花は枯れ始めると哀れな姿になって可哀想。
上の紫陽花の色とよく似た色のナツズイセン。グラデーションが輝いてこれも綺麗な色。なるほどどちらも淡々としてます。
このナツズイセンのシベの姿、突き出す雌しべ、クルリンと巻いている雄しべの様子がツユクサにそっくり。πさんは居ないけど。
葉は花より先か後か。
自宅に植えてあるものは毎日観察できるけど、外や他人様のものは毎日の観察はムリですよね。ポージィ博士の観察結果を待ってま~す。

投稿: あまもり | 2007/08/30 15:31

ナツズイセンの葉のことで~
わが家には昔から沢山のナツズイセンのお花がありました、
丁度春の頃に葉が伸びてきますよ、ただスイセンの葉を大きくしたような青い葉がこんもりとしてきます。最初は何も咲かないのでなんなのかしらなど思っていますが忘れた頃茎がにょきにょきと出てきて蕾をつけますよ。
その時葉はもうないですから花の様子は彼岸花特有の成り立ちですね。
葉の時に邪魔にして随分球根を掘り起こし捨ててしまったのですね
人に上げたりもしました。丈夫なお花ですね~
今は2ヶ所に細々と咲いています。

今の紫陽花としては新鮮そうで葉もきれいですし、紫陽花は長持ちしますね。

投稿: | 2007/08/30 16:34

春には目も覚めるようなピンクが嬉しかったのに、秋の声を聞くとシブ~イピンクがステキに思えますね。ロココはこの夏、庭のアジサイ全部お嫁に出しました。別品種の「アナベル」を増やそうと思っています。

投稿: ロココ | 2007/08/30 17:28

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

梅雨時に咲いたアジサイの花をそのままにしているお宅もよく見かけるように
なりましたね。皆さん、秋色のアジサイの魅力を楽しまれるのでしょう。

ナツズイセンの葉のこと、ご自宅のお庭に咲く玲さんが教えて下さいました。
キツネノカミソリ同様、春に出て花前に枯れてなくなるそうです。
よかった、これで見忘れても悶々としなくてすみます(^o^)
仲間なのに、ヒガンバナとは葉の出る時期が違うのですね。
それぞれの考えがあってのことでしょうか。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

メンテナンス中に来てくださったのですね。お待ちいただいて謝謝です(^^)

手毬形のアジサイ、一般のお宅のもので綺麗な秋色になるのは難しいのかも
しれませんね。中には虫の害も無く綺麗に変身を遂げるものもありますけれど。
花屋さんで出回る秋色アジサイがすごくお高い理由のひとつかもしれません。

偶然、このアジサイとナツズイセン、輝くようなピンクではなく
渋めの落ち着き感あるピンクでした。はい、好みの淡々(あわあわ)に
通ずるものアリです(^^)v
ナツズイセンの葉は、ご自宅のお庭で咲く玲さんが教えて下さいました。
これで見るのを忘れても大丈夫。エヘ(^^;ゞ
ヒガンバナと逆で葉が先だそうですよ。咲く直前に栄養を蓄えるんで
しょうかねぇ…?
あぁ、ほんと!シベの感じがツユクサと似てますね。πはなくても(^^)
あまもりさん鋭いです。私は気付きもしませんでした。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

ナツズイセンの葉のこと、お教えいただいて助かりました~
見に行かなくちゃと思ってはいても、ころりと忘れるのが私の常ですから、
これで安心です(^^)
花が咲く直前にせっせと光合成をして栄養を蓄えるのでしょうか。
お披露目本番直前に、駆け込みでご飯を食べている様子を想像して
しまいました(^^;)
葉が出る時期は春と秋で逆でも、ヒガンバナ共々花の時期には葉は
地上に無いのですね。ほんとに面白い生態です。
玲さんのお宅にはたくさんおありだったのですね。
今では細々とですか?まただんだんに殖えて行くかもしれませんね。

アジサイは玲さんの撮られた秋色のアジサイがとてもステキでしたが、
私は手毬型のものは綺麗なのを見つけられていないんですよ。
今日アップのものが、今のところの唯一です(^^)


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

そうですね、不思議なもので秋にはシックな色合い、渋い色合いが
ことのほか新鮮&魅力的に映りますね。
やっぱり周りの緑なども初々しい新芽の色じゃなくなっているからかしら。
ロココさんのお宅ではアジサイはみなお嫁に?
寒さにも強いアナベルをお殖やして、アナベル屋敷に(^^)なさるのですね。
う~ん、それもステキ!来年、再来年が楽しみです。

投稿: ポージィ | 2007/08/30 18:33

今年は、とうとうナツズイセンに出会えませんでした。。
最も、路傍に咲くものじゃない??

紫陽花、実は今も撮りだめています♪

投稿: noodles3 | 2007/08/30 23:20

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

そうですか~ 私も滅多に会えません。
ナツズイセンはヒガンバナのように路傍で、
ということは少なさそうですものね。

秋色の紫陽花、noodles3さんはきっとコレクション中だろうな~
と思っていましたよ(^^)
そのうち見せていただくのを楽しみにしています。

投稿: ポージィ | 2007/08/31 10:09

アジサイ、今の時期でも見れるのですね。シーズンが終わったら、もうそれまでだと思っていました。夏水仙もインターネットで検索してみました。大きなお口から長~いベロを出しているようで面白い花ですね。マジシャンが袖口から次々と布きれを繰り出してくるような、そんな錯覚を覚えました。変なコメントでした。
今回はなんとかコメント見て欲しいですね。(多分大丈夫かな?)

投稿: 茂彦 | 2007/08/31 13:15

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

今回はちゃんと反映されていて拝見できました。ホッ(^^)

アジサイは、梅雨時に花の時期が終わったら、翌年の花付きのために
早めに切り戻す、というのが一般的だと思いますが、それをしないで
そのまま花を付けておくと、時には綺麗な渋めの色変化を見せてくれます。
この写真のアジサイもそんなひとつなんですよ。
秋色アジサイ、などと呼ばれます。

ナツズイセン、検索もしてみてくださったのですね。
シベがベロ~ンと(^.^)上向きのカールがちょうど舐め上げた
ところのようでもあります。
茂彦さんはさらにマジックのシーンを重ねられましたか。
次々に取り出すといえば、ベエーッとやった口からトランプがどんどん
出てくるマジックもありました(^o^)

投稿: ポージィ | 2007/08/31 17:05

程よい色付きの秋色アジサイですね。
紅の指し加減が、上品です。

そうそう、今年はナツスイセンに出会えませんでした。
あそこにあるはずと探しに行ったんですが、団地の駐車場の脇の花壇は、きれいさっぱり整地されて、立派な駐車場に拡大されてました(泣)。
ポージィさんのところで拝見できて、よかったです。

確かにピンクピンクしてなくて、大人っぽい雰囲気ですね。

投稿: goro's | 2007/09/01 01:56

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

程よい色付き 紅の指し加減が上品
でしょ、でしょ?悟郎さんもそう思ってくださって嬉しい~ぃ(^^)
私もその辺りの加減が気に入ってカメラを向けました。

あらら悟郎さんもお会いになれなかったんですか?ナツズイセン。
駐車場拡大ですか…また無機質な場所が広がってしまったのですね。
そこで咲いていた花たちはどうなったのでしょう。あまり考えたくありませんが。
例え1輪でも見られた私はラッキーだったんですね…。

投稿: ポージィ | 2007/09/01 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16221835

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の優しいピンク:

« 夏の花 ムクゲ | トップページ | 夏の花 モミジアオイ »