« ただいま~ | トップページ | 鬼と鹿の子 »

2007/08/23

鳳仙花 鳳仙花

=ストック記事からのアップです=
 
070705housenka1 この夏、ずいぶん久し振りに
 「ホウセンカ」がたくさん咲いている
 ところに出会いました。
 
 子供の頃は毎夏の定番の花で
 あまり気にも留めなくなっていましたが、
 いつの間にかあまり姿を見なくなって、
 見なくなるとそれはそれで寂しかったり。
 勝手なものです。
 子供のとき、実が弾ける様子が楽しくて
 まだ熟していないものまで
 無理やり弾かせて遊んだのは私です。
 
 
070705housenka2 070705housenka3
  
アリに人気のようで、花の上やら茎やら、あちこち歩き回っていました。
女の子が赤いホウセンカの花で爪を染めたことから「爪紅(ツマベニ、ツマクレナイ)」
とも呼ばれるそうです。私は試したことがなかったのですが。
今年出合ったこのホウセンカはちょっと薄めの色、染まった色が見えないかな。
 
「ホウセンカ」:ツリフネソウ科・ツリフネ属
 

|

« ただいま~ | トップページ | 鬼と鹿の子 »

コメント

今年はまだホウセンカに会っていませんが、よく見るとツリフネソウの仲間の姿をしていますね。
女の子はツマベニなんて可愛い遊びをするものですね。男はせいぜい実をはじかせるぐらいのものです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/08/23 11:45

この鳳仙花はピカピカですね〜!
確かに、僕の周囲にもこのピンクのものが多いです。
逆に真っ赤なものを観ていません。

投稿: noodles3 | 2007/08/23 12:49

鳳仙花というと島倉千代子の歌を思い出すのですよ。私くらいの人はね、その時はどのようなお花かも知らなかったと思います。
でもホンワカとした良い感じで聞いていましたね。
和の感じもします、色と葉の感じからかしら~
歌詞を見つけてきました、如何ですか。

吉岡治作詞、市川昭介作曲、鳳仙花 (c)1981 Colump.

♪やっぱり器用に 生きられないね
 似たような二人と 笑ってた
 鳳仙花 鳳仙花
 はじけてとんだ 花だけど
 咲かせてほしいの あなたの胸で …

投稿: | 2007/08/23 16:01

ホウセンカ、鳳仙花・・・
なんか歌になかったかなぁと思ってたら、やっぱりあったのね。
上の玲さんのコメントで分かりました。
綺麗な色の花だなぁ。よじ登ってきたアリさんも、花びらの上で休憩できる形をしてるんですね。安心して蜜にありつけそう。
最初夾竹桃かと思ったけど、花の形が全然違う。
花には皆さん子供の頃の思い出がいっぱいあるようで。
私はどうしてこんなに花を知らないのかと思うほど花の思い出はござんせん。寂しい・・・
今頃の子ども達も、種を弾かせて遊んでるのだろうか。
学校と塾で忙しくってそんなヒマなんかないのかも・・・
大人になったら私と同じように寂しい思いをするよきっと。

投稿: あまもり | 2007/08/23 17:16

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

まだお会いになっていませんか。やっぱり今ではあまり植えられなく
なった花なのですね。
そうそう。私もツリフネソウ科というのを知って、おーちゃんが
アップされていたキツリフネを思い出しました。咲いている花の横顔は
残念ながらうまく撮れなかったのですが、小さく写っている蕾から
何となくその様子が分かりますね(^^)

爪を染めて遊ぶとは、ほんと可愛らしいですね。でも、私も実を
弾かせることしか思いつきませんでした~(男の子だったのかも ^^)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

実はだいぶ前に撮ったからか、ピカピカとても綺麗でした。
おや、noodles3さんがお見かけになるのもこの手の花色のものですか。
子供の頃よく見た濃い赤は今ではあまり出回らないのかしら。
ホウセンカ自体をほとんど見かけないので確かなところは分かりませんが。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

おぉ~ 島倉千代子さんの「鳳仙花」の歌詞を見つけてきてくださった
のですね。実は私も、この歌を意識して記事のタイトルにしたんですよ(^^)
歌もTV番組で何度か聞いたことがあります。
歌が苦手な私は「鳳仙花 鳳仙花」の部分しか曲を覚えていませんが(^^;)

弾けて飛んであなたのもとへとたどり着いた鳳仙花の種(=私)だもの、
どうかそのまま、あなたの傍で育てて花咲かせて欲しいの…。
といった意味合いでしょうか~~?? キャ(*^^*)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ウフフ 実は島倉千代子さんの「鳳仙花」を意識してつけた記事タイトル
だったんですよ。歌詞も曲もほとんど覚えてはいないのに、
「鳳仙花 鳳仙花」の部分だけなぜか印象に残っていて(^^)

爪を染めるのは無理かもしれませんが、サーモンピンクというか
コーラルピンクというか、優しいピンク色の花ですね。
キョウチクトウと思われたのは花びらの縁の曲線からかもしれませんね。

あまもりさんは、植物や花より他のものに興味や関心が向いていらした
のかもしれませんね。私も、思い出はちょこちょこあるものの、
子供のころ特に植物や花に興味があったわけでもありませんし。

今の子達は、学校で揃いの教材のプラスチックの鉢にアサガオの種を蒔いて
育てて観察するみたいですね。夏休みになると持ち帰られたその鉢を
時々見かけます。花壇に植えられているホウセンカの実を弾けさせて
遊ぶなんてことはするのかな、どうなんでしょうね。
あんまり植物を使って遊んでいる姿というのを見た事がない気がします。

投稿: ポージィ | 2007/08/23 17:43

ツリフネソウ科・ツリフネ属なるほど、今まで考えもしなかったけど、似た花姿ですね。インパチェンスもそうですよね。何だか子供の頃を思い出す懐かしい花です。ほうせんかパン! (^∇^)

投稿: ロココ | 2007/08/23 21:31

あらら、たった今記事をアップしてこちらに伺ったら、同じでした。
私もホウセンカでした。記事の内容も、同じようなものでした(汗)。
久々、握手~~(笑)。

コメントに書かれている島倉千代子の歌、私もサビの、♪ホ~ウセンカ ホウセンカ~ の部分しか知りませんでした。
ホウセンカを見ると、ついこのメロディが出ちゃいます。
口にはしませんよ、頭のなかだけです(笑)。

TB、チャレンジしてみます。

投稿: goro's | 2007/08/24 03:00

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

ロココさんもですか?私もツリフネソウ科ツリフネ属なんて、意識した
こともありませんでした。え?あら、ほんと!インパチェンスもだ~
そういえばインパチェンスの別名はアフリカホウセンカでしたね。
それそれ!「ホウセンカだ~実はあるかな?あったー!」パン! 
ってやってました(^^;ゞ


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

おぉぉぉ!ついにTB成功してますね。今までダメだったのは何故??
偶然にも同じ日に同じ花のアップで、しかもTB成功ですから、
今回の握手は今までの中でいちばん力のこもったものになりそうです。イテテ…

あら、♪ホ~ウセンカ ホウセンカ~ の部分しかご存じないというのまで
同じではありませんか(^^)
口にはしませんよ、頭の中だけです のお言葉にちょっとドキッ。
私、写真を撮りながらそのフレーズだけ口ずさんでいたような~
そばには誰もいませんでしたが。
 

投稿: ポージィ | 2007/08/24 10:31

ホウセンカ
実家の庭にたくさんさいていました。
夫の実家にはオシロイバナがあり、
どちらもなぜか昔懐かしい花だなと^^。

それにしても、ホウセンカの花って、こんな形だったんですね。
まじまじと見たことがなかったのでわかりませんでした。
胡蝶蘭みたい・・・。
息子が大人になったとき、
何の花を見て、懐かしい気持ちになるんだろうと思ってしまいました。

投稿: koko | 2007/08/24 12:40

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

kokoさんのご実家では今もホウセンカを育てていらっしゃるのですね。
それともこぼれ種から毎年出てくるのかな?
私の実家ではこぼれ種から生えてきていたような気がします。
そしてご主人のご実家にはオシロイバナが。
うんうん、どちらも子供のとき周りに普通にあった花なので、余計に
懐かしく感じるんですよね、きっと。
オシロイバナはうちの辺りでは多年草で、冬に地上部は枯れても
根が生き残っていて翌年また芽を出すので、ほとんど野生化したものが
あちこちで見られるんですよ。

そうですよね。身近にある花ほどまじまじと見ることがなくて、私も
子供のときホウセンカの花をよく見た事などありませんでした。
胡蝶蘭みたいと言ってもらえて、ホウセンカも誇らしいでしょうね。
鳳仙花という名前もかなり立派ですし(^^)

息子さんが大きくなったときに懐かしいと思う花… 都忘れかな?
うんにゃ、kokoさんが育てていらした花全てを懐かしく思うように
なると思いますよ。

投稿: ポージィ | 2007/08/24 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16095259

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳仙花 鳳仙花:

» 爪を染める少女 [goro's 花 Diary]
【ホウセンカ・鳳仙花】ツリフネソウ科 ここ3年間では、今年がいちばんたくさんのホウセンカに出会いました。ここのところあまり見かけなくなってしまったとの思いがありましたのでね。なら、探してみようと、意識的に目を配りながら動いてました。そうやって見ていると、それなりの場所(公園など)では、ホウセンカたちが咲いておりました。夏の花としての地位は、今でも健在のようです。昔に比べると、断然少ないことには変わりありませんが。 昔はよく見かけた花です。毎年夏になると咲いてましたよね。それも特別に植... [続きを読む]

受信: 2007/08/24 03:01

« ただいま~ | トップページ | 鬼と鹿の子 »