« ねむねむ~~ | トップページ | ハゴロモルコウソウ »

2007/09/10

さよなら夏

台風9号が通り過ぎた翌日は、気温があがりむぅ~と蒸し暑い日になりました。
台風に呼び込まれた湿った暖かい空気のせいなのでしょう。
今週の関東はまた雲が多く雨がちな天気が続くとか。
やはり季節の変わり目にきていることを実感させられます。
 
070824semi 
 
 木々で賑やかに鳴いている
 セミは数を減らし
 道端に転がっている姿を
 目にすることが
 めっきり増えました。
 
 
 
 
070813tiroleanlamp_up こんな様子に
 目から涼を感じていられるのも
 あとわずかでしょうか。
 涼しい秋風が吹いたら
 風に揺れる様子が
 ちょっと寒そうに見えてしまう
 のかもしれません。
 
 9月8日は
 二十四節気の「白露(はくろ)」
 「この頃から秋気がようやく加わり始めますよ」
 という日でした。
 
 (お昼頃雨が降り出したら涼しくなりました)
 
下画像
 「アブチロン・メガポタミカム(Abutilon megapotamicum)」
                 :流通名「チロリアンランプ」和名「ウキツリボク」
                  アオイ科・アブチロン属(イチビ属)
 

|

« ねむねむ~~ | トップページ | ハゴロモルコウソウ »

コメント

今日の大阪は昨夜の雨と今朝方の雨でグンと涼しくなりました。
このまま涼しくなってほしいけど、だめでしょうねぇ(-_-)
大阪に居るセミはほとんどクマゼミなので、セミの亡骸をよく見るのは8月の半ば過ぎ。卵から幼虫に孵った子ども達の、地面を目指しての大移動も終わっているのかも。
アブチロン・メガポタミカム・・・舌を噛みそうで覚えにくい名前。チロリアンランプとしか言えませぬ。
この花は暑くなる前から咲いている花ですよね。花期が長いんでしょうか。
蔓性でもこんなに愛されている植物もあるというのに。

投稿: あまもり | 2007/09/10 14:09

今日はお昼まで森の中にいましたが、ときどき降った雨も木の葉のおかげでさして濡れませんでした。
ツクツクボウシとアブラゼミが鳴いていましたが、なぜか日差しが強くなるとミンミンゼミが鳴くようでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/09/10 17:23

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

やっと秋の涼しさを少し味わうことがおできになったんですね。
どうでしょう、もうしばらくは暑いと涼しいとを行ったり来たりって
感じかもしれませんね。

大阪はやっぱりクマゼミの数がダントツですか。
今年私が家の近辺で見かけたのは、多分アブラゼミばかりでした。
でも、何年か前にはクマゼミらしきセミも見た事があるんですよ。
クマゼミが地上に出てくるのははセミたちの中でも少し早い時期なんですね。
孵化した幼虫達の地中への大移動!?そうですよね、それが絶対にあるはず。
でも一度も見た事がありません。夜中のことなのかなぁ。

アブチロン・メガポタミカム これは私も絶対覚えられそうにありません(^^;)
もうチロリアンランプでしっかりインプットされちゃっていますし。
寒さにも結構強いようで、長い時期咲いていますね。真冬でも見ることがあります。

蔓性植物、皆さん逞しいのが多いみたいですね。愛されている植物でも
どんどこさどんどこさ、驚くほどに蔓が伸びて誘引が大変ですから、
大型の野生の蔓植物ともなったら…あれやあれみたいになっちゃうのですね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こちらでは昼頃から結構降りましたが、おーちゃんはあまり濡れずに
お済みになったのですね。よかったです。
森の中ではまだセミたちもいろんな種類が鳴いていましたか。
日差しの強さでなく種類が変わるというのは面白いですね。
ミンミンゼミは日差しが強くなって俄然元気を取り戻していたのかしら。
私は補聴器の助けを借りるとセミの声も聞こえるのですが、たいてい
ジージージージーというやかましい声の持ち主です。多分アブラゼミですよね。
イントロからエンディングまであるというツクツクボウシの鳴き声を
聞いてみたいと思いつつ果たせていません。
賑やかなアブラゼミたちも、台風の後ちょっと少なくなったように
感じていました。

投稿: ポージィ | 2007/09/10 18:07

アプチロン・ランプ、一度も撮ったことのない花なんです。
いや、周りにいっぱいあるんですよ。

なんか、接写魂に点火しないのです。
もっぱら、眺めて鑑賞しております♪

投稿: noodles3 | 2007/09/10 20:16

2階の網戸に朝方4時頃セミが張り付いてそのまま動かなくなりました。薄暗い中、撮ってみたのですが、よく撮れませんでした。
もうすぐ終わる命だったのでしょうか。
今年はセミの抜け殻や亡骸が多かったように思いました。
暑かった夏のことが頭をよぎります。
朝晩の涼しさが心地よいこの頃です。

チロリアンランプは今年は良く咲きました。
写真のはかなりお花をつけて元気そうですね。

クックちゃんは夏の疲れが出ていませんか。

投稿: tona | 2007/09/10 20:45

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

周りにいっぱいおありになるのに?
接写魂を刺激されない。ほぉ…なんででしょうね。
中を覗きにくいからかな 肉眼でちゃんと見えちゃうからかな。
またシャッター速度を変えて風に揺れる一瞬の姿を、
なんていうのはいかがですか?でもそれじゃ接写じゃないか。
たまには目で鑑賞するだけという花があってもいいですね(^^)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

だいぶ弱っているセミさんだったのかもしれませんね。
私は道端で仰向けに転がっているセミを起こしてやることがあります。
多分死んでるんだろうなーと思っていたのが、その拍子に
最後の力を振り絞るようにしてビューッと飛んでいってびっくりすることも。
tonaさんの網戸のセミ、明日もまだいるかな。どうでしょうね。

朝晩だいぶ涼しくなりましたね。このところ湿度が高いのが難ですが。
関東は短くて太い夏って感じでしたね。
tonaさんのお宅にはチロリアンランプもおありなんでしたっけ。
チロリアンランプにとってはちょうどいい気候だったのか、ここのも
長く垂れ下がって花をいくつもつけ、なかなかいい雰囲気でした。

クックのことお気遣いいただいてありがとうございます。
彼は特に変わった風は見えませんが、疲れはどうなんでしょ。
人間の方は、どうも寝不足になることが多くて2人して疲労感です(^^;

投稿: ポージィ | 2007/09/10 21:36

確かに 朝晩は涼しくなってきました
これからは1日1日が違ってくるんでしょうね。。
と言っても 今日の広島33度(T_T)
だから昼間はセミが夜はコオロギが鳴いています

チロリアンランプって言うんですか
これはよく見かけます(^^)
この「赤」結構好きなんですよねぇ。。

投稿: miki | 2007/09/10 22:23

ポージィさん こんばんは♪

昼間のどしゃぶり ポージィさんのほうでも降りましたか?
今日はどうしても外出しなければならない用があったので
雨の止むのを祈っていました
雨が止めばムシムシしますが、夜はもう虫の大合唱
「さよなら 夏」ですね~
日の暮れるのが早くなって気ぜわしい季節になってきました

チロリアンランプはよく見かけますが、私も写したことがありません
なんででしょうね? 可愛いのにね noodles3さんと同じですね

投稿: glenn | 2007/09/10 22:52

湿気さえなければ、30℃近辺は私には適温なんですがね。
ここんところは、いちばん嫌な暑さです。
それでも秋の気配は、そこここに感じられます。
帰宅時間には、最近まではセミが鳴いていましたが、ここのところは虫の音に変わってきています。

セミの転がった姿、よく見かけますが、公園でだとカラスの栄養源になってます。
カルシュウムの補給としては、最高なんでしょうか?

チロリアンランプ、花数が増えて赤い花が目立ってきました。
この株も、たくさん花を付けてますね。

投稿: goro's | 2007/09/11 00:52

◆mikiさんありがとうございます ♪

ぅお 昨日まだ33度にもなりましたか。湿度も高くて辛いですね。
昼間は夏で夜は秋。これも季節の狭間ならでは、かな~
関東はもうそこまで暑くならなさそうです。

この小さな鈴みたいな花、ランプや釣りの浮きに見立てられたんですね。
葉っぱのグリーンと赤い小さな花の可愛らしさがいいバランスで、
結構人気ありますね。こっちでも育てているお宅をよく見かけます。
mikiさんも惹かれる「赤」なのですね(^^)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
昨日は、本降りって感じにはなりましたが土砂降りまではいきませんでした。
glennさんのお宅のほうでは土砂降りだったんですね!
外出される時間までには祈りが通じて止んでくれたでしょうか。
なんだか降ったり晴れ間が覗いたり、変なお天気でした。
今日も相変わらず ジメジメ~ ムシムシ~ ですね。
気温はさほど高くなくても、この湿気にまとわりつかれると、
どうも不快感が高くていけません。
でも秋の虫たちはそんなムシムシもなんのそのの大合唱なんですね(^。^)

glennさんもnoodlesさん同様、チロリアンランプを写真に撮ろう、
というお気持ちが起きませんか?被写体にするより目で見て楽しむ花
という、なにか心理的な区分けのようなものがおありなのかな~。
面白いです(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

台風後、ずーっと湿度が高いままですね。土日は気温まで上がりましたし。
じとじと~としているのは私も大の苦手です。熱が体の中にこもって
しまう感じがしますし。悟郎さんも湿気に悩まされていらっしゃいますね。

ご帰宅時のBGMはセミの声から秋の虫たちの声に変わりましたか。
やっぱり自然界の生き物達は季節に敏感ですね。
気温そのものより日照時間で季節を感じることが多いのかもしれませんね。
とはいえ、朝晩は気温もだいぶ違ってきていますが。

へぇ~ セミの骸はカラスの食糧になっているんですか。
カルシュウム源、タンパク源としていいのかも。
人の感覚ではあんまりおいしそうには思えませんけどね(^^;

チロリアンランプたち、いっそう元気を増してきていますね。
この株は真夏の間も元気いっぱいでした(^^)
 
 

投稿: ポージィ | 2007/09/11 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16384210

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら夏:

« ねむねむ~~ | トップページ | ハゴロモルコウソウ »