« ハゴロモルコウソウ | トップページ | 海べの公園で »

2007/09/12

なんの朝顔咲いた

去年、近くの道路沿いの植栽に絡まって咲いていた朝顔は、優しい色合いの
ブルーがとても綺麗でした。 秋になり実(種)がカラカラに乾いていたので
いくつか採ってきてみました。 
それを、今年の夏もだいぶ日が経ってから思い出し、やっと蒔いてみたのです。
 
蒔いたといっても私のこと。例のごとく実にいい加減なやり方ですけどね(^^;)
家の脇の砂利敷きの場所を、棒で2~3cmほじほじして種を置き、土を戻しただけ。
アサガオの種は、発芽を促すために一晩水に浸けるとかナイフで傷をつけるとか
いいますが、そんなことも一切せずにです。まるで発芽実験のような種蒔きです。
 
でもね、ちゃんと芽が出たんですヨ (^^)
 
(写真クリックでポップアップウィンドウが開きます)
070703asagao_futaba2 070827asagao_ha 070827asagao_tubomi 070831asagao_ha
 < 双葉:7/3     本葉その1     つぼみ:8/27    本葉その2 >
 
070831asagao 070903asagao
< 一番花の開花は8/30  写真は8/31と9/4に咲いたもの 
  咲いて時間が経つとブルーが赤紫っぽくなり、やがてしぼみます >
 
種を蒔いた場所が場所ですから、栄養状態は決してよくないと思います。
花の大きさは直径4~5cm。これはそんなものなのかな。
綺麗な柔らかなブルーの色は、去年道端で見たのと同じ色合いでした。
 
070831asagao_yoko
 さてさて、この朝顔、
 一体なんという種類なんでしょう??
 朝咲いて昼前にはしぼんでしまいますから、
 宿根朝顔ではありませんね。
 だいいち、宿根朝顔には種が
 できないそうですし。
 
 正体不明ですが、恵まれない条件でも
 見事に花咲いた逞しさに乾杯!
 ありがとう!
 
 

|

« ハゴロモルコウソウ | トップページ | 海べの公園で »

コメント

7月に植えても、きれいに咲くものですね。約2ヶ月ですか。
7月はじめに学校で鉢植えして、夏休みになったら自宅に持ち帰って観察記録をつけるという課題もできそうですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/09/12 09:59

野性なので種もたくましいということなんでしょうか?
ポージィさんがやったからじゃない?
私がやったら絶対芽は出てこないと思います^^
じゃあ、フウセンカズラの種があるので蒔いてみましょうか。
やっぱりやめとくわ。種が可愛いから・・・笑)
きれいに咲きましたね!
やはり折りジワのようなものが見えますね。

投稿: 池田姫 | 2007/09/12 10:18

久しぶりですねぇ、こうしてアサガオをじっくり見るのは。
双葉ってこんなんだった、咲いてから萎むまでに色が変化するんだ、
等々、なんだか久しぶりに子供に戻ったような気分に。
厳しい環境(?)の上に遅く巻かれたのに関わらずこうして綺麗に咲いてくれるアサガオ。
逞しくもあり、いじらしくもあり。紫のグラデが美しい。私も乾杯!
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

投稿: あまもり | 2007/09/12 12:43

ほーぅ。美しい青ですね。
種が売られている種類では、なかなか「これ!」というものをみつけられなかったりしますが、見かけて素敵だと思ったものはポージィさんのように種をいただくという手があったのですね。
最近売られている種はF1のものが多く、それから収穫した種を蒔いても同じものはできなかったりします。ポージィさんの朝顔は去年見たものと同じ色だったとのこと。これからは毎年このさわやかブルーをめにできるのですね。うらやましい♪

投稿: koko | 2007/09/12 12:49

こういう爽やかブルーの朝顔,いいですねー.結構遅く種をまいても,あまり大きくならずに小さな花をつけたりしますね.
昔アパート住まいだった頃,管理人に内緒で敷地フェンスに朝顔を植え,朝の出勤時にちょっとだけ元気づけられてたのを思い出します.

投稿: LiLA管理人 | 2007/09/12 14:30

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

私も、思い出したからじゃぁ、という程度で特に期待もせずに
蒔いてみたら あらら、ちゃんと咲いてくれました(^^ゞ
アサガオはたしか短日性ではなかったでしょうか?
6月の夏至を過ぎてからは日長は短くなる一方なので、気温の条件さえ
合えば生育や花芽形成には問題がなく…、ということかも。
そんなわけで、アサガオの生長記録を夏休みの自由研究にするのも
いいアイデアですね。この辺りの小学校の理科でアサガオの種を蒔くのは
いつごろなのかな。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

私のやったすこぶる無造作な種蒔き方法が、意外とこのアサガオには
合っていたとか?(^.^)
ひょとしたら、鉢やプランターで大事に毎日水をやって観察していたら
途中で全部枯れたなんてことだったかもしれませんね。
これでも6~7本出た中の大方は枯れちゃったんですよ。
クックがシャーとやったせいかもしれませんが(^^;)

実はね、一昨年の秋はフウセンカズラの種を同じように無造作に蒔いたんです。
そしたら、そちらも去年ちゃんと芽を出して花が咲いてじゃんけんポン
じゃなくて、実ができました。今年は蒔く場所がなくて蒔けなかったんですけど。
ほぉら、池田姫さんも蒔きたくなっていらした~~(^^)

アサガオもやっぱりハゴロモルコウソウと同じように折りシワみたいな
筋が入っていますね。あぁ蕾を広げてみたい誘惑が…


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

私もです。アサガオの種を蒔いたのなんて、多分小学生のとき以来。
アサガオの双葉って特徴的ですよね(^^)
幼い日の気分を味わっていただけたようで。リフレッシュされたかしら?
毎日次々に咲いてはくれますが、早朝に咲いてどんどん色が変わってきて
あっという間にしぼんじゃうのがなんとももったいない気がします。
それでもちゃんと種がで切るんですから不思議ですね。一体いつの間に
受粉してるんでしょ。

自然の逞しさ健気さに、美しさに、一緒に乾杯してくださって
ありがとうございます!


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

美しいでしょ~(^^)思わず種を採ってきたのも無理ない(正当化)。
野生化して勝手に生えていたものだからこそ採ってきたんですけどね。

あぁ、苗を買う専門の私も、その苗にF1というのをよく見ます。
種の世界でも多いんですね。以前苗屋さんでF1って何ですか?と
尋ねてみましたけどはっきりしたお返事はいただけず、そのままになってました。
交配で生まれたばかりで安定していないよ、っていう意味なのかな?

そうですね。今年またうまいこと種が採れれば、来年以降もこのブルーを
楽しませてもらえるかもしれません。
種を採ってきた場所でも、朝顔のツルを見かけましたよ。
春に大々的な植栽の手入れがあったのですが、残っていた種があったようです。
花は見ていないのですが…。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

優しい、いい感じのブルーでしょう?(^^)
この色に惹かれて、思わず種を採ってきてしまいました。
その割りには忘れていたんですけど…(^^;
この色合いが朝のうちだけというのが、なんとも惜しいです。
遅い時期のアサガオの種蒔き、LiLA管理人さんはご経験済みでしたか。
気温条件さえ合えば、ちゃんと育って咲いてくれるものなんですねぇ。

アパ-ト管理人さんに内緒でですか?アサガオくらい可愛いものです。
案外気付いていて、アパート管理人さんもやっぱり慰められていたかも
しれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2007/09/12 17:08

ロココの庭でも、勝手にアサガオ(勝手にこぼれ種で芽が出るから)が沢山咲いています。何処にでも出て、他の花や木に絡みつくので抜いているのですが、中々しぶとい!!毎年性懲りもなくあちこちで咲いています。

投稿: ロココ | 2007/09/12 17:26

◆ロココさん、こちらにもありがとうございます ♪

アハハ ロココさんのお庭でもアサガオが元気なんですね。
「勝手にアサガオ」ですか。こぼれ種から芽生えて手当たり次第
巻きついて大きくなって花を咲かせて? 半野生化してますね(^^)
アサガオって、もっと面倒見てあげないといけない植物かと思って
いましたが、今年の自分の体験とロココさんのこのコメントで、
実際はずっとずっと逞しい植物だったんだと考えを改めました~(笑)
 

投稿: ポージィ | 2007/09/12 21:16

ポージィさん こんばんは~

秋のアサガオ とっても優雅な色合いですね^^

マンションから越してきたばかりの頃、
種を蒔くのが楽しくて、アサガオの種をそこらじゅうに蒔いたら
ジャングル化して、秋になって枯れた蔓をすてるのに
一苦労した思い出があります
それから、蒔くのは程ほどにしてます^^;

種から咲いた花って頑張ったね~と嬉しくなりますよね?
(この頃は、苗専門なので・・・)

投稿: glenn | 2007/09/12 21:27

そうだそうだ、朝顔の双葉って、こんなだったんだって、頷きながら拝見させていただきました。
何十年振りでしょうか?
少年時代以来ってことはありませんが、ほぼ20年くらいは経ってます。

ブルーの花色も素敵です。
隠れていた赤の色素が、最後には顔を出してくるんですね。
ご存知のように、朝顔の花を愛でる時間帯には行動しておりませんので、行く夏の名残りをここで拝見できて、思い残すことはございません(笑)。

投稿: goro's | 2007/09/13 02:19

この淡い花色は、もしや去年の「ひっそりと朝顔」の時の種でしょうか?
(ラフィアを教えてもらった時の)
先日の白露の記事の後で見ると、また違った趣があって。
秋にひっそりと咲く朝顔の風情が見事に再現されましたね。
(旧暦とはいえ秋の季語ですもんね)(笑)

投稿: nanbu | 2007/09/13 08:55

ハゴロモルコウソウ、なにか舌を噛みそうになるネーミングですね。でも、きれいな花です。朝顔の花、いいですね。妙なこと言って恐縮ですが、私、朝顔を見るとくらげを連想します。くらげは見た目は華やかですが、人を刺したりと厄介な生物です。その点、朝顔はいいですね。眺めているだけで、心が和みいい気分になります。

投稿: 茂彦 | 2007/09/13 09:08

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは~(^^)
このところの関東は日差しも少なく気温も低目。(今朝は寒いくらいでしたね)
そんな空気の中で見る、この柔らかブルーなんともいい雰囲気です。
優雅と褒めていただいて頬を染めたのか、今は赤っぽくなってますが。

え~っ!?アサガオ・ジャングルなんて思い出がおありなんですねー。
見てみたかった(^。^)ご近所から「アサガオの館」って呼ばれませんでした?
花が次々に咲く間はさぞかし綺麗だったでしょうね。
目にされたたくさんの方が、ほ~っと和まれたと思います。
枯れた蔓の始末のご苦労、想像つきますよ。蔓植物達って一見ひ弱に見えて
実は元気で頑丈ですものね。

私も普段は苗専門なんです。種から育てたら大量に余っちゃうので。
でも、種を蒔くところからずーっと生長を追ってきた子達が咲くと、
やっぱり特別の感慨があるものですね(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんもアサガオの双葉をご覧になるのは久し振りでした?
私もすごーく久し振りでした。独特の形ですよね。

このアサガオの柔らかなブルーに惹かれて種を頂戴する気が起きました。
柔らかいですよね。だんだん赤の色素が強まって色が変わってくるのは
紅葉とも通じる色変化なんでしょうかねぇ…??

朝咲いて昼までにはしぼんでしまうアサガオは、悟郎さんには
なかなかご覧になれない花ですね。今回せめてここで見ていただけてよかった。
でも、もっと秋が進むとルコウソウやオシロイバナ同様、夕方近くまで
咲いているものも出てくるかもしれませんね。
それに、種類によっては夕方まで咲いているものもあるので、それらには
きっとお会いになれますね。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

おぉぉぉぉ!nanbuさん去年の記事を覚えていてくださったのですね。
驚きと同時にすっごく感動しました(^o^)
「ひっそりと朝顔」去年の11/2にアップしてましたね。
あのアサガオの種ではないのですけど、ごく近い場所の植栽に絡み付いていた
もののですから、ひょっとしたら兄弟かもしれません。

そうそう。朝顔といったら夏の花の代表のひとつのような気がしていましたが、
秋に咲く姿もなかなかよいものだなぁと、一昨年辺りから思うようになりました。
それに… わぉ ほんとだ~!!「朝顔」は秋の季語なんですね。
この際、新暦旧暦は気にしないでおきましょ(^^)
 

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

ハゴロモルコウソウ カタカナで書くとなんとも読みにくいですね。
「羽衣縷紅草」と漢字で書いたほうが読みやすく姿も想像しやすくなること
多いです。もっとも、縷紅草の場合「縷」の字は難しくて私なぞには
なんのこと?ですが~~(^^;)

茂彦さんの想像の翼、時どきとっても楽しいです(^^)
アサガオからクラゲを連想されますか。うん、分かりますよ。
かさをフワリフワリと広げてたゆたっているクラゲのイメージと、
アサガオのふわりと咲いた姿、共通するものがあります。
どちらもゆったりと心和ませてくれますし。
クラゲはうっかりすると刺されてひどい目にあいますが…
 

投稿: ポージィ | 2007/09/13 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16339267

この記事へのトラックバック一覧です: なんの朝顔咲いた:

« ハゴロモルコウソウ | トップページ | 海べの公園で »