« カラタネオガタマに! | トップページ | ススキの季節 »

2007/09/29

郵政民営化

070908post_cook 駅まで歩くときによく通る道沿いに
 置かれている郵便ポストです。
 
 この形のものは
 「郵便差出箱1号」というそうで、
 昭和24年(1949) から
 新しい鉄製ポストとして
 実用化されたものだそうです。
 最近では四角の箱型のものが
 ほとんどですよね。



ちょっと懐かしさを覚える丸型のポスト、いつまであるかな…と記念に撮ってみました。
暑くてどうでもいいって感じ?のクックも一緒にパチリ (^^;)


10月1日からいよいよ郵政民営化で郵政公社は、日本郵政グループ(日本郵政
株式会社)という4つの株式会社からなる民営の会社になるのですね。
でも、民営化のホームページを見てもどうも今ひとつピンと来ません。
いまのところ、ほとんど全てにおいて「これまでどおりです」ということになって
いますが、本当にこの先もこのままずっとこれまでどおりで行けるのかな?
民営の一般会社となったら、今までよりずっと厳しい競争社会に直面することに
なるのでしょうから… 
悲しい悔しい思いをしたり、不便を強いられることになる方々が、
新たに生まれるようなことにだけはなりませんように。
 

|

« カラタネオガタマに! | トップページ | ススキの季節 »

コメント

おおっ、懐かしいポスト。
「郵便差出箱1号」が正式名ですか。
堅苦しいけど、随分と分かり易い名前。

♪郵便ポストの赤いのも
電信柱の高いのも
みんな、私が悪いのよ
いいの、いいの、ほっといて♪

というのが私の小学校頃に一時流行ったけど、ポージィさんは知らないでしょうね。
余りにも簡単でインパクトが強かったので未だに覚えています。
その郵便ポストも今じゃ赤くなくてその上四角い。
電信柱も今に無くなって電線は地中に埋められる(観光地や、都市部では部分的に実施されている)。
逓信省から郵政省に。数年前から政府100%出資の郵政公社になり、今度はいよいよ民営化。
でも元々は郵便関係は民営だった。
江戸時代の飛脚行からそのまま民間が請け負っていた郵便関係を、明治時代に前島密が欧州の制度に倣って国営にし、各地の拠点を地域の有力者に委ねる。それが今の特定郵便局。
国が全国各地に新たに郵便局を建設しなくていいので一番安上がりな国営となる。
各地の郵便局長は民間人、そこで働く職員は公務員。最初から国と民間が入り交じったスタートだったんですね。
なんて、またまたウダウダと書いてしまった。ごめんね。
数年前、民営化が決まろうとした時あれこれと調べた受け売りばっかりでやんす。

民営化後も各地の特定郵便局がそのまま郵便・貯金・簡保の窓口になるので、利用する者にとっては今までと変わらないのは確か。
でも民営化になって効率の悪い郵便局は廃止、なんてこともあるかもしれない。
これは過疎化高齢化地域にとっては不便極まりないことになる危険もありで。こういことは無いと、今は言っているけれど確証は無し。
国鉄が民営化になって、売り上げのない路線を第三セクターに譲り、それが次々と廃止になっている所も多いことを考えればちょっと心配になってきます。

長いな~。面倒だったら読まなくていいよ。
なら、書くな! はい、すんましぇん。

投稿: あまもり | 2007/09/29 12:21

このポストはまだ使用されているのですか。珍しいですね。
前に下飯田を歩いていたら、ある家の門前にこの形のポストがありました。ただし赤色ではなく私設郵便受けの雰囲気でした。
近くへ行く機会があったら見せていただきます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/09/29 16:13

懐かしいポストですね〜!
今でも現役で使われているとは思いませんでした。
私は20年くらい前にレトロな喫茶店の店内で、オブジェとして飾られていたのを見たのが最後なんですが。
中程の四角い扉の鍵穴も、前方後円墳みたいな懐かしい形だった記憶があります。(^^)
先日のキバナコスモスの黄色もそうですけど。
この朱色の赤もクックちゃんに映えてますね♪

投稿: nanbu | 2007/09/29 18:10

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

う~ん、ここに書いて下さった歌は知りませんでした。
「どうせ何もかも私が悪いのよ、ほっといて!」とは
何かあったかいわれたかしてすねてみせている歌かしら?(^^)
郵便ポストの赤さや電信柱の高さが出てくるなんて面白いです。

あまもりさん、郵便局の歴史にもお詳しいですね。
「元々は郵便関係は民営だった」のお言葉には「あ、そっか!」と
思わず額をぴしゃり!でした。確かに江戸の飛脚の時代なんかそうでしたね。
特定郵便局の成り立ちなどについてもよく分かって勉強になりましたよ。
あまもりさんに教えていただくと、いつもスーッと理解できます。
まとめ方や説明の仕方がお上手なんだと思います。

それそれ。旧国鉄の廃線になっているものや、路線バスの路線削除の
ことなどを考えると、郵便局だっていずれはそういうことになる
(しないと民間では生き残っていけない)ということになるのではないかと
心配しています。民営化によって経済的性化に本当に繫がるのかしら??


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

私はこの道を通るたびに見ているので、珍しいという感覚が薄れて
しまっていますが、やっぱり珍しいのですね。
今でも立派に活用されていますよ~。私も何度か投函しました(^^)
私設郵便受けの、こういう形のもの、私もどこかのホームセンターで
見た事があります。おーちゃんがご覧になったのも、そのタイプで
郵便局のものではなかったのですね。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

うわ~ nanbuさんはこのタイプのポストをご覧になったのは
20年位も前ですか!それもオブジェとしてのもの。
これは立派に今でも現役なんですよ。私も何度か利用しました(^^)
「鍵穴も、前方後円墳みたいな」←そうそう!前方後円墳の形ですね。
これ↑もそうですよ。いとも簡単に開けられちゃいそうな…(^^;)

うふ 今回もクックとの色の対比にご注目くださいましたね。
この朱色もOkですか?クックの毛色って結構オールマイティですね♪
 

投稿: ポージィ | 2007/09/29 20:21

うわ~~っ!この赤いポスト、懐かしい~~
思い出せないくらい記憶の彼方の産物です。
それが現役で、ポージィさんのご近所で、いまだに利用しているなんて、そちらも驚きです。
映画やドラマのなかでしか活躍していないのなかと思ってました。

郵政民営化の話、特に集配、配達の分野、民間に勝てるでしょうか。
新聞情報を見る限り、すべてが見切り発車としか思えないんですけどね。
やってみたけど駄目だったから、元に戻しましょうなんて、そんなに簡単なことじゃないでしょうにね。
意地悪目線で見てましょうかね。

投稿: goro's | 2007/09/30 00:21

このポスト それほど 懐かしい~ と思わないのは
どこか観光地へ行った時に見たような。。
はて どこだったんだろう

郵便局から 民営化についてのパンフレットが送られてきましたが
サッと目を通しただけで「これまでどおりです」の文字に
そうなのか、、と深く考えませんでした(^_^;
結局 何がなんだかわかってないです、はい。

投稿: miki | 2007/09/30 00:39

小泉さんが執念で押し通したのがいよいよスタートですね。
今日はあまもりさんのも読ませていただいて、さらに勉強になりました。ついつい何事も上っ面で撫でるだけですので、ポージィさんやあまもりさんのようにしっかりと捕らえて、今までの経過やこれからのなりゆきを考慮していらっしゃるのに、反省させられました。

このポスト、ポージィさんの方にも残っていたんですね。私の方にも毎日の通り道にあります。いつまでも残っていくのでしょうか。

投稿: tona | 2007/09/30 08:59

 ポージィさん、お久しぶりです。(^^)/
ありますよ、ウチの近くにもこのポスト!!
現役で頑張っています。(^^)b
それにしても、ちょこんと写っているクックちゃんが、いい味出していますね。
表情もこれまた「早くしてよ」ってカンジでククッと笑えます。

投稿: Hiromi | 2007/10/01 07:36

ポージィさん おはようございます

さて、郵政事業の民営化スタートしましたね
どんなものだか、後でのぞいてきます・・

赤い懐かしい形の郵便ポストは地方にいくとよく見かけます
昔は、よく貯金箱に使われていた形ですね

あまもりさんの書いてらした 歌知っています^^
前後は覚えていないのですが、その部分だけは印象的だったのでしょうね

投稿: glenn | 2007/10/01 10:43

スイスの登山電車,標高3500mにあるユングフラウヨッホの駅に,このポストがありました.見たのは10年も前の事ですが,今でもあるのかな.

投稿: LiLA管理人 | 2007/10/01 11:55

ご心配おかけしましたが、完全復活いたしました。
またよろしくお願いしますね。
クックちゃんもヨロシク~♪

こちらはまだ田舎のせいか、この懐かしい形の郵便ポストは比較的見られます。
絶対この形の方がいいのに、何であんな味気ない四角いのになっちゃったんでしょう。

郵便局って滅多に行かないし縁がないから何がどう変わっちゃうのかピンとこない私です。
ただ、人口が少なくて不便な地に住まわれる方々が泣くような事にはなって欲しくないですね。
きっとその人たちにとっては生活になくてはならない存在でしょうから。。。

投稿: ちょびママ | 2007/10/01 14:05

お返事が遅くなってごめんなさい。
今日は、とあるクリニックに(初めてのところ)行ったら、
9:30受付でやっと自分の順番が来たときには3時間半を
過ぎていました。帰宅したのは2時過ぎです。
はぁ疲れた… 
昨夜は地震でたたき起こされるし、今日はこんなにも
待ち続けるしで、頭ガンガンになってしまいました~
ブログ記事もアップする元気なしです(;_;)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

>思い出せないくらい記憶の彼方

え~っ、悟郎さんももうそんなに長いこと見ていらっしゃいません?
んー東京にお住まいだからでしょうね、きっと。
全国でも最初こういう形のは姿を消したのではましかしら。
他の方のコメントにもこの形のポストの現役さんが登場します。
地域によって色々のようです。
懐かしい~と感じるということは、すなわち心に残るものだということ。
この形のポストは、味わいがあっていいですよね。

ニュースを見ていたら、もう簡易郵便局閉鎖で不便になっている方たちが
いらっしゃることが分かりました。他のことと同様「格差」が生まれて
しまいそうな予感がします(-_-;)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

観光地でご覧になったのか、はたまた名古屋や神戸の街角で
ご覧になったのか…?
私などは、この場所で見慣れているので、まだまだ「懐かしい」と
いう感覚ではなくて「普通にそこにある」という感覚です(^^)

郵便局から送られてきたパンプレットは、私もざっと見ただけです。
ざっと見て「よく分からん」と(^^;)
郵政民営化は、冠動脈では何も変化を感じられなくても、
細い毛細血管へ行けば行くほど変化や影響がありそうな気がします。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

スタートしましたねェ。
今回はあまもりさんのコメントを拝見して、私も勉強になりました。
私は論理的に考えるタイプではないので、感覚的に捉えてしまいます(^^;
郵政民営化も、具体的に何がどうというのでなく本能的な不安のような
ものを感じていました。でもどんどん推し進められて実施されちゃって…
大丈夫かしら?

この形のポスト、tonaさんの通り道にも現役のがあるのですね。
ずっと残ってくれるでしょうか。残って欲しいと思います。


◆Hiromiさん、ありがとうございます ♪

お久し振りです。ブログ記事読ませていただいていますよ(^^)

Hiromiさんのご近所にも、現役のこのタイプのポスト、ちゃんとあるんですね。
現役の「郵便差出箱1号」さんたち、これからもこの味わい深い姿で
街角に立ち続けて欲しいものです。

あはは クックもポストに負けずにいい味出してますか?


◆glennさん、ありがとうございます ♪

スタートしましたね。glennさんは早速今日いらっしゃったのですね。
いかがだったでしょう。
この前までと同じようなことしてるのに、今日からあっちとこっちは別会社
っていうのは、やっぱり変な感じだったかしら。

この形の郵便ポストは、やはり地方に行くほどまだ現役で残っている
もののようですね。ずっと残って欲しいなぁ。
そうですね!そういえばポスト形貯金箱ってよく見かけました(^^)

glennさんはあまもりさんご紹介の歌をご存知なんですね。
確かに印象的な歌詞です。今の時代にはありえないような歌詞ですが、
それが素朴でもありますね♪


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

えぇ~ そうなんですか。スイスの山の上にも「郵便差出箱1号」が!?
なわけはなくて、スイスのポストもこういう形をしている(た)
んですね。色も同じような朱色でしたか?
今もあるかどうか、またぜひいらして確かめください。(ダメ?)

試しに「スイス 郵便ポスト」で検索してみましたら、黄色の箱型のポストの写真が見られました。黄色の箱は目立つでしょうね!


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

完全復活おめでとうございます。嬉しいなぁ~(^^)
こちらこそまたよろしくお願いします。
素晴らしい写真を拝見しながらお待ちしていましたよ。
厚く雲の垂れ込めた夕方の公園以外、どこも出かけていない私、
ちょびママさんのお写真に心を洗われるようでした。

さてさて、ちょびママさんのお近くでも、この形のポストが
まだまだ現役で頑張っているんですね。
デザインを変えて機能的にするのは理解できますが、味わい深さ
といったものが抜け落ちてしまっていますよね。ただの四角は
つまんないです(^^;

不便な地域の方たちほど、郵便局はなくてはならないものだと
思いますよね。でも、競争社会の中ではそういう所のものから
廃止になっていくことが多いだけに心配です。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/01 18:10

懐かしいポスト。それにしても民営化はどれだけの意義があるのでしょうか? 小泉さんを支持した国民(私も含め)の責任でのあるので・・・本当にこれで良かったのかなぁと思う・・・なんだか不安だらけの民営化初日でした。

投稿: ロココ | 2007/10/01 22:27

いえいえ、本当にこの赤い郵便差出箱一号があるんですよ。

投稿: LiLA管理人 | 2007/10/01 22:28

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

ロココさんのお近くではもうあまりお見かけになりませんか?(^^)

民営化の意義、小泉さんなど政治家が声高に主張してた間もピンと
こなくて懐疑的でしたが、始まっちゃいました。
どうなっていくかなぁ…。心配がすべて杞憂に終わればいいのですけれど。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

またまた えぇ~っ!(・。・)
似て非なる じゃなくて そのものズバリ がですか。
びっくりです~! 友好の印?スイスの駅長さんの趣味?
想像掻き立てられます。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/02 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化:

» 郵便ポストはどこへ向かう [行政ニュースを追いかける]
ついに今日から日本郵政がスタートしました。今のところ事務的には順調な船出のようですが、メディアはどことなく批判的な雰囲気です。思えば郵政民営化というのはその時々の政治風景の中で様々な意味合いを背負わ...... [続きを読む]

受信: 2007/10/01 16:59

« カラタネオガタマに! | トップページ | ススキの季節 »