« 夏の花 モミジアオイ | トップページ | 酔芙蓉(スイフヨウ) »

2007/09/03

繊細なフリル

去年は惨めな姿のものばかりが多く目に付いた近辺のサルスベリたち。
今年はほとんどが綺麗な花を付けています。何の加減が影響したのでしょう。
 
手の届く場所で咲いている花に出会えたので、カメラを向けることができました。
遠目に見ると、枝先にユラユラと立ち上る陽炎か、はたまた淡く燃ゆる炎か
という具合に咲いている花も、こうして近くで見ると、こんなにも繊細な花だったかと
改めて気づかされます。
 
 
070731sarusuberi3
 
                  070731sarusuberi4
 
 070804sarusuberi  070804sarusuberi_sora
 
 
秋、空を背景に、丸い実が残る木のシルエットが浮かび上がる様子も
風情があってなかなかに素敵です。
 
「サルスベリ(百日紅)」:ミソハギ科・サルスベリ属 中国南部原産の落葉小高木
 
(ミソハギ科ですって!)
 

|

« 夏の花 モミジアオイ | トップページ | 酔芙蓉(スイフヨウ) »

コメント

サルスベリの花をアップで見ると、花弁もシベも大変華やかですね。
我が家の咲き終わった枝を切ったら、また新しい枝がぐんぐん延びてまた満開になりました。百日紅とはよく言ったものです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/09/03 10:12

9月になり、暑さも和らいだせいか・・・すっかり秋を意識してしまいますよね。
私も通勤の行き帰りに、各庭に咲く、サルスベリの花を楽しんでます。
結構、庭に植えているお家が多いのにびっくりです。

春の桜のピンクとは違い、
深いピンク色は秋らしいですよね・・・。

投稿: SAKURA | 2007/09/03 10:41

今年は確かにサルスベリの花は元気ですね。こっちでも一杯咲いています。
去年、サルスベリの花を写真に撮ったことあるけど、こんなに柔らかく撮ってあげることはできなかった。
撮った場所が墓地だったせいもある?関係ないですね(^_^;
その墓地は山手にあって、白とピンクのサルスベリで囲まれていました。だから夏は賑やかな墓地。もうお花も持って行かなくてもいいかなと思うぐらい。
場所は城崎。とうとう今年は行けませんでした。
来年は2年分の花を持って行かなくては。

投稿: あまもり | 2007/09/03 16:29

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

サルスベリの花は高い枝の先端に咲いていることが多くて、
なかなか間近で見た事がありませんでしたが、改めて見てみると
華やか且つ繊細でちょっとした驚きでした。
おーちゃんのお宅のサルスベリも元気いっぱいですね。
花盛りが終わったと思っても、またいっぱいに咲くのですよね。
ほんと、百日紅の名のとおりです(^^)


◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

一気に涼しくなりましたね。8月のあの暑さには参りましたが、
でもこんなふうに秋を感じさせられると、梅雨が長引いて夏らしい夏が
短かったこともあって、例年以上に寂しく感じてしまいます(^^;

SAKURA-MOCHIさんの通勤路でも咲いているのですね。
確かに、うちの近辺でも庭に植えているお宅多いですね。
真夏に次々に花を咲かせてくれる花木だからか人気高いです。
こちらでは、この写真のようなピンクのほかに、白やそれこそ桜のように
淡いピンクのものも見かけます。でも一番印象に残るのは、
やっぱりこのピンクかな。
仰るように、深みのあるピンクですね。そして深みのある色は
秋のイメージです(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

大阪でもサルスベリたち元気ですか?こんなに暑い夏だったのに(^^)
あ、大阪の場合、まだ過去形にするには早いかしら。

去年は写真を撮られただけでアップはなさらなかったのかな?
(ちゃんと覚えていられなくてごめんなさい~)
墓地で撮られたから骨っぽくなった?いやいやそんなまさか(^^;ゞ
サルスベリたちに囲まれて華やかなお墓。明るくていいですね。
夏は持って行ったお花もすぐに枯れてしまうでしょうけれど、
頭上を綺麗に彩ってくれてありがたいですね。
夏の終わりにでも…と仰っていましたが、今年はとうとう無理でしたか。
仕方ないですね。分かってくださっていますとも。
地名にとんと疎い私は「城崎」を知らなかったので調べてみました。
兵庫県の北の方の温泉で有名な街、で合っているでしょうか。
趣きありそうなところ。しっかり覚えておきます(^^)

投稿: ポージィ | 2007/09/03 18:08

サルスベリは一度もUPしてませぬ。
ほんと骨っぽく写った花でしたから(笑)
兵庫県の北の上の城崎で正解です。温泉でも有名です。
もうお墓だけしかありません。祖父の時代に城崎を引き払って北海道に移りそれから大阪にやってきたらしいです。
お墓をそのまま置いているのは祖父の意地とこだわりがあるらしい。
祖父の親戚も何軒かありますが、私にとって見知らぬ人ばかりになりました。
できたらお墓を大阪に移したいんですが、そうもいかなくて・・・。

投稿: あまもり | 2007/09/03 19:06

コメントはしてませんが(汗々)
ここのところ ピンク系のお花が多いなぁ♪と
乙女チックな気分にさせてもらってるmikiです(^^)
それと、、、
暑さに耐えられず 散歩中も花を見る余裕もなかったので
あっ 今はこんな花が咲いてるんだと
ポージィさんに教えてもらってます

フリルって女の子の憧れですよね
子供の頃 襟に薄いピンクのフリルのついたブラウスを
買ってもらったことを思い出しました
似合わない と気付くのは そんな先ではなかったような。。(^_^;

投稿: miki | 2007/09/03 20:32

ポージィさんもそうですか!
僕も今年は、良いものに出逢えました。

しかし、綺麗なピンクですね。
最近の撮影ですか?

投稿: noodles3 | 2007/09/03 20:52

こんばんは
サルスベリ今、真っ盛りですね。
私の好きなピンク、濃いピンク、白とありますが、
我が家にはうすいピンクがありました。
ツルツルの木
お花は本当にフリルですね。
子供のころはおままごとでお赤飯に
していたのを思い出します。

フリルと聞きまして押したら、どんな風になるのかな?
サルスベリを押すなんて思いつきませんでしたが、
押してみたいです。
少しお休みしていますが、いつも拝見させていただいています。

投稿: あやや | 2007/09/03 21:37

◆あまもりさん、ご再訪ありがとうございます ♪

サルスベリはアップしていらっしゃいませんでしたか~。
ぃ…本当に骨っぽく?(^。^; 花の状態が悪いとそんな姿になるのかも。

探し当てた城崎で当たりでしたね。あまもりさんは確か生まれも育ちも大阪。
2代前のお祖父さまは、思い切った大移動をなさったのですね。
そのお祖父さまが、お墓は移されなかったということのひとつには、
故郷への思いもおありだったのでしょうね。
夫の父方の、お寺とお墓が三重にあるのと似てるかな。
その地にはもう誰も住んでいないのに、法事はそこで行われます。
今、お墓を見ているのは山口の義父母。遠いですよ~~神奈川からも遠い。
しかも子供がいない私達夫婦がいなくなったら無縁墓に…。
義父の母方のある親戚は、やはり三重にお墓があったのですが、
ずっと鎌倉住まいで、何年か前にお墓を鎌倉に移されたようです。
人それぞれの事情がありますよね。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ん? あー そう言われてみればピンク多いですね(^^)
本人気付いていませんでした。
明日アップしようかな~と思っていたのもピンクです。
そのピンクはかな~り好きなタイプのピンクで、しかもフリルへの
乙女心も満たしてくれるような花形ですよ。ご覧になってね。

私もあまりブリブリしたのは好きじゃないのですが、ちょこっとフリルや
シンプルなレース使いがしてあったり、小さなリボンが付いていたり、
といったの結構好きなんですよ。乙女心、この年になっても刺激されてます。
でも!真っ黒に日焼けして短い前髪のおかっぱ頭していたガキに
フリルの襟のブラウスは全くぜんっぜん似合ってませんでした。
私の場合は透け感のある生地の黄色に小さな白い水玉のブラウスでした。
欲しいと言って買ってもらったような気がしますが、鏡を見た事
なかったのですね、きっと。親はどんな思いだったろう…(恥;)

mikiさんの場合は、似合ったんじゃないかって気がするんですけどねぇ…


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

はい、おかげさまで!(^^)
去年の花が状態のよくないものばかりだったので、
今年のサルスベリたちはことのほか輝いて見えます。

このピンク、深みの感じられるなかなかよいピンクですね。
撮ったのは7月の終わり(上2枚)と8月の初め(下2枚)ですが、
今もまだほとんど変わらない様子で咲き誇っています。
 

投稿: ポージィ | 2007/09/03 21:39

◆あややさん、ありがとうございます ♪

サルスベリ、今年はほとんどが元気に咲き誇っています。
まだしばらくは楽しませてもらえますね。
あややさんのご実家に植えておありだったのですね。
薄いピンクも優しい雰囲気でステキです。
お赤飯代わりになりましたか。わぁ可愛い(^^)♪
お洒落なお赤飯ですね。

押し花にしたらどうなるのか… 私には見当もつきませんが、
機会がありましたら、お試しになってみてください。
このフリルが吉とでますか凶とでますか。

いつも見てくださってありがとうございます。
あややさんのところも、再開に備えてチェックは怠りなく
させていただいてます(^.^)
 

投稿: ポージィ | 2007/09/03 21:46

今年のサルスベリたちは、どこで見ても元気です。
昨年が、余程おかしかったんだろうと思われます。
樹上で咲いてると、サルスベリの繊細さには気付きませんよね。
固まりにしか見えませんから。
この繊細さと、1個の花の意外な大きさに、改めて感心してしまいます。

マイリビングのサルスベリの森?、ここにきて、尚一層華やかさを増してます~~

>(ミソハギ科ですって!)

驚きですよね(笑)。

投稿: goro's | 2007/09/04 01:00

一枚の花びらだけでも一つの花に見えてしまうほど、細かいフリルが繊細で豪華ですね〜。(しかも花びらの付け根の細いこと!)
サルスベリは大好きなんですけど、言われてみれば確かに今年はいつも以上に目に付くような気がします。
それだけ見事に咲いているんでしょうね。(^o^)

私も、あんな大きな木が草本のミソハギと同じ科なのには驚きました。
調べてみたらクフェアもそうだったんですが、クシュクシュっとした花びらに面影がありますね。

投稿: nanbu | 2007/09/04 08:46

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

去年、なんだかなぁ~という姿のサルスベリが多かっただけに、
今年の元気のよさは嬉しいですね。悟郎さんとっておきの、
サルスベリの森の花たちもまだまだ咲き誇っているようですね。

そうなんです。樹上で咲いているのはモコモコした塊にしか
見えなくて…(^^; たまに間近で見ることが出来ると
こんな風になっていたんだぁ!という驚きとともに、
繊細さや大きさに改めて感動しちゃいます。

ミソハギ科に反応してくださいましたね~(^.^)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

nanbuさんにとって大好きな花でしたか(^^)
華やかなのに実はすごく繊細。花びらの付け根の細さは
驚き桃の木です。こんなに繊細な花が、よくぞ真夏のギンギラギン
太陽の下で元気に咲けるものだと、そのことも驚きですよね。
ご近所でもやっぱり元気に咲いているものが多いのですね。
今年はサルスベリの当たり年♪

クフェアもミソハギ科でしたか。
私の思い描くクフェアはタバコソウの方だったので、ちょっと検索して
見てみました。ヒソピフォリアという品種は、ミソハギの花と似てますね。
花びらにシワもあって、その点はサルスベリの花と共通点あり、かな~。
 

投稿: ポージィ | 2007/09/04 10:08

こんにちはっ。
夾竹桃、百日紅、蝉の声…
「見たり聞いたりすると汗が出る仲間」
私の中では、そうなんですけど^^;

百日紅も夾竹桃も高い所に咲きますよね、なので
近寄ってみたことがありませんでした。
フリルみたいな花だったんですねぇ。

ここを拝見するまで気づきませんでしたが、たしかに
今年は百日紅が目につきました。
暑いせいだと思ってました(^^)

投稿: poponta | 2007/09/05 11:13

◆popontaさん、ありgとうございます ♪

こんにちは(^^)
百日紅は「見たり聞いたりすると汗が出る仲間」のひとつですか。
それくらい「夏」=「暑い!」としっかり結びついていらっしゃるのですね。

高いところに咲く花はなかなか間近で見られなくて。
私も、百日紅の花を初めて間近で見た時は、こんなにも繊細で美しかったの?
とその意外な姿に驚きました。ピンクだとちょっと暑苦しいですけど、
これが白だと、エレガントですごくステキなんですよ~♪

今年の百日紅たちは、その繊細な花姿とは裏腹に、暑い夏をしっかり
謳歌していたようです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2007/09/05 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16231370

この記事へのトラックバック一覧です: 繊細なフリル:

« 夏の花 モミジアオイ | トップページ | 酔芙蓉(スイフヨウ) »