« ほうっておくと… | トップページ | カリン3兄弟 »

2007/10/11

金木犀の便り 2007

 ブログを始めてから3年余り、毎年のように載せてきた金木犀。
 今年は香りを楽しむだけで記事にするのはやめようかな…とも思いましたが、
 『やっぱり大好きな金木犀なんだもの、アップしなくっちゃ!』ということで、
 ご近所で撮らせていただいてきました(10/10)。
 
 暗い曇り空でピントが甘くなりましたが、今年はポップアップ・ウィンドウで
 少し大きめの写真を見てやってください。写真の腕は一向に上達していませんが…
                              (写真をクリックしてください)
   071010kinnmokusei1_3 071010kinnmokusei2_2
 
   071010kinnmokusei3_2 071010kinnmokusei4_2
 
 
 わが家の近くでは、今年は10/6に香り始めました。夕方クックの散歩で
 歩いたとき、辺りの空気にほんのり甘さが混じっていることに気がつき、
 近くの畑の金木犀を確認すると、微かに蕾が開き始めたところでした。
 
 咲き始めたばかりのまさにその日、あなたの便り、確かに受け取りました。
   *** 今年もありがとう。***
 
 ちなみに、2005年は10/5に、2006年は9/21に最初の便りを受け取りました。
   こちら('05)こちら('06)です。
 よろしかったら、過去記事も懐かしんでやってください。2005年の記事からは
 さらに2004年の記事へとリンクしてあります。金木犀が大好きになったわけを
 知っていただけるかもしれません(^^)
  

|

« ほうっておくと… | トップページ | カリン3兄弟 »

コメント

写真をみただけで,甘い香りが漂ってきました.沈丁花やクチナシのように,どこからともなく漂って来る香りに季節を感じる花ですよね.こんな木々がある日本が懐かしいです.

投稿: LiLA管理人 | 2007/10/11 12:35

こちらでも今がさかりです。
むせ返るような香りの中を自転車通勤してます♪

投稿: koko | 2007/10/11 12:45

過去の記事を遡って、ポージィさんがなぜ金木犀に思い入れがあるのか納得。
ポージィさんの2代目の記念植樹だったんですね。
子供のために植樹するなんて優しいご両親だったのですね。
ポージィさんの植物への深い知識は子供の頃から培われていたとこれまた納得。
満開の金木犀ですね。
金木犀は、一つ咲き始めると見る間にパーッと広がるとか。
私も金木犀のほのかな香りは好きですが、うちの近くには余り金木犀がありませぬ。

投稿: あまもり | 2007/10/11 13:13

私が気づいたのは7日だったんですけど、今年は6日から香り始めてたんですね。
リンクを辿って去年、一昨年と、その年々のことを思い出しました。
(こうして書き記してあると、やっぱりいいですね)
去年は二度咲きしたくらい花付きが良かったので、それに比べて今年は少なめかな?と思ってたんですが。ポージィさんのご近所は見事に咲いてますね!
ディスプレイのキンモクセイを見ている今も、窓から香りが漂ってきて。ちょっと不思議な気分です。(^^)

投稿: nanbu | 2007/10/11 15:24

そうですか。今年は遅めかなと思っていましたが、これで拝見すると昨年が異常に早かったのですね。
香り始めた日をちゃんと記録しておられるので、さすがです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/10/11 17:16

◆Lila管理人さん、ありがとうございます ♪

金木犀の香りはLiLA管理人さんの記憶の中にも
しっかりと息づいていますね。
真っ先に香りで、開花と季節の到来を知らせてくれるこれらの花には、
視覚に飛び込んでくる花たちとはひと味違う魅力を感じます。
そっと呼びかけられているような…
これらの花の咲く季節は、少しばかり日本が恋しくなられますか。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

kokoさんの方では、もうちょっと早く香り始めたのですよね。
今真っ盛りですか。濃厚に漂う香りの中を自転車通勤、秋満喫ですね。
空気の流れによって香りもある場所ではうんと濃かったり、
またある場所ではふっと薄れたりしているでしょうね。
香りに色があったら、煙がたなびいているように見えるのかな、
とそんなことを想像しました。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

2004年まで遡ってくださったのですね。
まだあまもりさんとお会いする前の私を半ば強引にお見せして
しまいました(^^;ゞ
私が子供の頃…植物に関心が深かったのは母の方でした。
父も晩年に近づくにつれどんどん関心が強くなっていきましたけれど。
記念植樹は多分母の考えだったんじゃないかな~
2代目の金木犀は、すでに庭に植えられていたものでしたが、
母がこれにしようと言って、私も異存無く「いいよ」と(笑)
今は無人となった実家ですが、兄によると今年も咲いたそうです。

あまもりさんのご近所には金木犀あまりないのですか?
一歩玄関をでたらふわ~と漂ってくるくらいのところにあるといいのに。
咲いている場所までわざわざ遠回りしたくなったりはされません?(^^)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

6日の香りは明らかにというより『ん、もしかして??』という程度で、
はっきりと空気が甘くなったのはこちらでも翌7日からでしたよ。
nanbuさんも過去を遡ってくださったのですね。私にとって、
「ブログとnanbuさんと金木犀」もとても強いつながりをもつものです(^^)

うちの近所の金木犀たち、今年はどの木も花付きすこぶるいいようですヨ。
バツバツに切られたものですら、残った枝にびっしり咲かせています。
おかげで、散歩で歩きながらいたるところで胸いっぱいに甘い香りを
吸い込んではニヤついています。(見られていませんように…)

あ、nanbuさんのお宅の窓からも香りが入ってきていたんですね。
ディスプレイの金木犀が香りを放っているような錯覚を起こしそう(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

去年はたしか9月に入って間もない頃、ガクーンと寒くなったのだったと
思います。それで金木犀の最初の開花もかなり早まったのですよね。
…と、私も自分がちゃんとそう覚えていたわけではなく、去年の記事を
改めて見て、そういえばそうだったと思い出したのですが(^^;ゞ
今年はアップを見合わせようかどうしようかと少し迷ったのですが、
やっぱり来年以降も鼻のアンテナを鋭くしておいて、香り初めを
記録しておいたほうが良さそうですね。
後から記憶をたどるいい道標になりそうです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2007/10/11 18:18

過去の記事も見させてもらいました
ご家族との思い出が この樹にはあったのですね
私までほのぼのとした気分にさせてもらいましたよ(^_^)

で、私も去年アップしたよなぁ。。と
過去を遡ってみたら10月12日でした
(書き記しておくと いい←nanbuさんの意見に同感(^^)v)
昨日 散歩に出る時に 一瞬香りがしたので見てみたんですが
まだ開花まではいってません
こちらは去年以上に遅いようです
「好きな香り」なので こんもり咲いたらアップしよ~っと♪


投稿: miki | 2007/10/11 19:27

東京などに行っていていろいろがお留守になっていました庭をみるのも、
今チラリと見えたところわが庭にも金木犀が咲いているみたい(笑)
のんきもの、明日よく見てきます。
いつ咲いたのか解らないうちに~です。
でも咲いているので香りをたのしんできて、と、ブログにはどうしょうかな、など今考えながら…
急に刺激が強すぎたのかボーとしているのですよ(笑)

投稿: | 2007/10/11 20:03

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

過去記事まで遡って読んでくださってありがとうございます。
花や香りが好きなことと思い出とがあわさって、私の中でいっそう
特別な木になったようです(^^)

mikiさんのお宅の金木犀、そうそう、去年もまだ咲かないと
仰っていたんでしたね。やっぱりこちらより遅くなりそうですね。
去年より遅くなるのかしら。そちらがずーっと気温が高いからなのか?
金木犀の開花は気温や日長などの何によって決まるのでしょうね。

こんもり咲いたら、ぜひアップなさってくださいね。記録のためにも!


◆玲さん、ありがとうございます ♪

東京へいらして留守をされている間に、お庭の金木犀も
咲き始めていましたか。お帰りを待ちきれなかったのですね(^^)
満開の盛りになったらお庭中が甘く香るのでしょうか。
う~ん 素適だなぁ… 私は金木犀の香りが大好きなので
そういうのに憧れてしまいます。
‘万が一’広~い土地に住むことがあったら、金木犀をデンと植えて、
自然のまま生長させて大きな木にさせてみたいです。

うふ 東京での講座の刺激はかなり強かったですか?
遠いですし、ちょっとお疲れになったのでしょうね。
まずはゆっくりたっぷり睡眠をおとりください。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/11 21:31

いろんな地方の方のブログを拝見していますが、キンモクセイはほぼ同じ頃開花するんですね。ロココも7日にUPしましたので、今は満開状態です。

投稿: ロココ | 2007/10/11 22:11

キンモクセイってまだツボミの頃から香りますよね~
今年、それを知ってすごい!って大発見したような気になってます。
え?皆さんご存知なのかな?
それともつぼみだと思ってるだけで、幾つか開花した花があったのかしらん?
キンモクセイの香りは秋を感じて、秋はいろんな事考えて、ポージィさんがちょいとおセンチになるのも分かりますよ~
先日ちょびと散歩してると「キンモクセイ、臭い臭い!」って言ってる親子がいました。
ご丁寧に母親は鼻までつまんで。。。
子供も真似して笑いながら「くちゃいくちゃい!」って。。。
人それぞれだから香りが苦手だとしても、もっと他に言いようがあるでしょうに。
日本語にはいろんな言い回しがあるのに。
キンモクセイが可哀想でした。
そしてキンモクセイは臭いとすりこまれる子供さんも可哀想。

投稿: ちょびママ | 2007/10/12 00:23

こういう季節ネタは、毎年アップしましょうよ。
毎年の積み重ねが、一級の資料になるんですから。

この木ですね、ポージィ家の中にまで香りを運んでくれるキンモクセイは。
立派ですよね。

ポージィさんとキンモクセイとの関係、よくわかりました。
キンモクセイは、ポージィさんそのものと言ってもいいんですね。
でもいいな、記念樹が2本もあるなんて。
お母さまの心遣いが、嬉しいですね。

投稿: goro's | 2007/10/12 03:58

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

桜など咲く時期にずいぶん差があるものもあれば、彼岸花や金木犀の
ように、ほとんど変わらない時期に咲くものもあって、面白いですね。
ロココさんのところでも満開ですか?こちらもあちこちで満開です。
もうしばらく楽しませて~と願っています(^^)


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ちょびママさんが香りに気付かれたときは、まだ蕾に見えたんですね。
私は開き始めたほんの微かな隙間から香りがあふれ出てきているのかな
って思いましたが、もしかしたら今すぐにでも咲けそうに成熟した蕾からは
香りが滲み出ているのかもしれませんね~(^^)

金木犀の花が終わってしまうと秋は一気に深まっていき、私のセンチ気分にも
拍車がかかるので、もうしばらく香っていてねーと願っているところです。

えぇ~っ「臭い臭い」って鼻までつまんでですか?
香りにすごく敏感な方がいるのも確かですが、言い様がありますよね。
「くさい」という認識は、成長していく上でだんだん培われていく
ものなんだそうですよ。生まれたままの無垢なときは嗅ぎ分けはできても
いいにおい、くさいにおい、という分け方はしていないのだとか。
このお子さんは、もしかすると金木犀の香りのようなにおいは「くさい」と
インプットされてしまうのかしら。そんなの悲しいなぁ…


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうですね。せっかくですもの、こいうのは毎年アップしていきましょう(^^)
記憶は曖昧になってしまうものですが、記録は変わらないですものね。
記憶を甦らせてくれるよすがにもなってくれますし。

アハッ 当たりです~。窓から出てフェンスを乗り越えて撮ってきました。
うちが越してきて半年後くらいに建ったお宅で、わが家の日照が悪く
なった原因ともなっているんですけどね、でもこういう楽しみも
いただいているのですから、悪いことばかりじゃありません(^^;)

過去記事を遡って読んでくださってありがとうございます。
金木犀は私そのもの?わぁ…そこまで言っていただいちゃ、金木犀が
かわいそうな気もしますが、でも嬉しいです。
母とは、大人になってから色々と話をしたかったと時々思います。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/12 10:00

僕の今年のキンモクセイとの出逢いは、京都でした。
出かけるときは神奈川も東京も咲いていなかったので、感激でした。
京都の何処を歩いても、キンモクセイが香る心地よい旅となりました〜♪

投稿: noodles3 | 2007/10/12 15:13

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あら…京都が今年最初の金木犀の花との出会いでいらしたとは。
ということはこの前の3連休辺りに行かれたのですか?
金木犀の香り漂う京都。雅ですねぇ、風流ですねぇ。
いい具合にタイミングが合われてよかったですね♪

投稿: ポージィ | 2007/10/12 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16719210

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀の便り 2007:

« ほうっておくと… | トップページ | カリン3兄弟 »