« ススキの季節 | トップページ | ゲンノショウコ 2007 »

2007/10/03

田んぼの畦で

8月の終わりの少し涼しかった日に、随分久し振りに田んぼへと足を向けました。
その頃はまだ稲穂はグリーンの色味が残り、黄金色になるのはもう少し先といった
加減。田の上を吹き渡る風が気持ちよかったのを思い出します。
田んぼの畦にはたくさんの野草たちが生えていましたが、今年は茎が太く逞しく
育った「スベリヒユ」と「タカサブロウ」がやけにたくさん目に付きました。
 
070831takasaburou1 070831takasaburou2_up
 
「タカサブロウ」は、去年はほとんど見かけなかったのに、今年は爆発的に殖えて
いてびっくりしました。種がたくさんできるからかなぁ…
 
ただの「タカサブロウ」なのか「アメリカタカサブロウ」なのか、その辺の区別は
私にはちょっと無理かな。でもタカサブロウさんには間違いありません。
        (去年はこんな記事を書いています→こちらを見てね)
 
070831cook_yokogao1
 
 
 
 
  このときのクックの横顔
 
  なぜか厳し~いお顔ですな
 
 
 
 
 
追記:昨日10/2、また田んぼへ行ってみたところ…
    一部で稲刈りが始まり、黄金色に稔った稲穂の海の中にチラホラはさがけに
    された稲も見受けられました。畦の野草たちは、8月末に山ほど見た
    タカサブロウは花が小さく少なくなり、変わってイネ科のいろんな種類のものが
    たくさん稔りの時を迎え、地面に種をざらざらとこぼしていました。
    アメリカセンダングサも咲き始め、セイタカアワダチソウも蕾を付け今にも
    咲きそうな様子。
    季節はひと月の間にすっかり移っていたのでした…
  

|

« ススキの季節 | トップページ | ゲンノショウコ 2007 »

コメント

タカサブロウが昨年より増えていましたか。
私も今年はたくさん見ましたが、昨年に気がついていなかっただけだと思っていました。
そのうち種を見に行ってきます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/10/03 09:42

タカサブロウってネーミングが素敵でしょ。
ブログで知って探そうと思ったけど見かけません。
と言っても目が血走るほどは探してないのですが・・・笑)
ポージィさんのお写真で我慢します。
クックちゃんは暑いより今の気候がいいのですか?
厳しい表情は暑かったせい?

投稿: 池田姫 | 2007/10/03 10:49

葉の広さから、在来種かも知れませんね。
決定打は種子で判断するみたいですね。

僕の撮ったのは、寺の境内の水路の中だったのでズームでしか撮れませんでした。
ポージィさんのは、花の様子が良く撮れていますね〜♪

投稿: noodles3 | 2007/10/03 11:44

ポージィさんのブログを拝見すると、道端の草花に目を向ける余裕もない自分の生活がちょっぴり悲しくなったりします。タカサブロウくんは近所に存在しているのかどうか・・・。去年も探そうと思って、思っただけで終わったような。
クックちゃん。
厳しいお顔?犬も表情がゆたかですよね。
写真にはなかなか収められませんが。

投稿: koko | 2007/10/03 12:08

ポージィさん こんにちは!

タカサブロウさんの名前の由来、わからぬまま一年が過ぎてしまいましたね~
kokoさんも書いてらっしゃいますが、私も道端の花に目をむけるような
心の余裕がなくて、毎日あたふたしています
普通の写真すら撮れません!!

クックちゃんの写真を拝見するたびに美しい毛並み!と思います
猫はポーカーフェイスのときが多いですが、犬は表情が豊かなんですね~

投稿: glenn | 2007/10/03 12:41

タカサブロウはほんとインパクトのある名前。
まだ見たことないんですよ。
田んぼの畦道によく生えるということは湿地好みなんでしょうか。
河原にもあってもよさそうなのに。
こちらも9月の末から一気に秋が来ました。
今が一番過ごしやすいでしょうか。でもまだ昼間は半袖で充分です。
でも関東方面は随分気温が低いようですね。雨の日も多そうで。
ある方から寝る時に電気毛布を引っ張り出したという話を聞き卒倒しそうなぐらいびっくりしました。
クックちゃん、ゴールデンレトリバーに見えますよ。
(写真じゃ大きさが分からない)
視線の先に何か気になるものがあったのかなぁ。
それとも、いつまで写真を撮ってるの!
と、ふてくされているのかなぁ(^_^;

投稿: あまもり | 2007/10/03 13:09

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんも今年はたくさんお見かけになりましたか。
私は、去年は田んぼの近辺でこの小さな白い花をみた覚えがない
のですけれど、今年これだけ目に付いたのですから、去年もなかった
はずはないですよね。でもやっぱり殖えたんじゃないかと思います。
種はたっくさんできますものね(^^;)
種類は種で見分けるのがいいようですね。おーちゃんに期待してしまいます~
(こらこら、自分でやる気はないんかい ^^;)


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ほんとユニークな名前です。なぜ他の名前じゃなくて「高三郎」だったのか、
去年も首をかしげたのですが、これだという理由は思いつきませんでした。
池田姫さんはお見かけになりませんか?
そのうち向こうから目に飛び込んでくるかもしれませんね。

クックは暑いのも寒いのも苦手。今ぐらいがいいみたいですよ。
でも、季節の変わり目で安定しないのは負担になるんですって。
この時の厳しい顔は、多分「まだかよぉ~チッ!」てとこかと…(^^;


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

葉は細く見えましたね~確かに。湿ったところに生えていましたし、
タカサブロウさんの可能性の方が高いかもしれません。
種での見分け方は、私も去年ネット上で見つけましたが、
いざ種が熟したものをチラと見たら採取してくる気が失せた覚えがあります。
理由の記憶は霞んでいて…苦手な状態(うじゃうじゃとか)だったのかな?

noodlesさんのズームで撮られたものでしたか。十分綺麗でしたが、
最接近で撮られたら、また違う表情が見られるかもしれませんね。
私のは、お褒めいただきましたが花の白色がとんでしまってます(^^;)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

街中ではなかなか道端の草も限られていますものね。
こゆちんのお散歩のときにも見かけるものは少ないのではないですか?
お忙しい時間を縫ってのことですし。
でもきっと無意識下では見ていらっしゃいますよ。
ただタカサブロウはお近くでは見られないかも。田んぼ付近なら
ひょっとしたら…

ワンコの表情は豊かですね。一緒に暮らしていると微妙な変化も
見えるようになるのでことさらそう感じるのかな?
子供のときからワンコもニャンコも飼ったことがありますけど、
どちらかというとワンコの方がより豊かだったような気がします。
写真にはなかなか撮れませんね~。記憶に刻み付けておかなくっちゃ(^^)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
ね~、去年どうして他ならぬ「高三郎」なんだろう??と不思議に
思ったものの、そのまま未解決であっという間に1年たちました。

glennさんもお忙しいですもの。なかなか道端の花にじっくり視線を
とめてはいらっしゃれませんよね。私は申し訳ないくらい、のんびり
楽させてもらっているので。
でも、あんなに素敵な写真をお撮りになるglennさん、見ていらっ
しゃらないようでいて、実は心の目ではきっと捉えていらっしゃると思います。

クックの毛並みをお褒めいただいてありがとうございます。
これがロングコートの魅力かもしれませんね。
子供の頃から犬も猫も両方飼いましたが、確かに犬の表情のほうが
より豊かな気がします。そうそう、ニャンコはポーカーフェイスですね。
それでも、一緒に暮らしていると色んな表情が見えてくるのが面白いです。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ほんと!一度見聞きしたら、簡単に忘れられない名前ですよね。
忘れるのが大得意の私もいっぺんで覚えられました~
まだご覧になったことないですか。私も去年が最初の出会いでしたから…
普段の生活圏にはなくても、もしかすると田んぼの近くにはあるかも。
って、その田んぼが無いかしら(^^;)
在来種は湿り気のあるところによく生えるという記述をみた覚えがありますが、
アメリカタカサブロウのほうは、乾いた場所にも見られるとも。
そのうち、あまもりさんのエリアでもわんさか目に付くようになることが
あるかもしれませんよ~。

関東の気温はこのところちょっと下がりすぎです。空は厚い雲に覆われ
土日は雨模様でしたし。日曜はちょっと薄着(薄物の長袖2枚重ね)して
いたら冷え切って寒くて寒くて、毛糸のカーディガン引きずり出して
着ていました。電気毛布までは行きませんでしたが(^^)
薄物の長袖1枚でいられて日向だけちょっと暑いから腕まくり、そのくらいの
気温が私の理想です。でもそういう日ってほんと少ないです(;_;)

クックがゴールデンに? ワォ(・。・)
たしかに毛色はそっくり。写真だと大きさ分からないですもんね。
この表情の理由は、あまもりさんのご推察の後者の方だと思われます~
 

投稿: ポージィ | 2007/10/03 18:03

みなさんのコメントを読まずに
冗談で 「高三郎」って書いたりしてぇ(^o^)
って書こうと思ったら本当にそうですか!(・o・)
でも由来はわからないんですね、、面白いなぁ。。
試しに検索してみたら
「高三郎山」ってのは見つかりました(^^)

それにしてもクックちゃん
その視線の先には何があったのかなぁ♪

投稿: miki | 2007/10/03 21:39

ユニークな名前ですよね、タカサブロウって。
名前など知らない子供の頃からよく見かけていた花ですが、こちらでは滅多に見かけません。
湿地が少ないからでしょうか。
時折、ポツリと生えております。
撮影はしたのですが、成果の程が芳しくないので、goro's Diary での紹介は、今年も無しになりそうです(汗)。

ほんとだ、クックくんの顔、険しいですね。
何にガン付けているんでしょうかね(笑)。

投稿: goro's | 2007/10/04 03:37

>なぜか厳し〜いお顔ですな
↑あは♪ でも、このキャプションで楽しい写真になりましたね。(^^)

「高三郎」さんの記事、感覚的にはまだ半年くらい前のような気がしてたんですが。
もう一年経っちゃったんですね!(・o・)
(今年の残りも三ヶ月を切ったなんて、月日が経つのは早いですね〜)
昨日まではぐずついて肌寒い天気が続いてましたけど。
今日は晴れて暖かくなりそうですね!

投稿: nanbu | 2007/10/04 08:47

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

mikiさん、どんぴしゃりでしたね(^^)
なんで人名が、それもなぜ高三郎と付けられたのか、
不思議で面白いです~ あら、山にも高三郎さんがいるんですね。
いまでこそ見かけない名前ですけど、かってはとってもメジャーな
名前だった時代があるのかな。

クックの視線の先には…青々とした稲穂の海が広がっていただけ
だと思うんですけどね。そっぽ向きながら「はよせぇ!」って
念じていたのかもしれません(^^;)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうそう、悟郎さんはタカサブロウさんたちとは幼馴染でいらっしゃる
んでしたね。ほんと、何度見てもユニークな名前(^^)
今の環境では相変わらずほとんどお見かけになりませんか。
そうですねぇ、田んぼなどの湿った環境の方が好きということですから。
今後たくさん見かけるようになったら、アメリカさんのほうかもしれませんね。

ね~全然「愛玩犬」の顔じゃありませんよね。まぁ、クックは性格も
決して愛玩犬じゃありませんけれど(^^;)
なるほどガンつけてる?もしかして目線の先にはカラスでもいたんでしょうか。
それとも目線はあっち向きながら思念波のガンを私に飛ばしていたの
かもしれません。こわ~


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

エヘ キャプションで厳しさが緩和されたでしょうかぁ(^^;ゞ

そうなんですよぉ。もう去年の高三郎山発見から1年経ってしまって、
今年も3ヶ月を切ってしまったなんて。
年々早く感じるようになっていくのが怖いです。

今日は久し振りに朝から青い空がのぞいて日も差してますね。
お天気に気分も引きずられていましたから、ホッとしました(^^)
それにやっぱりこのくらいは気温がなくっちゃ。
せめて2~3日続いて欲しいですけど、そうはいかない?
 

投稿: ポージィ | 2007/10/04 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16522529

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼの畦で:

« ススキの季節 | トップページ | ゲンノショウコ 2007 »