« 冬珊瑚 | トップページ | ミズヒキは紅白水引 »

2007/10/17

ママコノシリヌグイ

茎のトゲトゲは結構きつくて、うっかりすると引っかき傷ができますけれど、
花はこんなにこんなに可愛いんです。こんな名前を付けなくたってね。
ずいぶん見慣れたとはいえ、それでもやっぱりこの名前は嫌だなぁ…(><)
 
ま、名前はともかく!可愛いこの植物に今年も出会えて幸せでした。
去年見られなかった咲いてる姿も見られました(^^) 去年の記事はこちらです。
(写真クリックでポップアップ・ウィンドウが開き、大きめ写真をご覧いただけます)
 
 071002mamakonosirinugui1_2 071002mamakonosirinugui2_2 071002mamakonosirinugui4_2 071002mamakonosirinugui_ha_2
 
 071002mamakonosirinugui_up_2 ←最後は、花の部分をトリミングでアップにしてみました。
 
 
この子達は、近くの川の堤防沿いに咲いていたのですが、今年は去年より数が
少なくなってしまったように感じました。少なくなったといえば、ここ数年毎年目を
楽しませてくれていたコスモスたちも激減でほとんど見られません。
暑さに強いキバナコスモスですら…。どうしちゃったんだろうと、がっかりしています。
代わって去年以上に目立つのがクズの葉。
上段・左から3枚目の写真の背景に写っている葉はみんなクズの葉です。
 
「ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)」:タデ科・イヌタデ属  別名「トゲソバ」
 
下向きにびっしりと生えている鋭いトゲトゲは、周りの植物に引っ掛け寄りかかり
伸びていくためのものだそうです。
            

|

« 冬珊瑚 | トップページ | ミズヒキは紅白水引 »

コメント

最近めっきり寒くなってきたので,早朝のトイレにはやはり日本の高度技術の結晶であるハイテク便座を利用したい所です.あたたかいので,つい長居してしまうのが難点です.子供たちも言っています.

「ママ,この尻,温い」


ごめんなさいごめんなさいごめんなさい.....

投稿: LiLA管理人 | 2007/10/17 12:04

プフッ
LiLA管理人さんのコメントを読んで笑ってしまって・・・
はい、心落ち着けて・・・と。
こうしてまじまじと見せていただくと、ママコノシリヌグイはミゾソバとそっくりさん。
違うところはトゲの鋭さ。ミゾソバはもっと遠慮深く尖ってなくて優しい(?)。
もう花はそっくりで見分けがつかない。
でもまだこれくらいの開花なんですか。奥手ですね(^_^;)
今年もこのママコさんには出会えなかったです。
大阪にはママハハは居ないのかも~(なんてね)。
しっかし、ママコノシリヌグイ、名前が長い上にとても書きづらい。
ヘクソカズラのほうがまだ増しだと思えるほどヒドい。

投稿: あまもり | 2007/10/17 13:20

LiLA管理人さん、ナイスです!
座布団3枚!!

こちらはね、ママコノシリヌグイ、例年になく多いです。
何故か今年クズがいつもより勢いがなかったもので余計目立つのかもしれません。
ピント合わせにくい花ですよね。
私も粘ったけど薮蚊に噛まれまくって痛い思いに耐え切れず退散。
ピンボケ写真ばっかだったので今年は見るだけにします。
お花はとっても可愛いですよね。

投稿: ちょびママ | 2007/10/17 15:52

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ブハハハハ… あぁ~もぉ~~ LiLA管理人さんたら。
しばらくぶりですよ、こんなに笑ったの。涙出ましたもん(^o^)

『うん、そうよね。アメリカじゃウォーム便座もウォシュレットも
 イマイチ普及しないって言うものね。 で…何で?』とクソ真面目に
読み進んでいたところで「ママ,この尻,温い」に吹き出し
ごめんなさい連発に発作がおきました。
 
お見事です!! ヽ(^^)/


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

LiLA管理人さんのコメントには爆笑してしまいました。

私も心を落ち着けて、と…(^^)
ほんとママコさんとミゾソバさんの花は、ソックリさんですね。
私も花だけ見たら見分けられる自信は全然ありません。
葉っぱを見てなんとかやっとですよ。棘の鋭さもちょっと違うんですね。
この写真を撮ったのは10/2で、10/15にまた見たらもう茶色っぽく
なっていました。今年は咲いているところを見られたけれど一つの
塊に1つか2つ。全部が咲いているところには会ったことがないのです。
私が行く時間帯が悪いのかもしれません。
あまもりさんはミゾソバとアキノウナギツカミにはお会いになっているのに、
ママコさんとはまだなんですね。大阪の母さま達は情が厚くて、血縁
云々に関係なくママハハはいないんですよ、きっと(^^)

ですよね!長くて連呼するのが嫌な名前なので、ママコさんと書かせて
いただきました~


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

LiLA管理人さんナイスですよね。ツボにはまって笑いこけちゃいました(^^)

おや、ちょびママさんのご近所では、うちのほうと逆に増えましたか!
クズの勢いも逆とは気候の違いのせいかしら…??
ほんと可愛い花で、鋭いトゲのことをつい忘れて手を出してしまいます。
でも小さいし風ですぐ揺れるし、ピントは合わせにくいですね。
私の場合、珍しくシャッター押した瞬間風が止んでくれたのと、
堤防の柵にカメラを押し付けていたのでピント合ったのが撮れました~
いつものごとく片手撮りだったのにもかかわらずラッキーでした。
ちょびママさんは蚊に刺されまくるという犠牲を払われたのに残念。
来年またきっと、いいチャンスが巡ってきますよ。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/17 18:09

ママ,この尻,温い は今年の対象ですね。素晴らしい。
我が家から歩いて1分のところのママコノシリヌグイもクズやカナムグラと一緒にいます。
可愛い花と、それに似ない鋭いトゲがはっきり撮れましたね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/10/17 21:40

LiLA管理人のコメントには、爆笑です。
油断してると、時々ありますよね。
このセンス、爪の垢でもいただいて、修行したいです(笑)。

ポージィさんのママコたちも登場ですね。
どこで、何度見ても、やっぱりママコは可愛い~~
出会ったからこその意見ですね。
もし出会えていなかったら、嫉妬に狂って、暴れていたかもしれません(笑)。
ポチッと開いた花の中まで、ばっちし撮れてますね。
オシベも可愛い~~
棘も可愛い~~

病気です。

投稿: goro's | 2007/10/18 03:23

ポージィさん初めまして。あややさんを訪問すると、いつも目に入ってくる気になる名前、思いきって訪問させていただきました。
お花がお好きでおられるのですね。今日のはまたすごい名前ですね。私も最近ブログを始め、皆さんの影響で花を撮り、へたな短歌や俳句を添えています。花の名前などほとんど知らないに等しいです。見ていただいて、ご教授願えたら嬉しいです。
時々訪問させていただきますので宜しくお願いいたします。

投稿: 鎌ちゃん | 2007/10/18 09:24

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

「ママ,この尻,温い」おーちゃんもウケられました?
私は大ウケ。まさしく今年の爆笑大賞ものです(^^)

おーちゃんのご近所でも、クズやカナムグラに負けじと頑張っているのですね。
クズやカナムグラの勢いはすごいですから、ママコさんたちはかなり
苦戦を強いられているのではないでしょうか。応援したくなります。

ほんと、ママこさんは可愛い花と鋭い棘のギャップが大きいですね。
細部まで見てくださってありがとうございます。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

アハハ 悟郎さんも爆笑されました?私も前半マジメに読んでいただけに
思いっきり笑のツボにはまってしまいました(^。^)
笑のセンスのない私も爪の垢をいただかなくては~

ママコさん、やっと登場です。 おぉぉ…今年は悟郎さんもお会いになれて
心ゆくまで愛でることがおできになっていてヨカッタです。
暴れられちゃ大変(^^)
私が会ったのはポチッとひとつだけ咲いていました。たくさん咲いて
いるのは見当たらなかったんですけど、ポチッもいいものですね。

>オシベも可愛い~~ 棘も可愛い~~

フフフ 実際の出会いのときこそ狂喜乱舞なさらず静かに受け入れて
いらっしゃいましたが、その内側ではママコたちへの熱い情熱が燃えて
いらっしゃいますね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

初めまして。ご訪問くださって嬉しいです(^^)
(鎌ちゃんの「ちゃん」は接尾語と思いましたので、
 そのまま鎌ちゃんとお呼びさせていただくことにします。)

なんだかこの数年来、近所の道端で周りの景色に溶け込んで
ぽっちり咲いている野草の花たちに強く惹かれるようになって、
身近な植物を中心にピックアップしては載せています。
鎌ちゃんは短歌、俳句をおよみになるんですね。
これは楽しみ!後ほどゆっくりお邪魔させていただきますね。
花の名前は、まだまだ知らないものの方が多いのですが、
もし、お役に立てることがあれば幸いです。

どうぞまたいつでも気が向かれたときに覗きにいらしてください。
こちらこそよろしくお願いします。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/18 10:10

おー、「コンペイトー花」。
子供の頃、川べりに一杯咲いていました。
「ママコノシリヌグイ」そんな名前など知る由もない。
花が金平糖に似ているので、コンペイトウ花で通っていた。
その中を走り回り、脛にトゲで赤い引っかき疵をつけられたものだった。

投稿: 夢閑人 | 2007/10/20 11:44

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

このところ頭痛がひどく、お返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。

「コンペイトー花」とお呼びになっていましたか。
花の姿も色も、美味しくて可愛らしい金平糖にそっくりですものね。
うわぁ~いっぱい咲いている中を走り回って遊ばれたんですか?
それは引っかき傷だらけだったでしょう。
現代っ子たちでは考えられないことかもしれませんね(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/10/21 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16708657

この記事へのトラックバック一覧です: ママコノシリヌグイ:

» タデ科マニアの呟き。(1) [グリーンストライプ]
携帯用画像はこちら タデ科特集弟1段! なんの捻りもありません。ストレートの真ん中勝負でいきます。 それだけの魅力がある花だと思います。 現に花師匠ですら、この花にはメロメロ! 7月29日、たぶん生涯忘れ... [続きを読む]

受信: 2007/10/18 00:42

« 冬珊瑚 | トップページ | ミズヒキは紅白水引 »