« ゲンノショウコ 2007 | トップページ | ある日のクック »

2007/10/05

ススキのある風景

再びのススキ登場です。
風景の中にススキを見つけると、ついついカメラを向けたくなってしまって。
ススキの穂が風になびく様子には、心を引き付ける何かがあるのですね。
カメラを向けても、なかなか思うような写真は撮れないのが残念なのですけれど…
 
 070909susuki 出始めの穂 日に輝いて
 
  洋風の家にもよく合う 070920susuki
 
 
070925moon2 これは9/25の中秋の名月
 雲間から顔を出したところを
 雲と一緒に撮ってみました
 
 冴え冴えとした光を
 降り注ぐ月の手前に
 ススキのシルエットが重なった
 写真に憧れます
 
 
 
ススキの季節はまだまだ続いて、これからもまたカメラを向けてしまうかもしれません。
 

|

« ゲンノショウコ 2007 | トップページ | ある日のクック »

コメント

綺麗なお月様~
月の写真って・・・なかなか上手く撮れないです。私。
(単にカメラの性能の問題か!?)

ススキ・・・そういえば見てませんね。
私は、ポージィさんのところで季節の草花を見ては、
慌てて自分の周りで探してしまいます。。。笑

是非ナイスショットが撮れたら、また写真載せてくださいね。
楽しみににしてます。。。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2007/10/05 08:58

ススキと背景の組み合わせの写真はいいですね。
いつか月とススキを撮ってみたいものです。
洋風の家の写真が素敵です。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/10/05 09:39

ポージィさん こんにちは!

土、日と天気がよさそうですね
川原にススキ探しにでもいってこようかな・・

でも、ススキって写すの難しいですよね~
静止していると思ってカメラを向けると
サワサワと風が吹いてきませんか?

投稿: glenn | 2007/10/05 12:33

>月の手前にススキのシルエットが重なった写真に憧れます

はいはい!!
私もぜひ撮ってみたいと思ってるんです。
でもきっと、普通のカメラじゃだめなんでしょうね。
知識ゼロですが、絞りとかシャッタースピードとか?
こゆきの散歩コースに、ススキが素敵なお宅があります。
古い小さな家で、家には誰も住んでいないようですが、
庭の手入れをしているのは見たことがあります。
カメラを向けるのははばかられて撮る事はできませんでしたが、
本当にすてきでした。
私は月ばかりでっかくアップしちゃいましたが、
雲と一緒の月もすごくいいですね。

投稿: koko | 2007/10/05 12:34

>月の手前にススキのシルエットが重なった写真に憧れます

ご,合成しましょうか?...

普通のカメラでも大丈夫.インチキすれば...

投稿: LiLA管理人 | 2007/10/05 13:09

お月さんがこんなに綺麗に撮れて、それにブレも無し。三脚使用?
これは中秋の名月なんですね。
私は、27日の満月の時に夜空を見あげてました。
雲の多い日で、天空高くに見える満月が雲に隠れたり出てきたり。
曇って、なんて流れが速いのだろうとか、うっすらとした雲の向こうで光っている月もいいなぁとか。
そうそう、月とススキは相性ぴったり。そこに月見餅があったら言うこと無し。
(関東では月見饅頭なんですよね、まん丸の。大阪は細長い月見餅)
ススキの向こうにまん丸お月さま。月ではウサギが餅搗いて。
う~、これこそポージィワールドの月見だ~~(^O^)
ススキは後ろに何を持ってきても絵になる。
でもススキを主体にした写し方ってむずかしい~。
ススキと洋風の家とそして青空、これもいいです。
淀川では、今ススキよりヨシ(アシ)が目立ちます。ヨシは背が高いから。
淀川は、元々ヨシ原がおおく、ヨシズやヨシ焼きが有名だったんですよ。
ヨシズはビニール製に取って代わられ、ヨシ焼きも上流の一部だけの年中行事です。

投稿: あまもり | 2007/10/05 14:31

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

月は難しいですね!なんたって暗闇でこうこうと輝いていますし。

ススキ、ご覧になってません?通勤途中では無理なのかな。
住宅地や商店街、オフィス街ではなかなかないですよね。
以前ハスの花をご覧になった、ご近所の公園ではどうかしら?
SAKURA-MOCHIさんにも風にそよぐ生のススキを見ていただきたいな。

ナイスショットがもし撮れたら、いやナイスでなくても
またアップしちゃうかもしれません(^^;)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ススキが背景のものにもいい味を添えてくれますよね。
おーちゃんも月とススキの写真を撮ってみたいとお思いになりますか?
どうやったら撮れるのかなぁ…
洋風の家とススキの写真、気に入って下さってありがとうございます。
この家は、実は近所の住宅展示場のものなんですよ。
ススキはその敷地内よりはるか手前に生えているものですが、
ちょうどいい具合に重なり合って見えました(^^)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
嬉しいことに今度の土日はお天気良さそうですね!
お忙しいでしょうけれど、お近くに河原があるならちょっとのぞきに
いらっしゃるのも息抜きになっていいかもしれませんね。
河原でススキが風にそよいでいる様子や、長いこと転がってきて
すっかりまぁるくなった石なんかを見つけられたら、
ちょっといい気分にもなれるかも(*^^*)

はいはい!私の場合、カメラを向けシャッター半押しでピントが
あったかなという瞬間にサワサワサワってことがすごく多いです。
ススキに限らずなんですよ。神様にからかわれているみたい(^^;)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

月の手前にススキのシルエット写真、kokoさんにとっても憧れですか?
そうですよねー なかなか撮れないからなおさら憧れてしまいます。
場面を上手に設定しないことには無理ですね。

おぉ、お散歩コースに素適なススキ屋敷が?
いいですねぇ。古い小さな家というのが、またススキとよく合いそうな
気がします。無人なら、私だったら躊躇なくカメラを向けてしまった
ことでしょう(^^;

kokoさんのお月さん素適でしたよ。今回私は月の表面の詳細が見える
ように明るさ調整(なんか適当に ^^;)したものはブレブレで
全滅でした。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ブハハ(^o^) あぁ~いいないいな♪そういう手もありますね。
遠慮がちに申し出てくださった「合成」、お願いしちゃおうかしら。
LiLA管理人さん、すごく上手にお作りになりますものね。
チロルチョコなどすっかりだまされて信じ込みましたもん。
…なんて 書き方すると誤解を招くでしょうか~(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

この月、窓のさんにカメラを乗っけて少し仰向かせてシャッター押しました。
これは月の明るさのおかげかくっきりと写りましたが(なぜか滲みも無く)、
月の詳細が見えるようにとちょっと調整したものは、あいまいな固定の
そんな撮り方では太刀打ちできずブレブレでした(^^;

あまもりさんは満月を見上げていらしたのですね。
25日も雲の動きがすごく速かったですよ。
薄い雲の向こうに透けて見える月というのも風情がありますね。
周りの雲に月光がぱーっと反射して幻想的になっていたりもして。

ススキと月と月見団子と揃えば、もうばっちり。
(ほぉ 大阪の月見餅は細長いとは初めて知りました。見てみたい)
はいはい、月では兎がお餅を搗いていますとも!
(小さい時ほんとに見たんだもーん ポージィワールドはわが幼少の
 頃より存在したようです ^^;)
ススキって、色んな背景にいい味を出す名演出家かなと思います。
同時に主役を演じるには、ススキにピントが合って背景がぼやけるのが
いいかもしれませんね。

淀川はもともとはヨシの河原なんですか。え?ビニールのヨシズ?
ヨシズって夏場のホームセンターで毎年見かけますが近寄って見てみた
ことありませんでした。えぇ~~本物のヨシじゃなくてビニール製のが
あるなんて知りませんでした。かえって暑くなりそう…(-_-;)
こんなところでも文化が消えそうになっているんですね。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/05 17:54

こちらでは、ススキそのものを見る機会が少ないので、ススキをからめて風景を撮ることは、なかなか出来ません。
ススキそのものを撮るだけで、精一杯です(笑)。
というか、出来るだけ周りの風景が写らないようにと、苦心惨憺です。
視点を変えて、「ススキのある風景」のこと、考えてみます。

お月さんの写真、いい雰囲気です。
カメラの機能がアップしているせいで、どでかいお月さんはあちこちのブログで拝見しますが、このお月さんは、ポージィワールドを充分表現してると思いますよ。
雲が素敵です。

投稿: goro's | 2007/10/06 01:15

まったく、ポージィさんに代弁してもらっているくらい同感です。
周りに溶込むというか馴染みますよね。
しかも、どんな背景にもフィットするところが、またニクい(笑)。

ススキは間違えなく、ついついカメラを向ける花ベスト5に入ります。

投稿: noodles3 | 2007/10/06 01:35

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ススキと風景を共演させてしまえるのは、ある意味贅沢なのかも
しれないんだな、と気付きました。
今住んでいる近くにはけっこう自生のススキが生えていて、
周辺の住民の方々もその風情を楽しんでいるのか、刈られることも
まずありません。おかげで毎年あちこちで楽しむことができて…
ありがたいことですよね。
アハ(^^)周りの余計なものを入れまいとすることは同じように
よくあります。前回のタカノハススキも、本当は背景のホースを
入れたくなかったんですけどねー、入っちゃいました(笑)

わーい、このお月様ポージィワールドを表せてます?嬉しいです。
お月様をど真ん中からずらせたらもっと良かったんですけどね。
それをするとブレてしまって、断念しました。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

おぉ noodlesさんも共感してくださいますか。
建物なら和風にも洋風にも、植物・空・雲・月など自然のもの…、
改めて思い浮かべたらどんなものともよく合うなぁと思いました(^^)
noodlesさんのベスト5のうちのひとつですか!
そこまで思われて、ススキたちも冥利につきる(?)でしょうねぇ。
 

投稿: ポージィ | 2007/10/06 16:54

ススキというのは、絵にもなるし、カメラの対象題材にもなるし、ほんと不思議な存在ですね。私も昨年の文化祭でススキの写真も出品しました。決して満足のいく作品ではなかったのですが、自分ではまあまあ気に入っていました。何を背景にするかによって、随分見栄えが違うなーと思います。
今回の写真、雲が入ったり、洋風の家が入ったりと、なかなかいいです。私も参考にさせてもらいたいと思いました。中秋の名月もバッチリでしたね。こんな写真、滅多にチャンスがないと思うのですが、さすがです。

投稿: 茂彦 | 2007/10/08 22:09

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

やっぱり~ 茂彦さんもススキに対して同じようなことを
感じていらっしゃったのですね(^^)
背景にうまく馴染みながら、それでいて背景の雰囲気を変化させる
不思議で面白い存在です。そんなススキに、茂彦さんもカメラを向けられ、
そうして撮られた作品を出品なさったのですね。
私の写真までお褒めいただき、ありがとうございます(^^;ゞ

中には個性がないから何にでも合う、という物もあるでしょうけれど、
ススキは自らが特徴ある姿・風情をもっていてそれには当てはまり
ませんよね。あえて言えばどんな色ともなじみのよい、あの色であの形
というのが、不思議な魅力のヒミツでしょうか。

投稿: ポージィ | 2007/10/09 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16597484

この記事へのトラックバック一覧です: ススキのある風景:

« ゲンノショウコ 2007 | トップページ | ある日のクック »