« 相模川の河原で -植物編- | トップページ | ハヤトウリの花 »

2007/11/02

セイタカアワダチソウの色づき

なんと!ドラゴンズが日本シリーズ勝者になりました!うれしぃ~♪
リーグ2位だったけれど、クライマックスシリーズ以降負けなしの勢い。
前回53年前の日本一のときは、落合監督ですら生後11ヶ月だったのですって。
知ってる選手はほとんどいないという不真面目ファンでも、やっぱり嬉しいです。
心からのおめでとうの気持ちを送ります。
 
*∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞*∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞*
 
さて、ドラゴンズとは何も関係ありませんが、
今年は近所の駐車場にセイタカアワダチソウの小群落が出現しました。
刈られず残っているので、蕾からだんだん花が咲いて色づいていく様子を楽しみ
ましたよ。色づいていく様子ご覧ください。
 (カメラを構えたときの立ち位置が少しずつ違っていますが、ほぼ同じような
  場所を撮っています。 写真クリックでポップアップ・ウィンドウ open です。)
 
 
071003seitakaawadatisou1 071007seitakaawadatisou 071012seitakaawadatisou 071017seitakaawadatisou
    10/3         10/7         10/12        10/17
  
071012seitakaawadatisou_up 10/12花アップ   071017seitakaawadatisou_up 10/17 
 
 
一時は多くの人に忌み嫌われ憎まれていたセイタカアワダチソウですが、
最近では喘息や花粉症のアレルギー源との誤解もだいぶ解けてきたでしょうか。
他の植物を排除して増え広がる大群落も、急に勢いを失って消滅することも
ありますし、一時ほどには嫌われなくなってきたような気がします。
日本の風景の中になじんできたのかもしれませんね。 
 

|

« 相模川の河原で -植物編- | トップページ | ハヤトウリの花 »

コメント

おめでとうございます。
中日の完勝でした。落合さんは不思議な雰囲気を持っていて、力を発揮しますね。
セイタカアワダチソウは私も好きなほうの花です。
蔓延りすぎて自分自身の毒?で勢いを失うところも興味深いです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/11/02 10:06

嫌われものも、こうしていっぱいあるときれいですね。
一週間のうちに咲いていくのがよくわかります。
広い河原の草原に、一面に咲くのも秋の風景の一つです。
一つ一つの花を見ると可愛い花ですね。近寄って見たこともなかったし、見る気もしなかった。花粉アレルギーでも嫌われましたよね。

家の前の空き地にもいっぱいあったのに、次第になくなり、今は全くありません。
これも帰化植物、最初は観賞用とか、養蜂家が、蜂蜜を取るための植物として、種を蒔いたのが広がったとある。
また、アキノキリンソウの別名、アワダチソウの背丈の高いものというのが名前の由来とありました。

投稿: 夢閑人 | 2007/11/02 10:27

まずは中日の日本一おめでとう
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ
U^ェ^U も =^・^= も \(^-^)/バンザーイ
リーグ戦中、一番強いのは中日だと思ってた。
(好きな阪神は、先発投手のスタミナ不足と安定しない打線で、もうこりゃあかんとあきらめてました)
日本シリーズは去年と同じカード。見事なリベンジでした。
一番嬉しかったのは中村ノリの活躍。
オリックスをクビになり、それでも野球がしたいというノリを中日が手を差しのべた、育成選手として。
近鉄の主砲として年俸5億も取っていたノリ、メジャーにも挑戦したノリ、中日との契約年俸はたった600万円。
そんなノリが中日で不死鳥のように蘇ったのを見て、野球はやはり監督次第、そう思いました。
来年こそ、この中日を叩いて優勝を目指してや~阪神。です(^。^)

で、セイタカアワダチソウ。(前置きコメント長すぎ~)
セイタカアワダチソウを子供の頃から「キリンソウ」と呼んでいました。
野草に興味を持ち始めてから、正式名のキリンソウがあることを知り、できるだけセイタカアワダチソウと書くようにしていますが、この名前、長すぎ~。
身近な会話では今でもキリンソウと言ってます。
私はいまだにこのセイタカアワダチソウが好きになれないんです。
自ら出す毒に滅びると言っても、毒が消えた土壌に再び現れたということは、他の野草がまたこの毒で滅ぼされると思うと・・・。
淀川の河原でも一時、ススキが激減したのはこのセイタカアワダチソウがのさばっていたからで、またススキが減ってくるのかと思うと、やはり好きになれない。
これって「荒れ地=セイタカアワダチソウの群生」のイメージがぬぐいきれない私の偏見かも・・・しれない。

投稿: あまもり | 2007/11/02 11:39

セイタカアワダチソウはこちらでも凄い勢いで咲いていますが
少しは誤解も解けてきたのですか、
私はこの黄色い花の増大振りを見て何方かこのお花を使って
お薬など研究、製造などして頂いたら先を争って
摘み取り無くなる事で、一挙両得など空想してしまします。
と云うのも
線路脇にススキとセイタカアワダチソウと交互に勢いを2分して
咲いていまして、綺麗と言うか凄い勢いと云うか
車窓から眺めていました。
最初のいわれのイメージでどうも好きにもなれないのですが~

投稿: | 2007/11/02 17:31

………………………………………………………
今日はまた頭痛が激しくなってしまったため、
お返事コメント遅くなります。ごめんなさい。
ぅぅ~ (><)
………………………………………………………

投稿: ポージィ | 2007/11/02 17:43

>日本の風景の中になじんできたのかもしれませんね。 

同感です。
ゴローさんも多摩川記事で書いていましたが、今年はススキと共生してる姿も見ます。
セイタカ〜には、なんら罪はありません。
もっとおおらかな気持ちで、眺めていたいものです。

投稿: noodles3 | 2007/11/02 17:45

体調は如何?心配です。

いつも漫然と見ているセイタカアワダチソウ(ホント!長い名前だね)、だんだん咲いていく様子をポージィさんに見せて頂き、新ためて感動しています。ヤッパリ若い(蕾)方が初々しいね~ アハハハ (^∇^)
ロココの町内の空き地も一面真っ黄色に埋め尽くされて、それはそれは見事!!でもまだ花粉症の元と誤解している人が多いです。

投稿: ロココ | 2007/11/02 21:14

ほんとに、ほんとに、無理なさらないでください。
返事なんて気にしなくていいですから。

セイタカアワダチソウ、定点観測なさったのですね。
黄色い花びらが覗き出してから開花するまで、以外と時間がかかるんですよね。
じらしてくれます(笑)。

昔に比べて減ってきているようにも思いますが、昨年は見かけなかったところで咲いてたり、増えたり減ったり、ポージィさんおっしゃるところの「日本の風景の中になじんできた」んでしょうか。
昆虫たちにとっては、貴重な蜜源ですよね。

投稿: goros | 2007/11/03 00:33

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ドラゴンズへのお祝いのお言葉ありがとうございます(^^)
10連勝なんて、リーグ戦でもあったかどうか。勢いづいていました。
落合監督のもつ不思議な雰囲気、飄々としていてでも
しっかりいろんなことが考えられているのですね。

セイタカアワダチソウ、おーちゃんはお好きなほうなのですね。
他の種の発芽を抑制したりするアレロパシー、セイタカアワダチソウで
有名になりましたが、これを持っている植物は他にもたくさんあるそうで、
チラッと覗いてみたところ、なかなか興味深い分野と思いました。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

観点を変えるとなかなか見応えある植物ですね(^^)
いちど定着してしまったアレルゲンとの誤解は、この植物の勢いと相まって
なかなか解けるものではないのかもしれませんが…。
夢閑人さんも近づいてご覧になる気も起きなかったということですし(^^;)
そうそう、もとは蜜を取るために持ち込まれたのがあっという間に広がった
という説もあるようですね。これを見ても虫媒花なのに、なぜ風媒花との
誤解が広まってしまったのかしら??

山野に生えるアキノキリンソウには会ったことがありません。
アキノキリンソウの別名がアワダチソウで、それの背高のっぽに見えるから
セイタカアワダチソウとの命名。写真で見る限り首を傾げちゃいます。
似てるかしら~??


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

中日へのおめでとう!ありがとうございまーす(^^)
クライマックスシリーズ以降、10連勝での日本一、すごかったですね。
びっくりしました。
ほんと!中村ノリさんの活躍も見事でした。
彼のことは、以前はちょっぴり慢心が見えるような気がしていたのですが、
中日の入団テストを受け、一から出直してからの姿には好感持っていました。
そして見事な活躍を見せてくれて。彼自身にとっても、今季の経験は
大きな財産となったんじゃないかと思います。
来年はどうなるでしょうね~ 数チームが競り合うほうが面白いですね♪

セイタカアワダチソウのこと、キリンソウと呼ぶのは私も聞いたことが
ありますよ。本家本元の麒麟草とは煮ても似つかぬ姿ですが、
黄色くてのぉ~~っと長く伸びる姿は、キリンソウと呼びたくなるのが
わかります。セイタカアワダチソウは長すぎて書くのも嫌になっちゃう。

このセイタカアワダチソウに対して、私は特に好悪の感情を持ってませんが、
あまもりさんがどうしても好きになれないと仰るお気持ちも分かります。
何せ一気にはびこるときの勢いはすごいですもん。元からあったススキは
一気に押しやられ、一面セイタカアワダチソウだらけ!
セイタカアワダチソウで有名になった、他の植物の繁殖を制御する
「アレロパシー物質」は、実は他の植物でもたくさん見られるのだそうです。
アレロパシーで検索すると、興味深い記事がいろいろ見られます。
私も数個をザザザーッと読んだだけですけれど(^^;)
どんな生物でも、ある1種だけが他を排除してのさばるのは、見ていて
恐ろしいものですし、色々な害を引き起こすもののようですね。
あれ?これって「人間」にも当てはまりますね…


◆玲さん、ありがとうございます ♪

まったくアレルゲンにはならないかといったら、そうは言えないのかも
しれませんが、かってのように風媒花で風で花粉を撒き散らして…
というのではなく、虫媒花だったとの認識が広まってきたような(^^;)

玲さんが仰るようにもっと研究が進んで、セイタカアワダチソウの薬効が
分かれば、こぞって採取して数量調整ができそうですよね。
試しに「セイタカアワダチソウ・薬効」で検索してみましたら、
乾かしてお風呂にいれ薬湯として利用している方もいました(・。・)ヘェ~

玲さんのご近所では相変わらずセイタカアワダチソウの勢い衰えずで、
ススキと勢力争いを繰り広げているのをご覧になったのですね。
やっぱりどうも好きになれない、という方もたくさんいらっしゃる
と思います(^^)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

最初の勢いこそ圧倒的だったものの、共生のバランスがとれてきた
ところもあるのかもしれませんね。ススキだって負けちゃいないもんね!って。
うちの隣の空き地では、5年前くらいにセイタカアワダチソウが
ニョキニョキすごかったのですが、翌年から数を減らして今では
背の低いのが数本で、クズの勢力が圧倒的です。
セイタカ~は勢いはすごいですが、他の種を絶滅に追い込んで二度と
立ち直れなくするほど悪質でもないような気がします。
今後どうなっていくかですね。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

お気遣いありがとうございます。
今日は昨日よりちょっとよくなったので、この機に!と
お返事コメント書いてます。ご訪問は無理かな~(^^;)

セイタカアワダチソウ←この長さ、ほんとどうにかしてほしいですね!
だんだん色づいていく様子、なかなか綺麗ですよね。
花が咲いてからはしきりに蝶々や蜂(花虻?)などが蜜を吸いに
きてました。

>ヤッパリ若い(蕾)方が初々しいね

アハハ ですよねー。↑このこと、どの花を見ても思ってしまいます。
すると、花の色はうつりにけりないたずらに…の和歌が浮かんできて~(涙)

ロココさんのすぐお隣の空き地もセイタカアワダチソウで染まって
いるのですよね。どのくらいで自滅に方向を転じるかチェックするのも
面白いかも…それまでに種が飛んできて勘弁して~ってことになっちゃうかしら。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ご心配おかけしてごめんなさい。今日はまた小康状態なので急いで
お返事だけ(^^) ご訪問はやっぱり無理そうですが。

もうちょっと目印を決めて、ちゃんとした定点観測にすれば良かったと
あとで反省しました。だいたい定点観測になっちゃいました(^^;)
ほんと、もう咲くかもう咲くかの期間が意外と長いですね。

あちこちで増えたり減ったりを繰り返していますね。
そうするうちに、少ーしずつ元からの植物たちとも共生のバランスが
とれてきているのかなぁ、と希望的に見ています。
他の植物の発芽を抑制し、自滅の原因にもなるアレロパシー物質は、
色んな植物が持っているみたいですよ~ 

花の少なくなる時期にたくさん咲いて、虫たちにとっては貴重な密源
ですね。この場所にも、たくさんの蝶や蜂が来ていましたよ。
最後のかきいれ場所かも。
 

投稿: ポージィ | 2007/11/03 11:55

こうやってコメントをするとレスされるでしょうし
どうしたものか、、と考えてましたがぁ
内緒の話をしなきゃならないので来ました^m^
(レスは体調の良い時厳守でお願いします)

まずは ドラゴンズファンだとは知らず
それならもっと野球の話をすれば良かったなぁと後悔(T_T)
この前会った名古屋のオヤジも超ドラファンで
さぞや狂喜乱舞してたと思われます(^o^)
私 立浪選手は好きなんですよぉ♪

そしてセイタカアワダチソウ
てっきり花粉症の原因だと思ってましたが違うんですか?
我が家の周りの空き地に咲いてるので
毎年イヤだなぁと思ってました
よっしゃ!今度から気にしないでおこう(^^)v

そしてそして あくまでここだけの話ってことで・・・
例の主人公は最終目的を果たした時
何と彼女と親しくなった刑事が犯罪をもみ消すんですよ
ね?有り得ないでしょ(^_^;

投稿: miki | 2007/11/05 18:52

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

お気遣いいただいてすみません。
今日は調子いいので即レスです~(^^)v ほんとですヨ☆

ドラファンではあるんですけど、神奈川に来ちゃってから
不真面目もいいとこで…選手の名前もほとんど知らない人ばかりに
なっちゃってるんで、野球談義はできないかもです。
中継もね、何故か私が観るときは負けるんで観ないようにしてるんです。
来年は心入れ替えてせめて新聞記事はじっくり読もうかな。
バリバリのドラキチさんからしたら、ひんしゅくものファンです(汗)
mikiさんは立浪選手のことチームを越えて応援してくださってるんですか?
嬉しいです~♪

セイタカアワダチソウは花粉症の原因ではないようですよー
秋の花粉症の原因のワーストワンはなんといってもブタクサで、
その他にヨモギやススキなどもアレルゲンになっているようです。
 
さてさて、内緒のお話☆教えてくださってありがとうございます。
ここだけのお話にします。誰も読んじゃダメッ!(^^)
ほんとだ~有り得ないですね、こんな結末。いくら米映画といえど。
これじゃ殺人や私刑を擁護してるみたいだぁ。

投稿: ポージィ | 2007/11/05 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/16857266

この記事へのトラックバック一覧です: セイタカアワダチソウの色づき:

« 相模川の河原で -植物編- | トップページ | ハヤトウリの花 »