« 透きとおった赤い実 | トップページ | 紅葉と黄葉 »

2007/12/11

海とわんこと花と空と

11月の半ば、またクックの散歩を兼ねて海辺へ行ってきました。
場所は江の島の西側、砂浜に沿って細長ーく伸びる「県立湘南海岸公園」です。
どういう巡り合わせか、またまた重苦しい曇天の夕方。
どうしてこういう日を選んで行こうということになってしまうんでしょか。
今にも雨が落ちてきそうで風が冷たい日でしたが、海辺では相変わらず
大勢の人や犬たちが、思い思いのひとときを楽しんでいました。
 
  (写真クリックで、御馴染み ポップアップ・ウィンドウ open 大き目写真です。)
071111kaigan 071111kaigan_cook3 071111kaigan_cook5

071111kaigan_cook6 071111kaigan_hana 071114kumo2
 
<左上> 厚い雲の向こうに沈み行く夕日。少し光がこぼれています。
       海の中に点々と浮かぶ黒い点はサーファーたち。
 
<上央> 江の島をバックにしたクック。
 
<右上><左下>
       ボードウォークに立つクック。立ち姿にちょっと老いが見えるね。
       この日は、他のワンちゃんとすれ違うたびに吠えまくって参りました。
       
<下央> コマツヨイグサ?マツヨイグサ? この日唯一目にした花。
       季節外れのせいか、砂地に貼りつくようにして咲いていました。
 
<右下> この写真だけ別の日(海へ行った3日後)撮影の空。
       雲の様子が面白かったのでパチリ。
  

|

« 透きとおった赤い実 | トップページ | 紅葉と黄葉 »

コメント

寒そうな空の色なのにサーファーたちは元気ですね。
最後の雲は大きな魚かクジラが泳いでいるみたい。
コマツヨイグサは砂浜を這って咲きますね。私も昨年の11月に江ノ島で撮りました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/12/11 10:42

クックちゃん、ちょびっと寒そうですね。
左上の写真、お天気がいまいちだったということですが
なかなか素敵な空が撮れましたね。
写真の説明を読む前は、サーファーを鳥だと思っていました。
仙台港にもサーファーがたくさんいて、
昔、会社の後輩男性社員が、朝にひと乗りしてから
出社するということをしていました。
好きなことをするためのパワーってすごいものです。

投稿: koko | 2007/12/11 12:12

親戚に不幸があって留守していました。
先ほど帰ってきたのですが、
疲れていて創作意欲が湧いてきません。

ポージィさんのページで休ませていただいています。
クックちゃん、本当に可愛いですね。癒されます。

紅葉の終わった田舎に帰り、葬儀と言う気がめいる
ところにおりましたので、先日の
ヒヨドリジョウゴの赤い実をみて、ほっとしました。
有難うございました。

投稿: 鎌ちゃん | 2007/12/11 13:35

説明が無ければ、
左上の海の上に浮かんでいる黒い点々はてっきり水鳥だと。
ウミウ?カモメ?と思っていたらサーファーだって。
これからサーファーをナミノリ鳥と呼ぼう(ウソウソ)。
クックちゃん、立ち姿に老いが見えるなんて。
もしクックちゃんがブログを見たら怒るよホント。
強い風を必至で支えているように私には見えますよん。
(クックちゃん大好き~)
あら~、コマツヨイグサがまだ咲いているとは。
淀川の河原ではもう見ることはないのに。
夕方早くに咲き出したのね。パーッと開いてご立派。
日を隠した雲の姿の写真、思わずスチュアートの「銀の裏地」を思い出しました。
「スチュアート・リトル」ってアメリカ映画は知らないかなぁ。
孤児院に居た白ネズミがリトル家(人間)に引き取られて家族の一員になる話。
その中に「銀の裏地」の話が出てきます。
雨雲はどんよりして暗いけど、その雨雲の上には太陽があり、いつでも銀色に輝いている。
悲しいことや苦しいことの裏側には輝く幸せもあるという、人の生き方を説いたものなんだけど、
この言葉結構印象的だった。この言葉をネズミのスチュアートに言い聞かせるところが面白い。
とと、また長くなったけど、要するに雲の写真に「銀の裏地」を見たというわけでしたぁ。

投稿: あまもり | 2007/12/11 15:27

ポージィさん、こんにちは。クックちゃん、何犬?小型犬でしょうか。立ち姿に老いがみられるとあります。なるほど、いわれてみれば足がちょっと曲がっているようです。でも、大切に扱われているのがよく分かります。毛並みと目です。とても可愛い。すこし緊張した顔をしていますね。色々な犬がいるからでしょう。江ノ島が近いのかぁ、良いところですね。湘南は大好きです。逗子マリーナからヨットでセーリングを楽しんだのはずいぶん昔のことですが、昔取った杵柄、未だに操舵法は身に付いている。

投稿: polo181 | 2007/12/11 16:39

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

サーファー達はほんと元気ですね。いつ頃まで海に入り続けるのでしょう。
最後の雲の写真、おーちゃんにもクジラなどに見えましたか。
私もそんな風に思いながら撮っていました。
コマツヨイグサは這いながら… ということは、コマツヨイグサの方ですね。
確認もせずに名前を書いてしまっていましたからホッ。
おーちゃんも江の島へ行かれたときに撮っていらしたこと、
すっかり忘れていました(^^;)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

1ヶ月前のことになりますが、この時はクックも人もちょっと寒かった~。
雨も落ちてきそうでしたし、早々に引き上げましたよ。
左上の写真は、暑い雨雲の向こうに、最後の日の光が隠れて
しまった直後になんとか間に合ったのです。このあと、どんどん雲が増えて、
完全に鉛色の空になってしまいました。

フフッ無数の小さな鳥に見えちゃいましたか、サーファー達(^^)
私はいつもアザラシと呼んでまーす。(もしくは海坊主)
仙台港にもたくさんいるんですね。港の中でもそれなりの波があるのかな。
え~出勤前にサーフィンして、なんて人がいたんですか?
すごい情熱ですねぇ。仕事中に眠くなったりはしなかったのかしら。
なんて、ことを言うのは野暮ですね(^^ゞ


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

更新されていないので、どうされたのかなと思っていましたが、
ご不幸がおありだったのですね。辛い悲しい思いをされ、
疲れて帰っていらしたのに、早速のご訪問恐縮です。
赤い実やクックの姿に、少しでもお気持ちが和まれたのなら
嬉しいです。
ありがとうございました。ゆっくりお体を休めてくださいね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんも鳥だと思われたんですね、サーファー達(^^)
私はいつもアザラシが浮かんでるって言ってるんですけど、
波乗り鳥でもいいかな。

えへ、老いなんて言ったらクックに怒られますか?
風に耐えて踏ん張っているところ、ともいえるかしら。
彼はあまもりさんに大好きって言ってもらえて幸せ者です♪

コマツヨイグサは、さすがに今はもう咲いていないかもしれませんね。
この写真は11月なので…あらら もう1ヶ月も前でした。
アップするのあまりに遅すぎですね。ポリポリ

「スチュアート・リトル」って映画はTVで放映されたのを
確か1回見た事があります。でも「銀の裏地」のお話のこと
覚えていませんでした。すごくいいお話なのにもったいない~~
この写真に「銀の裏地」を見てくださって、そしてここに書いて
くださったことに感謝・感謝です。今度こそ忘れないようにします o(^^)o


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

クックは超小型犬のチワワのロングコート(毛の長いタイプ)です。
チワワにしてはかなり大きくて耳も垂れていますが。
1月の誕生日が来ると14歳になるんですよ~(^^)
3年位前から心臓弁膜症になってしまって、毎日薬が手放せない
体になってます。ねっ、この立ち姿は前足をブルドックみたいに
曲げてますよね。シャキン!と立ってません。しようと思えば
まだできるんですけどね(^^;)
緊張顔は、待てと命じてカメラを向けていたからだと思います。

わぉ、polo181さんは逗子マリーナでヨットセーリングを楽しまれた
のですか?何と優雅でカッコイイスポーツをなさっていらしたんでしょ。
体で覚えたことはしばらくしていなくても忘れないものですね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2007/12/11 17:28

>少し光がこぼれています。
雲の後ろにある太陽の光が放射線状になっててイイ感じですね。
右下の写真も、逆光で雲の輪郭が光ってるのが幻想的な感じがしました。
そして右上のクックちゃん。そっぽを向いてるように見えますけど…。
アップにして見ると、ちゃんとカメラ目線なのが可愛いですね♪
左下の写真は毛並みが風で逆巻いて、ちょっと凛々しい感じ。
後ろの人物とあいまって、“アサヒカメラ”ちっくな作品になりましたね。(^^)
曇り空は残念でしたけど。
強い光じゃない分、コマツヨイグサの透けるような赤味のない黄色が際立って見えるような気がしました。

投稿: nanbu | 2007/12/11 18:38

◆nanbuさん、ありあとうございます ♪

雲と雲に遮られた太陽の光が織りなす空の様子、それらもまた
面白いものですね。自分が見て感動したものに目を留めていただけて
嬉しいです(^^)

クックはカメラを向けるとたいていそっぽを向きますが、
それでも気にしてチラチラ見ているんですね(^^;)

>後ろの人物とあいまって、“アサヒカメラ”ちっくな作品になりましたね

アサヒカメラって、写真誌ですよね。あ~ん、見た事ないんですぅ。
どこか人の飾らない自然な有り様が見える、そんな雰囲気を仰ってます?

そうですね、このコマツヨイグサの透けるような黄色の色は
曇り空の夕方撮ったものならではかもしれません。
ヤマブキ色じゃなくレモン色でした(^^)

投稿: ポージィ | 2007/12/11 21:18

↑久しぶりにあまもりさんのコメントを覗かせていただいて、くっくっくっと笑わせていただきました。
ナミノリ鳥、傑作です。
クックちゃんの大いなる味方でもあるんですね。

湘南海岸から見た海は迫力ですね。
最初と最後の写真の雲、芸術的ですらあります。

クックちゃん、こうして見ると美男子(犬)ですね。
他の犬を見ると吠えちゃうのですか。それはポージィさんたち困ったでしょうね。
で思い出したのですが、
今日電車で2歳くらいの女の子がぐずってずっと泣いていたのですが、突然若いお兄さんが車内中に響き渡る大声で「うるせーよ、この馬鹿、黙れ」と怒鳴ったので、子どもも10秒くらい黙っていましたが、またぐずったのでお母さんは向こうの方へ逃げていきました。びっくりしました。自分も赤ん坊のとき全然泣かなかったのかと心で毒ずきましたが、子どももちょっとわがまま風だったし複雑な嫌な気分でした。
関係ない話ですみませんでした。

投稿: tona | 2007/12/11 21:39

一応更新しました。恥ずかしいですが。

投稿: 鎌ちゃん | 2007/12/11 21:55

ポージィさん こんばんは

ご無沙汰しております

クックちゃんの毛並み、なんてきれいなんでしょう!
なでなでしたいけど、近寄ったら「ウー」って怒られるかな
老いを感じるというのは、後ろ足をふんばっているからでしょうね
でもでも、毛艶も、顔もとも充分に元気そうですよ

真冬に海!! 昔は考えられなかったですね
一枚目の写真はくいとごみのように見えます
サーファーに失礼ですね~^^;

投稿: glenn | 2007/12/11 22:28

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんのコメントには、私もいつも笑をいただいています(^^)

迫力といえば、やっぱりtonaさんが撮られたうみほたるからの
海のほうが大迫力です。でも太平洋に直結の湾ならではの
開けた感じはありますね。
雲も、広い空間では面白い様子を見せてくれます。

クックは怖がりなのやらテリトリー意識が強いのやらで、
よそのワンちゃんにはよく吠えるんです~まったく(^^;)

tonaさんは電車の中で嫌な光景にあわれてしまいましたね。
長いことぐずぐず泣いている子にはイライラすることもありますが、
それでも、その若者の暴言はいただけませんね。
以前、新聞の投書欄でだったか読んだ若者の話は逆で、
電車内でぐずる子供にギターを弾いて歌を歌って、見事子供も
周りの大人たちも和ませてしまったというものでした。
対照的な2人の若者ですね。最近は、年代を問わずキレる人が
増えているそうで悲しいことです。
 

◆鎌ちゃん、ご再訪ありがとうございます ♪

まぁ、昨日のうちに更新なさったのですか?
お疲れだったでしょうに…
今日はもう遅いので、明日伺わせていただきますね。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

お久し振りです。いらしてくださって嬉しいです。
変わり映えのしないここですが、また覗きにいらしてくださいね。

クックは、これでも一応お父さんがチャンピオン犬なんです。
だからかビジュアル系で毛並みはいいのですよ~ 問題は性格で… 
>なでなでしたいけど、近寄ったら「ウー」って怒られるかな
近寄るだけなら大丈夫ですが、手を出したら「ウー」です(^^;ゞ

老いを感じたのはお察しの通り足元です。
以前はいつだってシャキーンと立っていたのに、関節を曲げ気味に
していますし、プルプル震わせていることがとても多くなりました。

湘南のサーファー達はいつ頃まで海に入っているのでしょう。
いくらウェットスーツを着ていても、寒いものは寒いですよね。
頭や手足はもろに水の中ですし。ほんと昔は無かった光景ですよね。
そんな波待ちのサーファー達、ゴミか杭に見えましたか。アハハ
ブーブー文句言われそうです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2007/12/11 23:43

おお、曇天の空をバックに、いつになく凛々しいクック!(笑)。
ポージィさんは、雨女ってわけではないんですよね?

最後の別日の空は、凄いですね!
花を撮るようになると、ふと空を見上げるんですよね。
下を観ることに疲れて。(笑)
今年も一年間、花にお世話になりましたね。

雨男といわれたくない者でした。。

投稿: n | 2007/12/11 23:54

海とわんこと花と空と・・・クックちゃんの後ろのおじさんのお腹。。が個人的には気になりましたwスゴイ!
(私負けないかもっ!!(笑))
冬の空気感がなんともいえない写真で、今日も、癒されました。ポージィさんありがとうございます☆
クックちゃん気持ちよさそうでもって、寒そう(^^)
足がガニってると思ったら、老いですか。。。でも、カワイイからいいのです♪
潮風を感じてるお顔がなんとも!!
ちなみに、わたしも写真を拡大するまで海に浮かんだ鳥達だと思ってました。。。サーファーでしたか^^;

投稿: えりえり | 2007/12/12 00:04

寝る前に、、とお邪魔したら
何とクックちゃんじゃあ~りませんか♪
風になびく毛並みが相変わらず綺麗です
ポージィさんのお世話の賜物ですね

で、老いを感じる???
言われてみれば そう見えますが
私が最初に感じたのは「足長っ!」です(^^)v
チワワって体系のバランスがいいですよねぇ
どっかの足短かウェスとは大違いだわ(^o^)

それと 久しぶりのコメントで気付きましたが
クッキーが残ってましたヽ(^o^)丿

投稿: miki | 2007/12/12 00:22

どこか懐かしい、70年代の女の子が歌っていたフォーク歌謡のようなタイトルです。
ひとつづつの言葉だとそんなでもないけど、組み合わせちゃうと乙女心満載の世界が出来ちゃいますね。
花がコマツヨイグサひとつだけというのが、季節を表現するうえで、大事な要素になってます(笑)。

それにしても、クックくんの後ろのおじさん、凄いお腹ですね(笑)。

投稿: goros | 2007/12/12 01:57

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

フフッ 見上げるとクックも凛々しいお姿に。
私が雨女?イヤイヤ、そんなはずはないですよ。きっと、ぇぇ多分…
noodlesさん=雨男説が飛び交っているのですか? ニヤリ(^^)

別日撮影の空、面白いでしょう。
花も一期一会ですが、空も一期一会ですよね。
ふっと見上げた先に素適な空が広がっていると、すごく嬉しくなります。
花には今年もお世話になりましたね。
noodlesさんじゃないですが、私も写真の在庫がわずかに
なってきてしまいました。ど~しよ~


◆えりえりさん、ありがとうございます ♪

ウフフ タイトルの最後に「お腹」って入れればよかったかな。
私もあのお腹は大いに気になってましたよ。
えぇっ?えりえりさんが負けないなんて、到底思えませんヨー(^^)

こんなグレー背景の写真にも癒されたと言ってくださってありがとう。
クックの功績大ですね。彼に感謝しなくちゃ。
そうそう。ガニってるんですよぉ。座ってるのもナヨってるし。
かっては筋肉モリモリだった足も、運動控えさせるようになって
やっぱり弱ってるんでしょうね。仕方ないですけど。

海に浮かぶサーファーは鳥と思われる方が多いですね。
やっぱり冬だからなー、と皆さんの反応にも季節を感じます(^^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

寝る前にクックを見ていただけたのですね~
夢に登場していたりして(^^)
風になびく毛並みはいつまで見られるでしょうね。
いつまでもなびかせていて欲しいですけれど。
え?「足長っ!」ですか? こんな力の抜けたがに股でも?
ウェスティってかわゆいぬいぐるみバランスですもんね。
ラムっちの姿をいつも見ていらっしゃると、
クックの足も長く見えちゃうのかもしれないです(^^;)

ついにクッキーが残っていました?
よかったー。消えずに残っていてくれるといいな。
なぜだか、このテンプレートに戻して以来、私の方のクッキーが
すぐ消えるようになってしまったんですよ。めんどくさいです。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

タイトルに反応してくださって嬉しいです。
悟郎さんが感じてくださったとおりで、どこかで見たような
懐かしさをイメージしてつけてみました(*^^*)
おぉ~乙女心満載ですか ウフフ

唯一の花 そうですよね。これはまさしく季節感表しています。
このところ、カメラを向ける対象に出会えなくて困ってます。

ウヒャヒャ おじさんのお腹すごいですよね!
3人くらい集まって語り合っていた外国人のうちの一人です。
たまたま背景に入っちゃったんですけど、それでかえって
写真が楽しくなりました。って、おじさんをだしにしちゃってます(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2007/12/12 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17262828

この記事へのトラックバック一覧です: 海とわんこと花と空と:

« 透きとおった赤い実 | トップページ | 紅葉と黄葉 »