« ドレスアップ | トップページ | 咲いていたよ! -シロザの花- »

2007/12/06

花か実か アカかシロか

冬の寒さに当たって美しい草紅葉を見せてくれる「アカザ」「シロザ」ですが、
これまで花に関心を向けたことがありませんでした。
それというのも、小さくグチュグチュとなっているだけに見えて、どうなっているのか
全然わからなかったから。ちゃんと拡大鏡でも使えば実態が分かるのでしょうが、
そこまではする気も起きず…。
ところが、戯れにカメラを向けてみたらちょっと面白い形のものが写っていました。
 
071104akaza_hana1 071104akaza_hana2

071104akaza_hana_up 左はトリミングしてみた写真です。
 
 なんだか細工物のような
 和菓子のような
 面白い形が見て取れます。
 
 これは 蕾 ?
 それとも 実かな?
 どうも 花後の様な気がします…
 
 思っていたより面白いことが分かり、
 今後も出会いがあったら
 注目して見てみたいなと思います。
 (今まで無視していてゴメン!)
 
 
「シロザ(白藜)」
「アカザ(赤藜)」:アカザ科 
          原産地は中国で食用に栽培されたものが野生化したのだそうです。
          若い葉の中心部の粉のような毛が白いのが「シロザ」、
          赤いのが「アカザ」で、「アカザ」は「シロザ」の変種とのこと。
          (なのにどうして「アカザ」の方が科名になっているんだろ??)
 
私が写真に撮ったものは「アカザ」だったのか「シロザ」だったのか?
「アカザ」と思って撮っていたのですが、後から紅葉し始めた「シロザ」だったのかも
しれない…と、自信がなくなりました。
 

|

« ドレスアップ | トップページ | 咲いていたよ! -シロザの花- »

コメント

私もアカザかシロザかはよく分からないでいます。若葉の頃に区別できるというのですが、その頃はすっかり忘れていますし、経過観察もしにくい野の草ですからね。
この季節ですが、蕾か実か迷うところですね。近所のをもう一度見てきます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/12/06 11:07

おやまぁ、おーちゃんちと同じアカザが。
これはアカザじゃなくてシロザ?
どちらにしても同じ野草を取り上げたなんて偶然ですね。
ということは、この時期に目立つ野草ということ?
でも今頃目立つといってもポージィさんは今まで無視していたんだ(^ヘ^;
美味しそうな和菓子の形を見るまで(>▽<)
ポージィさんもσ(^◇^)ワタシと同じ食いしんぼらしい。
うん、確かに砂糖をまぶした美味しそうな和菓子に見えますよん。
お昼をまだ食べてないので、ヨダレがでてきた・・・

投稿: あまもり | 2007/12/06 13:44

ほんとですね。とても面白い形をしています。
自然のもたらす美しさの、奥の深さを感じますね。
私も撮ってみたいです。

大晦日にはどちらが勝つのでしょうか。
  アカカ?シロカ?

それにしても、ポージィさんのお友達、
植物のこと、よくご存知の方が多いですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2007/12/06 15:03

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんもですか。すっかり育ってしまった後ではアカザか
シロザか分かりづらいんですね。
仰るとおりで、若いときに区別がついたとしても、そのまま
その株がずっとそこにあることはあまりないでしょうしね。

この株について蕾か実かは確信が持てませんでしたが、
実はこの記事を書いた後で若いシロザに出会い、新たな出会いがありました。
その記事を明日アップするつもりですので、見てやってくださいね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

今日は偶然、おーちゃんの記事とお仲間の野草をアップしていました(^^)
最初は赤いからアカザと単純に思ったんですけれど、後で考えたら
紅葉で赤くなったのかも知れず、どちらか分からなくなってしまいました。
細かいところを観察してきませんでしたし…(^^;)
アカザ・シロザが生えている時期はもっと前からです。
あんまり目立ちもせずずーっと生えてる感じ。
以前アップしたクワクサみたいですね。でも紅葉して綺麗に色づくと
俄然目を引くようになります。紅葉はこれからですから、
あまもりさんもご覧になる機会があるかもしれませんよ~(^^)
いやはや、花や実には全然関心を払ってこなかった私。
たまたま向けたカメラに面白い形が写っていなかったら、
やっぱり無関心が続いていたでしょうね。

和菓子なんて例えちゃって、すきっ腹でお仕事されていた
あまもりさんには毒でしたね。ごめんなさ~い(^.^)
今(夕方)お返事書いてる私も実はすきっ腹。美味しい餡の入った
和菓子が食べたくなっちゃいました。自業自得だぁー(笑)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

あまり人の目にはとまらないような小さなものにも、
自然の造形美が息づいていたりするものですね。
私もこの形を見た時はとても感動しました。
見過ごしにしてきているものは、まだまだあるのでしょうね、きっと。
鎌ちゃんにもぜひ実物を見ていただきたいです。

アカザ/シロザは、なぜか変種のアカザが科名を名乗っていて
赤有利のようですが、大晦日の勝敗はこの数年シロがまさってますね。

来てくださる方々、植物にお詳しい方も多いです。
私はといえば、知っているのは今住んでいる周辺にあるものだけで。
その限られた範囲から、こんなものがあったよー!とお見せしている
って感じですね。子供の行動に似てます(^^ゞ
 

投稿: ポージィ | 2007/12/06 17:33

ポージィさん、こんばんは。アカザもシロザも初めて知りました。調べたら、史前帰化植物の一つと書いてありました。つまり中国、朝鮮を経て農耕が伝わってきたと同時に帰化した植物だと言うのです。食用にもなるとありました。随分と古くから存在するのに、迂闊にも知りませんでした。いい勉強になりました。

投稿: polo181 | 2007/12/06 21:24

茎や葉に、赤い色素があるのがアカザだと思っておりましたが、そんなに単純な話ではないようで、ポリポリしてます(笑)。
ただ、新芽だと違いがはっきりわかります。
ホウレンソウのように赤と緑があるのがアカザ、シロザにはまったく赤の色素が見られませんからね。

変種のアカザに科名も属名も奪われちゃった話、私も昨年知りました。
お気の毒になって、シロザに同情しています(笑)。

投稿: goros | 2007/12/07 00:49

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

重複していたコメント、削除させていただきました。
気になさらないでくださいね(^^)

アカザ/シロザについて、調べてくださってありがとうございます。
帰化植物といっても、すごくものすごーく古い歴史を持っている
植物なんですよね。いまではほとんど「雑草」扱いしかして
もらえないかもしれませんが、かっては食糧にもなっていたなんて。
日本の食糧自給率の低さを考えると、もっと大切に考えた方が
いいんじゃないのかな、なんて思います(^^;


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

私も悟郎さんと同じ感覚で区別していたんですよ。
もっと乱暴だったかも。パッと見て赤っぽいからアカザ!って(^^;)
もっと丁寧に見るべきだったと、どうも観察ができない自分を
反省しています。
そうそう、ホウレンソウもお仲間なんですよね。
そのこともすっかり忘れていました。ポリポリ

どうしてアカザのほうに科名・属名ともに奪われちゃったんでしょうね。
命名した学者さんたちの思惑は?そんなにアカザが特別に
インパクト強かったとも思えないのですが。
他のアカザ科の植物達はみんな赤い色素持ちだったのかしらん(^^)
 

投稿: ポージィ | 2007/12/07 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17138049

この記事へのトラックバック一覧です: 花か実か アカかシロか:

« ドレスアップ | トップページ | 咲いていたよ! -シロザの花- »