« 引地川親水公園2 -植物編- | トップページ | 引地川親水公園4 -クック編その2- »

2007/12/20

引地川親水公園3 -クック編その1-

「引地川親水公園」点描シリーズの第3弾。今日はクック編その1をお届けします。
公園にいたニャンコちゃんの写真なども。           (撮影:12/1)
 
(写真クリックでポップアップ・ウィンドウ open 大きめ写真をご覧いただけます)
 
071201cat 071201cook_cat 071201kodomo_cook
(左)公園内では猫を4匹ほど見かけました。中でもこの子は随分大きく毛艶も
   いいと思ったら、隅っこに餌がおいてありました。
   野良ニャンコたちのために餌を置いている人がいるようです。
(央)隣の写真で足を踏ん張っているクックは、この猫に気付いたときの様子。
   このあと吠えてました~ 戦ったら勝ち目はないのに強気なクックです。
(右)このボクに近寄っていってひとしきりフンフンにおいを嗅いでいたクック。
   ボクも怖がりもせず、クックにちょっかいを出しもせず、自然なふれあいが
   微笑ましかったです。足だけ見えるるのは、多分ボクのママとおばあちゃん。
 
 
071201nekozyarasi1 071201nekozyarasi2 071201nekozyarasi3
 湿生植物園のボードウォークで戯れる猫と少女たち。
 って、少女は写っていませんが(^^;)2人の小学3年生くらいの女の子が、
 ススキの穂を使って猫と遊んでいました。
 猫ちゃん、クイクイッと手を出してじゃれてましたよ。これまた微笑ましい光景。
 連写設定にしてみればよかったと、あとで思いました。
 
 
クック編その1 はこれでお終い。ちょっと物足りなかったでしょうか?(^^)
次回のクック編その2もぜひ見てやってくださいね。
 

|

« 引地川親水公園2 -植物編- | トップページ | 引地川親水公園4 -クック編その2- »

コメント

公園に行くとクックちゃんも見るものが忙しそう。
にゃんこだったりわんちゃんだったり、
また小さな人間だったり^^
公園に行くとノラちゃんがいますが、飼っていないものに
とっては触れ合える動物園のようなものですね。
その反面、ここなら幸せだろう?と置いていってしまう
人もいるようです。
事情はわかりませんが、1度飼われたねこは可愛そうです。

投稿: 池田姫 | 2007/12/20 10:13

この日のクックちゃんの目の真ん丸いこと、そして耳が可愛いです。
ボクちゃんのほうもいい子なんですね。
なんかとてもほほえましい風景ですね。
ねこじゃらしでじゃれる猫でなくススキの穂でじゃれる猫ちゃんなのですね。
私もこんなことやってみたくなりました。

昨日の桜に葉の紅葉、本当にモザイクのようで素晴らしいです。今頃咲いているの、オニノゲシだったのですね。覚えよっと。

投稿: tona | 2007/12/20 10:48

写真からクックちゃんが喜んでいるのが伝わってきますね。

ひだまりの中のクックちゃんの毛並みが艶々していて
とても奇麗~
ポージィさん達の愛情も伝わってきます♪

うちの心も・・・お外に出たい願望あるのかなあ~とふと考えちゃいました。
でも・・・小屋の掃除をするために、いつもの場所から小屋を移動させるだけで、
不安そうに自分の小屋を探している姫なので・・・
箱入り娘のままが良さそうです。笑

投稿: SAKURA-MOCHI | 2007/12/20 12:01

クック編とありながら、クックちゃんはたったの二枚。
でも好きな猫ちゃんなので許す~(笑)
まず、上段の右端の子供とクック。これ最高。
クックちゃんも本来は子供好きだったのだと思える最高の出会いだったのね。
クックちゃんが子供を振り向いているような感じだけど・・・
ん、ん、ん?
目線がこちら側・・・ってことは撮影者(旦那様かポージィさんのどちらか)を見つめている。これは間違いなくカメラ目線だ~(^▽^
最初の猫ちゃんは、またご立派なお姿で。幸せなノラちゃんのようです。
下の三枚組、ススキを猫じゃらしにして、これまた傑作。
この女の子は猫が好きなのね。
今朝方、河原に行った時にススキを持って帰ればよかった。
セピアむけにね(^_^)b

投稿: あまもり | 2007/12/20 12:25

クックちゃん本当に可愛いですね。
このような写真を見せていただくと
いやなこと全部忘れて、温かい気持ちになります。
特に三枚目の写真、自然に微笑まれてきます。
  「犬も子も同じ仲間さ小春の日には」
表現し足りませんが・・・・。

投稿: 鎌ちゃん | 2007/12/20 12:34

小さな男の子とクックちゃん、ほほえましい光景ですね。すぐ仲良くなったのでしょう。
猫は、こういうのでじゃれるのが好きですね。女の子の方が遊んでもらっているのかも。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/12/20 13:17

この前の写真のクックちゃんの立ち姿(足)に
老化を感じると言われてましたが
真ん中の写真の立ち姿は凛々しくて立派!
まだまだ現役わんこでいけますよ(^^)v
右端のは小さい男の子と写ってるからかなぁ
とてもチワワと思えない大きさ、逞しさも感じます
やっぱり自然の中のわんこは美しいですね
「その2」を楽しみにしてま~す♪

ブログへのコメント 
参考にならないなんて とんでもない
ありがとうございました

投稿: miki | 2007/12/20 17:03

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

そうですね(^^)いつもと違う場所へ行くとクックは大忙し。
見るものもですが、嗅ぐものはもっと多くて!
地面に鼻をこすりつけるようにしてジグザグに歩いてますよ。

池田姫さんの記事にも、よく公園の猫ちゃんが登場しますよね。
私も猫好きなので、こういう場所で会えると嬉しいです。
でも「野良猫」はほとんどすべて人間のせいですものね。
それを考えると複雑気分です。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

アハッ いつもより丸い目をしてますか?
耳は垂れ耳なので(チワワなのに)可愛く見えますね。
この男の子の傍へ行ってクンクンしていたとき、私はちょっと
離れたところにいたのですけど、男の子は無理に触ろうとも
怖がるそぶりも見せなかったようで、クックもまた恐怖心が
起きなかったようです。いい光景でした(^^)
ススキの穂でねこじゃらし。tonaさんもやってみたいと思われました?
私もですよ~

今の時期、この↑オニノゲシだけでなくハルノノゲシ(ノゲシ)も
咲いていますから、葉の様子をご覧になって見極めてくださいね。


◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

お出かけ大好きクック、いつもの散歩とは違うところへ
行くと、たしかに表情が輝きます(^^)

心ちゃんはお部屋の外の世界を知らないのですよね。
そうだと外への憧れも生まれないかも。
小さな心ちゃんにとって、外の世界は刺激や危険にに
満ち満ちすぎていそうな気もします。
やっぱり箱入り娘のままが良さそうですね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

>クック編とありながら、クックちゃんはたったの二枚

(^^;ゞ エヘヘ 笑ってごまかしておきましょう。

小さい男の子とのショット、クンクンしているところを撮れれば
よかったのですけど、ズーム撮りできるようにカメラの設定を
変えている間にチャンスを逃しました。私が振り向いてカメラを
向けていることに気付いて、こっちに注目しちゃいましたし。
(クックの目線の先にいたのは私です ^^)

猫ちゃんは、座っているのもススキにじゃれているのも
ご立派でしたよ~ 栄養行き届いてます、って感じ。
餌がたくさんおいてありましたから、食べることには不自由せずに
すんでいるみたいでした。
ススキの穂で猫ちゃんと遊んでいた女の子達、楽しそうでしたよ。
じゃらし方が手馴れていましたから、ひょっとすると家にもいるのかも。
セピアちゃんは遊びに誘ったら乗ってくれますか?
ならばススキの穂を試してみるのも一興ですね!


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

可愛いと思ってくださってありがとうございます。
私も、歯を剥いて唸られても、こういう可愛い様子を
見たとたんに忘れてしまいます(^^;)
クックにはたくさんの癒しを貰ってきました。

男の子とクックのツーショットに俳句をよんでくださって
ありがとうございます。明るくて温かい句ですね♪


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

クックはすごく怖がりの性格なのですが、このくらいの年頃の子は
仲間と思っているような節があって、無理に触られれたり
しない限り、自然に接しています(^^)
大人相手だとなかなかそうはいかないのです。

猫はこういう遊び好きですね。
ん? アハハ そうですね。遊んでもらっているのは
女の子の方かもしれません~


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

鳴り物入り?でクック編といっておきながら、たったの2枚でごめんなさい。
その2はもっと登場しますから。

猫に向かって足を踏ん張っているクック、力漲ってました。
この姿は、この前がに股で立っていたクックとはだいぶ違いますね(^^;)
小さな男の子と一緒だとやたらデカく見えますよね!
チワワとしてはかなりデカイんですけど、強調されています。
それで思い出したのですが、ちょうどこの男の子くらいの年頃の私が、
近所の猫に触ろうとしている写真があって、そこに写っている猫は
やっぱりヒョウかライオン並みに大きく見えてました~

家の中でのマーキングは一切したことのないクックなので、
あんまり参考にはならなかったと思うのですが~
苦労する方もいるのですねぇ。

投稿: ポージィ | 2007/12/20 17:20

ポージィさん、こんばんは。最初の写真の猫チャンが一番貫禄があります。毛並みも良いし、顔つきも良い。とてもノラとは思えません。定期的に世話をしている人がいるのでしょうね。幸せなネコだ。クックちゃん、足が曲がっていると思っていたら、違っていましたね。足にも毛がフサフサと生えているのが、そのように思わせただけ。きちんと真っ直ぐ立っているのが分かりました。赤ちゃんと比べて、どれほど小さい犬か分かりました。足だけ見えるるのは、多分ボクのママとおばあちゃん>だとしたら、この写真を撮ったのは誰でしょう。

投稿: polo181 | 2007/12/20 22:02

なんてったて、坊やとクックくんのツーショットは、微笑ましい限りです。
画面をみてると、つい緩んでしまいます。
長閑な時間が伝わってきます。
いつまでもこんな平和な風景をみていたいですね。

投稿: goros | 2007/12/21 01:22

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

ええ、ほんとうに。この猫ちゃんはとてもノラとは思えない姿でした。
餌は足りているのでしょうけれど、冬の間寒さを凌げるいい場所は
あるのかな、とそれが気がかりです。

先日、海辺で立っていたクックは足に力が入っていなくてがに股。
それで年(もうすぐ14歳)を感じましたよ。でも、力を入れて
シャンと立てば、こんな風に若返ります。人間も同じなんだろうなと
思わずこちらの背筋も伸びました(^^)

この写真を撮ったのは私ポージィです♪
クックのリードを持っているのは夫。ボクとそのママとお祖母ちゃんは
全然知らない方です~~
 
 
◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さん、小さい子どもたち結構お好きですよね(^^)
きっとこの場にいらしたら相好崩されただろうなぁと思います。
カメラに収められなかったのが残念ですが(設定に手間取って)、
坊やがおぼつかない足取りで一生懸命歩いている傍へ近寄って
クンクンにおいをかいでいたクックとのツーショットは、
もっと微笑ましかったですよ~

本当に、いつまでもこんな平和な時間を過ごしたいものです…
切にそう願います。
 

投稿: ポージィ | 2007/12/21 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17347426

この記事へのトラックバック一覧です: 引地川親水公園3 -クック編その1-:

« 引地川親水公園2 -植物編- | トップページ | 引地川親水公園4 -クック編その2- »