« ニシキギとマユミ | トップページ | 引地川親水公園1 -導入編- »

2007/12/17

毛のコート  -枇杷-

11月から咲き出して、12月に入ってもまだ咲いている花があります。
寒くなる季節に咲くので毛皮のコートを着ていますよ。
なんでしょう~~? おっと、タイトルに答えを書いていましたね。
 
071107biwa_hana1_4 071107biwa_hana_up_2

花軸、花柄、がく片すべてが毛で覆われています。
茶色の柔らかそうなコートですよね。アルパカの毛みたい。
初夏の頃熟す実にも産毛が生えていますし、葉の裏にも生えていますね。

ビワは葉も実も種も民間薬として広く利用されてきたようです。
枇杷の葉のお茶ってどんな味がするのでしょう。
 
ビワの花を間近で見たのは2~3年ぶりになります。以前見たものは実が生るのを
見られずじまいでしたが、今度はどうでしょう。今回のものは造園屋さんのもの。
実が熟す前に売れてなくなってしまうかも…。
 
 「ビワ」:バラ科・ビワ属 
      果実はおなじみ食用に、葉は薬用に、木材は乾くと硬く折れにくい性質を
      利用して杖や木刀などに用いられるそうです。
 

|

« ニシキギとマユミ | トップページ | 引地川親水公園1 -導入編- »

コメント

近所のビワの花は早めに咲いて終わりましたが、春には実も見ました。
造園屋さんが温存してくれて実が見られるといいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/12/17 10:17

ゴローさんに続き、ポージィさんも枇杷の花の更新ですね♪

僕もある場所は、把握しているのですが、中途半端な距離の場所で、行けそうもありません。
身体は一つしかないですからね。。

ゴローさんと、ポージィさんので堪能させていただきます♪

投稿: noodles3 | 2007/12/17 12:18

久々 へぇ~~~(・o・) です
そもそも「枇杷」が読めませんでした(^o^)

さっき 煮物にシメジを入れたので
なんかキノコ系にも見えたり。。
そうですか、、これがビワの花ですか
生意気に毛皮着てるんですね(^^)

投稿: miki | 2007/12/17 14:09

枇杷の花、はじめて見たような気がしますが何処かで見て居ますね。無意識ってあるのですよね、
想像通りの感じですから、撮影の方法でとてもエレガントに~毛皮を羽織って居ますね。
しっかり美味しい実を付けてくれるようお願いしたいです。
中に見えるお花は果物のお花、この様な感じが多いように思いましたね。あーやはりバラ科でしたか、納得!

投稿: 玲 | 2007/12/17 16:19

枇杷の花って,はじめてみました.子供の頃,近所にあったので,よく…ええっと,それはまあ,コホン.
とにかく花には全く意識が行きませんでした.産毛なんですね.うふふ.

投稿: LiLA管理人 | 2007/12/17 16:41

いい香りがする~と思って振り向いたらビワの花が!
地味だけど存在を知らせてくれる香りはなかなかのもの♪
うちら辺りは田舎なので比較的良く見ます。
散歩コースの川土手に数本植わってるんです。
いつも丁寧に袋がけしたりしてます。
去年、近づいて見てみたら袋に名前が書いてありました(笑)
皆が利用する土手なんだけど、実はやっぱ木を植えた人のものになるんでしょうかね?
採る人もいるから名前書いてるんでしょうかね。

投稿: ちょびママ | 2007/12/17 17:21

寒い冬もこの花だけは暖かそうですね。
本当にあったかいか手でギュッとやってみたくなりそう^^
なーんか不思議なものを見る思いです。
近所のびわは放っておかれ状態で、毎年小さな実がいっぱい生ります。
手を入れフツーサイズにして食べればいいのになと思っている姫です。
余計なことばっか思っています 笑)


投稿: 池田姫 | 2007/12/17 17:27

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんは花だけでなく、実もご覧になれたのですね。
私の目の高さで花が咲いていたので、このままいくとだんだん実が
育っていく様子を目の当たりにすることができるかもしれません。
でも目の前で美味しそうに色づいたら、もぎ取りたくなること
間違いなしですね。そのときはどうしよう。
なーんて、今から気が早すぎですね。オニに笑われそう。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

実は、悟郎さんの記事を拝見して、もういい加減にアップしなきゃと
焦りました~(^^;) 11月に開花を確認してからどうやって
アップしようと迷っていたのですけど、結局ごくふつーの記事に。

noodlesさんも、咲いている場所はチェック済みでいらっしゃるんですね。
無理なさらず今年は悟郎さんのと私のでガマンしてくださいね~
また来年にでも(^^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

「枇杷」の漢字をぽんと見せられたら、私も読めるかどうか
アヤシイです。書くほうはまずダメですね(^^;)

ビワはお庭にありませんか?こんな花なんですよ~~
そうなんですよ。いっちょ前に毛皮のコートなんて着ちゃってます。
あったかそうですよね。
コートの色は茶系ですしね、キノコ系に見えるというのも納得です。
(煮物に入れられたキノコは何かしら?)


◆玲さん、ありがとうございます ♪

玲さんもどこかでご覧になっているかもしれませんね。
それとも、果実の花はこんな風のものが多いとお感じになった
その同じ理由で既視感を持たれたのかしら…?(^^)
科名には、やっぱりバラ科なんだぁ~と、うなずけますよね。
他のバラ科の果樹とは違って、毛皮をまとって冬に咲くとは
面白い道を選んだものです。でもおかげで初夏に美味しい実を
いただけます。この木も無事実をつけてくれるといいなと
思っています。たわわに実っても採るわけにはいきませんが~~


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

枇杷の木には、子供時代たっぷり縁がおありだったようですね
>よく…ええっと
はいはい。まぶたの裏に様子が浮かんでいますですよ(^^)
子供時代はなんてったって花より団子ですよね。
こんな花が咲くのです。うふふ産毛ですよ 触りたいでしょ~
 

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

このビワの花は近づいてもほとんど香らなかったんですよ。
いい香りがすると思っていたのですけれど、種類によるんでしょうか。

ちょびママさんのお近くでは見かけられること多いのですね。
ということは初夏の頃には誘惑があちこちに…
よく行かれる川の土手にも。あれま、袋掛けしてその袋に名前まで?
まぁ気持ちも分からないじゃありませんが(^^;)
本当は管理している県や市の土地に勝手に花や木を植えては
いけないんだと思いますけど、目くじら立てることでもないのかな。
でも、みんなで見て楽しむ花と違って収穫が関わってくると
ちょっと複雑気分でもありますね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

見るからに暖かそうなコートを着ていますよね。
ここまであったかそうなコートを着ている花は、私は他には知りません。
毛羽立ってますから、やっぱり触わっても暖かく感じられる
んじゃないでしょうか。やってみませんでしたけど。

ご近所のビワは放置状態で実を?それでも生った実は食べられて
いるんでしょうか。それなら、ひと手間かけて大きな実を食べた方が
美味しそうですよね。なんといってもビワは種が大きいのですから(^^)
 

投稿: ポージィ | 2007/12/17 17:58

ポージィさん、こんばんは。枇杷、確かに毛深い植物です。子供の頃は、数少ないオヤツの一つでした。この頃はトンと見ません。花は見たことがありません。ついこの間まで、枇杷や無花果が庭にあったので、取って食べたものです。種類にもよるのでしょうが、枇杷の実は種が大きくて、食べるところが少ないという印象があります。バラ科の植物なんですね。ひとつ賢くなりました。枇杷と琵琶、なにか関連があるのでしょうか。

投稿: polo181 | 2007/12/17 21:03

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。ビワは花も毛のコートを着ていますが、葉裏や実にも
毛が生えていて、ほんと毛深いですね(^^)
子供時代にはpolo181さんにとっても貴重なおやつだったのですね。
木に登ってもいで食べられたのでしょうか。
実はよく知っていても、花は今ひとつ目立たないせいか見たことの
ない方が結構多いようです。
ビワはほんのりした甘さが美味しいのですが、種を出しにくいのが
ちょっといけませんね。汁がつくと染まってしまいますし。
それもあってか、栽培農家も減って、高級果物になってしまったそうです。
検索してあれこれ見ていた中に「2006年種なしびわである希房が
品種登録された」という記述を見つけました。
また「葉の形が楽器の琵琶(びわ)に似ているところから名づけられた。
『枇杷』の字は漢名から。」とのことですよ。

投稿: ポージィ | 2007/12/17 21:22

ビワの花をじっくり見た事がありませんでしたが・・・そうか良く見ると可愛いねぇ。庭にビワを植えるのは縁起が悪いと聞いた事がありますが、何でだろう??で、ネット検索しました(^_^;)
端折って言うと「ろくでもない病人ばかりが集まってきて、縁起が悪い!」のだそうです。詳しくはhttp://www010.upp.so-net.ne.jp/m100/CCC.html で見て下さい。
全く反対の意味にとらえられたんだと・・・。
実はロココの家にも去年までビワの木がありました。食べた後の実を庭に植えたら芽が出て・・・1本だけ庭に残しました。5年待ちましたが花が付かず・・・大きくなって場所ふさぎになったので、とうとう去年切られてしまいました(^_^;) 実生で何年たったら花が咲くのかなぁ?

投稿: ロココ | 2007/12/17 22:04

ポージィさん こんばんは!

ビワの花、こんなアップでみたことなかったです
目立たない花ですものね
あら、桜に似ている!と、思ったらバラ科だったのですね
以前、家の裏にビワの種を捨てたら、芽が出てきて
あっという間に大きくなってしまいました
狭いところなので、切ってしまいました
確か、花も咲いて実もなったのですがよく見なかったです
実は小さくて、鳥が食べに来てましたよ

投稿: glenn | 2007/12/17 22:10

枇杷って、毛皮のコートを纏ってでも、冬場に花を咲かせなくてはいけない事情がおありなんでしょうか?
ライバルたちがいない時期に、虫さんを独り占めしなくてはいけないほど、か弱い植物とも思えませんが。
大きな種子は、必ずといっていいほど発芽しますしね。
待てよ、逆かな?
少々悪い環境でも生き残れる強いヤツだから、神さまがこの時期の虫さんたちの食料供給者になりなさいって、そういうことなのかな?
そうだとすると、枇杷って凄い自己犠牲を払っていることになりますね。
咲いた花は、寒さで枯れることもあるって記事も見かけました。

この時期花を咲かせること恩恵を受けるのは、虫さんたちより、初夏の味を届けていただける、我々人間どもがいちばんですけどね(笑)。
せめてもう少しだけ、種子が小さくなってくれないかな~~

投稿: goros | 2007/12/18 01:01

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

あまり目立たない花ですから、じっくり見ることは少ないですよね。
普通高いところで咲きますし。
庭にビワを植えると縁起が悪い、ってよく聞きますね。
ご紹介くださったページ、見てきましたよ。『ビワの薬効を求めて
われもわれもと病人が集まるからやってられない』とはまた狭量な(^^;)
実をあげて種を蒔きなさいとでも言ってあげればよかったのに。
ビワの木にどんどん養分を吸われて土地が痩せるとも書いてありましたね。
ならば、生ゴミ利用した肥料でもどんどんやればいいのではないかしら?
他にも、ビワの木があるお宅は病気になってもビワの木の薬効を
利用して治してしまえて医者の商売上がったりになることから、
植えさせまいと縁起が悪いという噂を流したという医者陰謀説も
聞いたことがありますよ。(笑)

ロココさんのお庭にも実生のビワがおありだったのですね。
花が咲かなかったのはどうしてでしょうね。残念~
「桃栗三年柿八年」のあとに「枇杷は九年でなりかねる」と
つけることもあるそうですが…??


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは
ビワの花のアップ、初めてでいらっしゃいましたか。
私も今回がいちばん間近で見られました。普通高いところで
咲いていますし、目立たない花ですものね。
桜に似ていると思われたglennさん、大正解。
同じバラ科の仲間だったのです~(^^)
果実を食べられる木って、バラ科のものが多いですね。

glennさんのお宅にも実生のビワがおありだったのですね。
そういえば、実家にも捨てた種から生えたビワがありました。
実は食べたことがあったかしら???
glennさんのお庭にあったものは、実が生ったのですね。
鳥さんたちの食糧に。人は試食されなかったのかな。
せっかく生えてきてくれても、すぐ大きくなって繁るので、
場所によっては困ってしまいますね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうですよねぇ。場合によっては花が寒さで傷んでしまう危険を冒して
毛皮のコートをまとって冬に咲く理由はなんなのでしょう。
虫さん独り占め説はよくある説ですが、悟郎さんの新説「虫のために」
気に入りました(^^) 葉も果実も材も根も、全身薬効がある、
ということとも相まって、全てをひとのために捧げる奉仕精神の塊の
木のような気がしますもん。
いちばんの恩恵にあずかっているのは人間ですね。
種は食べるときちょいとやっかいですよね~
検索した中で「2006年種なしびわである希房が品種登録された」という
記述を見つけましたヨ。果肉たっぷりのビワが誕生したのでしょうか。
種無しは繁殖能力を奪うことという気がして複雑な気分ですが。
 

投稿: ポージィ | 2007/12/18 09:56

びわ大好き!!
お値段高い割りに食べるところがなくて
つまらないと思っていた時、
やはり種無しビワの記事を読みました。
スーパーでは種無しビワと書いてあるのは
見たことありませんが、お値段高いのでしょうか?
実家の裏にもビワの木がありましたが、汚い木でした。
こんなに可愛いお花が咲くなんて、
実は成っていましたから咲いていたのですね。

投稿: あやや | 2007/12/18 15:21

◆あややさん、ありがとうございます ♪

わぁ~ あややさんはビワが大好きでいらっしゃるんですね!
そうそう。お値段が高いのに一粒の半分以上は種。
なんだか損をしたような気分になりますよね。
種無しビワのこと、あややさんもご存知でしたか。
あの大きな種がなくなって、ぎっしり全部が果肉なんでしょうか。
私もまだお店で種無しのビワは見た事がありません。
まだまだすごく少ないのでしょうね。だとするとお値段も、
見るのが恐ろしいくらいお高いかもしれません(・。・)

ご実家のビワ、汚かったとは、病気にでかかっていたのでしょうか(^^;
花は気づき難いですね。ひっそりと咲いていたのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2007/12/18 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17355899

この記事へのトラックバック一覧です: 毛のコート  -枇杷-:

« ニシキギとマユミ | トップページ | 引地川親水公園1 -導入編- »