« 引地川親水公園1 -導入編- | トップページ | 引地川親水公園3 -クック編その1- »

2007/12/19

引地川親水公園2 -植物編-

12/1に行ってきた「引地川親水公園」の点描、今日は「植物編」をお届けします。
 
川を挟んだ両側に広がる公園には、芝生の広場や藤棚、桜、ツツジなどの他に、
遊水地や湿生植物園も設けられていて、遊水地と湿生植物園はボードウォークで
歩けるようになっています。湿生植物園はこじんまりとしたものですが、
ボードウォークや木の橋は自然の植物達ととけあい、とてもいい雰囲気でしたよ。
ほかにも、引地川の水辺まで下りられるようなところもあるようでしたが、
今回はそちらへは行きませんでした。
 
(写真クリックでポップアップ・ウィンドウ open 大き目写真もご覧ください)
 
071201metasequoia 071201susuki1 071201susuki3
 
  青空をバックの「メタセコイア」。紅葉(褐葉)はもうだいぶ散っていましたが。
  「ススキ」の穂は、ほわほわになって乾燥してしまったものもあれば、
  綿毛になりかけで風になびいているものもありました。
 
 
071201akaimi 071201akaimi_up 071201oninogesi
 
  グラウンドの内側にあった赤い実びっしりの木。何でしょう?柵越しにパチリ。
  この日撮った唯一の花は「オニノゲシ(鬼野芥子)」:キク科・ノゲシ属 
  「ハルノノゲシ」に似ていますが、葉っぱのトゲトゲが鋭い~
 
 
071201sakura_kouyou 071201noibara_mi1 071201momizi_kouyou
 
  桜の紅葉は、色々な色の葉が混ざってモザイク画のような面白さ。
  遊水池のボードウォーク沿いには「ノイバラ」(?)の実がたくさん見られました。
  広場で燃えていたもみじの紅葉を日に透かして、その赤を楽しんで…
 
 
花を撮ったのは「オニノゲシ」だけでしたが、湿生植物園の中には
「セイタカアワダチソウ」もまだ咲いていましたし、公園の碑銘の近くには
色とりどりのパンジーも綺麗に咲いていました。
この公園の湿生植物園は、手をかけて色々な水辺の植物を植えてあるという
風には見えませんでしたが、季節が違えばまた別の顔を見せてくれそうです。
 
「植物編」はこれでお終いです。次回は「クック編 その1」をお届けします。
 

|

« 引地川親水公園1 -導入編- | トップページ | 引地川親水公園3 -クック編その1- »

コメント

オニノゲシは見かけないけどハルノノゲシはチラホラ咲いてますね。
他にホトケノザとかハナイバナとか季節感のない奴らだけど昆虫にとっては貴重な食料源ですね。

さすがに実の写真だけでは分かりにくいけど二段目のはウメモドキを候補にあげておこう。
三段目のはノイバラか、テリハノイバラか。

投稿: 平家蟹 | 2007/12/19 10:28

なかなかコメントできず、ご無沙汰になってました。
晩秋から冬にかけての雰囲気満載の写真、素敵ですね!

ところで、セイタカアワダチソウですが、
今朝、出勤途中に枯れかけた花が白く見えましたが、
どうなっているんでしょう?実がなっている?
今度じっくり観察してみたいです。
それまで残っていれば・・・ですが^^;。

投稿: koko | 2007/12/19 12:15

たくさんの作品、
まだまだ晩秋・初冬の雰囲気ですね。
田舎の厳しい冬嵐を体験してきたあとだけに、
ピンときません。

という鎌ちゃんも、今日は小春日、
近所で、ポカポカした写真を撮ってきましたが・・。
こうしてみると、日本も広いですね。

その赤い実は何でしょうね。
是非知りたいです。

投稿: 鎌ちゃん | 2007/12/19 13:11

ポージィさん、こんばんは。HPを開いて地図を見ました。川の両サイドを利用した公園ですね。池もあるようだし、130mにも及ぶ藤棚もあるとか。かなり整備に力を入れた公園のようですね。
母は藤が好きで育てていました。改築の時に、株分けして小さいのを育てています。狭い、裏庭で楽しんでいます。実がなっていて、間もなく種として収穫できそうです。その種をカナダにいる妹に送って育てて貰おうと話し合っています。
クック編は楽しみだな。

投稿: polo181 | 2007/12/19 17:09

◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

そちらではハルノノゲシが咲いているのですね。
こちらでもハルノノゲシも咲いています。(隣の空き地でも)
オニノゲシはハルノノゲシに比べて見かけることも少なかったのに、
今年は何故か12月になってからちょこちょこ見かけます。
フフ この季節になっても咲いている花はさすがに少ないですから
虫たちにとってはありがたいでしょうね。

赤い実の名前の候補、ありがとうございます。
ウメモドキの可能性大でしょうか。私も検索してウメモドキの写真を
いくつか見てみたのですが、さっぱり分かりませんでした。
春になって葉や花を見られたらはっきりしそうですね。
それまで第一候補ということにさせていただきます(^^)
ノイバラは、平家蟹さんのブログでもテリハと2つ名前を挙げて
いらっしゃいましたね。これも葉が残っていなくて。
でもノイバラであることは間違いなさそう~


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

コメント嬉しいです。でも無理はなさらないでね。
よく晴れた日の晩秋から初冬は、まだ真冬ほどの寂しさはなくて
風景にも温もりが残っていますね。
いよいよ真冬になると緑の色はくすんみ空の色も薄くなってしまいますが。
でもそちらはもっともっと寒いのですものね。

セイタカアワダチソウが白く見えたとのことですが、
もしかして綿毛に降りた霜が白く輝いていたとか?
こちらでは、残っているセイタカアワダチソウはみんな
もじゃもじゃの綿毛になっています。
お時間があったらぜひ近くで正体を見てきてくださいね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

この公園へ行ったのは12/1のよく晴れた穏かな日でしたから、
辺りの風景も仰るとおり晩秋から初冬の温もり感あるものでした。
故郷で体験された冬嵐の光景とはまるで違うでしょうね。
赤い実は、平家蟹さんが第一候補「ウメモドキ」を挙げて
くださいましたが、最終判断は来春を待ってということに
なりそうです。

今日は大阪は小春日和ですか?こちらは雲が多くて風も冷たく
寒ーい一日でした。
 

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

公園のHPも見てくださったのですね。ありがとうございます。
市の公園の中では広いほうかもしれません。
HPに書いてあった藤棚、確かにありました。それにツツジも。
まだ若い桜の木も何本か。春には結構華やかな様子を見せてくれそうです(^^)

この間からお母様が育てていらしたというお庭の植物がよく登場しますね。
きっと花や草木がお好きでいらしたのですね。藤もお好きでしたか。
お母様が慈しんでいらっしゃった藤が、今polo181さんのお庭で
実を結び、それが間もなく海を渡ろうとしている。とても素適です。
カナダでも綺麗に咲いてくれるといいですね!

クック編は2回に分けてアップします。期待外れにならないといいのですが(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2007/12/19 17:34

1段目は空と秋色の植物たち。
メタセコイヤは背が高いのでそのまま上を写せるけど、
ススキの2種はしゃがんで撮ったようで。
風になびくススキ、こちらでも今こんなふうです。
2段目は縦長の写真を集めて。
葉の落ちた木に赤い実がびっしり。冬枯れの始まった公園では目立つんだろな。
オニノゲシ、ほんとにするどい葉っぱのトゲトゲ。
触るとケガするよ、なんて言ってるようで。人間には触ってほしくないのかも。
3段目は秋色を楽しんで。ポージィワールドの世界。
桜の葉の色づきはほんとバラエティーに富んでます。
でももう、今頃はほとんど葉を落としていそう。
ノイバラの実は色づきがマチマチなのがまた可愛い。
赤いもみじをどうしても透かして見てみたかったのね。

きちんとしたレイアウトでまとめましたね(^o^)v

投稿: あまもり | 2007/12/19 17:49

昨日の「導入編」の最初の2行を読んだだけで
すぐ写真にクックちゃんが居ないか確認して
少しガッカリした後で最後まで記事を読み
ヤッター♪と思ったことをここに白状します(^_^;

すっかり冬らしく寒くなって 
散歩中も植物に目が行く余裕がなくなったので
ここで自然を感じさせてもらってます
で、次回はもっと楽しみにしてますね(^_^)


追伸
もし お時間があるようでしたら
私のブログへ来ていただけないでしょうか。。。
♂わんこを飼ってる方から 
わんこと一緒にお泊りするには?
という質問をされてますので(^_^)

投稿: miki | 2007/12/19 18:43

いろんな植物が見られますね。春や秋には相当楽しめそう。
近所でもノイバラの実が赤くなっているのを見ました。まだ撮りそびれています。
最後のモミジの写真が素敵ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/12/19 19:02

オニノゲシ、僕も撮りました。
咲き残り?はやとちり? どちらでしょう??

今の時期、凛とした空色と紅葉が、美しいですよね♪

投稿: noodles3 | 2007/12/19 19:52

桜の葉がまだ完全に紅葉していないんですね、妙高では完全に枯れ木です。(今日のロココの風景写真の木が桜のです)こんなに違うなんて・・・。
ノイバラの実、食べるとほのかに甘いんですよ。ロココは庭のを2、3粒食べてみました、なんだか懐かしい味がしました。

投稿: ロココ | 2007/12/19 21:13

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

見上げる視線で撮ったメタセコイアと真ん中のぽわぽわススキ。
惜しいです!実はメタセコイアをしゃがんで撮って、ぽわぽわススキは
立ったまま撮りました~。遊水地のススキは背が高くて。
私がチビだからというせいもありますけれど。
なびきススキはご推察どおりしゃがんで撮りました(^^)
あまもりさんのお近くでは風になびくススキが見られますか。
うちの近辺ではもうほとんどぽわぽわ・カサカサ状態になりました。

桜の紅葉は目を瞠るような鮮やかさはありませんが、変化に富んでいて
面白いですね。これももう近所ではほとんど散ってしまっています。
この公園のものも散り終わったかもしれませんね。
ノイバラの実の色づきは、こんなもんでしょと、これが当たり前のように
受け入れていましたが、よく考えたらイマイチの色づきですね(^^;)
あれからもっと赤くなったのかしら?

レイアウトを褒めていただいて、何だか妙にこっぱずかしいですヨ~
あまもりさんが編集者の目線になられたようで(笑)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

後援の記事ですものね。『あれっ、クックがいない!?』と
がっかりされますよね~(^^) クックのこといつも楽しみにして
いてくださってありがとうございます。
そんなこともあろうかと、クック編もあることを予告させていただきました。
明日/明後日でせこく2回に分けて登場させますからお待ちくださいね♪
今日のところは初冬の自然を楽しんでいただいて…

いまさっきmikiさんのところへ伺って、クックとのお泊りの
ときのこと、書かせていただいてきました。あんまり参考になりませんが。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

そんなに種類は多くなさそうですが、それでも春夏にかけては
何かしら楽しめそうですよね。ちょこちょこ行けるといいのですが。
おーちゃんのご近所でノイバラが見られるのですか?いいですね!
私は自然の中で生えているものはここで初めて見ました。
ご近所のものの実の色づきはもっといいでしょうか?

紅葉の写真、気に入ってくださってありがとうございます(*^^*)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

noodlesさんもオニノゲシと会われました?
私は、この公園で会った後、近所でも見かけたのですが、
その場所でずーっと見た事はなかったのに、
晩秋から突然生えてきて初冬に花が咲きました。
これって、咲き残りではないですよね。
はやとちり、なんでしょうか?でも今の時期を狙い
済ましたような生え方・咲き方で確信が持てませんね。

青く澄んで「凛とした」青空と紅葉の組み合わせ、
美しいですね。そろそろほとんど散り落ちて、
これからしばらくは小さな芽をつけた木々が冬空に
くっきり姿を刻むことになりますね。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

この公園での写真は12/1のもので…20日近くも前の状態ですね。
さすがに今では、もう大部分散り落ちてしまっていると思います。
でも、やっぱり差がありますね。なんといっても妙高はもう
雪が降ったのですもの。

ノイバラの実もほんのり甘いのですか?遊水地にたくさん生えていた
のですが、手は届かなかったのです。懐かしい味…食べてみたかったなぁ。
 

投稿: ポージィ | 2007/12/19 21:52

お天気がよかったこともあるんでしょうが、穏やかな晩秋風景を見させていただきました。

赤い実は、私もウメモドキを候補にいたします。
樹形や実の付きかたなどは、落葉したウメモドキそのものだと思います。
初夏に咲く花で、最終確認なさってください。
それにしても、赤い実いっぱいですね~~

サクラの紅葉、いろいろな色が見られて、素敵ですよね。

投稿: goros | 2007/12/20 02:13

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

このくらいの風景までが、温もりを感じながら眺められますね。
この先は春になって草木の新芽が動き始めるまでは緑もくすんで…
暖かな色はサザンカやツバキが頼り…というようなことに。
すみません。昨日が冷え冷えとしていたもので間もなく来る真冬に
悲観的になってます~(^^;ゞ

赤い実、悟郎さんもウメモドキが第一候補と思われます?
平家蟹さんと悟郎さんのお二人がそう思われるのですから
間違いなさそうですね。来年、タイミングよく行けたら最終確認しまーす。
実の数、多いですよね!うじゃうじゃ付いていました。

桜の紅葉を見ると、必ず悟郎さんの芸術作品を思い出しますよ(^^)
 

投稿: ポージィ | 2007/12/20 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17333354

この記事へのトラックバック一覧です: 引地川親水公園2 -植物編-:

« 引地川親水公園1 -導入編- | トップページ | 引地川親水公園3 -クック編その1- »