« 秋の名残 -大庭城址公園- | トップページ | ツタ飾り »

2008/01/10

初冬に咲く -大庭城址公園-

昨日に続いて12月の半ば(12/16)、「大庭城址公園」へ行ったときのものです。
秋の名残の紅葉や実ものを見つけたあと、初冬に咲いている花も見つけました。
あのときは、なんだかとても久し振りに【花!】を見た気がしたなぁ…
実際には園芸植物の花たちはちょこちょこ見ていたのに不思議。
 
(写真クリックでポップアップ・ウィンドウ open 大き目写真をご覧いただけます)
 
071216obazyousikouen_rose2 071216obazyousikouen_rose1 071216obazyousikouen_rose4
 
一隅に小さなバラ園があります。何故かここのバラ園が花盛りの時期には
行き合わせたことがないのですが、この日は冬のバラがちらほら咲いていました。
冬薔薇と書いて「ふゆそうび」と読むことを、恥ずかしながら昨冬初めて知った私。
以来「冬薔薇(ふゆそうび)」の言葉の醸す雰囲気は、すっかりお気に入りと
なっています。
 
 
071216obazyousikouen_fuyuzakura2_2 071216obazyousikouen_fuyuzakura2_up
 
まばらに咲いていた「フユザクラ」。この位の花付きで冬中咲き続けるのでしょう。
秋から冬と春に咲く、四季咲きの桜です。淡い淡い、白に近い淡いピンクの花は、
花を探して見上げないと、空の中に紛れて見逃してしまいます。
「ジュウガツザクラ」の札が付いていましたが、「フユザクラ」としました。
 
 
071216obazyousikouen_cook2_kaonasi 071216obazyousikouen_kage1
 
写真としてのできはイマイチですが、おまけとしてほのぼの系を2枚。
薬の副作用のせいで始終お腹をすかせていたクック。途中でおやつタイムです。
真剣な表情がなんともいえません。
ふと地面に目を落とすと、そこにはちょうど3人の影が長く伸びていました。
これは面白いと立ち止まってもらってパチリ。
せっかくだから上手に撮れたらよかったのに。またチャレンジしよう。
 

|

« 秋の名残 -大庭城址公園- | トップページ | ツタ飾り »

コメント

>冬薔薇と書いて「ふゆそうび」と読む
なんて、知りませんでした〜!
しかも右の赤いバラは、拡大するまでハナミズキなのかと思っちゃいました。(^^;)
(一重のカクテルでしょうか?)三枚ともバラだったんですね。
私も、切るのが忍びなくて蕾のままだった一枝を、暮に花瓶に挿しておいたんですけど。
年を越して、やっと開きそうになってきました。

逆光気味の光の中で、ちゃんとお座りしておやつを待ってる健気な姿が可愛いし。
3人の影が長く伸びている写真も、影だけじゃなくて、陽射しを浴びたクックちゃんがこっちを向いてるのが効いてますね♪

投稿: nanbu | 2008/01/10 11:12

>冬薔薇と書いて「ふゆそうび」と読むことを

私もnanbuさん同様、知りませんでした~。
それどころか憶えられないかも~(;;)。
薔薇は寒くなっても咲いているものが結構ありますよね。

私の通勤路にフユザクラが咲いています。
随分前からずっと咲き続けています。
そういう花なのですね?
花つきもとても良いんですよ。

クックちゃん、かーわいい♪
おやつを待っているときの、
頭から背中にかけてのライン。
耳もしっかり前に向けて。
こういうとき、特にかわいいなあと思います。

投稿: koko | 2008/01/10 12:31

私も上記のお二方と同様に冬薔薇を「ふゆそうび」と読むとは知りませんでした~。
それに一段目の右端の花、これもバラとは!です。
nanbuさん同様、私も12月にハナミズキ?でした。
一重のバラとは珍しいんじゃないですか?
春の桜のように一面に咲くのじゃなくて、ポツンポツンと咲いているというフユザクラ。
フユザクラの命名がピッタシカンカン(古っ)。
冬桜も「ふゆそうび」と呼びたい趣きが有りです。

クックちゃん、薬の副作用でしょっちゅうお腹を空かせているとは。
お父さんを一心に見つめている姿の健気で可愛いこと。
おっ、陰は足を長く見せる~(^_^)v
足長お兄さんと足長お姉さんと足長犬が、冬らしい感じが出てますよ。
(ちょっとリンゴを擦ってってるかな(笑))

投稿: あまもり | 2008/01/10 13:10

冬バラに冬桜ですね。
青空に映えていますね。
ふゆそうび?
どうして読めますでしょう?無理~^^
姫だったらね・・・
最後の3人?の写真ですが、
影だけにして道の向こうも長く撮ります。
そうするともっと足が長いです、
じゃなかった(汗;)より雰囲気が感じられますでしょう。
気にしないでください。おせっかい姫でした^^

投稿: 池田姫 | 2008/01/10 14:54

こちらこそ遅ればせながら
おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

ふゆそうび、ふゆざくら
なんともお正月に相応しい優雅な名前です。
冬の寒さにもめげずに、こんなに素敵なお花が咲いてるのですね。
ふと地面に目を落とすと~~影が長く伸びていました。
この言葉の締めくくりでメロドラマの1節を読んでいるような気分になりました。
右指を怪我してしまいお伺いするのが、
遅くなりまして申しあけございませんでした。


投稿: あやや | 2008/01/10 16:26

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

冬薔薇と書いてふゆそうびと読む
nanbuさんもご存じなかったですか?ホッとしちゃいました(^^)
フフッ 右上のは確かにハナミズキに見えますね。
実はバラだったのです。カクテルに似て見えますが名札がなかったので…
昨年は晩秋が暖かだったせいか遅くまでバラが蕾をつけましたね。
nanbuさんのお宅のバラも思いがけない時期に美しい咲き姿を
見せてくれそうなのですね。
うちのズボバラでさえ蕾を付け、片方は今まさに咲いています。
いいのだろうかと思いつつそのままです。
(そのうちしっかり剪定しなくちゃいけない時期ですね)

おやつを待つクック、真剣で可愛いでしょう~(デレデレ♪)
影の写真は、せっかく入れたクックが白飛びしてしまって残念でした。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

冬薔薇と書いてふゆそうび
kokoさんもご存じなかったですか?またまたホッ(^^;ゞ
冬になっても咲こうとするバラを見ると、病気や虫の害は多いけれど
寒さや乾燥には結構強いと読んだことを思い出す私です。

おっ、通勤路にフユザクラが咲いているなんて、素適。
それも花つきよくずーっと咲いていてくれるなんて嬉しいですね。
この公園のは花つきはイマイチでこんなもんなのかなと思っていました。

>おやつを待っているときの、頭から背中にかけてのライン

うんうん。クイッと頭をもたげて真剣そのもの。
こういうときってとーっても可愛いですよね(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

おぉ、あまもりさんもご存じなかった「ふゆそうび」
ホッが3つ目になりました。ホッホッホッ~3 

そして右上のバラはやっぱりハナミズキにお見えになったのですね。
確かに感じが似ていますから(^^)
原種のバラたちはまず一重のようなんですよ。ナニワノイバラも
そのひとつですね。この↑バラは原種系かどうなのかは分かりませんが。

フユザクラがピッタシカンカン(私には古くないですよん)と
言っていただいたこの桜、八重がジュウガツザクラで一重がフユザクラ、
総称がフユザクラとの記述をいくつか見ました。
名札はジュウガツザクラでしたがアップにして見てみると一重。
それならばと総称でもあるフユザクラの方を選びました~。
フユザクラも冬そうび、同じバラ科ですしいいかもしれませんね!

おねだりクックはほんと可愛いです。悩殺ビーム飛ばしてくるんですよ。
負けそうになりながら心を鬼にしなきゃいけないことが多くて大変です。
長~く伸びる影の写真は面白いですね。足長の2人と1匹かどうかは
疑問ですし、お兄さんお姉さんっていうのは大いに疑問ですけれど(^^;)


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

バラ科同士がきれいに咲いていました。
んん?池田姫さんもふゆそうびはご存じありませんでしたか。
ホッが4つも重なって心底安心しちゃいましたよ。

影の写真にアドバイスありがとうございます。
おせっかいなんかじゃないですよ~
うんうん、影の向こうの空間も入っているともっと奥行が出て
長さが強調されますよね(^^)
また機会があったらぜひそんな撮り方を狙ってみます。
ただ、この時は足元から頭までをフレーム内に押し込むのに
苦労した覚えがあるのですが、どうしてだったのやら??
忘れちゃいました。
 

◆あややさん、ありがとうございます ♪

おめでとうございます(^^)
今年もどうぞよろしくお願いします☆・☆・☆

あややさんはふゆそうびやフユザクラの名に、優雅さを感じられたのですね。
私も、冬薔薇をふゆそうびと読むとき、なにやらクラシカルな雰囲気と共に
重厚さや荘厳さまで感じられるような気がしています。

ふと足元に目を落とすと… 
この時は本当にそうだったのです。ちょうどアーチのある場所で、
これは撮りたい!と意気込んだのは良かったのですが出来はイマイチで(^^;)
あややさんにはロマンチックに感じていただいてありがとうございます。

利き指をお怪我されたのですか?
大変でしたね。指の怪我は例え軽くても痛いですしとても不便なもの。
もう良くなられたのでしょうか。お大事になさってください。
 

投稿: ポージィ | 2008/01/10 17:16

最後の、影の写真に、涙が出るような感動を覚えました。
仲のよいご夫婦と、幸せそうなクック。
そのクックが病魔に冒され、ポージィさんもまた
病を抱えておられる。
その二人と一匹が、影となって並んでおる姿が、
とても嬉しくて・・・・。
どうぞ、ポージィさんもお大事にされ、クックも、
幸せな時を一日も長く過ごされるように願っています。

冬薔薇・・・「ふゆそうび」という響き、
鎌ちゃんも好きで、句を詠んで見たいのですが、
なかなか浮びません。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/01/10 19:27

冬バラに冬桜、今の時期には嬉しいですね。
影の写真はクックだけ本人いや本犬が写っているのが面白いです。それに多分顔の下の毛の関係で影が山羊の顔のように見えるのも楽しいです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/01/10 20:08

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

そんなに感動していただいて…(;_;)
鎌ちゃんは本当に優しい方ですね。ありがとうございます。

クックの病気はジリジリと一方通行なので、
可能なうちにできるだけ一緒に連れ出してやりたいなと
そんな風に思っています(^^)

冬薔薇(ふゆそうび)、いい響きですよね。ぴったり5音ですし。
でも簡単に句に詠み込めるものでもないのですか。
それくらいこの言葉の独自性が強いということなのかもしれませんね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

冬のバラ、花の少ない時期にとても新鮮に感じました。
きっともう来春のために伐られてしまったでしょうけれど。
フユザクラも私が知っているのはここのものだけ。
今年も見られて嬉しかったです。
 
影写真にクックの実写が入ったのは正解でした?ありがとうございます。
ほんとだ~、クックの影はあごひげのあるヤギみたいに見えますね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/01/10 21:08

大庭城址公園、近くに住んでいたのに行ったことがありませんでした。
お花も咲いていて静かないい公園ですね。
ふゆそうび、以前に聞いたたことがあるのに、もうすっかり忘れていました。いい言葉ですね。
フユザクラは目だたないのに、そばによって見ると気品も感ぜられますね。写真がまたとてもきれいです。長く影が伸びた写真、憧れです。いつか撮ってみたいです。
クックちゃん、薬の副作用があるなんてかわいそうですね。

投稿: tona | 2008/01/10 21:38

一昨年同様、昨年の暮れにも、かなり遅くまで冬の薔薇が咲いておりました。
ポージィさんが出会った薔薇たちも、風景が写っていなかったら、季節はいつ?って状態ですよね。
一重の薔薇は、特に花の状態がいいですもね。

確かに一重のフユザクラですね。
あまり目くじらたてるつもりはありませんが、札に書かれている名前で、?ってものに出会うことがあります。
ジュウガツザクラと限定するのなら、正式に名前を書いて欲しいです。
「冬咲く桜」、これで充分なんですけどね、私には(笑)。

おやつを待つクックくんの真剣な表情には、つい笑っちゃいます。
この瞬間は、何が起きても振り向きもしないでしょうね(笑)。

家族三人の長い影、いい雰囲気ですよ。
いつもチビだと仰っているポージィさんも、このときばかりは巨人の国の住人ですね(笑)。

投稿: goros | 2008/01/11 02:05

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

大庭城址公園、いらしたことありませんでしたか。
茅ヶ崎からだとちょっと離れていますものね。
電車とバスを乗り継いでいくほどの公園でもありませんし。
普段は楽しめる花の数は決して多くないのですが、
春の桜のときはなかなか見事ですよ。すごい人出で藤沢市内の
桜の名所のひとつになっているようです。

ふゆそうびは響きのいい奥深さを感じさせる言葉ですね(^^)
そうそう。フユザクラは咲く季節のせいか咲き方のせいか、
tonaさんが仰るように気品が感じられます。

長く伸びた影は、ついつい撮りたくなります。なかなかうまくは
撮れないのですけれど。tonaさんもぜひお試しになってみてください。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

薔薇って寒さに強いのですよね。早くに冬剪定をされたものは
別として、結構遅くまで咲いて、しかもなかなか綺麗です(^^)
今年はうちのズボバラも咲いているんですよ。1輪だけですが。

ジュウガツザクラとフユザクラの違いは悟郎さんのところで
勉強しましたからね(^^) でも、一重と八重がそれぞれどっち
だったか思い出すのに苦労しました。公園などで名札を付ける
ときには、やっぱり正しい名前をつけて欲しいと思います。
それを頼りにする方がほとんどだと思いますから。
個人的には悟郎さん同様、冬に咲く桜で十分ですけれど(^^;

おやつを待つクックはめちゃんこ真剣でしょう?
「この瞬間は、何が起きても振り向きもしないでしょうね(笑)。」
はい、その通りです!呼んでも振り向きもしません(^o^)
長い影が伸びているときの私の心境、読まれちゃいましたね。
いつになくすらりと背が高く足が長くなったようないい気分に
ひたれるので、しばし眺めてしまいます。ニタニタしてるかも…
 

投稿: ポージィ | 2008/01/11 11:44

冬に咲くバラはステキですね、他にも冬に咲くもの牡丹とかあるのですね、
寒中に頑張っていると感激してしまいます。

クックちゃんを挟んでとてもいい感じですね、優しそうなご主人ととても見ていて微笑ましく羨ましく(笑)
年代でその様な時ってありますね。
ポージィさんはお年に似合わずというと変ですが
しっかり物を見、考え、成熟した女性のお手本みたいな方とお見受けしています、
ご主人もその辺のことなどご両人でお幸せなのでしょうと、いつも勝手に推測等しています。

投稿: | 2008/01/11 17:37

◆玲さん、ありがとうございます ♪

冬のバラは、寒さの中咲いているせいか、はたまた他に花が
少ないせいか、より美しく感じますね。
そうでした、寒牡丹というのもありますね。
たしか鎌倉の鶴岡八幡宮でも見られるのではなかったかしら?
私は見にいった事がないのですけれど。

玲さんには、私たち3人をいつも温かい目で見ていただいて
ありがとうございます。いまが最良のときなのかもしれません。
えぇ~っ私が成熟したお手本!?いえいえ、それは玲さん、
買い被りですよ。恵まれた幸せ者であることはその通りですけれど、
私自身はいつまでたっても未熟者でいたずらに齢ばかり重ねて
いると、自分では感じています(^^;ゞ

投稿: ポージィ | 2008/01/11 23:06

今年最初のクックちゃんのお写真だぁ♪
オヤツ欲しさに オスワリしてる姿が愛らしいのは
わんこ共通ですね。。
この大人しさが続かないのも(^^)
もうすぐお誕生日でしたよね
このほのぼのな光景が一日も長く見れますように。。。

私も散歩中に大きな影ができた時に
写真に納めようかと思うんですが
なかなか思ったように撮れなくて断念してます
携帯も変わったことだし 今年はこれに挑戦してみまっす

投稿: miki | 2008/01/12 12:27

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

は~い、今年初登場です~(^^)
ワンコたちのおねだりポーズとおねだり顔は、
どうしてこんなに可愛いんでしょうか???
明らかに表情も愛くるしくなっていますよね。
そういう本能を備えているとしか思えません。
一日中お腹空きまくりの間のクックの、
このちょうだいちょうだい攻勢に対抗するのは
いやはや辛かったです。
(あげなきゃ痩せちゃうけれどあげすぎてもいけないし)
クックの誕生日覚えていてくださったんですか?
ありがとうございます。あと2週間弱です(^^)

mikiさんも長~い影にはついカメラを向けたく
なられるんですね。何か惹かれるんですよね。
うんうん。ぜひnew携帯のカメラでもLet's try!です。
(な~んかルー語みたくなってしまいました ^^;)

投稿: ポージィ | 2008/01/12 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17434324

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬に咲く -大庭城址公園-:

« 秋の名残 -大庭城址公園- | トップページ | ツタ飾り »