« 春のにおいがするかな? | トップページ | 施設の狛犬 »

2008/02/22

新林公園でプチ・トレッキング

約2週間前の2月9日、またまた藤沢市内の公園へ行ってきました。
今回行ったのは藤沢市街中心地に程近いところにある「新林公園」
公園のぐるりを全長1.5キロほどの散策路が囲み、自然を眺めながらの
プチ・トレッキングを楽しむことができます。この散策路を何周も何周も歩いて
トレッキングのトレーニングをする人もいらっしゃるのだそうです。
 
小さな梅林もありましたよ。咲き始めたばかりの梅を眺め、天保12年(1812年)に
建てられた古民家を見学後、その裏手から散策路に入りのんびり歩きました。
例によって点描をご覧ください。  (写真クリックで大きめ写真もご覧いただけます)
 

080211sinbayasikouen1 080211sinbayasikouen2_hakubai 080211sinbayasikouen4_kominka2 080211sinbayasikouen6_sisiotosi2
 
左から右へ(1)~(4)
 (1) ちいさな梅林では早咲きのものが紅白揃って咲いていました。
 (2) 白梅
 (3) 天宝12年に建てられた茅葺き屋根の古民家の門。 
     囲炉裏、階段箪笥、かまど、つるべ井戸などを見ることができました。
 (4) 散策路途中にあった「獣落とし(ししおとし)」小動物を捕えるための
     落とし穴です。明治時代に掘られたものがまだ埋まりきらずに残っています。
 
 
080211sinbayasikouen7 080211sinbayasikouen8 080211sinbayasikouen9 080211sinbayasikouen10
 
左から(5)~(8) 散策路の様子です
 (5)小道の表面をうねる木の根 踏んづけて歩いて大丈夫かな。
 (6)けっこう急な坂道もあります
 (7)クックは夫のふところに抱かれて上りました。夫は腕がプルプルに…
 (8)シダがたくさん生えたジャングル風の場所も
 
 
080211sinbayasikouen11 080211sinbayasikouen12_cook 080211sinbayasikouen15_risu2 080211sinbayasikouen16_neko
 
左から右へ(9)~(12)
 (9) 途中、ぱーっと開けて谷と市街と海が見下ろせる場所に休憩用のベンチが
     置かれていました。そこで言葉を交わした女性二人連れのお一人は
     85歳とのこと。とてもお元気そうでした。
     まだ色彩に乏しい辺りの様子でしたが、春から秋にかけては綺麗な光景を
     見下ろせそうです。
(10) 夫のコートのふところに抱かれてすっかり寛ぐクック。
     ねんねこ半てんでおんぶされた小さな子どもを思い出しませんか?
(11) 散策路途中では、時おり台湾リスを見かけました。
     電線や家屋などを齧る被害が出て問題になることも多いようですが、 
     つぶらな瞳とふわふわの尻尾が可愛いリスたちでした。
(12) 駐車場近くの植え込みの辺りにいた野良ニャンコの1匹。
     目線の先では、別の2匹の野良ニャンコが男性に餌を貰っていました。
     「ぼぉーくも 早く食べたいなー」
 
 
湿生植物園、とされている場所や、池に面して野鳥観察のための穴を開けた
ボードも立っていましたし、けっこう長い藤棚もありました。
ここへも、また違う季節にも是非訪れてみたいと思っています。
 
たくさん見てくださってありがとうございました。
  

|

« 春のにおいがするかな? | トップページ | 施設の狛犬 »

コメント

藤沢の市街地に近いところに、こんな素晴らしい公園があるのですか。初めて知りました。
境川にも近いし野鳥もたくさんいそうですね。
訪ねてみたいところを教えていただきました。ありがとうございます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/02/22 12:59

鎌ちゃんは毎日河川敷を歩いていますが、
この写真のような、上り下りがあったり、
梅林があったりすると、退屈しないでしょうね。

またここでも、ご主人と一緒、
本当に仲がよいことで・・・。
我が家も見習います。
クックもご主人に抱かれて幸せですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/02/22 13:56

梅あり古民家あり、森林あり、トレッキングできるコースあり。
森林公園ていいところですね。
このサイトのイラストマップを見ると実に緑が多い。
原生林をそのまま利用した公園のようですね。
それに、小さな声でいいますが、このサイトの説明より
ポージィさんの写真と説明のほうがより分かり易いですよ~(^O^)v
(5)の小径の木の根、ほんとに踏みつけていいのかと思ってしまう。
木の根を踏みつけるのはよくないと聞いているけど、
公園管理のプロはちゃんと心得ているはずだからきっと大丈夫なのね。
クックちゃんは、ずーっと旦那様の懐の中で幸せそう。
旦那様は手がしびれたって?
でもクックちゃんの温もりもあって寒さが少しでも増しになったはずだよね。
ほどよい暖かさの生きたカイロを抱えているようなもんだもの。
(あっ、クックちゃん、カイロだなんて言ってごめん、許してね)

これが台湾リス。ここ森林公園に多いの?無責任な飼い主のせいね。
可愛い顔してる。
暖かい故郷から無理矢理に連れてこられて、
できることなら冬の寒い日本で棲みたくないはず。
飼われていても捨てられても、なんとか生きようとするのは動物の本能。
身勝手なヒト科に翻弄された犠牲動物とも言えるよね。
私は無責任だからここで元気に過ごして欲しいと思う。

春にも素晴らしい景色が待っている森林公園。
行けることがあればまた見せてね。

投稿: あまもり | 2008/02/22 16:25

森林でなく新林なのですね。
江ノ島の方へ行く市民会館の近くの道路沿いに友人が住んでいます。そこから近いようですね。
木も多く、トレッキングも出来て、梅も咲いて、湿生植物園あり、野鳥観察までできるなんていいですね。
これから季節ごとに楽しめそうですね。
クックちゃん喜んだでしょう。
近くでしたら行きたいです。

投稿: tona | 2008/02/22 16:26

よさそうなところですね~
古民家 とっても素敵です。
散策路に這った根すごいですね~~
クックちゃんは どこでもいっしょなんですね。
小さいから 抱っこするのも楽ではないのですか??
うちは 大きいからちょっと腰にきます。^^

自然がいっぱい 湿性植物園もあるのですか~~
池もあるんですね。野鳥さんがくるのね~~
行ってみたいけど 遠いかも~~

投稿: pole pole | 2008/02/22 16:48

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ずっと忘れていたのですが、昨年末くらいにひょいと思い出して、
先日やっと行ってみることができました。
もう何年も前に1度だけ行ったことがあると思うのですが、
2人とも記憶もおぼろで、そのおぼろな記憶も食い違ってました(^^;)

私が行ったときは残念ながらバードサンクチュアリのなかに
野鳥は一羽も見当たらず、散策コースでも見かけたのはカラスと
鳩だけでしたが、たくさん見られるときもあるのかもしれません。
機会がありましたら、おーちゃんもいらしてみてください。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

散策路は変化に富んでいて、でもきつすぎはせず
なかなか楽しく歩けました。
白状すると、歩き終わりは腿の筋肉がちょっとぷるぷる
してましたけれど(^^;)

あはは うちは結婚当初から休みの日は2人で行動することが
圧倒的に多いんです。どこかへ行くのでも買い物でも。
鎌ちゃんも、これからはどんどん奥様と一緒にお出かけくださいwink


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪
 
カナを振らなかった私のミスですけれど、ここの公園の名前は、
新林(しんばやし)公園といいます。ごめんなさい!sweat01

自然のままの山や池ををうまく利用して公園にしたところでしたよ。
一部には、ここはカエデの苗をまとめて植えてある?と思える斜面も
あるなど、通路以外にも手は入っていましたけれど。
面白いことに、散策路を歩くとトレッキング気分になるのか、すれ違うとき
見ず知らずの女性数人が「こんにちは」と挨拶
してくださいました。
エヘ この記事の方が分かりやすいなんて、それは褒めすぎですよappleshine
地表に出ている木の根はほんとすごかったです。その木の根を周り
全部から踏みつけているわけではないので大丈夫なのかもしれませんね。
クックは、この日は寒かったせいもあるのか、あまり自分で歩くと
もがきもせずに抱かれて歩くのを楽しんでいたみたいなんです。
そ!生きたカイロで手袋は要らなかったんじゃないかしら。

タイワンリスがこの辺りで繁殖した理由は諸説あるらしいのですが、
いずれにしても逃げ出したものが…ということのようです。
すっかり適応して逞しく生きていますね。そっとしておいてあげたいです。
散策路にはあちこち大きな桜の木もあって(ヤマザクラ?)春には
お花見しながら歩けそう。そんな季節には混雑して寄り付けないかしら?
でも行ってみたいです。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

はい、新林(しんばやし)公園といいます。
藤沢市民会館の近くにお友達がいらっしゃるのですか。
では、新林公園もすぐそば。その方も歩かれたことがあるかも。
お友達と旧交を温めがてら…なんて機会が生まれるといいですね。
市街地の近くでこれだけ自然が残されている場所があるというのは
貴重ですね。先日行ったときは残念ながら野鳥はカラスと鳩
しか見られませんでしたが、普段はもっといるのかもしれません。
春から秋にかけてはいろいろな花も楽しめそうな気がしました。
多分クックも楽しんでくれたと思いますが…どうでしょhappy01
 

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

街の中心近くにある公園としては自然がたっぷり楽しめていい所でした。
古民家は味わいがありました。昔は田舎へ行くとこういう建物が
まだありましたが、今じゃすっかり少なくなりましたよね。

クックは体重3.5kくらい。チワワにしては大きいんですけど
これくらいならまだ抱っこして歩けますね。
ぶんちゃんはもっと大きそうですから、抱っこし続けるのはちょっと…coldsweats01

行ったとき、残念ながら池は澱んで暗く、野鳥はカラスとハトしか
見かけなかったのですが、季節や時間が違うともっと違ってくるのかもと
期待しています。
pole poleさんは東京にお住まいですか?ちょっと遠すぎますね。
それに、東京にはここよりもっと広くてすてきな公園がたくさん。
遠くからいらっしゃるには物足りなすぎると思います~happy01
 

投稿: ポージィ | 2008/02/22 17:30

ポージィさん、こんばんは。駐車場も完備された随分と立派な公園です。散策路が1.5キロと出ていましたが、イラストマップを見ると、その数字は間違いではないかと思いました。湧水で湿地帯や池を作り、バードサンクチュアリーまであるとのこと。どのようなトリがいるのだろう。
クック君、ご主人のコートの中でヌクヌクだ。まるでカンガルーのよう。まだ寒い日のことですね。

投稿: polo181 | 2008/02/22 22:58

この公園は、前に紹介してくださったところとはまた違って、素敵な雰囲気がありますね。
9番目の写真を見てびっくり!
ほんとにこんな風景が、「藤沢市街中心地に程近いところにある」んですか?
こんな森があるなんて、それに高低差もかなりですよね?
私の持ってた藤沢のイメージが、この写真1枚で、すっかり覆されてしまいました。
いやはや、驚かせていただきました。

投稿: goro’s | 2008/02/23 02:45

こちらに来れなかった間に
連続してクックちゃんが登場してるじゃないですかヽ(^o^)丿
下↓の記事の 外の匂いをクンクンしてる姿は
クックちゃんの日常の穏やかな時間を感じられて
ダンナ様の胸に抱かれた姿は
ポージィさんご夫妻の穏やかな時間に思えました(^_^)

病気の方は一進一退かもしれませんが
こういう時間が これからも続くといいですねぇ
いや、そう願ってます

投稿: miki | 2008/02/23 08:39

紅白の梅の花に囲まれた古民家の門のたたずまいにも趣がありますけど。
本当に梅の花って青空の背景が似合いますね。
黄色味を帯びた白梅の写真にもウットリしてしまいました。
(私が撮ったらきっと真っ白になると思われます)(^^;)

>ねんねこ半てんでおんぶされた小さな子どもを思い出しませんか?
クックちゃん、ご主人にダッコされてイイですね♪
ちょっと毛が逆巻いてるのにも、寝起きの子供のような可愛さを感じました。(^^)

投稿: nanbu | 2008/02/23 09:53

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは、お返事遅くなってすみません。

そうですね、藤沢市内では大き目の公園になると思います。
散策路は1.5キロと出ていましたが、実際には起伏もあるので、
もうちょっと歩いた気分になるかもしれません(^^)
バードサンクチュアリは、池(不透明で澱んでました)を中心とした
場所が覗き穴つきの塀で仕切られていて、カワセミも来ることがある
と書かれていましたが、私が行ったとき見かけた鳥は、カラスと
ハトだけだったんです。がっかりでした。
たまたま少なかったのか、山の木々の奥の方にいたのか??

はい、ここへ行ったのは2/11のこと。穏かではありましたが
まだ風の冷たい日で、日陰には雪の塊がしぶとく残っていました(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

今回は藤沢市内の公園に戻ってきました。
去年の秋以降、近場あちこちの公園を渡り歩いています(^^;)
今回の新林公園は、十数年前に一度行ったことがあるきり、
すっかり忘れていたのを思い出して行ってみました。
歩いても、前回の記憶はさっぱりよみがえってこなくて、
全てが新鮮でしたよ。見晴らしのいい場所からの(9)の写真、
どこか山奥の光景のようですよね。
こんな山と谷があるんだったっけ??と長年市民をやってるはずの
私もびっくりしました(^^;)
幹線道路や鉄道が走っているところは、割と平坦な場所ばかり
ですから、こんな山や谷があるとは気づき難いです(^^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

しばらくクックはご無沙汰だったので、連続で登場してもらいました(^^)
普段は変化の乏しいでも平穏な日々。
休みの日は、クック連れで公園などどこかへ出かける、
そんなパターンが秋ごろから増えています。
今のうちにクックにもたくさん楽しい思いをさせてあげたくて。
こういう思い出をこれからもたくさん重ねていけるよう、
私たちも願っています。いつもありがとうございますhappy01


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ほんとですねぇ。梅の花は桜以上に青空にくっきり綺麗に
映える気がしますね。
時おり真っ青な澄んだ空が見られる冬場に咲くから、
よけいにそう感じるのでしょうかconfident
白梅の白、うまい具合に色が出てましたか?
これはひとえにカメラさんのおかげです(^^)

>毛が逆巻いてるのにも、寝起きの子供のような可愛さを感じました

うふっ でしょでしょ? 懐にすっぽり埋もれて抱かれた
クックの頭の毛の乱れとどこかあどけない表情に、可愛い~と
思っちゃいました。
 


投稿: ポージィ | 2008/02/23 15:36

それにしても、ポージィさんはいろいろ幻想的な世界を紹介してくださいます。「しずくのなかに見えるもの」=逆さまの世界のお話、とても面白かったです。しずくの漢字が「しずくそのまんま」、たしかにそうですね。

「新林公園=シンバヤシ公園」ですか?皆さんのコメント読んでいてわかりました。てっきり「しんりん公園」だと思っていましたから。皆さん観察が鋭い。
この場所、ぜひ一度行ってみたいと思いました。

投稿: 茂彦 | 2008/02/24 11:05

トレッキングnote いいですね~、ロココも早くしたいな~
昨日今日の妙高は今年一番の冷え込みとなり、猛吹雪の寒い週末のなりました。
去年は記録的な少雪で、この季節にもよくウォーキング出来たのですが・・・今年は積雪が1m近くあり冬眠?するより術がありませんcatface

投稿: ロココ | 2008/02/24 21:58

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

雫の中の幻想世界、茂彦さんにもお楽しみいただけて嬉しいです。
ファンタジー好きの私、そんな世界を見つけるとうきうきします(^^)

新林公園、名前が森林と紛らわしいですよね。
ここもなかなかいい公園で、手軽にプチ・トレッキング気分が
味わえるのが魅力的でした。やはりそんな手軽さがいいのか、
かなりお年を召していらっしゃると思える方たちも何人か
歩いていらして、いいことだなと思いましたrun


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

トレッキング、ウォーキングといえばロココさん♪
ここの散策路は1.5キロですから、ほんとにプチ・プチですが、
私のように普段したことのない者には十分楽しかったです~

23日に発達した低気圧は、猛烈な冬の嵐をもたらしましたね。
妙高も大変だったのですね。明日はまた同じように発生する低気圧が
急速に発達するとか…。お気をつけください。
雪が融けてから、春爛漫を満喫しながらのウォーキングが
楽しみですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/25 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40168215

この記事へのトラックバック一覧です: 新林公園でプチ・トレッキング:

« 春のにおいがするかな? | トップページ | 施設の狛犬 »