« 珍しいラッキー | トップページ | 春を探しに公園へ -その2- »

2008/02/13

春を探しに公園へ -その1-

もう、しばらく前のことになってしまいましたが、1月の下旬、春を探しに
公園へ行って来ました。お隣、大和市の「ふれあいの森」。
秋に行った「泉の森」に隣接した公園です。
             (写真クリックで大きめ写真をご覧いただけます。)
 
080126fureainomori1 080126fureainomori2 080126fureainomori3_tori_2
 
目の前に広がったのはこんな光景。木がまばらに生えて木漏れ日が差し、
池やせせらぎがあって、木々には実をついばみに来た小鳥達がたくさん。
木の根元には掃き清められ裸の土むき出しではなく落ち葉も。
こういう雰囲気大好きです。 小鳥は全然撮れなくて、唯一撮れたのが
右側のこの子。ヒヨちゃん?ツグミ?
 
 
080126fureainomori4_minomusi 080126fureainomori18_iigiri3 080126fureainomori21_iigiri6
 
春を見つける前に、秋冬との出会いが待っていました。
左:コデマリの実のドライのように見えたのですが…確信はありません。
  その向こうには大きなミノムシが。最近、この大きなミノムシ(オオミノガの幼虫)は
  数が減っているのだそうです。絶滅の危機とも。
央・右:
  イイギリの実です!写真はたくさん見ていたのに実際に見るのは初めて。
  ついに会えました。房状に垂れ下がった真っ赤な実たち。まだ食べられずに
  残っていたなんて。黒くなったのは完熟した実でしょうか。
  赤も黒も実の表面にはしわが寄っているようでした。
 
 -その2- では、見つけた春をご紹介します。
 
 
出かけたのは1月26日でした。
到着したときは青空に日が差していたのですが、じきに灰色の雲に覆われ
寒々とした中での春探しとなりました。あれから早くも3週間近くになるとは。
今日はまた冷たい北風ピューピュー、日本海側では大雪の恐れだそうですね。
春はまだかいな
 

|

« 珍しいラッキー | トップページ | 春を探しに公園へ -その2- »

コメント

わ~、まだ春を探さないで!!
もう少し冬を楽しみたいです。
花粉が怖い!!

ミノムシ・・・数年前に、庭木にいっぱい
ミノムシがついていたのに、その年を限りに
見なくなりました。
小学生の頃に、ミノムシの詩を書いて、
表彰された思い出がありますね。
思い出して、こんな短歌を詠みました。
(ホームページより)
 「ミノムシの不思議に心奪われし
  邪気なき頃の詩(うた)の思い出」
どこへ消えてしまったのでしょうね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/02/13 10:39

「池やせせらぎがあって」
のどかそうで、とってもいい感じの公園ですね。
特に最初の写真は手前の杭が効いていて、雰囲気作りに一役買ってるような。
赤一色のイイギリの実も綺麗ですけど、赤い実を背景にした黒い実の写真にもナゼか強く惹かれました。

さっきウォーキングに行ってきたんですけど。
冷たい空気に鼻の奥がツーンと痛くなるほどで、今日が一番寒かったですね。
(はい、もちろん鼻水ダラダラになってしまいましたよ〜 ^^;)

投稿: nanbu | 2008/02/13 12:05

昨日から雪が降ったり止んだり。。snow
午前中はsunが見えたのに今はまた降りだしてきました
暖冬だと思ってた広島も ここへ来て真冬です さぶっwobbly

時々 庭の樹に鳥たちが遊びに来ます
ポージィさんを見習って写真を撮ろうとするんですが
近いからかすぐ逃げられてしまって。。
ゆっくり構えていられるような暖かい春が
待ち遠しいですねcherryblossom
あっ 梅の花は まだ咲いてませんでした(^_^;

投稿: miki | 2008/02/13 12:10

見慣れた景色をポージィさんの目を通して見せていただいて、また新鮮な気分です。
このイイギリに一時期ヒヨドリ、メジロ、ツグミなどが集まっていました。
大きなミノムシがありましたか。今度探してみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/02/13 13:42

とても情緒のある公園です。
ここも自然の森を利用した市民の森なのでしょうか。
上段左端の縦長の風景にあるセイタカノッポの木にも野鳥がとまってるような。
こんな木を見ると私はすぐにメタセコイヤだと思ってしまふ。
真ん中の写真からもとても冬真っ直中の景色には見えない。
右端の鳥はこう遠くてはヒヨちゃんかツグミか分かりませんね。
葉のない見通しの良い木の上で美味しいレストランでも探しているのなぁ。
と、レストランは意外と近くにあるではないかいな。
もう食事を済ませたあとなんだろか。
これがイイギリの実ですか。
赤い実を付ける木はいっぱいあるけどやはり見たことがないような。
完熟すれば黒くなる・・・ひょっとして昆陽池にもあったのかなぁ。
気づかなかった・・・。
蓑虫とは珍しい。子供の頃はよく見たような気がするけど、
そういえば最近お目に掛かってない。
ドライ化した実を見ただけでコデマリと見当をつけるポージィさんはさっすが~。
私にはホシアサガオと同じに見えた。
って、ホシアサガオは草でした。(^_^;
こうして見ると随分と大きな蓑虫に見える、撮り方がうんまい!happy01

投稿: あまもり | 2008/02/13 14:25

パート2、期待大です!
冬枯れの風情も好きなんですが、北の生まれですし。。

でも、花を切望する毎日です。
それでも今の時期、わずかな花々を撮っていると、生きてる実感があります。
無心(たぶん)になれるところが、いいんだと思います。

投稿: noodles3 | 2008/02/13 15:33

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

あらら…鎌ちゃんは花粉症なんですか?
それでは春の訪れは複雑な気分でいらっしゃいますね。
私は寒いのが苦手で、一日千秋の思いで春を待っています。
うちにも花粉症の人が約1名いるのですけれどねhappy02

ミノムシって、昔はそう珍しいものでもなかったですよね。
それがいつの間にかたまにしか見かけなくなりました。
ミノムシに寄生する蝿が日本に入ってきて、そのせいで減って
しまったらしいですよ。
鎌ちゃん少年は、小さい頃から詩の才能がおありだったのですね。
表彰されたミノムシの詩、どんなものだったのでしょう。
その思い出を詠まれた短歌もしみじみと響いてきます。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ほんとのどかな雰囲気で…一目で気に入ってしまいました。
最初の写真の杭、あれを入れたのが効いていると思って
くださって嬉しいです。
イイギリの実とは、出会えただけでも思いがけなかったのに、
赤いのと黒く完熟したのと両方見られるとはラッキーでした。
実は他にも黒実をバックの赤実も撮ったのですが、
赤実をバックの黒実に、いちばん引きつけられましたよ。
何故なんでしょうね。

今日の北風は本当に冷たかったですね。
私が散歩に出た3時頃もまだまだ冷たかったです。
鼻水は大丈夫でしたがhappy01、目に風が沁みて涙が…weep


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

広島上空にも雪雲が流れてきているんですね。ひょぉ~寒そうsad
明日の朝の凍結にはお気をつけくださいねrvcar

mikiさんのお宅は木がたくさんありますから、小鳥達の
遊び場や休憩所にぴったりですよね。
うちの狭い庭にも2~3本の木を植えたとき、たまに小鳥が
来るようになったことがとても嬉しかったです。
でも小鳥の写真を撮るのは難しいですね~
ちょこまか動き回ってじっとしていてくれませんもの。
用心深いですしね。
ほんと、体の力を抜いていられるtulipcherryblossomが待ち遠しいです。

あ、お庭の梅も見てくださったんですね。まだでしたか。
もう少しあと、3月頃に咲く種類なのかもしれませんね。
梅が咲くとメジロが来るかもhappy01


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんは何度も行かれておなじみの場所ですが、
別の目を通すとちょっと違っても見えるでしょうかhappy01
おーちゃんがアップされた、イイギリの赤い実に周りをぐるりと
囲まれたヒヨドリのお写真は、この木にとまっているところ
だったのかな?と思いながらカメラを向けてきました。
他にも色んな鳥たちのご馳走となっているのですね。

大きなミノムシがいたコデマリ?は、芝桜の斜面の右側から
一歩公園の外へ出たところの歩道にあったものです。
おーちゃんがいらしたときにもまだいるかしら。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

いい雰囲気の公園でした。隣の「泉の森」はいかにも自然の森を
生かしてあるイメージだったのに対して、こちらは山を下って
開けた場所の雑木林のようなイメージでした。大和市の公園ですね。

最初の写真の背高のっぽの木を、今オリジナルサイズで
確認してみましたが、鳥はとまっていないみたいでした。
でも枯れ葉の塊が鳥のシルエットみたいに見えますねchick
アハ 背高のっぽの木があると、ついついメタセコイアかと
思ってしまうのは私も一緒です~
真ん中の写真はお日様が暖かそうですよね。でも、この後すぐ
日がかげって真冬の景色になってしまいました。
ヒヨちゃんだかツグミだかがとまっていた木の周りには、
やはり赤い実をつけたクロガネモチがたくさんあって、
シジュウカラたちが忙しくお食事中でした。このヒヨちゃん?は
イイギリ食堂でお食事を済ませてきた後だったのかもしれませんね。

ミノムシは、私が子供の頃はしょっちゅう見ていたのに、
ふと気付くと滅多に見かけないものになってしまっていました。
あまもりさんもあまりお見かけになりませんか?
特にこの大きなタイプ。これは長さが5cmくらいありましたよ。
とまっていたのが本当にコデマリなのか自信はないのですけど、
う~ん何となくそうかなーとcoldsweats01
正体不明のドライのものより、ミノムシにピントを合わせたほうが
良かったのではないかしら…ng


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

わぉ、期待してくださってありがとうございます。
でも「花未満」の春ばかりで…。
あんまり期待しないでくださいね。
noodlesさんは北海道ご出身ですものね。
でも冬枯れの中に花を見つけたとき、ポッと心に明かりが
灯ったような感じるところをみると、いかに自分が花を
求めていたか改めて気付かされますね。
花いっぱいの季節以上に喜びも大きいように感じます。
生きている実感、無心になれる、というお気持ち分かります。
気分が落ち込んでいても、花を見つけては撮っていると
いつの間にかすっかり楽しい気分になっている自分がいるのも、
きっと植物達からエネルギーを貰っているんだなと思うことが
ありますよ。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/13 18:23

ポージィさん、こんばんは。最近蓑虫が少なくなりました。昔、蓑虫を集めて、それを切り開き、縫い合わせて帽子を作る人がいました。細い木の枝などはそのままで、なかなか格好良い帽子でした。今ではそんなことをする人はいないでしょうね。
ふれあいの森は、行ったことがありません。木々の下がきちんと掃除がされて手入れが行き届いているのが分かります。
撮影したトリ君、ツバサをだらりと下げた姿勢をみると、まず間違いなくヒヨドリでしょう。

投稿: polo181 | 2008/02/13 22:07

素敵な公園ですね。
四季折々、様々な表情を見せてくれそうですね。
この場所と、ふれあってみたいです(笑)。

大きな蓑虫ですね!
ずっと探しているんですが、今年も会えず仕舞いです。
毛糸の蓑虫、作りたいんですけどね(笑)。

イイギリの実にも出会いましたね。
実際みると、ある種の感動はありますでしょう?
青空バックの写真を求めた私の思い、わかっていただけますよね(笑)。
こちらのイイギリは、丸裸です。

投稿: goros | 2008/02/14 03:13

白いこでまりの実がこんな色
お花のうちに押してしまいますから実は拝見したことはないのです。
えっー みの虫ってどれ??
あまり大きてわかりませんでした。
枯れ枝のようで・・
素敵な公園で 春探し なんてロマンティック
昨日は寒かったですね
私も品川プリンスまでランチに行って来ましたが
寒かったです。

お雛様の作成と次回の花材の準備で少しPCから離れています。
もう少しお休みになりますが、また伺わせていただきます。

投稿: あやや | 2008/02/14 09:35

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
poloさんも蓑虫が少なくなったと感じていらっしゃいましたか。
蓑虫で帽子を作っていた方が本当にいらしたんですか。
蓑虫で身の回りのものを作る話は聞いた(読んだ?)ことが
ありましたが、あまり本気にしていなかったのです。
すごくたくさんの蓑虫が必要だし…と。
poloさんは作られたものをご覧になったことがあるのですねぇ。
ちなみに、私は冬場は、毎晩蓑虫のように布団にくるまって寝ています。

この森、手入れはされていますが、落ち葉の絨毯などもちゃんと
残っていて、手入れされすぎていないのが魅力だと思いました。

木にとまっている鳥はヒヨドリですか。ありがとうございますchick
なるほど、羽をだらりと落とし気味にしているのはヒヨドリが
よくする格好なのですね。覚えておきますhappy01


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

なかなか素適なところで気に入りました。悟郎さんのリビングと
比べたら、うんと小さいですけれど。
暖かくなったら、木の下に腰を下ろしてふれあう人たちが
たくさん見られるようになるかもしれません。

蓑虫を探していらっしゃったんですか?やっぱり滅多に
見かけませんよね。うちの近所ではそれでも年に1度くらいは
見かけますが、子どもの頃と比べたら激減です。
あはっ、悟郎さんは毛糸の蓑を着せてごらんになりたいのですねsmile

そうなんです。ついにイイギリの実とも出会えましたよ。
「ある種の感動」はい、感じました。なんと言い表したらいいか
わかりませんが、感動を覚えたことは確かです。
悟郎さんのエリアのはもう丸裸ですか。こちらのはまだしばらく
鳥さんたちを楽しませてあげられそうでした。
 

◆あややさん、ありがとうございます ♪

コデマリ 自信が無いのですが…なんとなくそうかなと思いました。
私もコデマリの花後の姿って実は知らないのです~coldsweats01
ウフフ その後ろの蓑虫、背景に溶け込んでいてすぐには見つけられ
ませんでした?蓑虫のカモフラージュ作戦成功でしょうか。

春に焦がれて1月末に春を探しに行きましたが、ちょっと早過ぎました。
あれからもっと寒い日があって雪も降って、足踏み状態でしょうね。
昨日もほんと風の冷たい寒い日でした。ビル風の吹く場所は体感温度が
さらに低くて寒かったでしょうね。ブルブル…

押し花制作で忙しくしていらっしゃるのですね。
お雛さま作品作りは佳境でしょうか。楽しみにしていますheart
 

投稿: ポージィ | 2008/02/14 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40000322

この記事へのトラックバック一覧です: 春を探しに公園へ -その1-:

« 珍しいラッキー | トップページ | 春を探しに公園へ -その2- »