« 蜘蛛への鎮魂歌 | トップページ | ドライフラワー -ツワブキ- »

2008/02/01

cafeの閉店とエリカ

近所に数年前オープンした、なんとも味わいある外観のカフェ。
イギリスの田園地方をイメージして、定年退職した仲間で作られたものだそうです。
お庭も自然な雰囲気を生かしたイングリッシュガーデン風で、いい感じ。
私も、敷地の外から撮れる花にカメラを向けさせてもらったこともあります。
 
夫と「そのうち行ってみようね」と何度か話をしながら行けずにいたら、
昨年末で閉店になってしまいました。理由は知りません。
 
         080120ko_ba
 
残念だなぁ…。こんなことならもっと早く実行するべきでした。
 
080120erica 080125usagi
 
今、訪れる人のいなくなったカフェの駐車場入り口近くでは、エリカがピンクの
蕾を膨らませつつあります。その足元ではうさぎ達も心なしか寂しそう。
この趣きある建物と庭のこの先が気になります。
 
 
080122erica1 080122erica1up
 
こちら↑は、先日私が買ってきた「ジャノメエリカ」の花です。
株全体が釣り鐘状の小さな花に覆われてまるで花のツリーのよう。
暑さにやや弱いとか。夏を思うと枯らさずに育てられるか、自信がありません。
 
淡いピンクの花色に、オシベの黒い葯が印象的です。この黒い葯が名前
(蛇の目エリカ)の由来だそうです。
メシベを取り囲んでしっかと支えているかのようです。(取り巻き連中ね)
 
「ジャノメエリカ(蛇の目エリカ)」:ツツジ科・エリカ属
                    別名「クロシベ(黒蕊)エリカ」
                    英名「ヒース」
 

|

« 蜘蛛への鎮魂歌 | トップページ | ドライフラワー -ツワブキ- »

コメント

藤沢街道沿いの正確な場所は忘れたけれど、この前を通った覚えがあります。
風情のあるお店が閉店して残念ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/02/01 13:28

本当に感じのいいたたずまいのカフェですね。
さりげなく、ここでもポージィさんご夫婦の
仲の良さを感じましたね。
「そのうち言ってみよう」なんてね。

それにしても、置かれていったエリカの花や、
兎の人形を見ると、先日の鎌ちゃんの、
廃屋の南天のように、無常を感じますね。

昔、西田佐知子が歌ってヒットした、
「エリカの花散るとき」という歌を思い出しました。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/02/01 13:35

誤字でした。言ってみようでなく行ってみようでした。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/02/01 15:34

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんはこのカフェをご覧になったことがおありでしたか。
やっぱり~、という感じです(^^) ちょっと引っ込んでいますが、
一度目にしたら印象に残る建物ですよね。
せっかくのいい雰囲気の空間(建物も庭も)が、この先どうなるのか
かなり気になるところです。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

ごじら 承知いたしました~ ご再訪いただきすみません(^^)

なかなかいい雰囲気でしょう?行ってみる前に閉店に
なってしまったのは誤算でした。後悔先に立たず、ですよね。

このカフェはまだ閉店したてではありますが、それでも
人が訪れなくなった場所というのには、何か特有の寂しさや
わびしさが漂うものですね。鎌ちゃん仰るところの無常感でしょうか。
この先がどうなっていくのか気になります。

エリカの花に「エリカの花散るとき」を思い出される方
けっこういらっしゃるみたいですね。でも残念ながら
私はこの歌は分からないのです~ 
(ある一時期の時代の歌以外は知らないものの方が多くて…)
 

投稿: ポージィ | 2008/02/01 16:20

またまたポカをしてしまいました、スミマセン。(^^;)>
蜘蛛の写真「12月半ば」と最初に読んだはずなのに、コロッと忘れてしまいました。

さて、気を取り直して…。
「オシベの黒い葯が印象的です。この黒い葯が名前(蛇の目エリカ)の由来だそうです」
なんと、黒い目のようなものは葯だったんですね!
今まで気がつきもしませんでした。
先端がドーム型に寄り添っているのも不思議ですね。
ポージィさんが買ってきたジャノメエリカは、よく見かけるものよりピンク色が淡くて。
いかにもポージィさん好みな感じですね♪

投稿: nanbu | 2008/02/01 17:08

本当 素敵なお店。。閉店なんてもったいないなぁ(>_<)
うちの近所には そもそも喫茶店の数が少なくて
ましてや こんな雰囲気の良い店などなく
もしもこんな店が近所にあったら
私 常連になってる自信ありです!(^^)

2羽のウサ達見て こはるとモコを思い出しました
当然 かかってきそうな左がこはるです(^o^)

投稿: miki | 2008/02/01 21:15

このカフェって、以前にもUPしませんでした?
カシワバアジサイかシチダンカだったか忘れたけど店の前に飾られていたとかの。
また別のカフェだったのか、最近(前からだけど)とみに記憶があやふやで(^_^;
ほんと趣きのあるいい雰囲気のカフェです。閉店とは残念なこと。
このまま誰かが引き継いでくれたらいいのになぁ。
主の居なくなったあとの家の花や置物はどことなく寂しげに映る。
前は楽しかったんだよ~とポージィさんに訴えているようです。

ほうこれまた綺麗な蛇の目。
蛇の目というより可愛いパラソルにも見えます。
色合いがいい。
ポージィさんちでしっかり育ちますように。

投稿: あまもり | 2008/02/01 21:16

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

いえいえ、とんでもない。ポカなんかじゃありませんよぉ(^^)

ジャノメエリカの黒いのは、そう、葯なんです。
黒だからか、一つ一つが独立して見えるように撮れなくて。
メシベを支えるようにドーム型に集まっているのは、
私も初めて気付きました。あまり見られない形ですね。

買ってきたもの、ピンクが淡いですよね。白と濃いピンクと
この淡いピンクがあって、これを選びました。
通常、好きな色ベスト3にピンクは入っていないんですけど、
グラデーションの入った淡いピンクといったらポージィカラー。
迷いはありませんでした(^^)
 

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

味わいありますよね~ 
私もさっさと行ってみて常連になっておけばよかった、
と思いましたけど、後の祭り。
この先どうなるのかなぁ… うちの近所にも喫茶店なんて洒落たものは
他に1軒もありません(;。;)

このウサたちにこはるちゃんとモコちゃんを。
個性豊かな彼ら、思い出されますねェ。
モコちゃんは里子にいったんでしたっけ?元気かな。

>当然 かかってきそうな左がこはるです
これ↑にはブッ!と吹いちゃいました~(^o^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

うぉっ!あまもりさんスゴイです。
建物をもろに写したことはなかったと思いますけど(あったかな?)、
キブシ、カシワバアジサイ、ミナヅキ、パンパスグラスは
ここの庭のを通りすがりに撮らせていただきました。
記憶があやふやどころか、とてもよく覚えていてくださって
びっくり感激ですよ~~(^。^)

ほんと、人気のなくなったこの場所、何か違うんですよ。
やはり、同じ人の姿が見えないのでも、建物の中に人がいるの
といないのとでは空気の温度が違って感じられるのですね。
不思議なものです。この先どうなるのかな…

ジャノメエリカはパラソルみたいに見えますか?
そうですね。私もヘビの目には見えませんでしたよ~(^^;)
せっかく色が気に入って買ってきたこのエリカ、あまもりさんも
いいと思ってくださいましたか。
花が終わったら夏が来て、はい枯れました~なんてことに
なりませんように。私も祈ってます。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/01 21:40

イギリス風のカフェ、なかなか敷地も広く落ち着いた雰囲気ですね。それが突如閉店。とても残念ですね。経営不振とかなんとか事情があったのでしょう。ヒースはイギリスの荒れ地に咲く花でしょう。たしか映画・嵐が丘でヒースが丘一面に咲く風景を見たような記憶があります。何十年も前の話です。ジャノメエリカは初めて見ます。エリカから改良されて生まれたのでしょうか。

投稿: polo181 | 2008/02/01 21:50

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

うちの近所はあまり面白みのある場所がないので、この喫茶店は
外観を見るだけでも楽しみだったのですが、閉店してしまって。
このまま建物も庭もまた活用されていって欲しいなと願っています。

ヒースとイギリスの荒地、結びついていますね。
私もヒースという名前の植物を初めて知ったのは「嵐が丘」でした。
小説を読んだ当時はヒースがどんな植物かは全く知らなかったので、
「荒地」から勝手に想像し、背が低く痩せてもじゃもじゃした草のような
植物を思い描いていました。
英名ヒース、と書いてしまいましたが、辞書によると、ヒースとは
「エリカ属の数種とカルーナ(ハイデソウ)を含む呼称」と書かれて
います。また、園芸的にはまた少し違う定義になるのかもしれませんが
詳しいことは私もまだ調べてないんです。
ちなみにジャノメエリカはErica canaliculata(エリカ・カナリクラータ)
という種類になります。これは嵐が丘のヒースではなさそうです。
エリカ属の種類は600種以上もあって、ヨーロッパ中心の種類と
南アフリカ中心のものがあるそうですよ。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/01 22:37

お店は経営不振だったのでしょうか。。
ジャノメエリカ嬢!
凄く可愛いですね♪

エリカは、見たことある気がするんですよ。
多分よそ様の花壇だったりするんだと思いますが。。

先週末、父親と息子とディズニー・シーに行ったのですが、シー内にもエリカがいましたよ。
撮りませんでしたが。

投稿: noodles3 | 2008/02/01 23:54

趣のある、素敵な建物ですね。
2本の巨木もいい雰囲気です。
年代を重ねれば、もっと素敵に変身していくんだろうなって、そう思わせてくれる建物なのに・・・
閉店ですか、残念です。
このまま、誰かが引き継いでくれるといいのですけどね。

エリカの黒い葯、こんな風にメシベをささえていたんですね。
いやいや、びっくり。
まったく気付きませんでした(汗)。

投稿: goros | 2008/02/02 02:12

日本とは思えない佇まいですね
周囲の景観もとてもおしゃれで、行ってみたいと
思いながら行かないでいると、閉店になったり
オーナーが変わり、雰囲気が全く変わっていたりで
残念な思いをすることがよくあります。

経営が大変な時代なのかな?
こんなお店をやりたいと思った方たちも沢山いられると思います。
私もそんな夢を描いた一人です。
ピンクのエリカの花とうさぎちゃんが無性に可愛らしい

投稿: あやや | 2008/02/02 09:17

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

閉店の理由は一体なんだったのか、皆目見当もつきません。
庭には色んな楽しい植物が残っていますし、この先荒れて
いかなければいいけれどと心配しています。
かわいいエリカ嬢たちも含めて(^^)
凄く可愛いと言っていただいて、彼女達も喜んでますよ~、きっと。
おや、ディズニー・シーにもエリカ嬢がいましたか。
以前1回だけ行ったときには全く気付きませんでした。
あのときもあったのかな…?


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

趣きあり遊び心ありでなかなか良いでしょう?
そうそう、聳え立つ大きな木たちも一役二役買ってますね。
左側の木は桜なんですよ。右はケヤキだったかなぁ。
わが町には珍しい、いい雰囲気のこの店、理由は知りませんが
閉店になってしまって、とても残念でした。
たとえカフェでなくとも良いから、このままの形で引き継がれて
行ってくれたらと願っていますが、今のところ動きは見られません。

ジャノメエリカの葯が、全員で雌しべを支えているかのような
姿にはなんだか笑いを誘われます。
悟郎さん気付いていらっしゃいませんでしたか、珍しい~(^^)


◆あややさん、ありがとうございます ♪

イギリスの田園地方をイメージしたというだけあって、
日本離れした雰囲気ですよね。
そうなんです、お庭がまた良くマッチしているんですよ。
写真の範囲に入っていない部分も。
このカフェの閉店の理由はなんなのか。
こんな場所での、カフェや、雑貨屋さん、お花屋さん、など
憧れますよね。夢がふくらみます。
あややさんも、でいらっしゃいましたか。
建物も庭も、このまま生かされていってくれるといいのですが。
これから先のことが気になって仕方ありません。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/02 17:08

とても感じの良いお店ですね。
けやきみたいな大木もあり素敵なお庭つきで、高原の中にあるような佇まいです。
ポージィさんも中で雰囲気を味わわないうちに閉まって残念でしたでしょう。
この頃はそのうちにと思っているとしょっちゅうこんなことがあります。
何とかしてこの感じのよい家が素敵なお店として復活してくれたらいいですね。こんな素敵なお店こそこれから増えていって欲しいです。
蛇の目エリカ、ピンクの色合いがポージィさんに似合っています。夏に弱いのですか。頑張ってくださいね。

投稿: tona | 2008/02/02 19:53

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

良い感じのお店と思われますでしょう。高原の中にあるような…
ええ、まさにそんな感じです(^^)
そうのうちに、と悠長に構えていたのが失敗で、残念なことを
しました。tonaさんもそんなご経験がいくつかおありですか。
雰囲気はそのままに、何らかの形で復活して続いていって
くれるといいのですけれど。

ジャノメエリカの色合い、淡いピンクに惹かれて選んできましたが、
今日の寒さに縮こまったら少し色が濃くなりました(^.^)
性質をきちんとチェックしないまま買ってしまって、暑さにやや弱いと
後で知り、これまた失敗だったかなーと…。
強い株であることを祈っています。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/03 17:40

洒落た雰囲気が感じられるカフェ。閉店とは誠に残念です。
定年退職した仲間でこのようなカフェを作ってみんなで集う、想像しただけでも素晴らしいです。私などにもそんなことができたらな~などとついつい余計な空想をしてしまいました。

投稿: 茂彦 | 2008/02/04 21:15

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

洒落た趣が植物たちともよくマッチしたカフェ。
一度も行かないまま閉店になってしまったのが残念です。
定年退職の仲間が協力し合って、というのも魅力ですよね。
閉店理由は分かりませんが、とにかくみんなで建物を造って
開店して、数年運営してきたことは素晴らしいなと、
夢や憧れを感じます。
茂彦さんも、同じようにお感じなのですね。

投稿: ポージィ | 2008/02/04 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17908106

この記事へのトラックバック一覧です: cafeの閉店とエリカ:

« 蜘蛛への鎮魂歌 | トップページ | ドライフラワー -ツワブキ- »