« 春を探しに公園へ -その1- | トップページ | 春を探しに公園へ -その3- »

2008/02/14

春を探しに公園へ -その2-

1月末に春を探しにいった「ふれあいの森」の-その2-です。
一見、春はまだずっと先のようにも見えましたが、実は準備は着々と
進められていました。 (写真クリックで大きめ写真をご覧いただけます)
 
 
080126fureainomori7_sibazakura1 080126fureainomori8_sibazakura2 080126fureainomori9_asebi
 
左・央:「シバザクラ」の斜面がありました。春には美しい絨毯になるのでしょう。
     気の早いものが チラリ ホラリ 咲いていましたよ。
右  :アセビの蕾。これは「アケボノアセビ」かな?膨らみつつありました。
 
 
080126fureainomori13_yukiyanagi1 080126fureainomori14_yukiyanagi2 080126fureainomori15_fukkisou 
 
 
左・央:「ユキヤナギ」の細い枝先には、まだ紅葉も残っていたけれど、
     その横ではたくさんの蕾たちが目立ってきていました。
     ちょっと残念なのは角刈り風に刈り込まれていたこと。
     白い花の流れ落ちる滝のような姿は見られなさそう。
右  :「フッキソウ」の蕾。写真を撮ったのが1/26、もういつ咲いてもおかしくない
     ように感じました。蕾は一気に膨らんで一気に咲くことがありますから。
     でも雪が降ったり寒い日が続いたりで足踏みしていたかもしれませんね。
 
 
花たちが咲き競う季節にもぜひ行ってみたい「泉の森」と「ふれあいの森」。
いい季節になったら人がいっぱいで寄り付けなくなってしまうかしら。
 
 
今朝は今冬いちばんかと思われるほどよく冷え込みました。
窓が凍り付きプランターでも盛大に霜柱が盛り上がり、朝一番につけた
ファンヒーターが表示した室内温度は6℃。最近薬のせいか以前より暑がりになった
クックdogもさすがに寒かったようで、しばしヒーターの風にあたってました。happy01
 

|

« 春を探しに公園へ -その1- | トップページ | 春を探しに公園へ -その3- »

コメント

我が家の窓も凍りついていました。
ここのユキヤナギは流れ落ちる滝のようにはならなくて残念です。
偶然、私もフッキソウを載せました。ちょっと別の姿です。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/02/14 09:48

シバザクラ早いですね〜!
先日探しに行きましたが、未だでした。

アセビの蕾、確認してます♪

ユキヤナギ、同様に紅葉の枝にちらほら開花してましたが、寂しい状態だったので、まだ撮らずに帰ってきました。

フッキソウは、毎朝のように確認できる環境にあります。
蕾の時期が長く、中々じらせてくれます。。。

投稿: noodles3 | 2008/02/14 12:08

ポージィさん こんにちは~~

春は名のみ・・と思っていましたが
植物は敏感ですね~ 着々と準備を進めているのですね!

今日は日差しが暖かくて、仕事中なのに対ウトウトとしてしまいそうです
花粉症は辛いけど、はやく暖かくならないかなぁ

角刈りのユキヤナギって!!
咲く頃にはぐんぐん伸びてくれるといいのですが・・

投稿: glenn | 2008/02/14 12:59

氷付きプランターっていったいどんなのだろ,と12秒程考えてました.植物に詳しいポージィさんのことだから,きっとある種の球根は,氷で冷やさないと春に芽を出さないとか,そういう話なのかと...

投稿: LiLA管理人 | 2008/02/14 13:49

枯れた葉の中のピンクの可愛らしい芝桜。
えっ、今頃芝桜?
狂い咲き?それともあわてんぼ?
でも・・・まだこれから咲くぞ~という蕾もある。
日当たりがいいと時にはこんなこともあるのかなぁ。

アセビのこの房は花の蕾なんですか。
今アセビはこんな状態になってますね。てっきり種子かと思ってました。タハッ。
ユキヤナギの紅葉した葉っぱを綺麗に撮ってあげましたね。
こんなに綺麗な葉っぱは少ないことないですか?
ほうもう蕾が・・・。
ユキヤナギの花は桜が咲く頃だからこの状態であと1ヶ月以上も続くのかも。
フッキソウの蕾もまだ固そう。
うちのボケ姫も正月明けにニキビのような蕾を付け始め、徐々に大きくなりつつあるけれど、花が開くのはまだ先みたい。
蕾の中で、なんでこんなに寒いんじゃ~とわめいているかも。
あっ、いえ、なぜこんなに寒いのよとつぶやいている・・・。
ついつい地が出てしまふあまもりでやんすcoldsweats01

投稿: あまもり | 2008/02/14 15:20

先週は周期的に雪が降ったし。
なんだか立春を過ぎてからの方が寒さが厳しくなったような気がしますね。
この時期の草花の葉は、霜が降りたり凍ったりして写真のように黒ずんでしまってますけど。
それでも花を咲かせようとする生命力が凄いですね。
暗紫色や褐色の葉を背景にしたシバザクラの花には厳かな感じさえ受けました。
それでもユキヤナギの枝の蕾を見ると、春が確実に近づいているのを感じますね。

クックちゃんも、今朝はファンフィーターの前でしばらく暖まってたとか。
もちろん、私も朝起きたらしばらくは、ファンフィーターの前から離れられません。(^^;)

投稿: nanbu | 2008/02/14 16:29

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

あ~やっぱり~。おーちゃんのお宅の窓もですか。
今朝冷え込んだ分、昼間は昨日より暖かくなりましたね。

ユキヤナギは雪崩落ちるように咲く姿が魅力のひとつだと
思うのですが、公園のものなど、刈り込まれたものをよく
見かけますね。ちょっとそれが残念です。

おーちゃんの撮られたフッキソウ、拝見しました。
なんと蕾と一緒に実が!びっくりでした。でも可愛いですね。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あわてんぼうのシバザクラがほんのちょっぴりですが
咲いていましたよ。葉っぱは霜に当たってこんなに赤っぽく
っている状態なのに、そんなに慌てて咲かなくても…と思いました。

アセビの蕾はnoodlesさんもご確認済み、と(^^)
ユキヤナギは、秋の紅葉の時期に咲いているのを、去年は
例年以上によく見かけました。紅葉も花も残して真冬に突入。
春咲くための蕾たちは、何やってるの~って思ってるかも。

フッキソウはご出勤途中に見られるんですか?
気を持たせるじらし屋さんですかー。それじゃ、私が見たのも
まだ蕾のままかもしれませんね。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
春は名のみ 私も毎日恨めしさと共にそう思ってました~~weep
でも植物達は泣き言も言わず、敏感に日差しの変化などを
感じ取って春の準備を進めているのですね。

今朝は冷え込みが厳しかった分、昼間暖かくなりましたね。
こちらも一日よく晴れて日の当るところはポカポカ…
うふふ つい眠りを誘われるのは同じです。
寒さで緊張していた体がゆるゆるとほぐれると眠くなりますねsleepy
早く暖かくなって、いつでもリラックスしていられる日が
待ち遠しいです。花粉症という問題がありますけれど…

角刈りのユキヤナギはcoldsweats01、そのままの形で
咲いちゃような気がしています~


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

氷つきプランター? アレッ書き間違えたかしらん?って
急いで見直しに行ってきましたよ~~。
12秒も悩ませてしまってすみませんでしたbleah
(12秒ってまた微妙ですねぇclock

>ある種の球根は,氷で冷やさないと春に芽を出さないとか

これは↑本当の話ですよ。チューリップも寒さに当てて休眠打破を
してやる必要があるんだそうです。1月・2月から売られている
チューリップは、実際の季節より早い時期に低温処理などをして
咲かせているそうですよtulip


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

1月の末に早くも咲くシバザクラ。びっくりですよねぇ。
葉っぱは霜や寒さに当たって色が変わっちゃっているままなのに。
何もそんなに咲き急がなくても~って思いました。
これより後に雪だって3回も降ったんだから。
たまたまよく温まった場所が、咲くぞ~!っていう気になって
しまったんでしょうね、きっと。

アセビのこれは蕾なんですよ。実はパチンコ玉よりちょっと小さい
くらいの球体なんですよ。そういえば撮ったことなかったような。

ユキヤナギの紅葉は、傷んでいるのが多いかもしれませんね。
この時は狭い範囲のなかでいちばん良さげなのを選びました。
綺麗に撮れてますか?ありがとうございますhappy01
こうして見てみると、植物達は案外早くから蕾を用意している
ものなんですね。その時がきたら「それっ!」とばかりに咲ける
ように? あまもりさんのボケ姫も準備怠りなくですね。
あ、あ、ボケ姫お言葉が… じゃじゃうまさんだったのか、
と思いましたsmile なんちゃって、ブログ上では丁寧な
言葉遣いを心がけてる(ほんとか?)私も実は~ フォッフォッ
 

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ほんと~ 私も「立春後の方が寒いじゃん!」って恨めしく思っていました。
立春過ぎればすぐに暖かくなるとまでは思っていませんが、
なにもこう次々と強い寒気が南下しなくても…。

このシバザクラはずいぶんあわてんぼうさんですね。
それほどに花を咲かせ子孫を残そうという本能と生命力が強いのでしょうか。
葉っぱは寒さに傷めつけられてまだこんな色をしているのに。
紅葉なのでしょうけれど、私はつい、しもやけで赤紫に腫れた手足を
思い起こしてしまいます。

寒い寒いと思っていても、植物は季節の移り変わりを敏感に察知して
準備を進めているのですね。そういう姿を見ては励まされています。

それにしても今朝はよく冷えました。
ファンヒーターにしてもエアコンにしても、暖房をつけた後
暖かい風が出てくるまでの待ち時間がじれったくないですか?
ギリギリまで寝ている私は、スイッチを入れた後、待つ間もなく
朝ごはんのしたくに突入してます~
 

投稿: ポージィ | 2008/02/14 16:50

こちらも今朝は、薄氷の張る寒さでしたが、
昼は暖かくなり、万博公園の梅林で撮影してきましたよ。
近日公開予定です(笑)

芝桜がもうさいていますか・・・・。
こちらはまだ乳母桜ですよ。

ユキヤナギ・・・先日、NHK大阪の気象予報士が、
ネコヤナギをユキヤナギと言ってびっくりでした。
今日、ネコヤナギを撮れたらよかったのですが、
見つかりませんでした。残念。

アセビは聞いたことがありますが、
まだ見たことはありません。
アクビの出るコメントですみません。


投稿: 鎌ちゃん | 2008/02/14 21:31

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

朝の冷え込みが激しいと、昼間暖かくなることが多いですねsun
鎌ちゃんは万博公園へお出かけでしたか。おっ梅林へ。
どんな梅が咲いていたのか、拝見するのを楽しみにしています。

シバザクラ&ウバザクラ に ユキヤナギ&ネコヤナギ
さらには アセビ&アクビ ときましたか。
いいえ、
あくびじゃなくて笑いながら読ませていただきましたヨhappy02

投稿: ポージィ | 2008/02/14 21:57

そちらでも窓が凍り付くほど冷え込みましたか・・・妙高は昨日猛吹雪で・・・大変でした。妙高の春はまだ当分先のようです。
これから春の便りは南から・・・「ロココの庭」のフッキソウは雪の下でどうなっているかな~。

投稿: ロココ | 2008/02/14 23:09

シバザクラ、私も咲いているのをみかけました。
あれ?いつだったかな。
12月だったかもしれません(汗)。
アセビの蕾は、しっかり確認しておりますよ。

昨年は、おいおいあわてんぼうさんってからかってやりましたが、今年は心配が先にたってしまって、すっかりおじいちゃん気分です~~

それにしても寒いですね。
おかしくなりそうです。
暖かいもの飲んで、早目に寝ます~~

投稿: goros | 2008/02/15 00:48

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

うちの窓が凍りつくのは寒さのバロメーターになっているんですよ。
以前は毎日のように凍り付いていたものですが、最近は一冬に
数えるくらいになっています。やっぱり暖冬が増えているんですね。

妙高は吹雪でしたか…天気予報で大荒れの恐れって言って
いましたからそうじゃないかと。吹雪は大変でしょうね。
若い頃スキー場で少しだけ経験しましたが、そんな少しの
ことでも泣けてきそうな思いでした。

そうですね。冬の便りは北から、春の便りは南からですね。
ロココさんのお庭のフッキソウは、まだ冬眠中かしら(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんもシバザクラの花をお見かけになりましたか。
12月や1月の上旬が暖かかったですものね。開花スイッチが
入っちゃった子が何人かいたのも無理ないかもしれません。
さすがにこのところの寒さではみんな縮こまっていそうな
気もしますが。
アセビの蕾もチェックされてますね(^^)
うふふ 花好きの優しいおじいちゃんですか?
そんなに急ぐなよ。まだまだ寒いよ。って言ってやりたく
なるのは私も一緒です。

それにしてもこのところの寒さには参りますね。
悟郎さんがご帰宅なさる深夜は、昼間よりグググンと寒い
ですよね。おかしくなりそう、というお気持ち分かりますよ~
寒さ苦手人間には酷な今年の冬です。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/15 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40014180

この記事へのトラックバック一覧です: 春を探しに公園へ -その2-:

« 春を探しに公園へ -その1- | トップページ | 春を探しに公園へ -その3- »