« 香り高し 日本水仙 | トップページ | ぴろろん リボンほどけて »

2008/02/19

しずくの中に見えるもの

       ある雨上がりの朝、木の小枝にたくさんの雫がぶら下がっていました。
       水滴、雫、いろんな方が写真に撮ってアップしていらっしゃいます。
 
       雫の中にはなにが見えるのかな? 肉眼ではよく見えないね
       ならば、と私もカメラを向けてみました。
 
         080124sizuku
         080124sizuku_up
 
         080124sizuku_blue
         080124sizuku_blue_up
 
       見えたのは… 小さな球体に閉じ込められた逆さまの世界。
       空も閉じ込められて、ブルーの小さな逆さま世界を作っていました。
 
       そうそう、
       しずくの漢字「雫」って、しずくの姿そのまんまって感じで楽しい。
 
 …○…○…○…○…○…○…○…○…○…○…○…○…○…○…○…○…
 
       今日2月19日は、二十四節気の「雨水(うすい)」
       「雨水」とは、太陽黄経が330度のときで、空から降るものが
       雪から雨に変わり雪が溶け始めるころをいい、2月19日ごろと、
       この日から啓蟄(今年は3/5)までの期間をいうそうです。
 

|

« 香り高し 日本水仙 | トップページ | ぴろろん リボンほどけて »

コメント

雨水に雫の写真。良い着想の上にきれいに撮れましたね。
目でよく見えなくてもカメラが見せてくれることも多いです。偶然私もそのようなものを撮りました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/02/19 09:35

始めまして鈴木日記です、只今ポージィの花etc.記さんの記事を拝見致しました、有難う御座いました。
今後も、全て頑張って下さい。

投稿: 鈴木日記3620 | 2008/02/19 09:55

流石!
ポージィさんならではの、捉え方ですね〜!
綺麗♪

投稿: noodles3 | 2008/02/19 11:45

先を越されたという感じですね。
このような写真を撮る機会を狙っていたのです。
でもなかなかめぐりあえなくて・・・・。
花の風景をねらっています。
いつか、撮って発表するかも知れませんが、
二番煎じといわないで下さいね。
本当に、いい写真です。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/02/19 13:26

雫に写る風景。
これって今日のおーちゃんの記事にあった見えないものが見える、ですね。
偶然とはいえ、ポージィさんとおーちゃん、同じようなテーマになりました。
雫に逆さまに写る風景。
小学生の頃、工作で、2枚の鏡を入れた長方形の筒を覗くと、自分の後ろの風景が逆さまに写るというものを作ったことがあるけど、それを思い出しました。
(この説明では意味ワカメ。でもうまく説明できない)
この雫は肉眼ではこんな風に見ることができないのね。カメラを通じて見える不思議の世界。
逆さまに映ってる家には長方形の窓がある。ポージィさんち?
私のガラス玉より綺麗に映ってるなぁ。
今日はおーちゃんのところとポージィさんのところとで面白い不思議な世界を見せてもらいました。

投稿: あまもり | 2008/02/19 14:47

あー、きれいですねー
おとぎの国のような雰囲気に思わずうっとり・・

ポージィさん こんにちは

ご挨拶がちと遅れました~
こんな風な写真も撮れるのですね~
きれいだわぁ 私も今度挑戦してみようかしら

我が家では水仙の葉ばかりで花芽がついてません;;
去年はたくさん咲いたのに~~
この白い水仙はいい香りがしませんか?

投稿: glenn | 2008/02/19 16:11

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

雨水のこと、たまたま目を向けたカレンダーで知って、
これは是非しずくをアップしなくては、と思いました。

目ではよく見えなくてもカメラを通してはっきり見えるもの、
面白い世界が展開されることもありますね。
おーちゃんもそんな光の世界を取り上げていらして、
楽しく拝見しました。


◆鈴木日記3620さん、ありがとうございます ♪

初めまして。ご訪問とコメントをありがとうございました。
励ましのお言葉を受け、これからも身近な植物や
いろんなことに目を向けていきたいと思っています。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

私らしい捉え方してますか?
自分ではよく分からないのですが、そう言っていただいて嬉しいです。
しずくの中の世界は、思いがけなく綺麗でした。
映し出されるのが花などだともっと良かったのですけれど(^^)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

おぉ~ 鎌ちゃんもしずくの中の世界を狙っていらっしゃいましたか。
それも、しずくの中に花の世界が広がる情景を狙っていらっしゃる。
撮影に成功されたら、それこそすてきな世界が広がりそう。
引き続き狙ってくださいね~楽しみにしています。
二番煎じだなんてとんでもない。
どんな世界も一期一会のすばらしいものですものhappy01


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ええ、ほんと。偶然にもおーちゃんの今日の記事のテーマのひとつ、
「目で見えなくてもカメラで見える」情景でした。

雫の中の逆さま世界に、懐かしい小学生時代の工作を思い出され
ましたか。鏡を使ったトリックを体験するような工作ですね。
楽しそうnote 私が賢かったら箱の中にどう鏡を置いたのか
パパッと分かるのでしょうけれど、実際に試してみないと
ダメそうですcoldsweats01 アハハ
雫もレンズの役目を果たして、現実の景色を逆さまにして中に
閉じ込めてしまってます。人間の目もこんななのかなー。
肉眼では小さくて何が写っているのかよく見えませんでした。
雫の中に見える窓はうちのではないのですよ。
うふふ あまもりさんのガラス玉は目の前の風景じゃなくて、
遠く離れた場所の人や物を映し出すので、ぼんやりして
しまうのはやむを得ませんねhappy02


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)
うっとりしていただけて嬉しいです~
小さな逆さま世界は、おとぎの世界・ファンタジー世界への
窓のようにも思えてきますね。
glennさんがカメラを向けられる雫の中には、どんな情景が
広がるでしょうか。ぜひ試してみてくださいな。

glennさんのお庭のスイセンは今年は咲きそうにないですか?
去年と打って変わって、とはどうしたのでしょうね。
肥料(窒素)が多い?表面の土が流れて浅くなった?
うちのも、何年来葉っぱばかりなのですよ。
植え替えなきゃ植え替えなきゃと思いつつ、蚊や暑い寒いの
せいで億劫がってちっともできずにいますwobbly
ニホンズイセンはとってもいい香りがしますね~
 

投稿: ポージィ | 2008/02/19 17:49

素敵にきれいです。
カメラ向けてもなかなか撮れません
これは風景でしょうか?
ひょっとしたらポージィさんの瞳とまつ毛かしら?

投稿: あやや | 2008/02/19 18:59

まあ、雫って逆さまに景色が映るのですか。
凄い発見ですね。
素晴らしい写真です。
2枚とも家と木が映っていますよね。
それも結構、大きくはっきりと。
驚いてしまいました。

投稿: tona | 2008/02/19 21:13

◆あややさん、ありがとうございます ♪

初めて試してみましたが、ずいぶん何回もシャッターを切って
やっと何とか…が、上の2枚です。
(アップのものはトリミングしました)
カメラを持った手を上に持ちあげて構えて、ですから
なかなか難しいですねcoldsweats01
ウフフ 雫の中のものの正体は木の枝と建物の窓です。
瞳と睫毛に例えてくださるなんて、あややさんステキですhappy01


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

そうなんです。雫の中は逆さまの世界でした~happy01
人間の目の網膜に映る像と同じなんですね。
ファンタジーと科学と2つの世界を感じました。
お褒めいただいて嬉しいです。
あ、でも それぞれの写真の下側のものはトリミングしました。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/19 21:29

ポージィさん、こんばんは。着想が面白いですね。雫には、このように景色を映し出す力があるんですね。確かに長方形の窓が見えます。それに、落葉した木の枝が複雑に絡み合っています。今日は雨水のはじまり。天気予報でも、もう寒さの底を越えたと報じています。寒い寒いといいながら、二月も下旬に入ります。昭和記念公園では、花々が一斉に咲き出して、それはそれは綺麗な景色と変化します。なんだか、わくわくします。

投稿: polo181 | 2008/02/19 21:32

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
着想は、実は他の方の真似っこなんです。でも雫の中に映った物を見たら、
予想以上に綺麗で、ちょっとカーブを描いていることや逆さま
なのが幻想的でもあり、楽しかったです。人間の目の網膜や
カメラのフィルムに映る像と同じ逆さまなんですね(^^)

天気予報でも寒さの底を越えたと、そう言っていましたか。
明日は久し振りに最高気温が10度を超えて3月上旬の気温とか。
体を少しリラックスさせられそうで嬉しいです。
昭和記念公園は、いよいよ花でいっぱいの季節を迎えますね。
私の身の回りの道端でもいろいろな花が見られるようになって
いくことでしょう。ほんと、ワクワクしますね!
 

投稿: ポージィ | 2008/02/19 21:45

雫写真を撮られるお方 本当に多いですね。
撮りたくなる気持ちわかります。
でも 素敵な写真が撮れる確率 すごく少ないですよね。
これ とてもきれいに撮られましたね~
景色の映りこみが いいです。
ちなみに 私はあまり撮りませんが1度だけ アップしたことあります。

投稿: pole pole | 2008/02/20 00:15

ヘェ~~、そうかそうか、そうですよね。
レンズなんですよね、そうですよ。
写り込みになるんじゃないかと思っておりましたので。
ひとりで納得してます(笑)。
言われてみるとその通りなんですが、こうやってみせていただくと、新鮮な驚きがあります。
私も小宇宙を閉じ込めてみようかな。

投稿: goros | 2008/02/20 00:58

>おとぎの世界・ファンタジー世界への窓
わぁ……。
ハッキリと理解できてるかどうかは、自分でも確信が持てませんが。
とっても短い文章なのに。
なんだか今回の記事には、示唆に富んだ盛り沢山な内容が凝縮されてるような気がしました。

まるで雫の中の世界のようですね。(^.^)

投稿: nanbu | 2008/02/20 08:15

◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

そうでしたか!polepoleさんもアップなさったことが
おありなのですね。雫写真sweat02
小さな世界なのに、煌いていたり何かを映し込んでいたり、
魅力を感じる方が多いのでしょうね。
雫とお日様の光と背景…etc.条件がたまたま揃って初めて
出現する世界でもありますから、なかなか綺麗に撮るのは
難しいなと、私も感じました。
褒めていただいて嬉しいですhappy01


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうそう、そうなんですよ~(^^)
小さな水滴はちゃんとレンズになっていました。
科学もファンタジーも存在する雫の中の世界って、
想像したよりも感動的でした。
悟郎さんは、どんな世界を閉じ込めたいとお思いになるのかな。
機会がおありになったら覗き込んでみてくださいな。
小宇宙の中。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

小さな雫の中に閉じ込められた世界の、
ちょっと歪んで見える逆さまの情景。
綺麗で楽しいものでした。

>示唆に富んだ盛り沢山な内容が凝縮されてるような気が…

わぁ、そんな風に感じていただいて嬉しいです。
いつも、私が言葉にうまく表せない部分まで読み取ってくださる
nanbuさんのこと、今回も的確に理解してくださっていると思います。

>まるで雫の中の世界のようですね

おぉぉ…見事な締めですsign03 happy02
 

投稿: ポージィ | 2008/02/20 09:43

 お写真がうまいのはもちろんのことですが、着眼点がすごいですね。
「雫なんて」とおもってあまりじっと見たことがありませんでした。

 そっかぁ雫の向こうはこうなってるのか……

 もしも中に入れたら、『不思議の国のアリス』顔負けの不思議な世界が待ってそうかも。行ってみたくなりました。

投稿: ろぷ | 2008/02/20 15:50

◆ろぷさん、こちらにもありがとうございます ♪

褒めていただいてありがとうございます。こそばいです。
でも着眼点は他の方の真似っこなんですよ。

覗いてみたら不思議な感覚を覚える世界がありました。

>もしも中に入れたら、『不思議の国のアリス』顔負けの
 不思議な世界が待ってそうかも。行ってみたくなりました。

でしょでしょ?いやぁ、ろぷさんもそんな風に感じてくださって嬉しいです。
逆さまでちょっと歪んだ映像に、ファンタジー世界に誘われてしまいます。
中に入ったらどんな感じなんでしょうね。音の世界も変わってきそうな…confident

投稿: ポージィ | 2008/02/20 18:21

雫に挑戦しましたかとてもよく捉えていて素晴らしいです。
ピントがきっちり合わないとこの様な鮮明には撮れませんから凄い集中力でセンスも加わり素晴らしいですね。
私も好きでよく撮りたがるのですがなかなかこの様に
ステキには撮れません(涙)
これからいろいろのバックでトライされるでしょうね、
楽しみにしております。

投稿: | 2008/02/21 08:47

◆玲さん、ありがとうございます ♪

玲さんもよく雫を撮っていらして、触発された方のお一人ですよーflair
2~3歩外へ出ればいいだけのところにぶら下がっていたので、
挑戦してみる気になりました。
そんなにたくさんお褒めいただいて、なんだかこそばゆいですねhappy02
でもありがとうございます。ピントはなかなか合いませんでしたよ~
わずかな風に枝が細かく揺れるので。何枚も撮ったうちで
ピントが合っていたのはこの2枚きりでした。
(それぞれの下側の写真はトリミングしたものです)

今後はどうでしょうか。機会があればまた覗いてみたいと
思いますが、なかなか難しいでしょうね。期限無しの宿題かな。
 

投稿: ポージィ | 2008/02/21 09:46

雨上がりの小枝に出来た雨雫、そんなの気に留めたことはなかった。よくぞ眼に留めたり。

こうして見ると雨雫の凸レンズ、ちゃんと世間を理屈どおり逆さまに写しているのですね。ビロント伸びれば景色も伸びる。落ちればみんななくなる。束の間の自然現象。面白いです。
人の顔を写したら面白そう・・・なんてことも考えました。

投稿: 夢閑人 | 2008/02/21 11:58

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

私も、他の方の雫の写真を拝見していなかったら覗いてみようと
思わなかったかもしれません(^^)

雫がレンズの役目を果たして、映しこまれる映像は逆さま、
そう理屈では知ってはいても、実際に逆さま世界が映っていると
なんだか不思議なような愉快なような気持ちになりました。
夢閑人さんの仰るとおりですね。
雫が垂れ下がってビロンと伸びれば、中の逆さま世界もビロン。
そして落下と同時に消えてしまう儚い世界。
人の顔を映したらですか? アハハ ヘンテコな顔になりそうですね!

投稿: ポージィ | 2008/02/21 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/17962020

この記事へのトラックバック一覧です: しずくの中に見えるもの:

« 香り高し 日本水仙 | トップページ | ぴろろん リボンほどけて »