« わが家のクロッカス 2008 | トップページ | 少し遅れてヒメオドリコソウ »

2008/03/11

カレンデュラ フユシラズ

カレンデュラ フユシラズとは、
真冬の寒さの中でも元気な花を咲かせるカレンデュラ(キンセンカ)の仲間です。
もう何年も前、わが家の冬の花壇にも植えたことがありました。
こぼれ種から毎年咲くという話も聞きますが、わが家ではそうはいかず、
一季きりで終わってしまいましたが、それでも冬中黄色の小さな花が
元気に咲き続け、春にはさらに華やかに花が増えたのを思い出します。
まさに「冬しらず」…
 
この冬は、遊歩道の花壇と、以前アップした閉店したカフェの寄せ植えで
数株の「冬しらず」の花を楽しませてもらいました。今も変わらず咲いています♪
           (写真クリックでちょっぴり大きめ写真をご覧いただけます。)
 
080209fuyusirazu こちらは遊歩道の花壇の隅に
 なぜか3株ほどだけ
 遠慮がちに植えられていたもの。
 
 春の間に、空いた地面を
 花で埋め尽くしてくれるかな。
 さすがにそこまで期待するのは
 無理かしら。
 
 
080218fuyusirazu1こちらは寄せ植えのものを
ズームで撮りました。 
後からの姿ですが、日が透けて
とても綺麗でしたよ。
コキアと、なにやら紅葉する
植物との寄せ植え。
単独だとちょっと平凡に思える
冬しらずも、こんなふうに
組み合わせると意外なほど
お洒落になるものだと見直しました。
 
 
「カレンデュラ フユシラズ(Calendula arvensis=Calendula‘Fuyushirazu’ ?)」
                :キク科・カレンデュラ属
                 
 お店では「冬しらず」の名前で売られていることが多いように思います。
 耐寒性のある寒咲きキンセンカで、花の直径は1~1.5cmほどです。
 

|

« わが家のクロッカス 2008 | トップページ | 少し遅れてヒメオドリコソウ »

コメント

おはようございます。
最近 普通のキンセンカよりこの小さいカレンヂュラの方が主流なのでしょうね~~
種子たくさんこぼれますよね~

昔 パステル画を描いていた時 好んでキンセンカを描いていたことを思い出しました。
植物画では細かすぎて描いたことはありませんが・・・
黄色とかオレンジのお花はビタミンカラーで元気をくれますね。

投稿: pole pole | 2008/03/11 10:51

こぼれ種でも咲くのですね。道理で、あれこんな所に?と思うような場所で咲いているのを見たことがあります。
冬の間の黄色い花は元気をもらえますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/03/11 13:03

クロッカスが綺麗ですね、よく咲かせたと感心いたします。
わが家では新聞配達のお店からよく球根を頂くのですがそのまま植えておいてみますがまだ何もお花が咲きません。(笑)
その内何かは成功するかも、とその時を楽しみにしています。
フユシラズは方々で咲いているのですがまだ今年は見ていませんね、
その内気になるから撮ると思うのですが今頃はこの様なお花がとても元気そうで頼もしくさえ思えます。

投稿: | 2008/03/11 13:56

フユシラズは,寒くなったのに気付かず咲き続けるのんびりやさん.
フユイラズは,新型ビーバーエアコン
フケシラズは,ブラウン超深剃り二枚刃頭髪用
ワケシランは,世間無頓着に清楚に咲く蘭
ウケイラズは,もうここまで引っ張ったら後には引けないLiLA管理人のおやじギャグ

投稿: LiLA管理人 | 2008/03/11 14:16

名前は初めて聞きますが、見たことある花ですね。
キンセンカのことかも知れませんが・・・・。
真冬の寒さの中でも元気な花を咲かせるそうですが、
花言葉を調べると、「不安・悲しみ」というのが
ありました。その元気さとは結びつかない花言葉ですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/03/11 15:55

ポージィさん、こんにちは。カレンヂュラ フユシラズのことについてはだいたい理解が出来ました。直径が1~1.5㎝だから、とても小さい。でも、散歩で実物を探してみます。さて、この花の名前についてですが、カレンヂュラは多分学名の一部で、フユシラズは通称名だと思いますが、私が理解できないのは、なぜカレンヂュラフユシラズと両者をくっつけてしまわないでしょう。Calendula‘Fuyushirazu’と書いておられますね。これはCalendulaに属するFuyushirazuという意味でしょうか。それともその逆ですか。コメントに質問を書いてしまいました。

投稿: polo181 | 2008/03/11 16:23

◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

春になってからの公園の花壇などでは、昔ながらのキンセンカも
見ることができますが、寒い間はこちらが多いですね。
でも、昔ながらのキンセンカといっても、子どもの頃花壇で見ていた
ものより、洗練され垢抜けた?ような気がしますが(^.^)

polepoleさんはパステル画も描いていらしたんですね。
その頃好んで描かれた題材がキンセンカでしたか。
パステル画の柔らかな特性と暖かいオレンジ色の花、合いますね。
描かれた絵もビタミンカラーあふれて元気をたくさんくれるような
絵だったのでしょうね…(想像中)confident


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こぼれ種からも結構よく生えて来るらしいのですよ。
おーちゃんは、あんなところにも?というのを目撃されているのですね。
何故かうちのはさっぱり生えて来てくれませんでしたけれど。
花の少ない冬の間の明るいオレンジ色は、パッと目に飛び込んできて
元気を注入してくれる気がします。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

クロッカスも見てくださってありがとうございます。
咲かせた というのは違うんですよ。勝手に咲いてくれましたから(^^;)
私は何年か前、球根を買った秋に土の中に埋めただけなんです。
玲さんのところでは、新聞屋さんが球根のプレゼントなどという
粋なことをしてくれるのですね。植え込んでも咲きませんか。
ん~残念。でもいつかはきっと(^^)

フユシラズ、今年はお見かけになっていませんか。ブームも下火かしら。
この花は、名前の通り寒い冬の間も元気に咲いてくれて、
ほんと頼もしくこちらも元気をもらえますね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ぶふふふ 久し振りにLiLA管理人さんのギャグが炸裂しましたね。
フケシラズ 辺りから一気に様子がおかしくなりましたね。
頭の皮まで剃っちゃう恐ろしいブラウン製のかみそり想像して
冷や汗が出ました。
ウケイラズなんて、そんな遠慮なさらずに。ウケましたとも!!
しばらく一人パソコンの前で笑い続けていた私ですhappy02


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

ご覧になったことありますか。
一時はあちこちの花壇で咲いていました。最近は下火かなとも
思いますけれど。冬に咲く花のちっちゃなキンセンカ、ですね。
花言葉は知りませんでしたが「不安・悲しみ」ですか?
およそこの花のイメージとはかけ離れた花言葉に感じますが、
この花言葉を作った方には不安や悲しみと結びついて感じられた
のかもしれませんね。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
冬しらずは、ひところ随分あちこちの花壇などで見かけられましたが、
最近はちょっと減ったようにも感じています。
花一輪ずつは小さいですけれど、一株に幾つも咲きますし
パッと明るい花色なのでよく目立ちます。

名前については、私、墓穴を掘ってしまったようです(^^;)
実は検索して見つけたところから安易にコピペしてしまったのです。
ご指摘ごもっともですね。
冬咲のキンセンカの学名として
「Calendula arvensis, Calendula 'Fuyushirazu'」と載っていた
ページを見つけたので、両方あるのかと思って
↑このように書いてしまいましたが、本当に正しいかどうか、
調べてもいませんでした。
「冬しらず」の名前が、お店で売られるときの流通名だけなのか、
学名の一部にもなっている場合があるのか、ごめんなさい、分かりません。
Calendula というのはキク科カレンデュラ属の総称のようなのですが、
これもどこまで正しいのか分かりません~~(><)お粗末ですみません。

投稿: ポージィ | 2008/03/11 17:44

これ以上、開かないものなのでしょうか?
なお一層、奥ゆかしいですね♪
見過ごしそうなので、要注意だなあ・・・

投稿: noodles3 | 2008/03/11 20:06

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

いつ見てもこのくらいの開き具合で、ずーっと咲き続けて
とっても長持ちしています。
全開の平べったい状態にはならないみたいですよ。
(私が知る限りでは)
ご覧になったことありませんでしたっけ?
園芸種ですけど、心ひかれる花姿ですよね(^^)
この頃では、一頃のようにどこの花壇でも見られるという
風ではなくなりましたし。
どこかでお会いになったら、じっくり見てやってくださいね。

投稿: ポージィ | 2008/03/11 21:15

フユシラズは、ノースポールとともに、冬場の花壇を飾ってくれてますよね。
ポージィさんのほうでは少なくなったようにお感じでしょうが、街のコンクリートブロックのようなプランターのなかでは、よく見かけますよ。
丈夫で名前通りに寒さに強いので、重宝されているようです。
暖かくなるともう少し背丈が伸びて、また違った表情を見せてくれますね。
寒さにいくら強いとはいっても、やっぱり暖かいのが好きなんだなって、そう思いながら見た気憶があります。

投稿: goro’s | 2008/03/12 02:07

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんのほうでは、フユシラズはいまでも重宝されていますか。
ノースポールとともに…そうですね!白のノースポールと
オレンジのフユシラズ、丈夫で寒さに強くて花期も長くて
パァッと明るさをもたらしてくれる、冬の花壇の強い味方(^^)
暖かさを増すと、背丈も伸びますね。
かってうちの花壇に植えたときもそうでした。
たしか初夏のころになっても咲いていて、夏物を植えたくても
なかなか植えられずにいた覚えがあります(^^;)

投稿: ポージィ | 2008/03/12 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40193032

この記事へのトラックバック一覧です: カレンデュラ フユシラズ:

« わが家のクロッカス 2008 | トップページ | 少し遅れてヒメオドリコソウ »