« 身近にいる鳥 | トップページ | 春の星の花 -ハナニラ- »

2008/03/21

春を告げる黄花 -ミツマタ-

「春を告げる黄花 -サンシュユ-」で予告させていただいた「ミツマタ」登場です。
先だって「もうすぐね」で蕾をご紹介した、あの「ミツマタ」の花です。
 
この「ミツマタ」は、長年造園屋さんのストック場にある、私の背丈よりも大きな株です。
張り出した枝を無造作に切られたり、ちょっと邪険な扱いを受けているようすが
気になっているですが、私にとっては間近で見られるとても貴重な存在で、
愛着を持っている株。過去にも何度か登場してもらっています。
              (写真クリックで少し大き目をご覧いただけます)
 
080311mitumata1 080311mitumata2 
080311mitumata3 080311mitumata4 
 
 
今年も綺麗な花を見せてもらえたことに感謝しつつ。。。。。 
 

|

« 身近にいる鳥 | トップページ | 春の星の花 -ハナニラ- »

コメント

毎年楽しみな木というのがありますね。私は泉の森へ行く途中のハクモクレンとミモザです。
邪険に扱われているようでも、造園屋さんだからいためないように考えて切っておられるのでしょうね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/03/21 10:01

ポージィさん こんにちは!

この数日は寒の戻りでしょうか、ふるえるような日でしたが
確実に春はもうそこまでやってきていますね

ミツマタもサンシュユもミモザも春の花には黄色が多い!?
あ、菜の花もそうですね~
黄色のかたまりをみただけで幸せな気持ちになりますね

↓のすずめたち、栄養満点でまんまるに太ってますね^^
お米は食べなくても、いろいろな生ごみとか虫とかたべているのでしょうか?
もしかして、油物の取りすぎ!?

投稿: glenn | 2008/03/21 15:25

あの細首の蕾から花が咲いたんですね。
空からの光が透けてボワンと光ってる花びらで、ぼんぼりを思い浮かべました。
筒状の花の側面(?)の白と黄色のとりあわせもすがすがしいですね。

そういえば、前回の枝に留まったスズメからは、以前枝垂れ梅(桜?)にスズナリになってた写真を思い出しました。(^^)

投稿: nanbu | 2008/03/21 17:35

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

毎年楽しみにする花、私もクックと散歩をするようになってから
そんなのが増えました。切られて消えてしまったものもありますが。
おーちゃんが泉の森へいらっしゃるとき楽しみにしていらっしゃる
ミモザとハクモクレン、あれかな?それとも別のかな?
楽しみにしている木々の四季ごとの移り変わりは、特別な
親近感を持って慈しんでみてしまいますよね。

このミツマタは本当に邪険に扱われているようなのですよ。
以前ある人がミツマタの枝を貰っていいかと尋ねたら、
あれはもうどうでもいいから好きなだけ切っていいと言われたそうで…
そのうち無くなってしまうのではないかと毎年ヒヤヒヤしています。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)

寒かったですね~。昨日今日は風もビュービュー吹いて!
ものすごく暖かな日があった後だけに震え上がりました。
でも、今日の風にもみくちゃにされながら感じました。
真冬の身を切るような冷たい風ではないな、って。

春の花は黄色が多いですよ~ そうそう菜の花もそうですね。
タンポポもヘビイチゴもレンギョウもヤマブキもhappy01
黄色の花たちにはお日様の温もりをいっぱい感じて、気持ちも
明るくなりますね。幸せきぶん♪

あはは この↓写真を撮ったときのスズメたちは、まだ寒かったので
羽毛を膨らませていたのだと思いますよ。それで丸々と。
つまり着膨れ?happy02
スズメたちって、何を食べているんでしょうね。草の実を
ついばんでいるのは時々見ますし、お米などもついばむので
しょうけれど。生ゴミなんかも食べるんでしょうか~
もしそうだとしたら、本当にメタボのスズメがいるかもしれませんね。
 

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

うふ そうです~ 細いうなじでクックを見下ろしていた、あの蕾も含めて
み~んな咲きましたshine
不透明の和紙を透かして光っているぼわんとした明かりのぼんぼり。
そんなふうに見えますね(^^)
蕾の外側に生えている毛は光沢があって、日が当たると銀色っぽく光ります。
写真だと白っぽくしか見えないのですけれど。
そんな外側と内側のマットな黄色のとりあわせもステキな花ですね。

あ~nanbuさんって、ほんとによく覚えていてくださいますねhappy01
そのとおりです。だいぶ前、まだ花の咲かない枝垂れ梅に鈴生りに
なっていたスズメをアップしたことあります。群れ雀ってタイトルだったかしら?
今回は栗の木に鈴生りになっていました~

投稿: ポージィ | 2008/03/21 17:54

今日このお花見てきました。
三椏って和紙の原料ですね。
日本橋の小津和紙博物館の入口に三椏と雁皮と楮が
ありましたのに和紙のほうに気を取られて
こちらの木を忘れました。
三椏はきれいに咲いていました。
こちらへおじゃまして撮ってくれば良かったと・・・
なにしろ高速道路際のビルなのであまりカメラ構えるのも気が引けました。
でもポージィさんのお写真で拝見できてよかったです。
私はこんなに奇麗に撮れませんもの

投稿: あやや | 2008/03/21 19:27

ミツマタの黄色いいですよね~
一つ一つのお花が可愛くって ジンチョウゲの仲間だってよくわかります。
私も今日 アカバナを撮ってきましたので 近々にアップしたいと思っていたところです。
といってもいつのことになるやらですが・・・
下を向いているんですよね~このお花!
ジンチョウゲは上を向いているのに!

投稿: pole pole | 2008/03/21 21:30

◆あややさん、ありがとうございます ♪

今日見ていらしたところでしたか。タイムリ~でしたね。
三椏からからは良質の和紙ができるとか。
あややさんは和紙博物館でご覧になったんですねぇ。
私は雁皮・楮は見たことがないんです。さすがは和紙博物館♪
三椏はやはり綺麗に咲いていましたか。
車や人の通りの多い場所では、カメラを構えるのも気が引けますね。
連れの人がいるときならまだしも。
お帰りになって、ここでもう一度見ていただけてよかったですhappy01


◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

ミツマタの黄色は何だかほっこりとした温かみのある黄色ですね。
手触りの柔らかそうな質感も優しげでいい感じです(^^)
いかにも沈丁花のお仲間ですね。咲く向きは逆ですけれど。
polepoleさんはアカバナミツマタをご覧になってきたのですね。
うちの近くではアカバナには滅多にお目にかかれないんです。
あるお宅のブロック塀越しにやっと1枚撮ったのですが
イマイチ写真だったので、今日のお仲間には入れないでしまいました。
またそのうちpolepoleさんがアップして下さったら、じっくり
楽しませていただきまーすhappy01
 

投稿: ポージィ | 2008/03/21 22:04

先日もゴローさんの店で話していたんですが、
僕らはとにかくいち早く、開花を見つけてはアップする指名にかられている節があります。しかも互いに競ってる部分も無きにしもあらず(笑)。

本来の旬のときは、カメラを向けませんから!(苦笑)

ポージィさんの、更新こそが旬なんですよね。
少なからず、反省すべき点です。

投稿: noodles3 | 2008/03/21 23:53

◆noodles3さん、こちらにもありがとうございます ♪

ムフフ 確かに感じておりますですよ。
季節のいち早い情報を届けて下さろうとしていること(^.^)
どうしたって害の無い競争心も湧いてしまうものですしね。
その花がいっぱいになっちゃうと興味が半減しますか?
新鮮味もまた大きな魅力ですものね~

いえいえ、私の場合は旬にアップするより、むしろ後を
追うことのほうが多いです。も、割り切ってちょっと振り返って
いただくことにしましょう。

投稿: ポージィ | 2008/03/22 10:39

あらら、鳥の記事では問題なかったのに、久々にこちらにはコメントが反映されていませんでした。
ということで、再掲します。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ミツマタの花、ちょっと損をしてるんじゃないかな。
花時期がもう少し前だったら、ジンチョウゲの咲く前だったら、香りのことがもっと話題になっていいんですがね。
甘くていい香りですけどね。

花との新しい出会いは、それはそれで素敵なことですが、毎年変わらず咲いてくれる花たちには、格別の思いがあります。
こころが和みます。
このミツマタも、いつまでも元気な姿を見せてくれるといいのですがね。

私はnoodlesさんと違って、盛りの写真も、ちゃんと撮ってますよ~~(笑)

投稿: goro’s | 2008/03/23 03:29

ポージィさん、こんにちは。大変ご無沙汰しました。先ほど帰宅しました。
ミツマタの登場ですね。私もこの花が咲くのを見たくて2度昭和記念公園へ行きました。だいたい、咲き方は理解できていました。でも、色がこの様に鮮やかな黄色とは、はっきりとは知りませんでした。綺麗ですねぇ。色違いはないのですか。私が見るミツマタの木は2mほどの背丈です。あの広い公園に一本しかないのですよ。とても貴重な存在です。

投稿: polo181 | 2008/03/23 17:01

おぉ♪ これがあの、クックちゃんに呼びかけただけの
コメントした記事にあった蕾ですか(説明 長っ!)

あの蕾からは こんな黄色い花が咲くとは思わなかったです
いくつも集まってる花って可愛いですよねheart04
でも
「しめじ」を思い出してしまいました
すみません、、情緒のない奴でcoldsweats01

投稿: miki | 2008/03/23 17:34

この黄色、とってもキレイな黄色ですね~♪
私の住む町ではミツマタを植えてるお宅って知ってるだけで2軒しかありません。
どちらも塀越しにちょこっと見えるだけなので写真なんてもっての外。
写真を撮ろうと思ったら緑化センターに足を運んでます。
ここなら心おきなる撮れるし。
愛媛の山間部に行くとミツマタがたくさん見られます。
和紙生産が結構盛んなのでそのせいでしょうね。
つぼみの時の蜂の巣っぽい感じもなかなかユニークですよね。

投稿: ちょびママ | 2008/03/23 23:04

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あららら 久し振りに反映されないトラブルが…!
鳥の記事の方にだけコメントいただいていたので、実は私も
ちょっと首をかしげていたのです。その逆なら分かるけど、って。
いつもながら、再度書いてくださってありがとうございます<(_ _)>

言えてますね、ミツマタの香りに注目が集まらないこと。
損していると思います。ジンチョウゲの強い香りのすぐ後ですから、
どうしても香りの印象が薄いんですよね。
ミツマタもほんのり優しい香りで楽しませてくれるのに。
今度会ったらもっとしっかり香りも意識することにしましょう。

毎年の楽しみは桜だけではないですよね。悟郎さんにも、楽しみに
していらっしゃる花マップの会員さんたちがたくさんいますものね。
伐採などで多くの別れがあった分、何年も見てきた花木には、
どうぞ来年もと祈りの気持ちとともに向き合ってきます。

>私はnoodlesさんと違って、盛りの写真も、ちゃんと撮ってますよ~~(笑)

うっふっふ 同じ場所の花の咲き初めから咲き終わりまで
レポートしてくださることもありますしね(^^)


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

お帰りなさい。お疲れのところ、早速にご訪問くださいまして
ありがとうございます。

ようやくミツマタを登場させました。poloさんに昭和記念公園の
ミツマタを見せていただいてから、もうどれほどの日数がたったやら(^^)
うちの近所で見かけるミツマタは、ほとんどがこの温かな黄色の
ものですが、アカバナミツマタなど濃いオレンジ色のものや
黄色とオレンジがグラデーションのように見えるものなどの
園芸種がありますね。
なんと、昭和記念公園のミツマタは、2mほどのが1本きりなのですか。
仰るとおりの、とても貴重な1本ですね!


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

そうそう!あのときのミツマタの蕾ちゃんたちで~す。
蕾のイメージとはかなり違う可愛~い花なのですよ。
いくつもの花が集まってぽんぽんのように咲くもの、なんとも
可愛いですよね。ミツマタは色が黄色くていかにも柔らかそうな
質感のせいか、ジンチョウゲより可愛らしく感じますlovely
えぇーっ!?シメジを思い出されました~?? ブハハハhappy02 
ちょうどシメジを買っていらしたばかりだったとか?
でも言われてみればナルホド~ですnote


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ミツマタの黄色は暖かい陽だまりを思わせるような優しい可愛い
黄色ですね。厚みがあって柔らかな毛に覆われているような
質感も効いていると思いませんか?
お庭に植えているお宅は少ないのですね。
こちらではちょこちょこ見かけます。といっても傍へは寄れない
場合がほとんどなんですけれど。じっくり見られるのは、この↑株か
お寺や公園などで、ということになります。
ちょびママさんも緑化センターでご覧になるのですね。
ひょっとして、お庭に植えている方が少ないのは、山間部では
反対に多く見られるということと関係があるのかしら。
和紙の原料としての比重が大きく、観賞用としては意識され
なかった、とか…ね。勝手な想像ですけれど。

蜂の巣みたいな蕾の固まりも、光沢のある毛に覆われて手触り
なかなかです。形もユニークで楽しいですねhappy01
 

投稿: ポージィ | 2008/03/24 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40555525

この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる黄花 -ミツマタ-:

« 身近にいる鳥 | トップページ | 春の星の花 -ハナニラ- »