« お花をあげましょ…♪ | トップページ | グリーンピース♪ »

2008/03/04

オオイヌノフグリ

しばらく前、「オオイヌノフグリ」の花を見つけ、道端にしゃがみこんで
カメラを向けていたときのこと…。ふと横を見るといつの間にか小学2年生くらいの
少年が立っているではありませんか。全然気付かなかったよぉ~
 
 私「わぁ、びっくり!アハハハ(←笑ってごまかしてる)
   何してるのかなぁ、って思った?」
 彼「(ちょっと微笑んで無言でコックリとうなずく)」
 私「写真撮ってたの。小さな花が咲いているんだよ~。」
 
と、ここで私の心の中には葛藤が生まれました。
 
 『名前を教えてあげようかな。オオイヌノフグリだよって。でもでも!
  それってどういう意味?って聞かれたらどうする?
  イヌノフグリを説明しなきゃなんないじゃん。何て説明すればいいのよ~』
 
ほんの何秒か迷っているうちに、カメラのストラップとクックのリードが絡まって…
「あれー絡まっちゃったー」とほどいているうちに、少年は駆けていってしまいました。
せっかく興味を示してくれたのに、よりによって撮っていたのが、
この美しくも口に出して呼びづらい名前の花だったなんて。名付け親さん、恨めしや。
 
名前はともかく、野の花のなかでもいちばんといっていいくらい好きな花です。
少年との出会いとは別のときに撮った写真をアップします。
               (写真クリックで、大きめ写真を見てやってください)
 
080216ooinunofuguri1 080216ooinunofuguri2
 
080216ooinunofuguri3 080216ooinunofuguri4
 
一輪の花の命は短く一日花です。夕方になると閉じて落ちてしまいます。
左上の写真でうつぶせに落ちている花は、写真を撮ろうとカメラを近づけたとき、
それと知らずにカメラが触れて落ちてしまったもののようです。
受粉はすんでいたかな?ごめんね。


 「オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)」:ゴマノハグサ科・クワガタ ソウ属
            アジア西部や中近東、あるいはヨーロッパ原産の帰化植物で、
            1890年頃に東京に帰化したことが確認されたそうです。
 

|

« お花をあげましょ…♪ | トップページ | グリーンピース♪ »

コメント

「おい坊主、知ってっか。これな、おっきなイヌのキャンタマって名前なんだぜ! げへげへげへ〜」

 とは、たしかに女性は言えませんわね。僕だったら言ってるかもしれないけど(笑)。

 こんな名前、だれが考えたんだか。テキトー感あふれるネーミングですよね。

投稿: ろぷ | 2008/03/04 10:41

爆笑いたしました~happy02
ん~~~自分の息子になら言えそうだけど、
小学二年生くらいのはにかみ少年には言えそうにありませんね~。
私が撮った写真はいったいいつアップできるんでしょう?

投稿: koko | 2008/03/04 12:50

ポージィさんのお気持ちよく解ります。
以前にも書いたことがあると思いますが、
確かにこの名前可愛そうですよね。
実も綺麗なのですが・・・・確かに似ていますね。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/03/04 13:01

少年に名前を教えてあげなくても、きっとこの子はこの花が印象に残っていますね。道端に小さな花が咲いていることに気付いてくれたのが大成功でしょう。
いつか名前を知ったら、また印象が深まるでしょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/03/04 13:48

ポージィさん、こんにちは。「ふぐり」かぁ。マツカサのことをマツフグリといいますね。
私が女性なら、「あのぉ、それはね、キミが蹴られたら痛くて息が止まりそうになる場所のことだよ。ほらオシッコするとき下にぶら下がっているでしょう。あれだよ、あれ」と説明します。ちょっと、き○○ま とは言いにくいでしょうか。あるいは、思い切ってズバリと一言で言った方が子供にはいいのでは?と思ったりします。
オオイヌフグリは、綺麗な花ですね。色がとても良い。こちらでも咲いていますよ。1日花だとは知りませんでした。

投稿: polo181 | 2008/03/04 13:56

なんともイヤな名前ですよね。
でもそれのお陰なのかヘクソちゃんといい
名前を覚えられた花なのです。
インパクトありすぎ~
この花は最近では『ほしのひとみちゃん』と呼んでいます♪

投稿: 池田姫 | 2008/03/04 14:25

ポージィさん こんにちは~

オオイヌさんは日差しがあると、いっせいに花開きますね~
今日は暖かい日差しの下、可愛らしいブルーの花があちらこちらに見られました
以前、私のブログに来られた方で、オオイヌフグリの名前を
スプリング・ブルースターと名づけられた方がいました
やはり、この名前ではあまりにも可哀想なので・・ということです

写真、大きくして見させていただきました~
とーーっても、きれいでしたよ~^^

投稿: glenn | 2008/03/04 16:32

(名前はともかく)やっぱり可愛い花ですね〜。
私も大好きです。(^^)
先日のハコベの花粉が出る前の赤っぽい葯にも驚きましたけど。
右上の写真を見て、オオイヌノフグリのは紫がかった暗い青だということに初めて気がつきました。(さっそく確かめてみたら、葯の裏がその色でした)(・o・)

投稿: nanbu | 2008/03/04 17:14

あ~はっはっは・・・
ポージィさんの心の葛藤が目に見えるようで(^O^)
もう私は最近当たり前のように
オオイヌノフグリ、タチイヌノフグリと言えますよん。
もう名前の由来なんか関係なし。この花の固有名詞としてね。
実はね、こないだの日曜日(3/2)に久し振りに淀川べりを散歩したら、
自転車で走ったら見逃すほどの春の小さな花たちが咲いていました。
これはハコベ、これはナズナ、おっホトケノザも。
もちろん、オオイヌノフグリも咲いてました。
堤防でしゃがんで写真を撮っていたら、
何を撮ってるの?と聞く人が。
小学生じゃなくて、犬を連れた初老の人。
オオイヌノフグリですよ。
ほうこれオオイヌノフグリって言うの。
可愛いでしょ。
可愛いね。
極々当たり前の会話でした。
後でその老人がどう思ったかは知らない。(^▽^

オオイヌノフグリは花ごと散る一日花ですね。
私も左上の写真のような花ごと散ったオオイヌノフグリも見ました。
ポージィさんはちゃんと捉えてあげてる。

自転車から下りて気をつけなければ見つからない小さな小さな春の花。
これからが本番ですね。
私も折りがあれば記事にしたいで~す。

投稿: あまもり | 2008/03/04 17:31

◆ろぷさん、ありがとうございます ♪

最後の笑いは無しでも、ちょっと躊躇っちゃいますよー、
やっぱりねcoldsweats01
自分の子どもだったり、よく知ってるこだったら
言ってたかもしれないですけど、見知らぬ少年ですし。
ま、後のことはいった後で心配すればよかったのかも
しれませんが~
というか、名前にこだわったから葛藤が生まれてしまったんですよね、私。
でも思うんですよ、実の形じゃなくて花の色や形に注目して
名前を付けて欲しかったなって。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

笑っていただけて~~coldsweats01
ほんの何秒かの間に頭の中で葛藤が。ハ・ハ・ハ…
私も、自分の子どもだったらストレートに教えただろうなと
思うんですけど、見ず知らずの少年相手ではねぇ。
kokoさんもオオイヌノフグリの写真撮られたんですね。
つまりそちらでも咲き始めてる。
お時間できたときにはぜひアップなさってくださいな。
まだ当分の間咲き続けると思いますし(^^)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

このときの葛藤お分かりいただけましたか~
まったくね。気にしすぎだったかもしれませんけれど…。
気の毒な名前を付けられちゃった植物ベスト○○に
入りますよね。
>実も綺麗なのですが・・・・確かに似ていますね。
名前の由来になった実は、写真でしか見たことがないのですが、
私はdogちゃんよりcatちゃんのに似てると思いました~catface


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

小さな花に注意を向けられただけでも成功だったでしょうか。
こんな葛藤に迷っていないで、「ホラここにあるでしょう。
小さいけどきれいな花だよね、可愛いね。」と言ってあげれば
よかったんですよね。後から気付きました。
おーちゃんが書いてくださったように、いつか少年が自ら
名前を知って、またさらに印象や興味を深めてくれると
いいなと思いますconfident


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
あらら また初めての言葉を知りました。松茸のことをそういう
呼び方をすることもあるのですね。ほぉ~

私も、自分の子どもだったら(子どもはいませんが ^^;)
ごく普通ーに教えたと思うのですが、なまじ見知らぬ少年相手
だったのでヘンに先を気にしてしまいましたcoldsweats01
青い色が綺麗だね~と、名前とは別の方向のアプローチを
考えればよかったものを。と、後で思いました。
名前はともかく、ブルーの色が綺麗で、ストライプもお洒落な
花ですね。あちこちで盛んに咲き始めているようですね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

気の毒な名前ベスト3に入りますよねbearing
確かにインパクトがあって覚えやすいですね。
ヘクソちゃんやママコちゃん同様。
姫君は「オオイヌノ…」なんておっしゃるのはさすがにちょっとcoldsweats01
その点、別名のひとつの「星の瞳」は綺麗で素適ですよね~
天人唐草/瑠璃唐草でもいいなぁheart04
なぜこっちが普及しないんでしょ。
「イヌノフグリ」からして名前を変えないといけなくなるから
でしょうかね。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
そうそう、オオイヌノフグリも日差しがあると元気よく
花開くタイプですね。今日こちらはちょっと曇りがちで、
散歩のときに見たら、ほとんどみな閉じてしまっていました。
スプリング・ブルースター ですか?わぁ~綺麗な名前heart04
日本名の場合、そもそも在来種の小さなブルーの花咲く植物に
「イヌノフグリ」と名付けてしまったのが始まりなのですよね。
もう、変わらないのでしょうね~
英語名では「Bird's-Eye」「Birdeye Speedwell」「Persian Sppdwell」
「Bird’s Eye Speedwell」などだそうです。
「Bird's-Eye」も素適ですね。

大き目写真もご覧下さってありがとうございますhappy01
 

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

はい、名前の良し悪しは置いといて、
やっぱり可愛いですよね~~ nanbuさんも大好きでいらっしゃるのですね。
いっそ寄せ植え仲間にしちゃいたいとお思いになりませんか?
このまま園芸に取り入れるにはちょっと花数が少なすぎるかしらhappy01

わーい、葯の色にも注目してくださったのですね!
そうそ、オオイヌノフグリは青紫のような深い色が見て取れます。
なんと、確かめてきてくださったのですね。
葯の裏側が…ということは、白い花粉が出てきても、裏側にはこの
色が残っているということですね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あ~あまもりさんも似たようなことがおありだったのですね。
とっても自然な会話。そうですよぉ、それでいいんですよね。
なのに私は、先走ってこんな心配やら葛藤やらしちゃって。
さらりと名前を言うか、綺麗だねー可愛いねーと一緒に花に注目すれば
よかったな、って後から思いました。
いつの間にか隣に立っていた少年にびっくりした動揺が尾を引いて
頭が回らなかったのかもcatface

淀川べりで小さな春の草花達、たくさん見つけられましたかheart04
やっぱり小さな花たちは、歩きで初めて気付くというものも多いですね。
一日花で花ごと散るのもご存知でしたね。

あまもりさんが見つけられた春の草花達も、そのうち是非見せて
くださいなhappy01
 

投稿: ポージィ | 2008/03/04 18:00

登場しましたね♪
確かに、子供に説明するのは(笑)。
うちは男の子なんで、平気でいってますが。
中心部の白い部分が飛びやすいのに、シベまでしっかり写ってますね♪

投稿: noodles3 | 2008/03/04 19:25

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

はい。ここでも登場してもらいました。毎年春の定番ですね♪
私も、自分に子どもがいて、その子に言うんだったら
こんな葛藤は生まれなかったとも思うんですよ~
でも、こんなこと考えていないで、
「オオイヌノフグリっていうんだよ。きれいだね~」って
言えば良かったんだ、と後で思いました(^^;)

そうそう。この花は白い部分飛びやすいですね。
晴れた日に撮ったのですが、日陰になっているものを選んでみました♪

投稿: ポージィ | 2008/03/04 21:17

確かに!
標準名はオオイヌノフグリのようですけど 星の瞳とか瑠璃唐草とか天人唐草とか いろいろな呼び名もありますよ~
ネモフィラと混同されそうですが・・・

小さなお花なので 撮るのがとってもたいへんですよね~
在庫 あるけどずっとアップしていないです~~
この前も言いましたが イヌノフグリを見つけたいのです。

投稿: pole pole | 2008/03/04 22:43

フフフ、こころ暖まるエピソードですね。
ポージィさんの葛藤も、よく理解できますし。

私にも体験談があります。
テニスコートの側にオオイヌノフグリが咲いていて、「この花、子供の頃から好きなんですよ。水野さん(私です)名前知ってますか?」って聞かれたんです。
当時私が40歳、尋ねた相手は30歳ほどの人妻で、知り合ってまだ日が浅い頃でした。
ウウウウ・・・ さあ、あまり野草のことは知らないんだとかなんとか、やっぱり誤魔化しました。
フグリが何たるかは知らない相手だとは思いましたが、説明云々の件はポージィさんと同じです。
後日談がありましてね、その女性、下ネタOKだったんです。
オオイヌノフグリくらいだったら、説明しても大口開けて笑い飛ばすような、そんな人でした。
私の葛藤は何だったんだって、今となっては悔しいですね(笑)。

オオイヌノフグリ、今年も撮りますよ。
それにね、今年初めて見つけちゃったお仲間もいるんですよ~~

投稿: goro’s | 2008/03/05 03:36

◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

最初に、在来種に「イヌノフグリ」と名付けてしまったことで、
こちらも「オオイヌノフグリ」。もはや変えようがないかもhappy02
瑠璃唐草や天人唐草、星の瞳といった綺麗な名前が一向に
広まらないわけは、そんなところにもあるのかなと思ってます。
あ、そうですね。ネモフィラとの混同も起こりそうです。
まぁ、ただ単に名前を言うだけなら抵抗感無くなってきていますが(^.^)
それって何のこと?と聞かれるとちょっと…

polepoleさんはイヌノフグリにお会いになれるのを待って、
オオイヌノフグリのほうは封印なさっているのですね。
本当に、どこかで見つけられるといいですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

わかっていただけましたか~coldsweats01
あら、悟郎さんも似たようなご経験がおありなのですね。
40才の悟郎さん対30才の人妻、知り合って間がない。
こりゃ名前をさらりと口にするだけでも抵抗ありますね。
わかります~
その呼称に抵抗感覚える方がおかしい(イヤラシイ)のだ、
とか言われても、世の中の多くがそうなんですものどうしようも
ないですしね。瞬時にブレーキがかかってしまうものです。はい。
実はそんな心配しなくてもいい方だった。でもそれも親しくなって
からだから言えることですよ、やっぱりhappy02

悟郎さん撮影の可愛いすてきなオオイヌノフグリ、今年も
楽しみにしています。えっ!?初めて見つけちゃったお仲間??
なんだろう~~ タチイヌ?フラサバ?それとも??気になりますっ!
 

投稿: ポージィ | 2008/03/05 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40179583

この記事へのトラックバック一覧です: オオイヌノフグリ:

« お花をあげましょ…♪ | トップページ | グリーンピース♪ »