« 今年もありがとう 二輪草 | トップページ | 記念の「亜麻」の花 »

2008/04/24

わがやの花桃 2008

このところ、どの花もたちすっかりアップが遅れていますが、毎年アップしている
my花桃はやっぱり外せない。ということで登場してもらうことにしました。
もうすっかり散って”葉桃”になってしまっていますけれど。

今年は、昨年の剪定時期が花芽に影響しない時期だったのか、気候の関係か
昨年よりずっと花数が増え、見事に咲いてくれました。
開花宣言(←わがやの)は4月1日(昨年は3/29でした)。 約1週間で満開近く
なったところで春の嵐やら繰り返される雨の洗礼を受けて、くたびれた姿に…涙。
 
        080404hanamomo3
 
080404hanamomo7 080404hanamomo8
 
        080405hanamomo
 
いずれも満開前、4/4と4/5に撮った写真です。
背景がよそのお宅だったり崩れそうな小屋だったりで、引いて全体像を撮れない
のが少々残念です。
振り返れば、この家にこしてきて間もない頃にいただいた30cmほどだった苗木。
かれこれ14年になろうとしています。桃栗3年柿8年とはよく言ったもので、
すごい勢いで生長し(鉢植えでも大丈夫よと言われたのに~~)、
今では毎年花後にバサバサと枝を切らないと大変なことになるほどに育ちました。
昨年は、初めて何の種類か毛虫がつき往生しました。
今年はどうぞ付きませんように… 
 
「ハナモモ(花桃)」:バラ科・サクラ属  桃の園芸品種
            普通八重咲きで、果実は小さく食用に適しません。

      myハナモモにも直径5cmほどの実が生り、美味しそうな香りを放ちますが、
      実の中には食用の桃と同じくらいの種が入っています。一度齧ってみようと
      思いつつ、まだ果たしていません。
  

|

« 今年もありがとう 二輪草 | トップページ | 記念の「亜麻」の花 »

コメント

1つ1つの花が何て綺麗なのでしょう!
この色も最高です。
お皿に浮かべたくなります。
ハナモモも花付がよかったのですね。
葉は普通の桃と同じ色でしょうか。
美味しそうな香りを放つ実を齧ったら是非感想をお聞かせ下さい。

投稿: tona | 2008/04/24 10:00

桃の花は、近所ではあまり見かけませんね。
時期が違うので、そうと分かりますが、
梅とよく似ているのではないですか。
我が家の木瓜と一緒ですね。
挿し芽から育てたのが、背丈に育ち、
毎年、思いっきり剪定しています。

剪定と言えば、間もなく珊瑚樹、槙、山茶花、
金木犀などが茂ってきたので、もうしばらくしたら、
やらないとだめなようです。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/04/24 10:29

ポージィさんちの花桃が咲いたことはコメント等で知っていたので、
いつ見せて貰えるのかと楽しみにして待ってました~。\(^O^)/
一番輝いている時に撮ってあげたんですね。
30センチの苗木からですか。成長するのを見ているともう子供同様でしょう。
あら、可愛い可愛い花桃ちゃんに虫がついたとは。
桜も虫が付きやすいんですってね。
葉っぱがレース編みのようになっているのを見たことがあります。
今年は可愛い花桃ちゃんに虫が付かないように片時も目がはなせない。
電話も取り次いではいけない、でも今は携帯を持ってるからなぁ・・・
あら?またどこかで脱線したみたい。bleah

ポージィさんちの花桃の実、例のゴミ溜めの桃の木の実と同じ・・・。
花は一重だけどあれは実桃じゃなくて花桃?
実はその実を一つだけ拾ってきて植木鉢にいれました。
その直後に食べたあとの桃の実もいれた。
小さな植木鉢に種ふたつ。
どちらの種なのか分からないけど、芽が出て今10センチほどに伸びてます。
ふたつの内、どちらかが芽を出すこともなく消えたのは確か。
花桃か、実桃か、さぁどっち?(ゴミ溜めの桃が花桃だとしたらです)
このまま無事に成長しても庭のない我が家ではずーっと植木鉢の中だから、
実桃の果実ができたとしても大きくはならないだろうから判定は無理かも。

投稿: あまもり | 2008/04/24 12:39

まさに、「桃色」ですねhappy01
すごくきれいです。
ピンクには精神を安定させる作用があるとか
どこかで耳にしました。

写真は被写体だけでなく、背景もたしかに大事ですね。
角度にあわせると逆光になったり、
自然を撮影するのは本当に難しいです。
そして何より邪魔なのが、電線。
でも、生活には何より必要なもの。
日本もそろそろ美しく暮らせる国になってほしいですね。

投稿: koko | 2008/04/24 12:54

30cmのハナモモが引いて撮らないと全体像が入らないほど大きくなったのですね。
きれいな花の上に香りまで楽しめて素晴らしいことです。実まで美味しかったら言うことなしでしょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/04/24 14:27

とても素敵な色のハナモモですね。
私の撮ったハナモモとは微妙に色が違いますね。
こちらは4月に満開ですか~
あれは3月21日だったと思います。
サクラのように一斉開花ではなく 微妙にずれがあるので 長く楽しめます。
みごとな花つきで立派です。
ポージィ さんのお手入れの賜物でしょうね~

いい香りが漂ってきそうです。

投稿: pole pole | 2008/04/24 17:18

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

全体像は背景のこともあってパッとしないので、どうしても
一つ一つの花に注目ということになりますが、今年はふっくらと
いい花が咲いてくれたので、ご披露のしがいがあります。
お皿に浮かべたら可愛いでしょうね。やってみればよかったな~
葉っぱは普通の桃と同じ細長い色形で、桃の葉特有の香りがあります。
勇気を出して実を齧ってみたらご報告しますね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

実のなるモモは、うちの近所でも全然見かけません。
ハナモモはたっくさんあるのですけれど。
同じバラ科サクラ属ということもあって、ウメの花とも
似ていますね。花柄がなく枝から直接咲くのも同じですし。

鎌ちゃんのお庭には、珊瑚樹、槙、金木犀もあるのですね。
わぁ、ボケも含めこれらを全部ご自分で剪定されるんですか?
大変ですね。うちは剪定しなくてはいけないのはハナモモと、
夏中いくらでもシュートを伸ばすカロライナジャスミンです~


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

うちの花桃、待っていて下さったんですか?嬉しい~~happy01
この↑あと満開状態も撮ろうと思っていたら、度重なる風雨で
よれよれになってしまったんです。結果一番綺麗なときの撮影となりました。

アブラムシがびっしりと付いた年もあったんですけど、毛虫は
今まで一度も付かなかったんですよ~ それが去年は…
桜は毛虫が付きやすい木ですよね。葉桜の季節は頭上要注意。
いつもチェック怠りなく目を光らせていなくちゃいけません。
携帯電話でこっそり?いけませんねぇ~
ん?うちの子には携帯持たせてないからその点は安心ですヨ(^o^)

ゴミ溜めのモモは、果実モモに見えたんですけど、本当のところは…?
食用モモでも、江戸時代には「実は小さく長い毛が密集し果肉が硬く、
甘味も少なく品質はよくなかった」そうですが…。
あまもりさん、食べられた桃とゴミ溜めの桃の種を植えられたんですね!
おぉ~そのどちらかが発芽して現在10cmですか。楽しみですねぇ。
うちの花桃も実生からいつの間にか育ったものなんだそうですよ。
鉢植えにして地面に置いておいたら、鉢底から根が出て地面に根を
張っていて、慌てて鉢を壊して地植えにしたのです。以後スクスク…
あまもりさんのベランダで鉢植えといえども花が咲くようになったら
嬉しいですね。桃栗三年というように、うちのは丁度3年くらいで
最初の花が咲きましたヨ。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

あはは、これぞ「ももいろ」ですね。
なかなかいい色で気に入っています~。
精神を安定させる作用ですか?花付きのよかった今年、日に何度も
窓から眺めていた私も、恩恵にあずかっていたかもしれませんね。

写真の背景、難しいですよね。街中や住宅地では特に。
入れたくないものが必ずといっていいほど入ってしまいます。
電線や電信柱、実用一点張りの農業用のシートやネット等、
味気ないですよね。昔だったら、電柱も木だったし電線も
今ほど幾重でもなく、色々なところに自然素材が使われていたので
今ほど味気なくはなかったのだろうと思います。
美しく暮らせる国。ほんとですねぇ。でもそうなる道のりは
遠そうですね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

桃の生長は早いですね。ここ何年、毎年のように大胆に切って
いますが、それでも一番高いところは2m超えていると思います。
花後早いうちに枝を切るので、実の赤ちゃんも一緒に切り落として
しまうことが多いのですが、それでも残ったのが熟してくると
ほわ~んと桃の実のいい香りがします。食用には向かない、
ということですが、味はどうなのでしょうね。


◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

花の色をお褒めいただいて嬉しいです~
polepoleさんがアップされたのとはピンクの色合いが微妙に違いますね。
何しろ、色も知らずに苗をいただいたので、最初の花が咲くまで
ドキドキ・ワクワクしていました。

ハナモモの咲く時期、近所でも少しずつ時期がずれています。
早いのはpolepoleさんが撮られたのと同じくらいかな。
うちのは少し遅めなんですよ。日当たりが悪いからかもしれません。
今年は花付きがよくて嬉しかったのですが、手入れは伸びすぎる
枝を切るだけで、なぁ~んにもしてあげていないのですよ。
ひたすら、ハナモモに感謝です(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/04/24 18:24

ポージィさん、こんばんは。ハナモモとは、幹から細い枝がニョキニョキと飛び出させて、その枝に直接花を付けるという感じの植物ですか。全体感は、つまり竹箒を逆さまにしたような形をしている?のと違いましょうか。
花はとても綺麗ですね。真ん中が凹んでまるでパラボラアンテナのような形に見えます。
10㎝の苗が14年間で実もなるようななったとあります。その実が食べられると良いですね。果実酒はどうでしょう?

投稿: polo181 | 2008/04/24 22:26

花桃、登場しましたね。
ほんとですね、いい感じに咲いてます。
最初は30cmの苗木だったのですか。
よくぞここまで育ちましたね。
新しい家とともに歩んできた花桃の木、メモリアルツリーということですかね。
文学的?にいうと、花桃はすべてを見てきたんですね。
素敵な話です。

投稿: goros | 2008/04/25 03:14

そうでした! 小さな苗木から育ててらしたんでしたね。
「鉢底から根が出て地面に根を張って」しまったお話も思い出しました。
(「植木鉢を壊して」というのは覚えていませんでしたけど)(笑)

それが今ではこんなに見事な花を咲かせて。
まさに収穫の時を迎えた感がありますね。
舌で味わえなくても醍醐味は味わえるように。
こうして目で味わう眼福も、立派な収穫と言えるような気がします。(^^)

投稿: nanbu | 2008/04/25 08:28

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

「幹から細い枝がニョキニョキと飛び出させて、その枝に直接花を付けるという感じ」
「竹箒を逆さまにしたような形」
仰るとおり、それもハナモモだと思います。「ほうき桃」と言われる
品種はそんな形ですね。うちのは枝が横に張るタイプで、ウメの
樹形にちょっと似ています。
花色は白、ピンク、キメラ、うちのみたいに紅色、などがあります。
いただいたときの苗は30cmでしたが、桃は生長が早いですね。
3年でちゃんと最初の花が咲き4年目からはいくつか実も生りましたよ。
ハナモモの実は小さく硬くて、食用には適さないのですけれど。
果実酒、なるほどその手もありますね。ただ、花後早い時期に
かなり大胆に枝を切ってしまうので、実の赤ちゃんも一緒に
切り落としてしまっているのが多いのです。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

せっかく花付きよく、綺麗に咲いたのに、やっと今頃のお目見えと
なってしまいました。全体像はアップしていませんが、一つ一つの
花はいい感じでしょう?(^^)v
伸びすぎた枝を切る以外何もしてやっていなくて、アブラムシもつけば
幹の中にもぐりこんでいる桃にとっての害虫もついているようですが、
それでも健気に咲いてくれる、ありがたい子です。
ほんとですねぇ。まさしくメモリアルツリーですね。
わが家の14年間を見続けてきたってことになるんですね…ふ~(遠い目)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

鉢底から根が突き抜けてという話、覚えていてくださいましたか。
プラスチックの鉢でしたからね。壊して開放して、庭に穴を掘って
エヤッと埋め込みました。そんな乱暴な扱いにもかかわらず、
しかも瓦礫だらけのひどい土にもかかわらず、しっかと根を張った
逞しく健気な桃さんです。

「舌で味わえなくても醍醐味は味わえるように」
「目で味わう眼福も、立派な収穫と言えるような気がします」
nanbuさん、素適なことを仰ってくださって。
まさにそのとおりですね。実を味わうことは期待しておらず、
単なる好奇心。花の時期、若葉の時期、そして枝を切るときの香りと
眼福・鼻福?を味わっております~(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/04/25 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40895576

この記事へのトラックバック一覧です: わがやの花桃 2008:

« 今年もありがとう 二輪草 | トップページ | 記念の「亜麻」の花 »