« ボケの花今春も | トップページ | 春の黄色 何の花? »

2008/04/08

白くふっくらと -コブシ・ハクモクレン-

いつもの春、わが家の近辺で見られるコブシやハクモクレンたちは
コブシ→ハクモクレン→モクレン(シモクレン) の順で咲いていくという
イメージがあります。 でも今年は ハクモクレン→コブシ→シモクレン
それもほとんど同時期に咲き始めました。
 
ハクモクレンやコブシの白い花は真っ青な空を背景にすると、その白さが際立ち
とても美しいですね。残念ながら今年はそんな真っ青な空を背景に見ることは
できませんでした。たまたまタイミングが…ま、そんな年もありますよね。
また来年に期待しましょう。
 
        080317hakumokuren1 
        080317hakumokuren3  
       近所の中学のハクモクレン。ここのは花がふっくらと大きいのです。 
 
 
        080323sironeko1 
          ふっくらと白いねこ 仲間に入れたくなりました。 
 
 
        080323kobusi1up  
        080323kobusi3up 
        080323kobusi4up 
         遊歩道を華やかにしていたのはコブシの花たち。
      
 
ハクモクレンとコブシ、同じような時期に咲くので『あれ、どっちかな?』と
少し迷うこともあります。見た感じや咲き方で何となく区別は付きますが。
いちばんはっきりとした違いは、コブシの花の直ぐ下に付く小さな葉だそうです。
コブシの花の下には小さな葉っぱが一枚必ず付くが、ハクモクレンには付かない
とのことです。(でも100%そうとは限らないかも…)
 
「コブシ(辛夷)」:モクレン科・モクレン属
           果実に握りこぶしのようなぼこぼこがあることから「コブシ」の名に。
「ハクモクレン(白木蓮)」:モクレン科・モクレン属
                芳香があり香水の原料にもなるそうですが、高いところで
                咲くのを見ることがほとんどなので感じたことがありません。
 
 
ハクモクレンは3/17、コブシは3/23に撮影しました。現在はもうほとんど咲き
終わってしまい、紫のモクレンが少し残っているていど。それも昨夜からの風雨で
散ってしまうかもしれません。桜たちも完全に散り終わるでしょうね。今が満開の
わが家の花桃にも試練の風雨です。
  

|

« ボケの花今春も | トップページ | 春の黄色 何の花? »

コメント

おはようございます!

あ~先を越されました~
私もモクレン科の植物ということでエントリーしようと思っていました~
私の中では ハクモクレンの方がコブシより早いのですが・・・・ハクモクレンが咲いてコブシ そしてシモクレンと言うイメージでしたが・・・
今年のハクモクレン あっという間に咲いてあっという間に散りました~~
コブシは葉が展開してきましたが まだ咲いているところもありますよ。
シモクレンは 盛りを過ぎたけど まだ楽しめそうです。
他にもシデコブシ タムシバ といろいろあって楽しいですよね。
ハクモクレンは方向指示植物です。
花の先は必ず北を向いています。
道に迷った時には便利かも~~!

投稿: pole pole | 2008/04/08 09:50

花を知らない鎌ちゃんには、辛夷が、
モクレンの仲間だとは知りませんでした。
皆さんの写真を見せていただいて、
よく似ているとは思っていましたが・・・。

「ハクモクレンは方向指示植物です。
 花の先は必ず北を向いています。」
これは、何かの役に立ちそうですね。

ハクモクレンの写真は撮ったのですが、
発表のチャンスを逸したまま、終わってしまいました。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/04/08 10:01

辛夷と白木蓮と白猫,いつも悩んでいました.こんな見分け方があったなんて.今度こっそり使って自慢してみます.「あれ,辛夷だよ,ほら,ヒゲがある」...あれ?
こっちでは全部マグノリアでしょうかねー.

投稿: LiLA管理人 | 2008/04/08 12:58

近所ではハクモクレンは全て同じ時期に咲きました。
ところがシモクレンのほうは木によってか場所によってか咲く時期にばらつきがあり、散ったのもあり今が盛りのもあります。。
花期が長いのか返り咲いたのか分からないのですが、昨年は路k月ごろに見たこともありました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/04/08 13:03

ハクモクレンとコブシの間に白猫~(^_^)v
この白はここからコブシだよ、という接続詞猫かいな(笑)
うちのセピアが光電線でポージィさんちに瞬間移動したみたい~。
前足を胸の下おさめて何とお行儀のいいこと。
うちではお腹見せて大の字で寝ているのにね(笑)

ハクモクレンもシモクレンも今年はじっくりと見ることができませんでした。
仕事場近くのシモクレンはなぜか今年は花がつかず。多分剪定のしすぎだと思う。
ハクモクレンが一杯咲いている近くの大学には今年は寄らなかったし。
コブシは通勤沿線で一杯咲いているからお馴染みだけど。
しっかしそのコブシも今年は花付きが悪かった。これも剪定のしすぎかもと。
ユキヤナギやレンギョウが元気なのと対照的でした。
モクレンとコブシの違いは花の下に葉っぱがあるかないかですか。
花の向き以外にも違いがあったんですね。
来年は、この違いも確かめます。
まだ1年先ですね~。覚えていたら、にします(^_^)

投稿: あまもり | 2008/04/08 14:40

ふふっ モクレン猫^^
私もその違いをやろうとしていたのですが、
あるところにこぶしには葉っぱ1枚と書いてあって、
1枚が多いけど2枚、3枚あるのがあって、
なんだかわからなくなったのでそのままにしてしまいました。
そんなわけでポージィさんの来年の課題になった?
青空にこぶし(葉1枚つき)は撮りましたよhappy01

投稿: 池田姫 | 2008/04/08 15:34

前の雑木林の中にある山桜が、昨夜からの風雨ですっかり散ってしまいました。木々の新芽も大分伸びてきました。
散歩道の林の中のコブシの白い花もほとんど散ってしまいました。花には無情の風雨でしたね。

雨の嫌いなリキは、朝から玄関の中でゴロゴロ。そろそろ小止みになって来ましたので、散歩に引っ張り出しましょう。

白い花は遠くからでも目立ちます。清楚でいいですね。
桜、ハクモクレン、コブシにユキヤナギが散り、レンギョウもそろそろお終い。
これから黄色のカリフォルニアジャスミンが目立つ時期になります。

投稿: 夢閑人 | 2008/04/08 16:36

ハクモクレンの方が ふっくらしてる気がして
多分 うちのはコブシだろうな、、とは思ってたんですが

>コブシの花の直ぐ下に付く小さな葉

これを読んで確認してきました
もう花びらはほとんど散ってる状態ですが
正解です(^^)v
今度から堂々と 友達に教えてやろうと思いますhappy01

投稿: miki | 2008/04/08 16:37

◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

こんにちは~
お先に~(^^)といっても、私がアップしたのはハクモクレンと
コブシだけですから、シモクレンもシデコブシもヒメコブシも
タムシバ(←未見です)もpolepoleさん、後はよろしくお願いします。
咲く順番の印象、うちの近所と逆なのですね。
でも今年はあれよあれよと満開になって咲き終わってしまいました。
シモクレンは少しバラツキがあるようで、まだ楽しめますね。
ハクモクレンの方向指示、今年初めて知りました。
知って、なるほどそういえば蕾が左右対称ではなかったなと
気付きました。春先に山で迷ったらハクモクレンの蕾に注目!
ですね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

モクレン科で白い大きな花を付けるものには「タイサンボク」も
ありますよ~(^^)花を撮れなくてここでは取り上げて
いませんが。
「方向指示」面白いですね。↑一番上とその次の写真を見ても、
確かに蕾や花の先は北方向を向いています。
ハクモクレンに、今年は鎌ちゃんの句が浮かびませんでしたか。
今年蓄積された画像や知識が熟成して、来年はきっと美味しい句が
生まれてきますね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

あぁ、やっぱり~ この3つは見分けが難しいことがありますよね。
そ、ヒゲがあるのがコブシです。
ん?ちゃいますよぉ、葉っぱですよ葉っぱ!
そちらでは全部マグノリアですか。マグノリアという響きは
何かいいですよね。試しに手元の電子辞書の和英でコブシを
引いてみましたが出ていなくて、英和でmagnoliaを引いたら
タイサンボク、モクレンと出てきました。区別しないのかなぁ~


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのお言葉に思い出してみれば、ハクモクレンは
毎年全てがほぼ同時期に咲きますね。それに対してシモクレンは
木によって少しバラツキがあるようです。
近所でも、あらかた散ったのと、花盛りのがあります。
春以外の季節にぽつりと咲くのもシモクレンと決まっているようですね。
このあたりを見てもハクモクレンとシモクレンは別種だと書かれて
いるのに納得が行きます。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

はい、接続詞がわりに登場してもらった白猫ちゃんでーす。
コブシを撮った近くにいましたしね(^^)
白猫と言えばセピアちゃん。セピアちゃんの膀胱炎は完治したで
しょうか?さすがに外ではお腹出して大の字にはなかなかなれませんね。
大の字ができるのは安心しきっているからですよね♪

今年はあまもりさんはハクモクレンともコブシともご縁が薄かった
のですね。トップの中学のハクモクレンも、以前ばっさり切られたときは
花付きがうんと少なくなった年もありました。
来年は枝が伸びてたくさんの花を見せてくれますように。
そのときは、花の下の葉っぱや花の向きにも注目ですね。
覚えていたら。それは私も一緒です~happy01


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

モクレン猫の命名ありがとうございま~すcat
コブシの花の下の葉っぱが2枚3枚のこともあるというのは、
「あるかもね」とすんなり受け入れられちゃいました。
咲き始めたばかりは葉っぱがまだ出ていないこともあるといいますし。
誤差の範囲かなーなんて。ラストの写真↑2枚出てますし~
え、そんな曖昧なことじゃダメ?私の来年の課題ですか??
あちゃ~ 覚えていたらよーく目を凝らして観察してみます(^^;)
 

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

昨夜来の風雨は花たちを容赦なく打ちましたね。
ソメイヨシノはこれでもうほとんど散ったことでしょう。
わが家のほぼ満開を迎えたハナモモも傷めつけられちゃいました。
リキちゃんも雨は嫌いですか。玄関に入れてもらっているのですね。
クックも雨の日はトイレをすませたら即座に回れ右をして家に帰りますよ。

雨や風に花が散り、こうして季節はまた移っていくのですね。
これからみずみずしい新緑も展開していきますね。
わが家のカリフォルニアジャスミンの蕾もずいぶん黄色くなってきました(^^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

あらっ?大丈夫ですか、回復されたんですか??
ならば万々歳ですけれど…

mikiさんのお宅の庭に咲いているのは、予想通りコブシだったのですね。
ちゃんと葉っぱがちょろりんと出てましたか~(^^)v
絶対じゃないかもしれませんが、見分けるのに結構頼りにできそうです。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/08 17:04

ポージィさん、こんばんは。幸い、モクレンとコブシの違いは見分けられます。ただ単純に、花の大きさで判断します。私の頭の中では、ハクモクレン→シモクレンの順に咲くことははっきりしていますが、コブシがどの位置にあるのかはかなり曖昧です。漠然と、ハクモクレンと同時期じゃないかなと思っています。ふっくらと白いネコが潜り込んできたのは面白いイタズラ。
これらの花も、しばらく見ないと丸裸。アッと云う間に散り落ちてしまいますね。

投稿: polo181 | 2008/04/08 21:47

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
モクレンとコブシ、何となく見分けが付きますね。
私も長いことそうして見分けてきました。大きさのみならず、
咲き方も少し違いますし。
コブシとハクモクレンの咲く順番は、それぞれの木によるものか
場所によるものか、同じだったりどちらかが早めだったり、
色々のようですね。
ウフフ 白いネコ、そっと仲間に入れてみました(^^)
今年のハクモクレンは咲き始めたなと思ったらあっという間に
満開になって、あれよあれよという間に咲き終わってしまいましたね。
コブシもしかり。シモクレンはまだ咲き残っているのもありますが、
あんまり咲き急いであっという間に散ってしまわれると、
無駄と知りつつ待って~~と泣きつきたくなります。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/08 23:00

今年はモクレン科の花たち、一挙にやってきましたよね。
順番通りに咲いてくれないと、困っちゃうんだけどな(笑)。
ニシキモクレンとサラサモクレンの存在を知ったのが、この春の最大の成果です。
両者の区別は、イマイチわかっておりませんが(汗)。
つい先日も、咲き始めたばかりのサラサモクレンらしきものを見ました。
モクレンの花たち、新品種続出の予感ありです~~

ふっくらハクモクレンからふっくら白猫の展開には、力が抜けましたよ~~(笑)。

投稿: goros | 2008/04/09 01:06

おはようございます。

はくもくれんとこぶし、やはり咲いていれば
なんとなく解りますが、
我が家にはありませんので・・・
ご近所さんのは、はくももくれん
バス通りの両側に咲いているのがこぶし
とそれだけなのですが、細かいことはわかりません。
ここでいろいろ教えていただけて嬉しいです。

ハクモクレンのほうがなんとなく純白という気がします。
ふっくらネコちゃんんも純白ですね。

時々名無しの権兵衛になりまして申し訳ございません。

投稿: あやや | 2008/04/09 06:36

抜けるような青空を背景にした白もすがすがしいですけど。
こんな色味のない背景だと、同じ白でも微妙な色合いが感じられますね。
それは白い猫ちゃんの毛並みも同じで、仲間入りさせたのも分かります。(^^)
薄青の空をバックにしたコブシの花も、茶花に通じるような風情があって。
上の華やかなハクモクレンにも引けを取りませんね。

昨日は台風のような生憎の天候で。
ちょうど満開の時期に当たってしまったポージィさんの花桃は可哀想でしたね。(T_T)

投稿: nanbu | 2008/04/09 08:22

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ほんと一気でしたよね~ そうですよ、順番にひとつずつ
咲いてくれなきゃ困るんだけどな~(^^)
悟郎さんは新たな出会い、よかったですね。
新品種のモクレン次々出現の予感ですか?
あらら… モクレンも、全部ひっくるめてただ「モクレン」と
呼ぶようになる日が近そう。
ニシキモクレンとサラサモクレンも、いつかどこかで会う日のために
覚えておきたいと思いますが、会う間もなく「モクレン」になるのかな。

ヘヘへ ふっくら白猫に脱力していただいてありがとうございます~


◆あややさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
ハクモクレンとコブシ、あややさんも咲いている姿で区別が
おつきになるのですね。私もそういう感じです。
よそで咲いているのを眺めながら、あれはコブシだな、こっちは…
と思っています。花が終わったら何の木かすら分かりません(^^;)

ハクモクレンは蕾もふっくらで花もふくふくとしていますね。
花びらに厚みが感じられるぶん白さも純白に感じられるのかも。
白猫ちゃんをそんなハクモクレンに添わせたくなりました(^^)

お名前、先日は内容からお察しすることができてよかったです。
ときには書き忘れること、私もあります~


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

あぁ、なるほど!!
目からウロコが落ちました。色味のない空が背景だからこそ
ハクモクレンの白の微妙な違いが分かる。ほんとそうですね。
青空の下、日差しがあたっていたら眩しいばかりかもしれません。
コブシは、空ははんなり青かったものの花の咲く場所は薄暗く、
こんな感じになりました。元気いっぱいではないけれど、それで
かえって茶花に通ずるような趣が出たのですね。
真っ青な空の背景ばかり求めていた私の目を開かせてくださって
ありがとうございます。

わが家の花桃はだいぶ散りましたが、もうしばらく頑張って
くれそううです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/04/09 12:12

coldsweats01遅いレスすみません。
ところで、途中の白い猫ちゃん、我が家のプリンcatとそっくりです。wink

投稿: てるてる | 2008/04/09 22:49

>ふっくらと白いねこ

に、ニンまり。猫好きです(笑)。

赤いモクレンは、まだ元気です。
また来年までの楽しみですね。
昔の人が、花や自然に対して詩を詠む気持ちが、少しわかってきました。

また来年への思い=生きる

ってことなんでしょうね。

投稿: noodles3 | 2008/04/10 02:10

◆てるてるさん、ありがとうございます ♪

白猫に目をとめてくださって嬉しいです。
うふっ プリンちゃんそっくりですか?
この子は野良ちゃんのようでしたが、この近くのお宅で
ご飯を貰っているようで、ふっくらとしていましたcathappy01


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

ムフ noodlesさんはニャンコ好きにゃんですよね~cat
散歩中によそのワンコは撮ったことがないのですが、
猫は機会があるたびに撮ってます。私はcatも好きなのです~

シモクレンはまだ元気にさいているのもいますね。
今年は近くで見ていないのが残念ですけれど、
これもまた来年の楽しみということで。

>また来年への思い=生きる ってことなんでしょうね。
 
まさにそうでしょうね。そしてそれは希望へとつながり…
こう考えられた時点で、noodlesさんも詩人の境地に
なっていらっしゃると思います。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/10 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40700531

この記事へのトラックバック一覧です: 白くふっくらと -コブシ・ハクモクレン-:

« ボケの花今春も | トップページ | 春の黄色 何の花? »