« 白くふっくらと -コブシ・ハクモクレン- | トップページ | トサミズキとの再会 »

2008/04/09

春の黄色 何の花?

3月下旬にさしかかったころ見かけた、黄色の草花3種。何だろう?
 
080322kusanoou_tubomi 080322kusanoou1 
 
080322kusanoou_up 
 

 最初に毛むくじゃらの蕾を発見。
 次いで、一輪だけ咲きかけを発見。
 
 これは…去年初めて出会った
 「クサノオウ」かも?
 開いていないので花びらの枚数は
 不明です。
 
 「クサノオウ」:ケシ科・クサノオウ属
  去年の記事は→こちら
 
 
 
 
.................................................. 
 
     080322kizimusiro
 
     こちらは、日当たりの良い土手状の場所にたくさん咲いていたもの。
     こちらの蕾も毛むくじゃら。葉を撮ってくるのを忘れてしまって…
     「キジムシロ」かしら? この手合いは似たのがたくさんあるのです。
     もし「キジムシロ」なら…:バラ科・キジムシロ属 全株に粗い毛。
     根生している葉が丸く広がり筵(むしろ)のように見え、キジがひく筵に
     見立てて「キジムシロ」と名付けられた、のだそうです。
     筵といっても長方形のではなく、円座(丸く平たく編んだ敷物)つまり
     座布団のことです。それと雉を結びつけたのは何故でしょうね??
 
.................................................. 
 
080323ryuukinka2 080323ryuukinka1_up 
 
080323ryuukinka_ha_up 
 これは、遊歩道の花壇に
 2輪だけ咲いていたもの。
 初めて見た花です。
 ←こんな葉っぱでした。
 もしや「リュウキンカ(立金花)」?
 いやいや
 「ヒメリュウキンカ」ですね、多分。 
 初めての出会いです。
 
 
「ヒメリュウキンカ(姫立金花)」:キンポウゲ科・キンポウゲ属の多年草
「リュウキンカ」:キンポウゲ科・ リュウキンカ属の多年草
 

|

« 白くふっくらと -コブシ・ハクモクレン- | トップページ | トサミズキとの再会 »

コメント

おはようございます。
黄色いお花 どれも可愛いですね~
クサノオウ 可愛いですよね。
キジムシロ ヘビイチゴ オヘビイチゴ ミツバツチグリ どれも似ていて区別が難しいですね。
葉っぱや副萼片をみるとわかるのですが・・・
おそらく キジムシロですよね~~
ヒメリュウキンカ かわいいですね~
花壇にあったのですか~~

投稿: pole pole | 2008/04/09 09:16

pole pole さんの言うように2番目のは似た花が多くて花だけでは難しいですね。
私もキジムシロかと思うけど。

ヒメリュウキンカは見たことないけどキツネノボタンに似てますね。それより花弁が多そう。

投稿: 平家蟹 | 2008/04/09 11:50

これは何の花?
と言ったってポージィさんはすぐに解明するから素晴らしい。
私の何の花はいつまで経っても何の花のまんまで~す。
クサノオウは草の王様じゃなくて頭皮にできる湿疹のクサを直す王様なんですね。
(去年のリンクに飛びましたぁ)
キジムシロはオキジムシロとはまた違うんですか。
毎年同じ場所に咲くヘビイチゴに似た花を、私なりの確信で(これが一番怪しい)オキジムシロとしているけれど、細っこい小さな株だから上から見下ろしても円卓にはぜ~ったい見えない。きれいな円卓になるには土壌の栄養も影響する?関係ない?
今探してきたこのサイトの
http://www5b.biglobe.ne.jp/~midorih/home128.htm
写真のキジムシロはほんときれいな円卓になっています。
黄色い花が縁飾りになって見事ですね。
でもムシロというより雉の巣と言ったほうがあってませんか。
ふ~、キジムシロで文が長くなってしまった。かんにんえ(^_^;
ヒメリュウキンカは、ユキワリソウに似たキンポウゲ科らしい花です。
この黄色三種の中で一番毛深くないのは、キンポウゲ科らしくないけど(笑)

投稿: あまもり | 2008/04/09 15:19

どれも可愛い花ですね。
黄色は本当に、気持ちが明るくなります。
特に見てみたいのが、「クサノオウ」、
毛むくじゃらが魅力的です。
「ヒメリュウキンカ」も鮮やかな黄色で、
撮ってみたいですね。
しかし、次から次へと、
新しい植物の紹介・・・・色々あるものですね。
鎌ちゃんの周りにも、これだけあるのでしょうかね。
明日から、妻の実家の法事のために、
数日留守します。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/04/09 16:48

◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

まだまだ春の黄色の花たち続いていますね。
トップはクサノオウでよさそうでしょうか。去年初めて出会って
感動したものです。可愛いですね。
真ん中は、やっぱり花だけでは同定は難しいですよね。反省despair
でもキジムシロっぽいと言っていただいてちょっとほっとしました。
polepoleさんが挙げてくださった、キジムシロ・ヘビイチゴ・
オヘビイチゴ・ミツバツチグリ… 見分けられる自信皆無の私です。
子供の頃はヘビイチゴ以外のものがあるなんて思いもしませんでした。
こういう花は全部ヘビイチゴって言っていましたよ~
最後はヒメリュウキンカで合ってますか?遊歩道に作られている
花壇の隅っこにぽちっと咲いていました。近所の人が気まぐれに
植えたかのように。これまた初めての出会い。可愛かったです。
名前の確認をしてくださって助かりました、ありがとうございます。
 

◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

キジムシロやヘビイチゴの仲間は私にとっては鬼門。
なのに、綺麗だ~と思ったら葉っぱを撮ることも観察することも
すっかり忘れてしまっていましたcoldsweats02
平家蟹さんにもキジムシロと思うと言っていただいて、さらに
ほっとしました。

ヒメリュウキンカは私も初めて見ました。
この場所の近所の人が植えたんじゃないかと思うのですが。
そうですね、花の感じはキツネノボタンとも似て見えますね。
花弁(ガクかな?)の数は多くて、花以外はだいぶ違いますけれど。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

いえいえ、何の花?のままほったらかしてあるものもあります~
クサノオウは去年見たし、ヒメリュウキンカは他の方のブログで
リュウキンカを拝見したばかりだったので見当つきやすかったのです。
去年のクサノオウ見てくださってありがとうございま~す。

一方キジムシロは鬼門。ヘビイチゴ、キジムシロの仲間は大の苦手です。
だから「キジムシロはオキジムシロとはまた違うんですか。」
なんて私に聞いちゃダメcoldsweats01 でも、下のリンク先で
拝見した写真と記憶を照らし合わせると、オキジではないようです。
http://www17.ocn.ne.jp/~nikohana/okijimusiro.html
綺麗な円卓の形になるには、周りに他のものが生えているかいないかも
関係しそうですね。空いていれば思い通りに茎を伸ばせるので。
私もあまもりさんがリンクを載せてくださった写真のような
綺麗なまぁるい株に出会ってみたいです。雉が座れるほどの
大きさに広がるのですって。私も座布団より巣に見えます♪

ヒメリュウキンカの花は、キンポウゲ科らしい姿ですね。
可愛かったです。アハハ キンポウゲ科の植物は毛深いお方が
多かったでしたっけね。
 

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

明るい気持ちにしてくれる黄色の花たち。可愛いですね。
お、鎌ちゃんは毛むくじゃらのクサノオウが特に気に入られましたか。
道端でひょいとお会いになれるといいですね。私がそうでしたから。
ヒメリュウキンカは初めてでしたがとても可愛かったです。
いつもは決まった場所ばかりうろうろしているので見かける植物も
同じものばかりなのですが、たまに場所を変えると違う植物との
出会いが待っていることもありますね。そんなときはとても嬉しいです。

明日からご法事でお出掛けですか。
また雨になるようですね。どうぞお気をつけていらしてください。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/09 18:27

クサノオウはともかく、キジムシロもヒメリュウキンカも撮ったことがないように思います。
キジムシロは見ていても、ヘビイチゴの仲間で終わらせていたかもしれません。
雉と筵の結びつきの真相は何なのか興味深いです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/04/09 19:26

春はいろいろな花の中で黄色が目だって多いような気がします。
今日ご紹介くださったのも目の覚めるような黄色ですね。
昨年キジムシロとミツバツチグリの区別がわかりませんでした。葉まで似ているときが特にね。
リュウキンカの他にヒメリュウキンカがあるのですね。
ヒメというと少し小さめと連想してしまいますが、お姫様風なのでしょうか。愚かな質問をしてごめんなさい。

投稿: tona | 2008/04/09 19:54

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ヒメリュウキンカは、ひょっとしたら山野草が生えるようなところに
あるのかもしれませんが、自然の中というより栽培されているものの
方が多いかもしれませんね。なんて知ったかぶりで書いていますが、
実際は見たのも知ったのも最近のことです。
キジムシロは、見分けが付きにくい同じような黄色の花がたくさん
ありますから、そうと気付かぬままご覧になっている可能性も
ありそうですね。私など、少し前まで全部へビイチゴと思っていました。
筵と雉が結びついた真相、ちょっと気になりますね(^^)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪
 
花の色は黄色がだんとつに多いようですが、春咲く花に黄色、
ほんと多いですね(^^)
キジムシロとミツバツチグリ!うわ~ん、頼みの綱の葉っぱまで
似ている時期があるんですか?私にはとても見分けられそうに
ありません~~sad

今回ヒメリュウキンカの名前を調べるにあたって、リュウキンカと
ヒメリュウキンカがあることも初めて知りました。
リュウキンカは中国・朝鮮・日本が原産国で、姫さまはヨーロッパや
西アジア辺りが原産国なのだそうです。
生える場所も違って、リュウキンカは湿原や湿地、ヒメリュウキンは
普通の山野草が生育しているようなところ、なのだそうです。
大きさはtonaさんのご推察どおり、花径がリュウキンカは4cmほど
なのに対して、ヒメリュウキンカは2~3cmだそうですから、
やっぱりお姫様風ですねvirgo
 

投稿: ポージィ | 2008/04/09 21:22

ポージィさん、こんばんは。今日の3種はどれも知らなくて、レベルが高い。そこで最初のクサノオウに絞ってコメントを書くことにします。と言ってもなんの知識もないから、植物辞典や広辞苑でしらべました。まずクサとは瘡と書き、皮膚病の総称らしい。さらに、梅毒をもさす言葉。オウとは王様の王です。皮膚病や梅毒を治療するクスリとして使われたとあった。ケシ科だから、茎や葉に傷をつければ、おそらく乳液が出てきて、それが薬効を持っている。クサノオウを”和訳”すれば、皮膚病の王様となりましょう。

投稿: polo181 | 2008/04/09 22:24

葉の様子や、毛むくじゃらの蕾を見ると、クサノオウで間違いないでしょうね。
全体がこんなに詰まったものには出会ったことありませんが、茎も太いし栄養たっぷりで、なんだか効能あらたかに見えます(笑)。

キジムシロっぽいですね、最近出会ったばかりで、頭を抱えていた人間が言うのもなんですが(笑)。
ひとつの茎の先に、纏まって花を付けていますしね(汗)。
いやはや、このタイプには、この先も悩まされそうです。

ヒメリュウキンカ~~
出会いましたよ。
そのうちお目見えさせる予定です。

投稿: goros | 2008/04/10 01:14

キジムシロを拝見できるなんて、光栄(ちとジェラジェラ)でございます(笑)。

クサノオは昨年の場所には、まだ確認できていなくて心配です。。。

投稿: こちらでも、 | 2008/04/10 02:23

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。難しい3種でしたか?私にとっても難しい3種です。
「クサノオウ」は昨年初めて、それも1度きり会っただけでしたし、
キジムシロやヘビイチゴの仲間はみなとてもよく似ていて鬼門です。
さらにヒメリュウキンカは今年が初めてですから~

クサノオウについて、色々調べてくださって、まさにそのとおりですね。
昨年の記事で私がまとめたものよりはるかに詳しい説明をまとめて
くださって助かりました。ありがとうございます(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

トップはクサノオウでよさそうですか?
ねー、太い茎で栄養満点って感じですよね。落ち葉などもたくさん
ある場所でしたから、滋養のある土なのでしょう。
アハハ これだけ元気なクサノオウなら効能あらたかでしょうね。

キジムシロ、悟郎さんのところで見事な株を見せていただきました。
この場所のはたくさんの株が重なり合うように生えていて、
あの円形は分からなかったのですよ。注意して見ることも
しませんでしたし。葉っぱすらね…(^^;ゞ
ただ、花付きのいいことにはびっくりしたのを覚えています。
それでヘビイチゴじゃなさそうだなと。
花の様子だけからでも、みなさんキジムシロだろうと仰ってくださって
ホ~ッと安堵のため息をついています(^^)

ヒメリュウキンカ♪ 悟郎さんもお会いになったのですね。
楽しみにしています。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

noodlesさんですよね(^^)
キジムシロ お会いになっていません?
ジェラジェラ感じていただけるなんて珍しいことで嬉しい smile
急いで花を撮るのに精一杯で、ちゃんと観察してこなかったのが
悔やまれています。(夫とクックがうんざり顔で~)

クサノオウ、去年ご覧になった場所で健在だといいですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/10 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40651887

この記事へのトラックバック一覧です: 春の黄色 何の花?:

« 白くふっくらと -コブシ・ハクモクレン- | トップページ | トサミズキとの再会 »