« 花の展示会 | トップページ | 今年のお花見 -染井吉野- »

2008/04/15

展示会の花

通っている花教室の展示会、題して「春風のハーモニー」無事終了しました。
会場内にはマミフラワーデザインらしいアレンジメントがたくさん並び、華やかな
空間が出現。お天気がいまいちだったり寒かったりしましたが、まずまずの人が
訪れてくださり、体験レッスンも楽しんでいただけたようです。
 
私は水盤と壁掛けのデザイン、それとお隣の喫茶店へのプレゼントアレンジを
作成しました。会場内の様子と自分の2作品の写真をアップしてみました。
会場内が薄暗く、写真はあまりよくありませんがご容赦ください。
                    (写真クリックで大きめ写真をご覧いただけます)
 
P4130116 P4130119 P4130122
 
 会場内を3方向から撮ってみました。
 待ち受けの花も、桜の枝で先生が作られた椅子を花留めにして花が活けられ
 素適だったのですが、1枚も撮影成功せずお披露目できないのが残念です。
 
 
P4120065 P4120104 P4120066_2
 
 私の作品。あっちからこっちから、これも3方向から。
 見覚えがあるような~ と思われた方もいらっしゃるでしょうね。
 3月3日の記事でアップしたデザイン(下写真)の応用です。
 枝で器を挟む位置と本数を変え、水面より持ち上げた位置で細かい枝をネット状に
 組んで花を挿してあります。横から見ると持ち上がっているのが分かります。
 (前のは水面すれすれに枝が組まれていました。)
 
P4130124 
 私の作品その2のタペストリーです。
 ロープの間に枝を挟み込んで留め、アグロステンマと
 コデマリをあしらいました。
 
 今回は、どちらの作品も「桜」をテーマにしてみましたが
 気付いてくださった方がいらしたかどうかは…?? 
 
 
 
 
いつもながら私の作品は色使いも大人しくて、インパクトに欠けますねsad 
お隣の喫茶店へプレゼントしたアレンジメントは、黄色・オレンジ色・濃オレンジ色
白・ピンク・水色が入り乱れる、私には珍しい大胆な華やかミックスカラーだった
のですが、写真はありません~。
 

|

« 花の展示会 | トップページ | 今年のお花見 -染井吉野- »

コメント

お早うございます。
楽しみにお待ちして居りました。
春らしい色彩でどのアレンジもステキですが
やはりポージィさんの品が良いというか可愛らしさもあり、
ソフトなタッチが素晴らしいです。
桜の枝で組む方法は季節も勿論感じられますし
いいアイデアと感心いたしました
タペストリーは下に小石というか重しを結びつけて
安定感も出ていますね、繊細な枝の線と多くないお花で
サッパリとした清涼感も見事に、自然の枝の組み合わせで芸術品に生まれ変わりました。
お疲れ様でした、お身体少し休めてまた散策(笑)にお出かけください。

投稿: | 2008/04/15 10:29

素晴らしい作品の数々、うっとりです。
ポージィさんの作品、日ごろの
ブログで想像しているポージィさんの
人柄が表れていて、とても好きです。
優しい心に包まれている気持ちにさせられますよ。
こういうのは、人柄が表れるものですね。

喫茶店への作品も見たかったです。
色々なお客さんにみてもらえるのですね。
喜ばれるでしょう。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/04/15 12:04

展示会の成功、おめでとうございます。
日曜の午後に雨が上ったのでお邪魔しました。
たくさんの方が楽しんで見ておられましたね。
また3人ぐらい方が熱心にアレンジの体験をしておられました。お天気とは裏腹に明るい雰囲気が一杯のギャラリーだったと思います。
タペストリーは名札が付いていませんでしたが、係りの方が教えてくださいました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/04/15 13:00

展示会 お疲れ様でした~
ポージィ さんのお作品 とっても素敵です。
以前の記事の時から 素敵なアレンジをされるな~! って思っていましたから。

枝をこのように使うのとても面白いですね。
活ける心がおありなのでしょうが 私にもなんだかできそうな気がしてくるところが 素人は怖いですね。笑
アイデアですね~
きれいなお花たちをありがとうございました~

投稿: pole pole | 2008/04/15 14:13

展示会お疲れ様でした。どのアレンジも素敵ですね♪
桜の枝を組んだ作品は、前回のアレンジに立体感が加わった一方で、色彩は淡くなって。
はんなりとした中に、これから伸びようとするような初々しさを感じました。
ロープを使った壁掛けの作品は、「わび、さび」に通じるような大人らしい落ち着いた趣きですね。
「桜」がテーマとのことですが、どちらも枝との対比で、白と淡いピンクの花の柔らかさが際立って感じられました。(^^)

投稿: nanbu | 2008/04/15 15:06

展示会成功おめでとうsign03
素晴らしいですね。自分個人の作品お完成させるのも、大変だけど、また、みんなの作品を、決められたスペース内に、バランス良く飾るのも、大変なんですよねsweat01
私もトールペイントを習ってて、2年に1回作品展があるのですが、やはり飾るのが大変です。会場を借りれる時間と戦い、見栄えを考えthink、やるのですよね。
写真をみると、とても、きれいですね。お疲れheart04でした。1つきになったのが」・・・上の写真の一番右の下にある変わったのは、何ですか?大仏の頭みたいなヤツです。

投稿: はる | 2008/04/15 16:51

会場内はまさしく春風のハーモニーですね。
薄暗かったのですか?写真ではそんな風には見えませぬ。
会場内風景の左端にポージィさんの二つの作品が見えますね。
右端はトロピカル~って感じで遊び心満点。皆さん楽しんでいらっしゃる。
ポージィさんの作品は大人しくてインパクトに欠けるですって?
とんでもハップン。上品で気品があって素敵ですよ~。
右端の横から見た感じは華やかな水辺の感じがとっても出ています。
壁に飾った作品はタペストリーというより和風なので掛け軸に見えます。
一本のロープにこれだけの枝と花を差し込んで。
よく落ちないものだと感心している私はやっぱりセンスが無い(-_-)

投稿: あまもり | 2008/04/15 18:14

お疲れさまでしたぁhappy01
2作品とも とっても優しい感じがして
まさに ポージィワールドshine だと思いましたnote
どちらかと言うとタペストリーに釘付けeye
それが似合うような家に住みたいなぁとも思いますnote

投稿: miki | 2008/04/15 19:12

おお!
なんだか華やかだけどもセンシィティブな空間ですね〜。
お疲れさまでした〜。

ポージィさんの枝を利用したアレンジメント、このアイディアいいですね〜!

いただきます(笑)♪

投稿: noodles3 | 2008/04/15 20:46

◆玲さん、ありがとうございます ♪

たくさんの作品が集まる場所では、いつも自分のものが
見劣りしてしまうのですが、玲さんにこのように丁寧にご覧いただき、
良い点を見つけていただいたことで、こそばゆいような
嬉しさを感じています。
ありがとうございましたhappy01


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

アレンジメントの展示会は華やかですものね。
生け花とはまたひと味違うワクワク感があるかもしれません。
あはは…鎌ちゃんの中で私はとっても優しい人という
イメージになっているようですね。実際の「人柄」はそうでも
ないんですよぉ~~~(^^;ゞ
でも、アレンジに使う花の色合いなどは淡い優しいものが好きですcherryblossom


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

わぁ!おーちゃん来てくださったのですね。ありがとうございますhappy01
そうでしたか、ちょうど私がいなかった時間帯だったのですね。
重い雲の垂れ込めた寒い日でしたが、会場内はたくさんの花の
おかげで明るく華やかでしたね。あんなお天気だったからよけいに
対比が際立ったかもしれません。
名前の付いていなかったタペストリーも、私のものとして
実物をご覧下さったとはとても嬉しいです。


◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

お褒めいただいて嬉しいです。教わったものの応用なので
100%私のものと言い切れないのがちょっと複雑な気分では
ありますが…(^^;)

枝使い、面白いですよね。
こういうもの、どなたでもお作りになれますよ。
作る方それぞれの個性が出て、十人十色の楽しい作品ができること
請け合いです。難しくありませんから、お試しになってみてくださいhappy01


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

一つ一つのアレンジを詳しくご紹介できなくて残念ですが、
皆さんの素適な作品ぞろいでした。

枝を組んで花留めにした作品、今回の花材は自分で選びました。
この淡い色あわせは私の個性でもあるのですが、インパクトが…
「はんなりとした中に、これから伸びようとするような初々しさ」
なる素適なお言葉をいただいてとても嬉しいです。
壁掛けの作品に、わびさびに通ずるものまで感じてくださったとは
これはもう過分すぎるお言葉です。でもありがとうございます。


◆はるちゃん、ありがとうございます ♪

そうそう、展示会ではバランスのよい並べ方も大切よね。
今回私はその部分には関わっていないのだけど、11日の夜に
制作をしていた方たちが先生と共に頑張ってくださったのだと思います。
はるちゃんはトールペイントを習っているのね! 作品展も何度か経験済み。
わぁ、どんなのを作ってのか拝見したいなぁ。

あっはっは「大仏の頭みたいなヤツ」に大笑いhappy02
あれを気にされる方たくさんいらっしゃいましたよ。
紙で作った土台に、ドングリの帽子をたくさんくっつけて、
大きなドングリの帽子を形作ったものなんですよ~note


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

華やかな春の花がいっぱいの「春風のハーモニー」noteですね。
薄暗かったのですよ~。写真は手ぶれの少ないものを選んで、
パソコンで明るさやら色調やら思いっ切り調整しました。
デジタル写真のありがたさをしみじみ感じました。でなきゃ全部ボツ…
会場内風景の左端の写真に私のタペストリー(掛け軸 ^^)作品
発見されました?もうひとつと思われたのは別の方の作品のようですね。
大人しい私の作品、上品で気品がなんて言っていただいて嬉しいです。
タペストリーと言うより掛け軸と仰るのは分かります。
自分でも和室に合いそうだなーと思っていましたから。
ロープに差し込んだ枝は、種明かしをすると、すっぽ抜けないように
ひとつひとつ細い紐で縛ってあるんですよ~。ナーンダでしょ?
でもって、ロープの後ろ側に小さな水入れを3本くくりつけて
そこに花を挿してあります。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

おぉ!「ポージィワールド」
久し振りにこの言葉をいただきました~happy01
確かにこの色使い花使いはポージィワールドですね。
タペストリー、面白いでしょう?
一度作ったら、花を変えて季節ごとに楽しめますよね。
少ないお花でOKですし。
mikiさんも作ってみてください。難しくはありませんよ~


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

華やかだけれどセンシティブな空間 ですか。
なるほど~~ 様々な感性の終結ですものね。

枝利用のアレンジメント、気に入っていただけました?
このアイデアがどんなふうに使われるのか、興味津々でーす。
どちらも決して難しくはないですよ。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/15 22:21

ポージィさん、こんばんは。二日間の展示会お疲れさまでした。おーちゃんの実見で、大盛況だったとか、おめでとうございます。貴女の作品は桜をイメージして作っておられるのは分かります。ただ私はどうしても写真として見てしまいます。3枚目の真横から撮ったのが一番綺麗だと思いました。それに、これは単なる皿ではなくて、多分このような創作専用の、いわば花器じゃないでしょうか。水が入っていますね。慎重に扱わないと悲惨なことになります。
タペストリは質素ながら上品で、確かに春を感じさせます。

投稿: polo181 | 2008/04/15 22:39

会場の関係もあったのでしょうが、全体的に小振りのアレンジメントで、好感の持てる展示会だったようですね。
大きなアレンジメントがドンドンと並んでいる展示会、苦手なんです(汗)。

柔らかい色使いで、期待に違わずポージィさんの世界を見させていただきました。「桜」がテーマだったのですね。
そう思って見直すと、華やかさ、柔らかさ、微妙な花色の変化、花霞等、桜のイメージを見てとることが出来ます。

タペストリー、素敵です。
少ない花数ながら、小さな宇宙が出来上がっています。
なんてったって小石に釘付け!
そうかそうかって、ひとり納得してしまいました。
リース作りのヒントをもらいました。

河原にいらっしゃたとき、小石を拾っていたポージィさんのことが、頭をよぎりましたよ~~(笑)。

投稿: goros | 2008/04/16 01:16

budすてきな展覧会でしたね。さすがセンスが良いです。自然な感じで優雅で。こんな空間にきれいな花が飾ってあったら、時間を忘れてゆっくりしてみたくなります。
私の庭は小さいですが、配置がバラバラ・・・。
こんなお部屋が庭に出来たらなって、いつもため息の毎日ですcoldsweats01

投稿: てるてる | 2008/04/16 10:26

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。おかげさまで無事終了しました。
写真としての良し悪しの観点からご覧下さったのですね。
言い訳ですが、薄暗い中手持ちで急いで撮った写真、
いいものは撮れませんでした。パソコンに取り込んでから
思い切り調整の必要もありましたし…(^^;ゞ
そんな中で、水盤の作品を横から撮ったものが一番よかったですか?
ありがとうございます。
活けるのに使ってある器はいわゆる花器です。漏斗のように
真ん中が急激に深くなっているものなのですよ。
もちろん食器を花器として使うこともありますが、これは花器専用です。
少ない水で活けておいて、飾る場所に設置後、たっぷりと水を
足してやります。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうですね。小振りで、普通に自宅でも飾れるくらいの大きさの
作品がほとんどでした。
私もそういうほうが好きですよ。ホテルのエントランスにでも
飾るようなオブジェのようなデザインは、自分のような一庶民とは
はるか遠い世界になってしまうようで。

桜がテーマとお知りになった上でご覧になっていただくと…
「どこが桜じゃ!?」って言われなくて、あぁよかった(^^;)
タペストリー気に入っていただけて嬉しいです。
うふふ 小石の重しに釘付けですか。ほぉリース作りのヒントに。
楽しみです。
これに使った石はですね、ピンポーン♪河原で拾ってきた石でーす(^^)


◆てるてるさん、ありがとうございます ♪

おかげさまで無事終了しました。
花のアレンジメントの展示会は、華やかで綺麗で夢心地の
空間を生み出してくれますよね。
私は作品を並べるときには立ち会っていなかったので、
初日の朝早く会場に行って一歩足を踏み入れたときは思わず
感嘆の声が漏れました。

てるてるさんのお庭は小さめですか?うちのもなんですよ。
かなり小さく、しかも日照条件が悪いのです。
庭の植物の配置は難しいですね。適した生育条件や生長後の姿など
いろいろ考えなくてはいけませんし、よく考えても予想通りに
育ってくれるとも限りませんし(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2008/04/16 11:04

とても上品な作品です。
ピンク系好きなのでとても気に入りました。
素敵です。
ピンクのお花が川を流れる“花筏”を思い出しました。
ピンクはマーガレットでしょうか?
レースフラワーと白の黒種草を使われているのでしょうか?

展示会はやはり何処も照明が暗く写真は撮りにくいですね。
でもとても素敵に撮れてしばし見とれています。

投稿: あやや | 2008/04/16 19:10

ポージィさん、新境地でしょうか。
1昨年とはまたまた全然違った作品をご披露くださいました。
ポージィさんのお人柄そのものの控えめな静かなおとなしい作品ですね。
お店の中の雰囲気が素晴らしいです。
1つ1つ色合いや挿しかたや花材、そして容器もいろいろ、本当に感心しました。また額縁というのも素晴らしいですね。
こういうお花の先生として、ポージィさんが活躍されるのは素晴らしいお仕事で、これからも是非作り続けて欲しいです。
今日は亜麻のお花をありがとうございました。
お花が咲くのも早ければ、葉も大きく栄養が行き届いている感じです。今、懐中電灯で見てきたのですが、蕾は出来ていました。ほっとしましたが、今更ながらまたまたけちって間引きが足りなかったのが原因かと反省しきりです。
随分先になりそうです。今は蕾が開いてくれることを祈るばかりです。

投稿: tona | 2008/04/16 20:17

◆あややさん、ありがとうございます ♪

まぁ、気に入ってくださいましたか。嬉しいです(*^^*)
川の水面に流れる桜の花びらや映りこむ空の色などをイメージして
みましたが、花筏を思い起こしてくださったとは素適です。
はい、ピンクは小振りのマーガレットです。ホワイトレースフラワーに
黒種草(ニゲラ)ですね。ニゲラは水色なのですが蕾が開いたばかりの
もので白に近い水色です。それと、タペストリーに使った
アグロステンマも何輪か入れてみました。

展示会は薄暗かったり、逆にスポットライトがきつかったり
撮りづらいですね。この写真もパソコンでかなり調整しています。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

いやー新境地というわけでもないのですが、今習っているのが
こんな風な傾向のものが多いので、自然とこうなりました(^^)
大人しいのが私らしくもあるのですが、インパクトには欠けると感じ、
毎回他の方のと比べて自信を無くしています。
今回の展示会では、マミフラワーデザインスクールと藤沢指定教室の
先生がが教えて下さっているデザインの集大成のようなもので、
どれもがマミフラワーらしさがよく出ていると思います。
色々な工夫があって面白いものですね。
あ、私は資格はとってもまだ生徒としての存在で、先生はして
いないのですよ。(お教えしたのは体験レッスンだけ)
でも、あまり気張らずマイペースで続けていけたらなとは思います。

tonaさんの亜麻も蕾が出ていましたか。蕾が出てきたなと思ったら
咲くまではすぐのようですよ。もう間もなくですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/16 21:57

花の展示会、展示会の花と続けて拝見しました。近いところなら行ってみたいと思いましたが、それもかなわず。もし、かりに行ったら場違いな場所に紛れ込んだ小鳥のようにうろうろするばかりでしたでしょうし。
春風のハーモニー、いいネーミングですね。私のような無骨な男には、表現する言葉を見つけるのがなかなか難しいです。華やかで、立派で、エレガントで、とにかく美しい。十分楽しませていただきました。

投稿: 茂彦 | 2008/04/17 09:25

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

展示会の花をご覧下さってありがとうございます。
茂彦さんは、2年前の東京大丸でのマミフラワーの展示会に
お越しくださったのでしたね。
あの時は広い会場に多数の作品でしたが、今回は一教室の展示会、
小さな会場でしたし、駅周辺には他に見るものも無し。
埼玉からはるばるお越しいただいたりしたら、とてもじゃありませんが
申し訳なくてオロオロしてしまいます(^^)
「春風のハーモニー」のタイトル、goodですか?先生にお伝えして
おきますね。喜ばれると思います。
 

投稿: ポージィ | 2008/04/17 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40876482

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会の花 :

« 花の展示会 | トップページ | 今年のお花見 -染井吉野- »