« 小さき花たち1 -道端の草花- | トップページ | 群れ咲く »

2008/05/09

小さき花たち2 -道端の草花-

行きし春を振り返る第三弾です。
 
春先には這うように身を低くしていた道端の野草たちも、春が進むにつれ
盛んに茎を伸ばし、少しでもたくさんお日様を浴びようと背比べを繰り広げます。
みんなが背高のっぽになって、さらにイネ科の大型野草も伸びてくると、
いよいよもってびろ-んと伸びて必死の様相を見せています。
 
いずれもうちの近所で見られる野草から4種ピックアップしてみました。
 
080327karasunoendou1 
 カラスノエンドウもさかんに草丈を
 伸ばしている野草のひとつ。
 可愛いらしいピンクの花を付ける
 茎は逞しく、その逞しい茎には
 アブラムシがびっしりくっついているのを
 見ることもめっきり多くなりました。
 この写真は3月中に撮ったもので、
 まだアブラムシ軍団はついていません。 
 
 「カラスノエンドウ(烏野豌豆)」
    :マメ科・ソラマメ属
     学術的には「ヤハズエンドウ」が
     正式な名前だそうですよ。
 
 
ここからは小さな花を咲かせる野草3種です。
                (写真クリックで大きめ写真をご覧いただけます)
 
080406nominotuduri1_2 080406nominotuduri2up_2 080406nominotuduri3_2

080409nominotuduri1 080409nominotuduri2 080412yaemugura_up
 
080416tatiinunofuguri1 080416tatiinunofuguri2 080416tatiinunofuguri3
 
上段3枚-「ノミノツヅリ」の花の様子、中段の左と中央-「ノミノツヅリの」全姿
中段右-「ヤエムグラ」の花、下段3枚-「タチイヌノフグリ」 です。
 
「ノミノツヅリ(蚤の綴)」:ナデシコ科・ノミノツヅリ属 
        花弁の先端は切れ込まず、ガクより僅かに短い。
        「綴り」とは、つぎあわせた着物・粗衣のことで、小さな葉を蚤の着物に
        例えて名付けられたそうです。直径3mmくらいの小さな花です。
 
        「ノミノフスマ(蚤の衾)」ナデシコ科・ハコベ属というのもありますよ。
        こちらにはまだ会えていません。「ノミノフスマ」はハコベのように花弁の
        先端に切れ込みがあり、衾とは布団のことです。
        どちらも小ささを強調した名前なんですね。
 
「ヤエムグラ(八重葎)」:アカネ科・ヤエムグラ属 史前帰化植物のひとつだそうです。
        四角い茎の周りに6~8枚ほどの細長い葉が輪生しています。
        茎や葉の先端などに小さな棘があり、お互いや他の植物に寄りかかって
        伸びていき、60cmくらいに生長しているのもよく見かけます。
        直径2~3mmの淡い黄緑色の小さな花です。
 
「タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)」:ゴマノハグサ科・クワガタソウ属
        「オオイヌノフグリ」と同時期に渡ってきた、ヨーロッパ原産の帰化植物
        だそうです。花はオオイヌノフグリよりはるかに小さく直径2~3mmほど。
        茎が立ち上がって、上部の葉の脇に咲きます。
        うちの近所では結構たくさん生えているのを見かけますが、草丈10cm
        程度で、茎も細く花も小さくあまり目立ちません。
 
このほかに、うちの近所で小さな花をつける野草としては、「ツメクサ」と「ムシクサ」を
見ることができます。小さいくて肉眼ではよく見えない花ですが、その小ささ故か
とても可愛らしく、愛しさすら感じます。
 
<おまけ>
 080506yaemugura_mi 「ヤエムグラ」の実
 

|

« 小さき花たち1 -道端の草花- | トップページ | 群れ咲く »

コメント

小さな花たちがたくさん咲いて、名前を思い出すのも撮るのも一苦労です。
どういうわけかタチイヌノフグリに縁がありません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/05/09 11:41

冬の間、枯れ草の空き地も次第に緑を増し、雑草たちが、我が物顔にはびこり始めました。中には除草剤で無残にやられたところもありますが。

前の空き地にも、ナガミヒナゲシをはじめ、アメリカフーロやアカバナユウゲショウなど、アップしてある物ほとんどがあります。
よく見ると、小さな花を一生懸命咲かせています。可愛い花ですね。見てくれる人がいて嬉しいのでは。嫌われ者の雑草も一人前の生き物なのです。生きる権利があるのですよね。

投稿: 夢閑人 | 2008/05/09 12:51

わあ~ ポージィさんお得意の分野ですね。
っていろいろご存知なのですが、特にです!
姫が苦手としているところだな~ 
知らないから調べるということはとても時間のかかること。
なので楽しようと見て見ぬふりしてしまいます。
あわよくばポージィさんが教えてくれたらいいな~♪って。
今日のはダメです。笑)
せめて昨日のキュウリグサ。
見つけたには見つけたのですが、あまりに小さくてみんなボケボケ~
来年こそ撮りたいです。(鬼が笑っちゃう)
あれも気になっているの。コミカンソウ?^^
また教えてください。

投稿: 池田姫 | 2008/05/09 14:40

小さなお花は 写真を撮るのもたいへんです。
なのにとてもきれいに撮られていらっしゃいますね。
名前がかわいそうなお花が多いです。
ノミノとかシラミとかはね~
カラスノエンドウ お豆ができていますね。
ヤエムグラは 他の植物を利用して這いまくりですね。
お花は可愛いけど 何だかべたべたとまとわりくっつきますよね~笑

投稿: pole pole | 2008/05/09 15:15

「カラスノエンドウ」は、よく見ますので分かるのですが、
後は、見たことがあるんだろうかという花ばかりです。
「ノミノツヅリ」と「タチイヌノフグリ」は
可愛い花ですね。撮りたい花です。
「八重葎」は、百人一首のあの草ですね。
「八重葎 しげれる宿の 寂しきに
     人こそ見えね 秋は来にけり」 恵慶法師
これも見たいです。
たくさん紹介していただいて、有難うございました。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/05/09 16:00

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

私は、名前を覚えるのがブログを始めた当初より難儀になってきました。
ますます記憶力が低下したのか忘れっぽさに拍車がかかっているのか、
はたまた覚えようという情熱の欠如か~~
撮るのは最初から変わらずの難儀ですね。手ぶれ補正つきの
カメラだったら少しはいいんでしょうかね。

あら?タチイヌノフグリをお見かけになりませんか。
おーちゃんのご近所で見られるヘラオオバコはわが家のほうでは皆無、
逆にタチイヌノフグリはこちらではたくさん生えてます。
大して距離は離れていないと思うのに、こういうことがあるのですね。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

早春のころは背も低かった野草たち、みな大きくなりましたね。
うちの近所でも、除草剤でカラカラに枯れた場所が目に付くように
なりましたよ。新緑の美しいこの季節に一面枯れ草色になっている
様子はかなり異様です。
野草の花たちもみんな可愛いのですけどね。厄介者としか思えない
方たちもいらっしゃいます。除草剤じゃなく草刈りにしてくれないかなぁ
と勝手なことを思っています。
うちの庭ではいいだけ咲かせておいてから適当に抜いたり刈ったり
しているので、すぐにまた生えてきます。
草が生えているのに耐えられないタイプの方が見たら卒倒するかも~coldsweats01


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

道端の野草は私の得意分野ですか?ほんとに身近にあるものだけは、
そういえるかもしれませんね~。毎日のワンコとの散歩で出会えるし、
数が限られていますからbleah
池田姫さんもキュウリグサ撮影に挑戦されたんですね!
大変でしょう~~特に今頃の季節になると茎が伸びている分
風の影響も大ですしね。草丈の短い頃のほうが撮りやすいですよ。
来年の早春また狙ってくださいね。(わっはっは)
あぁ~っ!コミカンソウ覚えていてくださったんですね。
あれはまだこれからですね。実だけでなく花も見てみたいものです。


◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

小さな花は風の影響も受けやすくて難儀しますね。
実は、もっと大きくするとぼやけている写真もあるんですよ~
オリジナルより縮小することでごまかしてるものいくつかありますcoldsweats01
小さな花たち、名前がかわいそうなのがたくさんありますね。
ノミノツヅラあたりは小さいと言いたかったのでしょうからまだ良いとして、
私が一番嫌いなのはママコノシリヌグイの名前です。

カラスノエンドウはもう真っ黒に熟した莢も見かけますし、
スズメノエンドウには可愛らしい豆がぶら下がっていますね。
ヤエムグラは1mを超えているんじゃないかというのもあります。
べたべたと… アハハ言えてます~


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

ノミノツヅリとタチイヌノフグリ、気に入っていただけました?
可愛いんですよ~(^^)タチイヌノフグリは色も綺麗ですし。
ヤエムグラは、そうそう百人一首の歌に登場します。
さすが鎌ちゃん、ポン!と百人一首が出ていらっしゃいますね。

ヤエムグラもタチイヌノフグリも、うちの近所でワンサカあります。
ドラえもんのどこでもドアでもあったら、すぐにご覧いただける
のですけれど。ご近所でもお会いになれるといいですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/05/09 18:14

あれ~?コメントを書いたはずなのに・・・ない!
ひょっとして、書いたあと「確認」だけして送信をしなかったのか、タハッ。

二度同じことをもう書けない・・・。
カラスノエンドウの可愛いアングルと、小さなタチイヌノフグリのピントばっちりは素晴らしい、私はたった一枚しかピントが合わせられなかった等々。
ツメクサとムシクサを既に見せてもらっていたのに忘れていた等々。
ツメクサとこちらの河原でよく見かけるコメツブツメクサとは全く違ったこと、
考えてみればコメツブツメクサはマメ科で米粒詰草であること、白詰草や赤詰草の仲間だったこと等々。

ドジなことで、ほんまにしゅんませんでした
これからは確認を省いてすぐに送信することにしますですはい。

投稿: あまもり | 2008/05/09 19:53

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

うぇ~ん、2度も書いてくださってすみません。
送信ボタンクリックし忘れ…の可能性もありますが、恐るべしココログ
ときおり送信したはずのものが消滅することがあるらしいのです。
過去にそれで泣きの涙をのまれた方が何人か。原因は分かりません。
あまもりさんもその犠牲者かも。だとしたら本当に申し訳ありません。
そんなココログやめてまえ~と言われそうですが、利用プロバイダ
ということでしつこくしがみついています。

あまもりさんのいつもの語り口で拝見できなかったのは残念ですが、
内容はよぉくわかりました。
カラスノエンドウ、可愛く撮れていますか?嬉しいです。
タチイヌノフグリはのべ3回ほどチャレンジしての成功なんですヨ。
他の小さな花たち同様たっぷり泣かせてくれました~。難儀ですね。
ツメクサとムシクサは、そーなんです、見ていただいていたんです~ニヤッ
でもね、自分の身近な足元になかったら忘れちゃいますよ。
私は自分が毎日のように見ている草だからよぉく覚えているだけです。
そうそう、爪草と詰草は漢字書きじゃないと紛らわしいんですよね。
植物名はカタカナ書きが通常になっていますが、日本名は漢字書きの
方が分かりやすいことが多いと思ってます。

投稿: ポージィ | 2008/05/09 20:54

小さな小さな雑草の花は、老眼の目ではあまり良く見えません。直径2~3mmというのは限界です。
ポージィさんのお陰で昨日からいろいろ見せていただきました。
ヤエムグラはカナムグラと間違えるし、花を確認したこともありませんでした。ルーペを持ち歩かねばいけませんね。
ノミノツヅリやタチイヌノフグリは何処かに咲いているのでしょうが、まだお目にかかれません。

投稿: tona | 2008/05/09 20:57

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

2~3mmの小さな花となると、撮っているときはよく見えなくて、
パソコンに取り込んだ大きな画像で初めて細部が分かるという
ときもあります。私もそのうちルーペが必携品になりそうでーす。
カナムグラは夏から秋の草ですね。これからグングン育ってくると思います。
百人一首のヤエムグラはカナムグラとの説もあり、カナムグラを
葎草ともいうそうですよ。
 
ノミノツヅリは、うちの近所では去年より増えましたが、どこでもかしこでも
というほどには見かけません。タチイヌノフグリにも同じことが
いえるかもしれません。

投稿: ポージィ | 2008/05/09 22:17

ポージィさん、こんばんは。今日のはとても難しいですね。カラスノエンドウしか知りませんでした。かれらは、非常に生命力が強くて、今もなお見ることができます。
ノミノツヅリとタチイヌフグリは河川敷で見たことがあります。この様な小さな花はなかなか撮影が難しい上に、名の同定がとても難しい。私はついつい逃げてしまいます。汗;

投稿: polo181 | 2008/05/09 22:23

ノミノツヅリ、ありがとうございます。
僕の方は、アップできるか怪しい状態ですので。。

タチイヌ〜、よくぞここまで鮮明に撮られました!
いつも泣かされています〜。。

投稿: noodles3 | 2008/05/10 00:00

小さな花たちですよね。
カラスノエンドウが巨大花に思えます。

今年はこの3種は撮っておりません、ツメクサもムシクサも(汗)。
ノミノツヅリとツメクサは昨年アップし損なったので、今年はと考えていましたが、もう遅いでしょうかね?
足元チェックしてみます。

投稿: goros | 2008/05/10 00:59

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。お返事遅くなり、すみません。
カラスノエンドウは、私も子供の頃からずーっと馴染み深い野草です。
赤紫の花は可愛いし、豆はおままごと心をそそります。
でも、ちょっと春が進むとアブラムシがうじゃうじゃとまぶれついて~~
よくこれで花を咲かせていられると思う姿に、改めてたくましさ、
強さを感じています(^^;)

ノミノツヅリとタチイヌフグリはブログを始めてから意識した
野草たちです。ノミノツヅリは一昨年が初めての出会いだった
ように思います。撮影にはなかされますね~
満足できる姿に撮れたことはまだありませんです。
私もすぐ近所で見かけていなかったら、逃げ体勢になると思います(笑)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

ノミノツヅリ、ご覧いただけてよかったです。
ちょっと白飛びのうえピンボケでしたけれど(^^;)
タチイヌノフグリの撮影には、noodlesさんも苦労して
いらっしゃるのですね。
これら↑はラッキーだったとしかいいようがありません~


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あはは この構成↑ではカラスノエンドウが巨大に感じられますね(^^)

私もツメクサとムシクサには、今年はカメラを向けていないんですよ。
近所のツメクサたち、いつになく元気なんですけれど。
ノミノツヅリは、現在上の写真よりもっとこんもりと繁って
茎も立ち上がり、花もまだまだ咲いていますよ。
遅いことはないんじゃないでしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2008/05/10 20:01

家の周りは空き地ですので
最近 色んな色の小さな花を目にするようになりなりましたがぁ
どれも名前がわかりません(^_^;
こうやってアップで見ると どの子も立派な形をしてるんですねぇ
というか ポージィさんの撮り方が上手なんだと思います(^^)v

投稿: miki | 2008/05/11 18:04

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

んふ mikiさんのご近所でも?空き地には野草がいっぱい
生えてきますよね~happy01
私も、名前を知っているのは一部ですよん。
でもみんなちゃんと個性を持った姿に可愛い花をしてますよね。
私の撮り方?いえいえそれは全然ですけど。
名前を知って、可愛いなぁ~と愛着が増して困るのは、
草取りしなきゃいけないときです。心を鬼にせねばできませぬ…

投稿: ポージィ | 2008/05/11 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40913708

この記事へのトラックバック一覧です: 小さき花たち2 -道端の草花-:

« 小さき花たち1 -道端の草花- | トップページ | 群れ咲く »