« 淡く薄黄緑に咲く | トップページ | 連休中の公園 »

2008/05/14

アケビの仲間 -アケビ・ミツバアケビ・ムベ-

神奈川県藤沢市のこちらは相変わらずの肌寒さで、またもや雨です。
明日にはやっと日差しが期待できそうな天気予報になっていますがさて…?
 
…………………………………………………………………*****
 
散歩の途中に初めて「アケビ」の花を見つけたのはいつのことになるでしょう。
見えていながら見ておらず、「アケビ」と気付いたのはブログを始めてからかも
しれません。初めてそうと気付いたときは感動してワクワクしたのを覚えています。
 
その後、ご近所の生け垣に毎春咲く白い花がアケビの仲間の「ムベ」と知り、
散歩中に、アーチに絡ませてある「ミツバアケビ」も見つけることができました。
わが家の近所で見かけるのはこの3種類で、「アケビ」だけは野生のものも
見かけます。
 
今年は珍しく風に揺れていない「アケビ」の花撮ることができました。
敵は手と鼓動の揺れ。そうそう、クックの引っ張りもです(笑)
              (写真クリックで大きめ写真をご覧いただけます)
 
 
●「アケビ(木通・通草)」:アケビ科・アケビ属 落葉性の蔓植物 小葉5枚
 
080411akebi_tubomi_2 080411akebi_mebana_2 080411akebi_obana_2
 <間もなく咲きそうな蕾>   < 大きな雌花 >    < 数咲く小さな雄花 >
  
 雌雄同株で雌雄異花。つまり同じ株に雌花と雄花が咲きます。
 それぞれ花弁に見えるのはガクだそうです。秋に熟した実はパックリ割れる
 ことが多く、冬には葉を落とします。
 
 『雌雄異花で蜜も出さないので受粉生態にはよくわかっていない点が多いが、
  雌花が雄花に擬態して雄花の花粉を目当てに飛来する小型のハナバチ類を騙して
  受粉を成功させているのではないか、とする仮説がある。』 -Wikipediaより-
 道端で見かける、野生と思われる「アケビ」に実が生っているのには、まだいちども
 お目にかかかったことがありません。受粉がうまくいっていないのでしょうか??
 
 
●「ミツバアケビ(三つ葉木通)」:アケビ科・アケビ属 落葉性の蔓植物 小葉3枚
●「ムベ(郁子)」:アケビ科・アケビ属 常緑の蔓植物 厚く光沢のある小葉3~7枚
 
080411mitubaakebi2_2080411mitubaakebi_obana_2 080412mube_mebana_2080419mube_obana_2
 < ミツバアケビの雌花・雄花 >   < ムベの雌花 >  < ムベの雄花 >
             4/11撮影         4/12撮影         4/19撮影
 
 「ミツバアケビ」は秋に実が熟すとパックリ割れやすく、冬には葉が落ちますが、
 「ムベ」は別名を「トキワアケビ」というように常緑で、熟しても実は割れません。
 どちらも雌雄同株で雌雄異花で、それぞれ花弁に見えるのはガクだそうです。
 「ミツバアケビ」雄花のガクはとても小さく表からは見えないそうです。
 「アケビ」「ミツバアケビ」も雄花が数多く咲くように、「ムベ」も雄花がたくさん咲く
 とのことですが、ご近所の生け垣のムベは雌花の方がよく目立っていました。
 (私が見たときがたまたまそうだったのかもしれません)
 
 
いつものことながら、また葉っぱの写真を撮ってくるのを忘れました(-_-;)
 

|

« 淡く薄黄緑に咲く | トップページ | 連休中の公園 »

コメント

ムベは去年からずっと温めている企画なんですが 未だにアップできていません。
あはは!ポージィ さんに先を越されましたね。
アケビは 今年は蕾を撮っただけ!
こちらで拝見させていただいたのでよしとしましょう。

投稿: pole pole | 2008/05/14 11:57

よく食べたアケビは、ポージィさんのおっしゃる
野性のあけびなのでしょうか、それとも、ミツバアケビ
なのでしょうか。アケビというのは、山にあるものと
思っていたのに、ご近所で見られるとは驚きです。
ムベは初めて聞きますが、可愛い花ですね。
漢字名「郁子」と書くのですか。可愛い花にピッタリです。
むべなるかなです。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/05/14 12:38

アケビの花はポージィさんに何度か見せていただいたけど、
開く前は初めてのような。
ホオズキの実に見えました。ホオズキはもっと真っ赤だった?よね。
アケビもミツバアケビ(この花もお馴染み、但しここでね(^o^)v)も、
そしてムベも花びらじゃなかったガクは三枚。
花弁が3枚なのは今までツユクサの仲間だけだと思ってましたが、
アケビの仲間もそうだったのだと。(実際にはガクだけど)
今年はちょっとは学習が進んだでしょ(笑)

アケビ、ミツバアケビ、そしてこのムベの花。
3種とも綺麗に撮ってあげて輝いています。
光を取り入れる写し方はポージィさんの右に出るものは居ないような気がします。

投稿: あまもり | 2008/05/14 14:30

アケビっていつ咲いていたんだか・・・
今日植物園で見たら葉っぱばかりでした。--。
ミツバアケビの赤黒い色が好きなの。
ムベは(むべの咲く夜は恐ろしいじゃなかった^^)
以前ポージィさんに「何の実?」という問いかけで
教えていただきました。
これが花なのですね。
ところでポージィさんは『マミーフラワー』の先生でしたっけ?(今 ページをあっちこっち、どこに書いてあったかしら?違っていたらとんだ失礼を・・・)
今日、今月末のデザイン展(大丸ミュージアム)のチケットを偶然いただきました。
ポージィさんの作品もありますか?

投稿: 池田姫 | 2008/05/14 16:25

間違えた
『マミフラワー』でした。

投稿: 池田姫 | 2008/05/14 16:28

アケビの名前は覚えてたんですけど。
どんな花か忘れてた私は学習が進んでませんでした。(笑)
でも、このミツバアケビのチョコレートのようなメシベと、クシュクシュっとした雄花には見覚えがあります。
(アケビの淡いピンクとチョコレート色の取り合わせも個性的な美しさですね)
普通メシベはひとつですけど、「雌花が雄花に擬態して」るから何本もあるんでしょうか?(・o・)

投稿: nanbu | 2008/05/14 16:44

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

まぁ、そうなんですか。温められて熟成中ですね(^^)
もしかすると実が熟す頃見せていただけるかな?
うちの近所の、この生け垣のムベは毎年実もぶら下げているんですよ。
polepoleさんはアケビやムベの実をお食べになったことは
おありでしょうか?おありでしたら、記事をアップされるときには
ぜひ味のことも書いてくださいね。
私は、どのアケビの実も食べたことないのです。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

鎌ちゃんは、山で採ったアケビを食べたことがおありなんですね。
うちの近辺は、いまでこそ住宅がたくさんですが、かっては
自然がたくさんあったところらしいのです。野生のアケビが
あるところを見ると、その名残があるのでしょうね。
それらとは別に、生け垣やアーチ仕立てにして楽しんでいるお宅も
チラホラあるんですよ。若葉も花もユニークで綺麗、実も生って
なかなかいいものです。
ムベの花もなかなか可愛いでしょう(^^)漢字書き「郁子」には
むべなるかな、ですよね。実の様子も何となく可愛いのですよ。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

アケビたちの花は毎年アップしてますね、私。気に入ってる証拠?(^^)
開く前は初めてでしたっけね。ぷっくり膨らんだ様子はホオズキとも
似てますね。ホオズキは実なのでそこのところがちょっと違って、
色もグリーン→朱色ですが。(ホオズキの花は白ですね)
ガクでor花びらが3枚。そうですね!そういう観察は私は全然だめ。
あまもりさんのコメント拝見して、やっと「ほんとだ~」って
思うタイプです。あまもりさんの観察して学習される姿勢、
見習わなくちゃいけません。

>光を取り入れる写し方は… 
 
過分な褒め言葉ですけど、わぉ~ん、すっごく嬉しいですhappy01


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

アケビの花はこちらでは4月の上旬から中旬頃咲いていました。
池田姫さんのほうでも同じような頃だったのかな~
ミツバアケビのあの花がお好きですか。深みのある濃い色が
魅力的ですよね。私は見るたびチョコレートを思い出します。
ムベの実は、そういえばそうでしたね。はい、こんな花が咲きます。
少し色の付いているのもあるようですよ。

あら、マミフラワーデザイン展のチケットをゲットされましたか。
マミのデザインはちょっと独特で面白いですから、是非見に
いらしてください。あ、でも私は出展していないのです。
もし前期にいらしたら、藤沢指定教室講師・吉野先生のを
探してみてくださいね。通っている教室の先生です。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

アハハ(^^) nanbuさんはアケビの学習の進み具合は
あと一歩でしたか?
実際に見ないとなかなか印象に残らないものですよ。
ミツバアケビの方は見覚えがおありだったのですね。
チョコレート色って珍しいですからインパクト大ですね。
私はあえて選ぶならどれが好きかなぁ。アケビかもしれません。

>普通メシベはひとつですけど、「雌花が雄花に擬態して」るから
 何本もあるんでしょうか?
 
Wikipediaの文からすると、どうもそうみたいですよ。
花の受粉のための戦略も、実に様々で面白いですね!
 

投稿: ポージィ | 2008/05/14 18:29

アケビ、ミツバアケビもムベも雌雄同株で雌雄異花なのですね。
ムベは公園にたくさんあるので、来年よく観察します。
そのときは今日の写真をまた拝見しなければ。忘れてしまいそうですから。
この公園のムベには実がなっているのを見たことがありません。
ミツバアケビかアケビかわかりませんが、実がたくさんなる家があります。毎年変わらずたくさんなのです。
山ではアケビの実を時々見かけますね。
花の細かい部分が良く分かる素晴らしい写真ですね。

投稿: tona | 2008/05/14 19:31

なんと、goro'sさんとことガチンコですね!

いやいや、ムベがアケビの仲間と知らず、雄雌撮りわけなかったことに今しがたゴローさんとこで愕然としていた者です。。

ミツバアケビ、未見です。
雄花の付き方が独特ですね。

投稿: noodles3 | 2008/05/14 21:06

野生と思われるアケビには実がついていませんか。
たいていのアケビは庭に植えられているのを見ているので、気がつきませんでした。
近所の野生と思われるアケビも注目しておきます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/05/14 21:33

ポージィさん、こんばんは。雌雄同株で雌雄異花?同じ株に雄花と雌花が別々に咲いて、昆虫が受粉の手助けをする?のでしょうか。アケビは昔は女の子が良く見付けてきては、口を紫色にしながら食べているのを見たことがあります。ツルは丈夫なので椅子や籠をつくるそうですね。それくらいしか知りません。

投稿: polo181 | 2008/05/14 22:25

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

はい、アケビの仲間達は雌雄同株で雌雄異花でした。
公園にムベがたくさんありますか。来年の春が楽しみですね(^^)
私はご今年改めてご近所のムベの雌雄の花を見分けようとして
ちょっと苦労しました。なぜか見る花見る花みな雌花ばかり
だったものですから。そのご近所のムベには実が幾つもなるのに、
tonaさんのご存知の公園のものには実が生らないのは何故でしょうね。
かと思えば実がたくさんなるお宅もあったり、アケビの仲間は
株によって実の生り方に差があるのでしょうか、それとも…??
写真をお褒めくださってありがとうございました(^^ゞ


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんとガチンコ? 
今夜は悟郎さんのところへいらしたのですね。
ムベの話題が出たのですか。わぁ~そうですか、偶然!
そしてここを訪れてくださったらムベの雌雄の花が。
追い討ちをかけちゃったでしょうか~(^^;)

ミツバアケビはアケビ、ムベと比べ小さい葉っぱで3枚。
花色がまた特徴的ですね。この濃い色のオシベが
くちゅくちゅっとなっている姿は、何がどうなっているやら
よく見えません。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

うちの近所で毎年見られる野生のアケビには一度も実が付かないのです。
受粉がうまくいかないのか何の関係でしょうね。
アーチ仕立てにしているお宅のミツバアケビは毎年実が生って
いるのですが。おーちゃんのご近所の野生のものはどうなのか、
ご確認できたらまた教えてください。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
雌雄同株で雌雄異花は、poloさんの仰るとおりです。
同じ株に雄花と雌花が別々に咲くものです。そしてアケビは
虫媒花で昆虫に受粉を手伝ってもらっています。
かって、女の子が口を紫にしてアケビを食べていましたか。
polo少年はお食べにならなかったのですか?
私は子供のころはアケビを見たことがなく、実も食べたことが
ないのです。ブツブツの種を思うとあまり食べてみたいとも
思いませんけれど(^^;)

poloさん、アケビについてこれだけ知っていらっしゃれば
十分と思いますよ。
 

投稿: ポージィ | 2008/05/14 22:49

noodlesさんも言ってるように、私もアケビたちのお仲間を、他の蔓性の花たちと纏めてアップしたところだったんですよ。
但し植物の説明は、いっさい無しです(笑)。
同日アップですので、久々にTBをさせてくださいね。
出来るかな?

昨年まで拝見してたお宅のアケビの蔓が、今年は姿を消してしまっていたので、出会えるかどうか心配しておりましたら、別の場所で見つけて安心しました。
ここのは姿を消す心配はなさそうなので、マイ花マップに登録しました。
可愛いですよね、アケビの花。
ムベも含め実には縁がありませんが、花だけでも充分だと、強がっております(笑)。
といいつつ、今年こそはと密かに狙っておりますが、結実するかどうか、まずそちらが問題ですね。

投稿: goros | 2008/05/15 00:49

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

久し振りに同日アップですね~握手! 
でも、ん~~TBは相変わらず成功しませんね。なぜなんだー!?
あとで伺います。楽しみだなぁ。

今まで見られていたものが姿を消すのは、なんとも寂しいものですね。
悟郎さんのアケビも消えましたか。でも新しく、それも姿を消す
心配のなさそうなのを見つけられたとはよかったです(^^)
アケビの花たち、何か魅力的なんですよね。
派手・華やかといったものではない、素朴さに惹かれるんでしょうか。
アケビの花を認識して以来、毎年咲き始めたのを見つけると
ポッと胸に灯がともったような喜びを感じます。
今年新しく見つけられたアケビたち、実も生ってくれるとなお
いいですね。
 

投稿: ポージィ | 2008/05/15 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/40979875

この記事へのトラックバック一覧です: アケビの仲間 -アケビ・ミツバアケビ・ムベ-:

» 春の蔓たち [goro's 花 Diary]
貯まりに貯まった花たちで、花倉庫はパンク寸前です。蔵出しと称して、毎年この時期には春の花たちを大放出しています。写真の整理にも時間がかかりますので、ボチボチ紹介していくことにしたしましょうかね。 まずは蔓性の花たちです。純粋に花を観賞するもの、香りで悩殺するもの、主役は果実だったりするものなど、蔓性とはいっても千差万別です。4月以降に出会った花たちですので、花の終わっているものたちが多く含まれております。撮影日の早いものから並べておりますが、開花の早い順番ということではなく、たまたまおじさんがシャ... [続きを読む]

受信: 2008/05/16 02:44

« 淡く薄黄緑に咲く | トップページ | 連休中の公園 »