« 思いを託してヤマブキ | トップページ | お花畑 »

2008/05/20

今年のイチゴ一会 

私の大好きな果物のひとつイチゴ。
子どもの頃は家の前の畑にイチゴの畝があり、5月ともなるとそこから毎日のように
ざる一杯摘みとってきては食卓に上ったものでした。そのままよし、砂糖をがけよし、
練乳がけよし、砂糖+ミルクがけよし!どんな食べ方も好きです。
大人になってからは、そのままいただくことがほとんどになりましたが。
 
さて、今日アップするイチゴは、この大好きな赤いイチゴを実らせるオランダイチゴの
花ではなく、野に咲くキイチゴ、ヘビイチゴたちです。
         (最後以外、写真クリックで少し大きめの写真をご覧いただけます)
 
080402momiziitigo2 080402momiziitigo_up 080402momiziitigo_ha
 
●「モミジイチゴ(紅葉苺)」:バラ科・キイチゴ属  紅葉のような葉が特徴
 
  クックとの散歩中、偶然見つけました(4/2撮影)。
  初めての、思いがけない出会いに感激。ずっと残っていって欲しいものです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  
   
         080404kaziitigo_hana 080404kaziitigo_tubomi
 
●「カジイチゴ(梶苺)」:バラ科・キイチゴ属  大きな花・梶の木似の大きな葉
 
 ご近所の植木で、毎年楽しませていただいています。目でね。 (4/4撮影)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  
 
  080423hebiitigo2 080506izuminomori24yabuhebiitigo2 080506izuminomori25yabuhebiitigo_ha
 
●「ヘビイチゴ(蛇苺)」:バラ科・ヘビイチゴ属  左写真(4/23撮影)
 
 おなじみの野の苺。5月中旬、緑の葉の中に赤い実がポツポツと目立ち
 始めていました。
 
●「ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)」:バラ科・ヘビイチゴ属 中・右写真(5/6撮影)
 
 多分合っていると思うのですが… ヘビイチゴより大型で、萼と萼の間に見られる
 「副萼片」が大きく黄色の花弁より外まで出ていることが特徴と読みました。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  
 
080509nawasiroitigo_hana 080514nawasiroitigo_tubomi 080514nawasiroitigo

●「ナワシロイチゴ(苗代苺)」:バラ科・キイチゴ属 
 
 左写真;オシベがチョロッと見えています。花は開かないのです。(5/9撮影)
 中・右写真;棘の多いイチゴで蕾もトゲトゲです。(5/14撮影)
 昨年はついに1粒味見をしてみました。してそのお味は、と言いますと…
 甘味はほとんどなしの水っぽい酸味だけでした。未熟だったのかも。 
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  
 
080409mitubatutiguri1
 【おまけ】
 
「ミツバツチグリ(三葉土栗)」
  :バラ科・キジムシロ属
 
同じバラ科で、花は
ヘビイチゴと似ていますが、
こちらは一つの花茎に
沢山の花を付け、実は
赤くならないそうです。
  

|

« 思いを託してヤマブキ | トップページ | お花畑 »

コメント

「イチゴ一会」・・・・先制打を打たれました。
使えな~~い!!

鎌ちゃんだったら、イチゴだとは知らずに
「可愛い花だ」という程度過ぎると思うのですが、
よく、種類の区分までされますね。
「イチゴ白書」を作られては如何でしょう。

ヤブヘビイチゴという、滑稽な名前に惹かれました。
余計なことを書いてやぶへびにならないように
退散します。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/05/20 10:55

モミジイチゴやカジイチゴは初めて拝見します。
そうそう、4月末にクサイチゴというのを見ましたよ。
ナワシロイチゴの季節ですね^^
私も実を食べてみようとしたのですが、
一緒に見ていたおばさんが
「ここはワンちゃんが通るから食べない方がいいんじゃない?」
と言われて食べず・・・。
今年は食べてみたいです☆

投稿: 池田姫 | 2008/05/20 11:00

タイトルに脱帽です!
いつか使用させていただいてもよろしいでしょうか?笑

モミジイチゴ カジイチゴ ミツバツチグリ クサイチゴ ニガイチゴは見ましたが ヤブヘビ ナワシロは見ていないのですよね~
特にナワシロイチゴがとてもユニークなお花なので 是非みたいです。
イチゴイチエのお味は水っぽかったですか~
クサイチゴ 美味しかったですよ~

投稿: pole pole | 2008/05/20 11:39

ヘビイチゴはどこでも見られますが、そのほかではモミジイチゴが近所で一番多く咲きます。
そろそろ実ができるころでしょうか。
カジイチゴは2年ほど前に藤沢街道で見たのが最初でした。好きな花です。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/05/20 13:08

子供の頃は 砂糖+ミルクで いつも潰して食べてましたけど
ポージィさん同様 ここ数年は
そのまま食べることが多くなりました
(潰すのって 牛乳が飛び散ったりするし(^_^;))

同じイチゴの仲間でも 花の色は様々なんですねぇ
そして こんなに沢山の種類があるなんて知らなかったです

投稿: miki | 2008/05/20 15:05

イチゴ一会とはうんまいタイトル!scissors
ほうほう、栽培されて売っているイチゴはオランダイチゴなんですか。
日本にそのオランダイチゴが初めてやってきた時、当時の人はびっくりしたでしょうね。外国もんは人間だけじゃなくてイチゴまで大きいのかと。
私がキイチゴやヘビイチゴを初めて見たのは充分に大人になってからのこと。
その小ささや形にこれがイチゴ?と首を傾げたもんでした。
紅葉苺に梶苺、蛇苺に苗代苺。漢字に特徴があるのね、蛇苺以外は。
ヘビイチゴはなぜ蛇と名が付いたのか、不味いらしいけど食べられるとか。
蛇が出そうな所にいっぱい生えていたのか・・・。
このあいだ撮ったヘビイチゴはもう真っ赤な実もできていましたよ。
ヘビイチゴが珍しい私は一杯写真に撮ったけど、私にとって珍しいだけで、見る人にとっては珍しくも何ともないだろうと、いまだにUPするのに悩んでま~す。

投稿: あまもり | 2008/05/20 17:23

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

イチゴ一会、どうぞ使ってください~
私も、忘れているだけでどなたかの受け売りかもしれませんです(^^;)

イチゴの花たち、私も決して詳しくないんですよ。
初めてのモミジイチゴとヤブヘビイチゴは、あちこちのサイトさんを
覗いて回ったりしてどうにかこうにかでした。検索ってありがたいですね。
ヤブヘビイチゴ、何かヘンな名前ですよね。藪蛇~(^.^)
オヘビイチゴなんてのもあるそうです。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

モミジイチゴ、カジイチゴ初めてでいらっしゃいましたか。
カジイチゴはWikipediaによると「主に西日本に分布する低木。
温暖な地方を好む。」んだそうですよ。関東以西と書いてある
ページもありました。関東ではそんなに多くないのかもしれませんね。
そうそう、クサイチゴ。これにも会いたいと思ってます。

ナワシロイチゴがキイチゴ仲間の最後の締めくくりのように
咲き始めましたね。池田姫さんは味見はまだですか?
うんうん、dogがシャーッとしそうな位置のはやめた方がいいです。
除草剤散布の有無にも気をつけてくださいね~


◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

イチゴ一会、使ってくださって構いませんよ~
私も、自分で思いついたのか、過去にどなたかのを拝見したのが
記憶に残っていたのか、覚えていないのです(^^;)ハハ…

クサイチゴには会えていないなー、と思っていましたが、そっか
ニガイチゴっていうのもありましたね。これは名前しか覚えていません。
いつか会えたときのために覚えておかなくちゃ。
ナワシロイチゴは面白い花ですね。色も珍しくピンクですし。
昨年初めて食べたイチゴ一会のお味は期待外れでした。
熟せばもっと美味しいのかもしれませんが、絶対に鳥か虫に
先を越されます。クサイチゴは美味しいのですね。モミジイチゴを
そろそろチェックに行かなくちゃ(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

そうですね、うちの辺りでもいちばんよく見かけるのはヘビイチゴです。
おーちゃんのご近所では次いでモミジイチゴですか。いいですねぇ。
今年初めて出会って感動しました。黄色の実にも会ってみたいものです。

そうそう。おーちゃんは藤沢街道でカジイチゴとの初めての
出会いをされたのでしたね。今年もその場所で、変わらず咲いたかしら。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

んふ、砂糖+ミルクで潰して… 美味しいですよね。
イチゴのクエン酸にミルクのたんぱく質が反応して、
ちょっと固まったようになるのも面白かったです。
潰すのに失敗すると飛散じゃなくて悲惨ですよね~
私はフォークの背を使って潰してました。

今ではmikiさんもそのままで、がやっぱり多いんですね。
味覚が大人になったのか、イチゴが甘くなったのか
はたまたその両方か?(^^)

イチゴの花色は、白が一番多いのかもしれませんが、
色々あって面白いですよね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

いやぁ、タイトルはひょっとしたらどなたかのパクリかもしれません。
覚えていなかったので思いついたまま書いちゃいましたが。

オランダイチゴ伝来は徳川末期なんだそうですよ。でも、このときのは
観賞用になっただけで、現在日本で栽培されているものは、
明治時代にフランスやイギリス、アメリカなどから導入されたものが
品種改良されてきた結果、なのですって。最初から現在のイチゴの
ようにふっくらと大きかったというわけではなかったのですね。
普段食べているイチゴと比べたら、キイチゴやヘビイチゴの仲間達は
小さいですものね~ 似ても似つかぬ姿と色。
私はヘビイチゴは子供の頃にもよく見ましたが、食べてみようと
いう気持ちは起きませんでした。赤い色は綺麗でも、どこか
美味しそうには見えなかったのか?それとも大人に食べられないと
言われたのか??実際は不味いけど食べられるそうですね。
ヘビイチゴの名前の由来は色々な説があるとか。
今年ももう実がなりましたね。私も見てきました。緑の中に
赤い実がぽつぽつと散らばって可愛かったです。
今ではポピュラーなヘビイチゴも、限られた場所でしか見られなく
なっていると思いますもの、あまもりさんが撮っていらした
ヘビイチゴとその実、ぜひアップなさってください~happy01
 

投稿: ポージィ | 2008/05/20 18:36

ポージィさん こんばんは♪

イチゴー会(いちごうかい)と読んだglennですhappy02

な~んて、すぐわかりましたよ~smile

そうですか、ふつうに食べるイチゴはオランダイチゴというのですか~
遥か昔のこと、私の通っていた小学校の裏庭にこんもりした低潅木がありまして、
その木にオレンジ色のつぶつぶの実がなりました
わたし達はその実をオランダイチゴと言って休み時間に食べに行ってました
あれはいったいなんだったのでしょう~?
って、ポージィさんにわかりませんよね~coldsweats01

カジイチゴの花はどのくらいの大きさなんでしょう~
お花に見合った大きな実ができるといいのにね~
実はできないのかしら~


投稿: glenn | 2008/05/20 21:33

一期一会にイチゴ、引っ掛けましたか(笑)。
僕はもう蔵に入れちゃおうかなんて、弱気な今日この頃。。。

イチゴは昨年からイチゴ狩りに行ってますが、そうとう早朝に行かないと、生暖かいんですね。ハウスの中はどんどん暖かくなるので。。
適量を適温でいただくのが、一番かと♪

僕の子供の頃は、例の菊バアさんの家に行くと、オヤツにアジウリというのをメロンと称して畑で勝手にもいで食べろってなことになってました。
楕円形の瓜なんですが、青臭くてあまり美味しくない。

実は、そのおかげで今でもメロン、そんなに好きではないです。。。

投稿: noodles3 | 2008/05/21 00:20

イチゴの仲間たち、たくさん登場しましたね。
私の環境では、カジイチゴの木はそこそこみかけますが、モミジイチゴには滅多に出会いません。
ただし、木苺の実は、なかなかゲット出来ないですね。
味見くらいはしてみたいと、そう思っていますが・・・
クサイチゴ、こちらでは今年は豊作です。
散策途中で、赤い実をいただいております。
ここのところの雨で、やれれちゃったかな?

ヤブヘビイチゴ、間違いないんじゃありませんか。
福萼片が目立ちますよね。
赤い実が生ると余計に目立って、南蛮人の襟巻きかって、そう思えますよ(笑)。

ナワシロイチゴ、咲き出しているんですね。
花は開かなくても、このピンクの花色は魅力ですよね。
チェックしなくちゃ。

ミツバツチグリ、私も出会いました。
どうやって登場させるか、思案中です(汗)。
お蔵入りの可能性、大です。

投稿: goros | 2008/05/21 01:09

◆glennさん、ありがとうございます ♪

おはようございま~す(^^)

イチゴーカイ! ウハハハ 思い切りウケましたhappy02
glennさんのこの一文を読んだ後で見ると、全部イチゴー会に
見えます~。ククククク…happy01

そうなんです、美味しく食べているイチゴはオランダイチゴの、
その辺で見かける木や草のイチゴはキイチゴやヘビイチゴの
お仲間ということになるそうですヨ。
glennさんが小学生のときに食べていらした低潅木のオレンジ色の
イチゴってなんでしょうね。カジイチゴかなぁ。
近所のカジイチゴ↑の実はオレンジ色になりますよ。
カジイチゴの花の大きさは直径5cmくらいはあります。
でも実の大きさは直径1cmくらいとちっちゃいです~(笑)
味見したことはないですけれど、検索したページによると、
キイチゴ類の中では一番美味となっていました。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

一期一会に引っ掛けました~ おかげで変換がイチゴ一会に…
noodlesさんはイチゴの花たちお蔵入りしそうですか?

あ、今年もイチゴ狩りに行かれたんですか?
日なたの温室の中はグングン気温が上がりますものね。
生ぬるいイチゴのお味はイマイチですか。私はキンキンに
冷たいのより常温くらいが好きです。
適量というのも大切ですね。もう少し食べたいなというところで
止めておくのがベストかもしれません。

菊おばあちゃんのところでは、畑で瓜を作っていたんですね。
アジウリですか。初めての名前です。検索したら=マクワウリと
でていました。マクワウリは父が作って浅漬けにして食べてましたよ。
私も夏場のおやつに黄色のキナウリとかプリンスメロンとか
食べましたよ、子供のころ。キナウリはその後エリザベスメロンに
変身したのかな?いまどきのマスクメロンだ夕張メロンだなどと比べたら、
うんとうんと控えめな甘味で、果物というより野菜に近いイメージ。
そう美味しいものでもありませんでしたね(^^)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

今年はモミジイチゴとヤブヘビイチゴに初めて会ったので、
であったイチゴの花たちにまとめて登場してもらいました。
白く繊細で皺のあるような花びらのイチゴの花たち、心惹かれます。
悟郎さんのエリアでは、イチゴたち結構たくさんあるんですよね。
カジイチゴもちょこちょこお見かけになりますか。クサイチゴは豊作!
いいないいな。クサイチゴにはまだ会えないんですよ。
半径徒歩10分圏内には、どうもなさそうです。

ヤブヘビイチゴ、当たりですか?ありがとうございます。
へぇ南蛮人の襟巻きふうになるんですか。見てみたいです~
昔、教科書?に出てきた南蛮人さんたちの絵が頭の中に甦っています。

ナワシロイチゴ、咲き始めましたよ。このピンクは可愛いですね。
小さいのにパッと目を引きます。日当たりのいい所とよくない所、
2ヶ所をチェックしているのですが、やはり日当たりのいい所の方が
咲きに咲き始めました。

ミツバツチグリ…初めて見つけましたからね。モッコウバラ同様
無理やりねじ込みました(^^;) 悟郎さんはどうなさいます?
 

投稿: ポージィ | 2008/05/21 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41215256

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のイチゴ一会 :

« 思いを託してヤマブキ | トップページ | お花畑 »