« アケビの仲間 -アケビ・ミツバアケビ・ムベ- | トップページ | 連休のクック »

2008/05/15

連休中の公園

今朝は起きたら久し振りの青空が広がっていました。1週間ぶり?
気温も戻ってきましたよ。気持ちいいなぁ(^^)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
  
大型連休最終日の5/6の昼下がり、連休中で初めて公園に行くことができました。
家を出たときの最初の予定地は「県立相模原公園」で行ったことのない所でしたが、
着いてみたら駐車場は満車、周辺道路は大渋滞、クックは降りたいとキュゥ~ンと
切ない声を出し続けるしで、即座に諦め大和市の「泉の森」に目的地変更しました。
(クックは途中で停まって少し歩かせて落ち着かせてやりましたよ~)
 
「泉の森」へは3月初め以来なんと2ヵ月ぶり。
みずみずしい新緑が輝き、すっかりその様相を変えていました。そして驚いたのが
人の多さです。気候のいい時期の「泉の森」はこんなに混むの?それともたまたま
連休中だったから?私が行くのは今回が4回目ですが、こんなに大勢の人がいるのは
初めてでびっくりしました。
 
初めて会った花を含め、撮ってきた一部をご紹介したいと思います。
              (写真クリックで少し大きめ写真をご覧いただけます)
 
080506izuminomori15 080506izuminomori13akabanayugesyou
  < 人いっぱい緑いっぱい >  < 光透けるアカバナユウゲショウ後姿 >
 
080506izuminomori8kakitubata1 080506izuminomori11kakitubata4
   < 水辺でちらほら咲き始めていたこれらは…カキツバタ? >
 
080506izuminomori16kuwa1 080506izuminomori17kuwa2
 < 3mほどの高さに見えた木。これはクワの木で雌花でしょうか? >
 
080506izuminomori20ooamana2 080506izuminomori21ooamana3 
 < オオアマナ 休憩所の大木の根本にチラホラ咲いていました >
 
「アカバナユウゲショウ」以外は初めての出会いです。
「カキツバタ」も?と意外に思われそうですが、花の咲いている時期の菖蒲園などへ
これまで何故か行ったことがないのです。それで、というのは言い訳ですが、これら
アヤメ科の似た花の見分けがどうもできません。見分け方をまとめてあるサイトさんの
ページをじっくり眺めても、です。情けなや。
黄色のアヤメ科の花も咲いていたのですが、あれは何かしら?
 (横浜のおーちゃん、お助けを~~)
追記:皆さまのお助けにより、キショウブと判明しました。ありがとうございます!
 
「アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)」:アカバナ科・マツヨイグサ属
        明治時代にアメリカから観賞用に持ち込まれ、いまでは野草化。 
        本来の名前は「ユウゲショウ」だと思いますが、ユウゲショウは
        「オシロイバナ」や「マツヨイグサ」の異称としても使われるため、
        この頃では「アカバナユウゲショウ」の呼び方が多いようです。
        直径1cmほどのピンクの花が可愛らしく好きです。
 
「カキツバタ(杜若)」:アヤメ科・アヤメ属
 
「クワ(桑)」:クワ科・クワ属 
        雌雄異株でまれに同株だそうで、葉は全縁のものと深い切れ込みの
        あるものとがあるそうです。
 
「オオアマナ(大甘菜)」:ユリ科・オーニソガラム属
        明治の末頃、ヨーロッパから入ってきた帰化植物だそうです。
 
        切り花にも数種類のオーニソガラムが出回っていて、それぞれ
        オーニソガラム・○○○○○と名前が付いています。
        いくつか覚えたのですが、しばらく手にしない間に
        …‥・*どこかへ消えました*・‥…
       

|

« アケビの仲間 -アケビ・ミツバアケビ・ムベ- | トップページ | 連休のクック »

コメント

今日、こちらは雲ひとつなく、寒くもなく絶好の天気です。
早速1時間のウオーキングをすませてきました。

偶然ですね、鎌ちゃんも、アカバナユウゲショウを
アップしましたよ。
ウオーキングの足元を、可愛くかざってくれています。


桑の木は懐かしいですね。
子どものころ、養蚕していたので、桑の葉摘みも
手伝いの一つでした。
蚕が一斉に食む音が懐かしいです。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/05/15 11:37

おはようございます。
クック君も降りたくなると悲痛な叫びをあげるのですか~? ぶんもいっしょ! くぃ~ん くぃ~んとお歌を歌い続けますよ。笑

連休中はどこへ行っても人でいっぱいですよね。
車もすごい渋滞!なので 高速は乗りませんでした。

いずれがアヤメ カキツバタ ですね。
私も去年 さんざん悩みました~
これは カキツバタでいいのでは?
水辺に咲いているし 花に白い線があるし 葉っぱが長そうです。葉っぱを触るのがわかりやすいですよ。中央に突起がないとカキツバタ 
突起があれば ハナショウブ
アヤメもないけど花の模様でわかりますよね。
黄色いのはキショウブだと思いますが・・・

端午の節句に菖蒲湯として使うショウブは 全く別の科の植物でサトイモ科ですので このようなお花は咲きません。
ややこしいですよね~

投稿: pole pole | 2008/05/15 11:43

泉の森は素敵なところですね。
おーちゃんのブログでもお馴染みですが、
一段目左の全体像は尋ねてみたくなる思いをかきたてますよん。
アカバナユウゲショウの柔らかな日を浴びた後ろ姿を見たら、
近所で撮ったままの写真を自分のところでも掲載したくなった。
でもどうしようかなぁ。内容がまとまらないし困ったなぁ。
この間例の街中の里山でヘビイチゴと出会ったので、
神崎川のオキジムシロ(と思える)と比較しようと考えて・・・。
これもまだまとまっていない。
このままだと両方とも旬が過ぎ去っていきそう。
(こんなことばっかりなので写真は貯まる一方でやんす)

アヤメはあちらこちらで咲いているのを目撃してますが、
もうカキツバタも咲き始めましたか。
今年も淀川の城北(しろきた)公園の菖蒲園に行く予定ですが、
開園は今月の末から。6月いっぱいまで見られるようなので・・・
と言っている内に気づいたら終わってた、てことにならないようにしなければ。

桑の木って高いんですね。
なんせ木の名前はほとんど知らないので見ていても気づかない情けないヤツです。

オオアマナの花は綺麗ですね。アップは額に入れて飾りたいほど美しい。
漢字は大甘菜ですか。先日の亜麻とは親戚でも何でも無かったのね。
下の説明文を読むまでは絶対血縁関係があるんだと思ってましたぁ。
サトウキビと縁戚関係は・・・・無いですか。pig

投稿: あまもり | 2008/05/15 14:42

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

そちらでは五月晴れと気持ちの良い陽気が戻ってきましたね。
こちらは、朝の晴天は長続きせず、日中雲がかかってましたが、
夕方になってまた晴れてきました。気温も昨日よりグンと上がって
過ごしよくなりました。ヤレヤレ。
鎌ちゃんは1時間のウォーキングですか。良い運動になりますね。
そのウォーキングでも会われたアカバナユウゲショウをアップ
されましたか。後で伺いますね。

まぁ、養蚕を。そうですか、桑の葉やお蚕さんとは御馴染みで
いらしたのですね。いまは日本の養蚕はほんの僅かになってしまいましたね。


◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

クックは車が好きで嬉しくてキュィ~ンということもあるんですけど、
ときには嬉しさと興奮のあまり腸の動きが活発になって、
出すもの出したくなってのキュィ~ンも。このときは後者だったみたい(^^;)
ぶんちゃんは期待と嬉しさのあまりのお歌でしょうか。

連休中の高速道路、私たちが愛知を往復したときは快適でした。
うまく、空いている時を選べたんでしょうね。渋滞にはまると
たまらないですよね。

いずれがアヤメかカキツバタか
見分けのポイントを教えてくださってありがとうございます。
葉の中央に突起ですか。なるほど、突起のないのがカキツバタ…φ(-。-)
触れたら一発で分かることができますね。
黄色の花色はキショウブだけでしょうか。水のない別の場所で
咲いているアヤメ科と思われる黄色のも見たものですから混乱しています。

私は菖蒲湯のショウブとハナショウブが全く別物ということも、
少し前まで知らずにいました。全くややこしいです~


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

泉の森、私もすっかりお気に入りになりました。
結構広いので見応えもありますし、いろんな顔を見せてくれますし。
横浜のおーちゃんがよくいらっしゃるのが分かります(^^)

アカバナユウゲショウ、あまもりさんもスタンバイ中なのですね。
街中の里山のヘビイチゴも。なかなか記事に纏められないのは
私も同じです。最初の頃は、ポンと写真を載せて○○が咲いていた、
で満足していたのですが、何年もになるとさすがにそれはどうかな
なんて思いも働きますし… かといって色々詳しいこと載せようとすると
記事を纏めるのにやたらと時間がかかって疲れちゃう。ジレンマですね。
でも、せっかくですから少々旬が過ぎても是非アップしてくださいな。
あまもりさんの綺麗な写真も語り口も大好きなんです~。

泉の森で撮った紫の花はカキツバタでいいみたいです。
咲き始めてますね。その後さらに咲き進んだと思われます。
昨年行かれた菖蒲園は開園の時期が決まっているのですね。
約1ヶ月ですか。1ヶ月って長いようで短いですよ~。

桑の木はお蚕さんの餌として栽培されていた頃は、餌用に切られるので
背の高いものはあまりなかったようですよ。
うちの近くではたまーに畑の隅に、もしかして桑?と思える木が
植えられていますが、それらは蚕のためではなく、邪魔そうに
バサバサと切られていることが多いです(^^;)

オオアマナ、額に入れて飾りたいほどなんて言っていただけて
またまた嬉しくてもだえてしまいます。偶然の賜物です。
ウフフ アマの文字は入るけれど、亜麻とは無関係っすよ。
アマナは茎が食べられて甘味があるようですが、そのアマナに
似て花が大きいということで名付けられたオオアマナはどうなんでしょ。
同じように甘かったら、サトウキビと親戚はだめでもお友達になら
なれるかもですけれど??happy02

投稿: ポージィ | 2008/05/15 18:08

黄色いアヤメ科の植物は他にもジャーマンアイリスがあります。
アヤメ科のお花は水切れを嫌いますが ジャーマンアイリスは 乾燥したところでも育ちます。
他には まだあるかも~

投稿: pole pole | 2008/05/15 19:40

人の考えは同じこと。休みともなれば、集まるところには自然と人が集まるものなんですね。

今頃の郊外、公園の散策は気持ちがいいでしょう。
緑いっぱいの中を、吹く風の匂いを感じながら、花を愛でる。いいですね。リラックスしますね。癒されますね。
人も歩けば花見っけですかね。

今日15日は久しぶりの五月晴れ、一日中気持ちのいい日でした。

投稿: 夢閑人 | 2008/05/15 19:41

出かけていて遅くなりました。
泉の森の黄色いアヤメ科の花はキショウブだと思いますが、水のないところに咲いている黄色いのは気付きませんでした。こんど行ったら確認してみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/05/15 21:46

ポージィさん、こんばんは。連休中はどこも人人ヒトで一杯だったと思います。だいたい、皆さんが一斉に休みをとるから、こういうことになります。外国のように思い思いにとれば、あの混雑は解消するだろうに。でもですよ、八ヶ岳で暮らしていて、いつも感じますが、周囲の家々に明かりが灯っているとなんとなく心丈夫だが、それが段々と消えて行くととても淋しい。日本人の特性なのかもしれません。
花の写真を見せて頂いて、オオアマナだけは知りませんでした。とても小さくて可愛らしいのにまだ目に付いたことがありません。アカバナユウゲショウは、私も大好きな花です。

投稿: polo181 | 2008/05/15 22:05

◆polepoleさん、ご再訪ありがとうございます ♪

アヤメ科の花、そうそうジャーマンアイリスなどもありますね。
今回私が首をひねっているのは、一番上左側の写真の中に
チラッと見えるのと同じような黄色の花が、散歩途中の水辺でも
何でもないところに植えられているのを見かけたからなのです。
同じようにほっそりとして。観察が足りなかっただけで実は
足元はジメジメしていたとか、あるいは別のものだったのかも
しれませんね。
この↑「泉の森」の黄色のはキショウブでしょうと、横浜のおーちゃんの
ご回答をいただけました。ありがとうございました。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

人が考えるのは同じようなことが多い、ほんとですね。
私たちが公園へ行こう、と思い立ったのと同じように、
そうだ公園へ行こうと思った方たちが他にもたくさんいたのですね(^^)

過ごし易い気候の頃の公園の散策は、実も心もリラックスするようで
本当に気持ちのいいものですね。私は特に、自然をそのまま
生かしたような造りの公園が好きで、そういう場所を歩きながら
花を見、風を感じていると、心が癒されていきます。
うふっ 犬も歩けば棒に当たる じゃなく 人も歩けば花見っけですか?


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

記事の中で助けを求めてしまってすみません。
泉の森の黄色のアヤメ科はやはり「キショウブ」ですか。
ありがとうございます。
実は、そのキショウブとそっくりに見える花が、近所を散歩中
水辺でもじめついてもなさそうな場所で咲いているのを見かけたのです。
検索でアヤメ科の黄色の花を調べてみましたが、私の見たほっそり姿の
黄色はキショウブしか探せませんでした。ジャーマンアイリスでは
ないのです。観察不足で、実は根元はじめついた状態にしてあった
のかもしれませんが。あるいは園芸種の新しいものなのか??
 

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
連休中はどこもかしこも混雑だったのですねぇ。
ちょっとした公園ですらこの人出でびっくりしてしまいました。
ガソリンの値上がりも近場でお金のかからない公園に人を呼び寄せた
のかもしれないなとも思いました。

日本の休みは、いまだに1ヶ所にまとまっていますよね。
それ以外には個人個人では取りづらい状態で…よって民族大移動とか
集中的混雑も起きてしまいます。
poloさんの周囲の別荘の明かりが一つまた一つと減っていくときに
感じられる寂しさ、というの分かります。
人間はやっぱり集団的社会性の生き物なんですね。
そのなかでも日本人というのは、より個より集団を好むように感じられます。

アカバナユウゲショウはpoloさんもお好きなのですね。可愛らしい花ですね。
3年程前にはうちの近所にも山のように咲いていたのですが、一昨年からは
ずいぶん減ってしまって寂しく感じています。
オオアマナもなかなか可愛らしいですね。私も今回が初めての出会いでした。
 

投稿: ポージィ | 2008/05/15 22:21

予報に反してカラッとした天気の日が少なかったので、連休最後の6日は晴天に恵まれ、格好のお出かけ日和になったしまったんでしょうね。
確かに大勢の人が押し寄せていますね。
でもこのくらいならまだまだですよ。

アヤメ科の花の見分けかた、とんとわかりません。
ポージィさん同様、あるサイトを読んではみたのですが、一向に言葉が伝わってきませんでした。
端から理解する気が無いのを、見透かされたようです(笑)。

キショウブの件ですが、私の見る限りの話ですが、別に湿気の多いところと関係なく、平気で育ってますよ。
ひどく乾燥したところでもない限り、生育可能なんじゃないかと思います。
それとは関係ないでしょうが、特定外来生物の候補にもなっているようですよ。
逞しい植物なんでしょうね。

投稿: goros | 2008/05/16 03:14

目的地が変更になったそうですが、クックちゃんもスッキリできたことだし。
なにより連休で一番のお日和に恵まれてよかったですね♪
ところで……
pole poleさんの「アヤメもない」に「はて?」と思ったんですが。
「文目(あやめ)」のことだったんですね!
アヤメ科の「模様、色合い」と「道理、区別」の掛詞なんでしょうか。
とっても素敵なコメントに、朝からいい気持になれました。(^^)

投稿: nanbu | 2008/05/16 08:00

キショウブは湿地が好きですが、たくましいのでgoroさんのご指摘どおり普通の庭などでも咲くようです。
http://flower365.web.infoseek.co.jp/05/732.html

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/05/16 08:12

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうですね。カレンダーの4連休、お天気に恵まれませんでしたものね。
久し振りに気持ちよく晴れた最終日の6日は、誰もがそれっ!と
ばかりに繰り出したのでしょう。ただし最終日だから近場へ(^^)

アヤメ科の見分けは悟郎さんにとっても鬼門ですか?
見分け方がまとめてあるのを読んでも頭に入ってこないわけは、
はなから理解する気がない…おぉぉ痛いところをつかれました(笑)

あ、キショウブは湿地じゃなくても大丈夫なんですか。
そうなんだ~それじゃ、近所で見かけたのもキショウブですね。
ありがとうございます。すっきりしました~(^^)
特定外来生物の候補?そんなに強いんですか…


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ほんとに、最後の最後にやっと訪れた素晴らしい日和でしたね。
ちょっと暑いくらいでしたが。
クックは、連休中ずっと、家にいるときも私たちの行動を見張って
いたので、最終日の6日はかなりお疲れのようでした。
(連休始めの方で行った愛知で、お見舞いだの友人訪問だの食事会だのと、
 立て続けに留守番させたのが効いてしまったようです)

polepoleさんの「アヤメもない」にピピッと反応されるとは、
さすがnanbuさんですね。私などアヤメの網目模様のこととと
頭の中で自動翻訳したようで、言葉は素通りでした。
掛詞として使われたのでしょうか。素晴らしいです!(^^)


◆横浜のおーちゃん、ご再訪ありがとうございます ♪

調べてくださったのですか。
リンクしてくださった先、見てきました。
ちゃんと「乾燥にも強く庭でも栽培できます。」と
書いてありますね!!(^。^)
悟郎さんもご指摘くださいましたし。
おかげさまで、近所で見たキショウブそっくりの黄色の花も、
そっくりさんの別物ではなくキショウブと納得できました。
ありがとうございました。 あぁ~スッキリ

投稿: ポージィ | 2008/05/16 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41147590

この記事へのトラックバック一覧です: 連休中の公園:

« アケビの仲間 -アケビ・ミツバアケビ・ムベ- | トップページ | 連休のクック »