« 今年も見たよ キウイの花 | トップページ | 風薫る »

2008/06/02

ミカンとユズ -油点-

み~かん~のは~なが~ 咲~いて~いる~ ♪ と歌えるように、 
ちょうど咲いている時期にアップできるとよかったのですが… 
ほとんど咲き終わってしまいましたthink それはともかく、今年も白く清楚な花と
爽やかないい香りをたっぷりと楽しませてもらいました。
 
今年は、ナツミカンかダイダイか何かわからないまま毎年撮っているミカンの花の他に、
ユズの花も撮りました。どちらも造園屋さんのストック場のものです。
このユズの木は毎年たくさんの実をつけるのですが、花もそれはもうたくさん咲いて、
花盛りには葉より白い花の方が目立つほどでしたよ。
さて、そのミカンの花とユズの花、下の写真のそれぞれどちらのグループがそうか、
見分けられますか? 私?撮った本人だから分かるだけで見分けられませ~ん
               (写真クリックで少し大き目写真をご覧いただけます)
 
【Aグループ】
080516mikan_hana2 080516mikan_hana1 080516mikan_hana3
                                    ( 5/16 撮影 )

【Bグループ】
080522yuzu1 080522yuzu2 080522yuzu3
                                    ( 5/22 撮影 ) 

柑橘類の果実の表面は、多かれ少なかれデコボコしていて半透明の点々が
ありますよね。あの点々は「油点(ゆてん)」というもののようです。ミカンの仲間の
葉を透かして見ると、光を通す点が多数散りばめられていて(私は未確認)、
これを油点といい、中に特有の香りのする油がつまっているのだそうです。
ミカンの皮は葉が変化したものとされるそうですから、果皮にある透明の点々もまた
油点で、皮を剥くとき手に油が飛び散るというわけです。
その油点のようなものが、上のAB両グループの花弁の外側にもあることに、
今回初めて気付きました。油点は葉にも花にも果実の皮にもあるのですね。
 
「ダイダイ(橙)」「ナツミカン(夏蜜柑)」
「アマナツ(甘夏)」「ユズ(柚子)」 など :これらはみな ミカン科・ミカン属 
         (ミカン科の柑橘類には、他にキンカン属、カラタチ属があります)
 
   答え 【Aグループ】…なんとかミカンの花
       【Bグループ】…ユズの花 
 

|

« 今年も見たよ キウイの花 | トップページ | 風薫る »

コメント

花だけ見ていたのでは ナツミカンだかユズだその違いはわかりにくいですよね。
葉の付け根にある翼を見るとわかると思います。
ナツミカンは 翼が小さいですが ユズはとても大きくもう1枚葉があるように見えます。
花つきもユズの方が多く 刺もたくさんあるようです。
間違っていたりして・・・その場合はごめんなさいです。

去年のナツミカンです。

http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-406.html

投稿: pole pole | 2008/06/02 11:50

なかなか花を見ただけでは区別がつきませんね。
近所にレモンが生っていて花も咲いていたようなので撮ってみようと今日行ったらしぼんでいました。
またチャンスがあったら撮ってみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/06/02 17:26

ミカンの花って、オジベの根元がくっついてて王冠のようになってるんですね。

>花弁の外側にもあることに、今回初めて気付きました。

それにしても、「ミカンの皮は葉が変形したもの」だからと
花弁にも注目するのが、さすがポージィさんですね!(・o・)
確かに花びらにもミカンの皮のプツプツみたいなものが見えます!!
こうなってくると葉の油点も確認したくなっちゃいますが
年末にお供えモチの上にのせる葉付きのミカンが店頭に並んだ時
私も絶対見てみようと思いました。(^o^)

投稿: nanbu | 2008/06/02 17:47

◆polepoleさん、ありがとうございます ♪

ナツミカンとユズはそういう見分け方があるのですか。
また機会があったら、上の写真を撮ったユズ(Bグループ)に触って
確かめてみます。葉の付け根の翼ですね。φ(-.-)memo
花付きは確かにユズの方が圧倒的に多かったです。そして実の数も。
Aグループのミカンの方は、もう何回も花も実も見ているのに
いまだに何ミカンなのか分からずにいます。
polepoleさんの昨年のナツミカン(リンクをありがとうございます)
にも似ているように思えますが(^^;)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

Aグループ↑の何とかミカンは、もう何回も花も実も見ているのに
私には何か分からなくて、情けないことです。
ナツミカンのような気がしなくもありませんが。
Bのユズの方は、ユズと分かっていて見ていますが、そうと
知らなかったら、花からだけはやっぱり分からないものですね。
おーちゃんのご近所に、レモンの木がありますか。
私が昨年見たレモンの花は、花びらの外側がうっすらと紫色に
色が付いていました(蕾のときも薄紫色)。全てのレモンの花が
同じような色つきで、他の柑橘類に同様のものがないとしたら、
レモンの花はこの色が大きな手がかりになりそうですが、どうなので
しょうね。おーちゃんもまた咲いているときにお会いになれますように。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ほんとですね。王冠のようになってる~crownhappy01
その内側にメシベが守られているかのよう…

花びらの油点には、パソコンに写真を取り込んで見てみて
気付きました。ミカンの皮が葉の変形というのは以前読んだ
覚えがあって、それでか!と納得。
でも、そもそも花そのものが葉の変形だったような~~(^^;)
ね~ 葉の油点も是非確かめてみたくなりますよね。
私も、こんどミカンやユズの木の近くへ行ったらちょっと失敬して
葉を日に透かして見てみようと思います。
nanbuさんもぜひお飾り用の葉つきミカンでお確かめくださいね。

投稿: ポージィ | 2008/06/02 18:02

ポージィさんの解答を見る前にAとBをそれぞれ見比べてみたけど、
雌しべの色が違うのかなぁとか花弁は?とか。
もう分からんとギブアップ。
AがミカンでBがユズですか。
こちらではユズ以上にお馴染みのスダチもよく似ているのかなぁと思ったり。

油点ですか。初めて知りました。花弁の外側にもその油点があると。
おお、緑のソバカス、これが油点なんですね。
子供の頃、お正月にミカンを沢山食べて指先が黄色くそまったことがあるけれど、あれもソバカスのせい?いやあれは色素のせいかも・・・。

投稿: あまもり | 2008/06/02 18:45

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

う~ん、観察眼おありのあまもりさんにもはっきりした違いは
お見えになりませんでしたか。やっぱりそうですよねー。
はい、Aが(ナツ?)ミカンでBがユズで~す。
今、スダチの花を検索していくつか見てみましたが、私には
やっぱりさっぱり見分けが付きませんでした。
でも油点は同じようにありましたよ(^^)
上の写真では、Aはいちばん左、Bはいちばん右の写真に
油点がいちばんよく写っていると思います。Bの真ん中の写真は
油点に光が透けているのが写っていました。
(全部肉眼では気づかなくて、パソに取り込んで気付きました)
フフッ ミカンをたくさん食べて指先が染まったのは色素の
せいかな。でも手の平が何となくぬらぬらとした感じになるのは
油点から出た油分なんでしょうねpaper

投稿: ポージィ | 2008/06/02 20:58

も~~~!先に歌ったらだめですよ。
とても大好きな歌ですから、歌わせて欲しかった!!(笑)
ミカンとユズの花を区別しろといっても、
ミカンの花も見たことないのですから無理です。
ユズってどんな実だっけ??
あ~~そうか、ユズ風呂のユズですね(汗)

こんなミカン(未完)の鎌ちゃんですから、正解は、
他の皆さんにユズ(譲)ります。
いつもつまらないコメントですみません。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/06/02 21:58

ポージィさん、こんばんは。今回、この記事を読ませてもらって、油点に大変興味を持ちました。皮に有る油点は果実にもなにがしかの関連がないのか。私は毎日必ず4個の柑橘類を食べています。今は一番食べやすいオレンジを食べています。皮を剥く度に手がビショビショになります。油点が潰れて飛び散ったものなのですね。その度に手がヌルヌルする感じがあります。洗っても、肌がスベスベしているのを感じます。冬至に柚子湯に入りますね。私が一切風邪を引かないことと、油点との間になにかしら関係があるのではないかと考え始めました。

投稿: polo181 | 2008/06/02 22:08

Bがユズだとわかりました〜!

何故なら、僕も毎年近所のお宅の、何とかミカンの花を見ているから(笑)。

実になる雌しべの先が、Aはユズっぽいですね♪

投稿: noodles3 | 2008/06/03 00:17

ミカンのグループとユズの違い、まったくわかりませんでした。
柑橘系は、果実を見るとおおまかにはわかります。
(ナツ)ミカンも、果実が熟れたときと樹形とで見分けることが出来ると思っていますが、花だけみてもわかりません。

油点に注目してレポートしていただいたことで、疑問にも思っていなかったことがわかりました。
葉っぱを通す光のことは、気が付いていたんです。
あれは油点のせいだったのですね。
葉にも花にも果実の表面にも、すべてに油点があるってことですね。
大いに納得させていただきました。
ミカンの皮は葉が変化したものだということも、初めて知りました。
勉強になりました。

投稿: goros | 2008/06/03 00:59

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

あれれ、お好きな歌でしたか。先に歌っちゃってごめんなさ~い。
それじゃご一緒にいきましょうか、いちにのさん、ハイ
み~か~ん~の はぁなが~ ♪ (^^)

お店に並ぶ柑橘類の実、私はレモンとユズと温州みかんだけは
はっきり分かりますが、あとは曖昧だったり全然分からなかったりです。
ましてや花となったらお手上げsad
ポージィもミカンで、見分けは他の方におユズりします。
鎌ちゃんのジョークに今日も楽しい気分にさせていただきました。
つまらなくなんかないですよ~ これからもよろしくお願いします(^^)


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。油点に関心を持ってくださって嬉しいです。
poloさんは毎日4つも柑橘類を食べていらっしゃるのですか?
体によさそう~ 私もこの季節は毎日オレンジを食べますが、
2人で1個です。寂しいぃ(^^)アハハ
柑橘類の皮にはリモネンという成分がたくさん含まれていて、
そのリモネンは胃の働きを活発化したり、体を温める作用があると
いわれているそうです。また、柑橘類の主な栄養素には、カリウムやビタミンC
などがあり、カリウムはナトリウムの排泄を促進し、高血圧予防やむくみ解消、
ビタミンCは風邪や感染症予防、がん予防、老化防止、抗ストレスなどに
効果があるといわれていますね。
油点の成分と果肉の成分とのつながりは私には分かりませんが、
確かに興味深いです。
いずれにしても、ユズ湯に入ることも柑橘類を食べることも、
体に良いことですね(^^) 風邪を一切引かれないとは、すばらしいです!


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

わぁ~すごいですね! Bがユズとお分かりになりましたか。
毎年ご覧になっているナントカミカンの花とはちょっと
違いましたか。私はその違いが何だかちっとも分からなくて…(^^;)
たしかに、ユズの花は真ん中の雌しべの先が黄色っぽいですねぇ。
うむうむ


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

さすが悟郎さんは果実の見分け、木の見分けにはかなり自信あり
でいらっしゃいますね。でも花での見分けはやっぱり難しいですか。

葉の油点には気づいていらしたんですね。
私は花びらの外側の油点に最初に気づいて、それから葉にもあると
知りました。果実の皮にあるのは子供の頃からそういうもの、
として当たり前に見てきましたから、同じく疑問にも思ったこと
ありませんでしたよ。
葉にも花にも果皮にもある油点、柑橘類の特徴だったのですね~
サンショウもミカン科で葉に油点があり、葉を手のひらでパン!と
叩いて香りを出すのは、油点を破裂させているんだってことも
初めて知りました。ミカンの皮は葉が変化したものというのも
初めてでしたが、これは花が葉の変化したものということから
考えると、さもありなんという感じですね。
いやいや、私も勉強になりました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008/06/03 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41352044

この記事へのトラックバック一覧です: ミカンとユズ -油点-:

« 今年も見たよ キウイの花 | トップページ | 風薫る »