« 初々しく -初夏の公園で- | トップページ | ハーブの花たち -初夏の公園で- »

2008/06/26

きらめく命 -初夏の公園で-

爽やかな風が吹き抜け日差しきらめく初夏の公園では、さまざまな生き物たちの
命もまた、きらきらと輝きを放っているようでした。
        (写真クリックで少し大きめ写真をごらんいただけます)
 
 080601_5kamemusi  080601_24ru_chou
    < 「ナガメ」のカップル >      < 「ルー」で羽を休める蝶 >
 
「ナガメ」=「菜亀」は、アブラナ科の植物が好きなカメムシの仲間だそうです。
黒い体に描かれた赤い筋の模様が人の顔のよう。たくさんのカップルがいました。
 
「ルー(ヘンルーダ)」:ミカン科・ヘンルーダ属 はハーブの一種です。
虫たちのお気に入りのようでした。羽を休めているのは「キタテハ」でしょうか?
 
 
 080601_37sakuranbo  080601_48komorebi1
 < サクラの木に生ったさくらんぼ >  < 木漏れ日にきらめく若葉 >
 
 
 080601_11cook2  080601_43cook6
 
木漏れ日の草むらにお座りさせたクックは、いつになく寛いで「マテ」ができました。
すっかり足腰も弱ってきたクックですが、普段の散歩と違う開けた公園を歩くときは
顔に輝きが戻ります。3人一緒が嬉しいのかな。
右の写真では、離れた場所にいる私がちょっと気がかりのよう。
でも穏やかな表情をしていました。
 
  

|

« 初々しく -初夏の公園で- | トップページ | ハーブの花たち -初夏の公園で- »

コメント

こんにちは~
今日は鬱陶しい雨模様ですが
写真の新緑の色はまばゆいですね!
この時期は、緑が奇麗で心が軽くなります。

クックちゃんホント嬉しそうですね。
動物を見ていると、
素直に感情を表現するなあ、と羨ましく思います。

うちの心も、インコといえど
上を眺めては不思議そうな顔をするし・・・
(この顔が一番かわいい!!)
嫌がらせをすれば、怒るし。。笑

投稿: SAKURA | 2008/06/26 10:21

あ・・・上のコメントは私です。笑

投稿: SAKURA-MOCHI | 2008/06/26 10:21

クックちゃん おはよー
今日のご機嫌がいかがかな?
えっ 寒い?
そうそう、今日は姫も寒いんだ~
クックちゃんは何歳たっけ?
もし前にも聞いていたら覚えられないやつと思ってね^^
いつもママを見てるね。
ママはなんでしつこく写真を撮っているか、知ってる? 笑)
もう慣れた?
公園のお散歩は気持ちいいね。
またみんなで行ってみてね。
じゃ バイバ~イcherry

投稿: 池田姫 | 2008/06/26 10:25

木漏れ日が美しい、晴れた公園はゆったりしていて、クックちゃんがとてもうれしそうですね。
動物にとっても和めるこの時間は、日々是非確保したいもんだと実感しました。
この時期の木の観察のや虫が活発に行き交う映像がなんとも言えず小説の世界のように写りました。
このサクランボは食べられるのでしょうか。
今年は美味しいから、この木のも甘いでしょうか。

投稿: tona | 2008/06/26 10:57

何度も言うことですが、ポージィさんの、
生命に対する優しさが、輝いていますね。
「ナガメ」も「蝶」も「サクランボ」も
「若葉」も「クック」も、どれも
優しいまなざしに見守られて、安心しきって
いるように見えます。
さ~~、その優しさに包まれて、
鎌ちゃんもお昼寝といきます。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/06/26 12:30

今日の写真はいつもにましてさわやかですね!
自然の営みの中に身を置くと
自分の小ささが感じられて
くよくよするのがばかばかしく思えたりします。
クックちゃんも足腰が弱くなってますか。
こゆきもすごくよろよろしてます。
よくつまずいたり、こけてころがったりしてます。
今後が心配です・・・

投稿: koko | 2008/06/26 12:57

初夏の公園でシリーズですね。
昨日は初々しく、今日はきらめく命。
ポージィさんの爽やかな目を通して見る初夏の自然。いいですねぇ。
春の柔らかな日差しと違いこの明るい日差しが何とも初夏らしい。
あらナガメさんお久しぶり。家には持ち帰りたくないカップルですね。
ルーってルー大柴さん?
なんだハーブのヘンルーダさんですか。
変なルーだ・・・ってやっぱりルー大柴だった(^_^;
クックたん穏やかなまなざし。
今日はゆっくりお花を撮っててもいいよって。

投稿: あまもり | 2008/06/26 13:49

初夏の草花に群がる、虫達の登場ですね!
キタテハっていうんですかあ。

いつも、虫の名前までは同定しないことにしています。
自分の首を絞めるようなもんです。

何故って、怖いんです。
虫じゃなくて、違う領域にハマってしまいそうで(笑)。。。

投稿: noodles3 | 2008/06/26 15:05

初夏の公園 梅雨の晴れ間を縫って太陽がまぶしいですね~
貴重な時間です。
クックちゃんも出動してご家族で仲良くお散歩の風景はいいもんですね。
サクランボ ちょっと前までは赤だったけどもう黒紫色に変化して食べられそうですね。
美味しくはないけど。笑
↑ のあまもり さんのコメに噴出してしまいました~~

投稿: pole pole | 2008/06/26 15:08

初夏の日差しは、まさに「きらめく」って感じですよね。
そして人間にとって気持のいい気候は、他の生き物にとっても気持がいいんでしょうね。
昆虫も植物も「きらきらと輝」いてるように感じます。
草むらのクックちゃんの横顔も、正面を向いている顔も穏やかそうで。
気持の良さが伝わってきました。
みんなみんな輝いてますね。(^o^)

投稿: nanbu | 2008/06/26 15:58

nanbuさんに対抗して
私から見て、輝いてるのはクックちゃんだけですgoodhappy01
うちでコメントしてくださったように
この散歩は非日常が嬉しかったんでしょうかnote
木漏れ日の中で寛ぐ姿も
ポージィさんをジッと見る眼差しも
傍で見てたご夫妻にとっては
何とも言えない心が休まる瞬間だったのでは。。
時間よ 止まれ!と言いたくなりました(^_^)

投稿: miki | 2008/06/26 16:40

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
今日は冷たい雨ですねー 震え上がってます。
本格的な夏が来る前の葉っぱたちの緑はホント綺麗で…
仰るとおり、まばゆいばかりですね。
そんな緑たちを見ていると心が安らぐと同時に明るくもなります。

クックも気持ちがよかったのでしょうかね。この日はいい表情を
たくさん見せてくれたように思います。
うんうん、動物達は素直に感情を表現しますよね。
一緒に暮らしていると細かな表情の違いも分かるようになって。
心ちゃんもきっと色んな表情を見せてくれてるんでしょうね。
昔いた手乗り文鳥を思い出しながら想像しています。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

こんにちは、姫しゃま。僕にお便りありがとう。

今日は寒いみたいだね。ポージィも寒い寒いて言ってるよ。
僕はそうでもないので、ベッドの中と床の上を行ったり来たり
しながらごろごろウトウト…。
僕の歳?えっと14歳と5ヶ月で、人間で73~4歳なんだって。

ポージィはねぇ、いっつも「ちょっと待ってね」とか言って
しゃがみこんでるんだよ。1人なかなか来ないんだから困ったもんです。
まぁ大分慣れたけどね。僕もたくさん立ち止まりたい方だし。
でもポージィと僕とじゃ立ち止まる訳は違うみたい。
写真撮ってるんだよね。どうしてかは分からないや。

姫しゃま、風邪引かないようにね。それじゃまたdog
                        by クック


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

梅雨入り前、さほど暑くもなくカラッと爽やかな風の吹く公園は
木漏れ日も美しく穏かで、クックもいつになく寛いで見えました。
梅雨明け後は、蒸し暑くてあまり楽しめる状態ではなくなって
しまっているのでしょうね。

ひとこまひとこまを小説の世界のようと、そんなふうに見て
いただけて、とても嬉しいです(^^)
桜の木に生ったさくらんぼも食べられるそうですよ~
私は試してみたことが無いのですけれど。
残念ながらあまり美味しいものじゃないそうです。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

鎌ちゃん、いつも褒めてくださってありがとうございます。
優しい気持ちで見ることができる生き物達はいいのですが…
殺虫剤をプシューとかけちゃう生き物(毛虫とか)もいますから。
ときに矛盾した行動をせざるをえないことが残念です。

昨日下さった鎌ちゃんのコメントへのお返事について謝らなくては
いけません。
「ヒルザキツボミソウ……本当に初々しいですね」を受けて、
「鎌ちゃんのジョークを危うく見逃すところでした」と私。
私ったら自分が「ヒルザキツボミソウ」とキャプションを付けて
いましたね。それに全然気付かずお返事書いていたんです。
悟郎さんにご指摘いただいて初めて気付きましたよ。
失礼しました、ごめんなさい。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

この日の爽やかさをお感じいただけて嬉しいです(^^)
そうですね。とくにこんな風な穏かな自然の営みの中にいると、
いつの間にか心がほぐれていきますね。
あるがままに淡々と、でも一生懸命、ただ生きる…
命を授かったものの基本のようなものを再認識させられます。

こゆちんも大分足が弱っていますね。よろけたりコケたり、
クックもします。立っているとブルブルと震えも激しいですし。
犬は後ろ足から衰えが来るそうですけれど、小型犬でも歩けなく
なってしまうなんてことがあるんでしょうか。お互い心配ですね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

梅雨入り発表前日の、初夏の公園を3回シリーズでーす。
この日は実に気持ちのいい日でしたから、その爽やかさを
少しでもお伝えできて嬉しいです(^^)
同じようにきらめいているようでいて、春の日差しと
初夏の陽射しはやっぱり違いますね。周りの緑たちの演出も
効果大なのかもしれません。

ウフフ ナガメさんたち、妙にたくさんいたんですよ。
それもほとんどみなカップルで(^^;)今はもっと
増えてるのかも~ はい、お持ち帰りは遠慮いたします。
 
ブフフ 変ルーだ っていえばかのお方以外いませんよねぇhappy02
あまもりさん、ナイス♪ 超ラフ(laugh)したゼ
(ありゃ、ルー語っていざ喋ろうと思うと結構難しいのね coldsweats01

クックのまなざし穏かですよね。いつもこんな風に寛容で
いてくだしゃいな。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

滅多に撮れない虫さんなので、撮らせてもらえたらできるだけ
登場も願うことにしようかと(^^)
ネットの昆虫図鑑でみたところ「キタテハ」のようでした。
もし調べられなかったら、そのときは「蝶」「虫」でアップしまーす。
虫たちもね…すごく似ているのに種類が違う、ってお方たちが
たっくさんいますからね。はい、怖い世界でございますcoldsweats01


◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

曇りや雨の日が多いと、ことさら太陽の陽射しが眩しくきらめいて
感じられますよね。
この日は梅雨入り発表前日だったのですが、5月のうちから
雨や曇りが多く、それだけに貴重な爽やかな一日でした。
去年の秋から、それまで以上に公園散歩をよくするようになりました。
自分の楽しみのためも大きいのですが、クックを一緒に「お出かけ」に
連れ出してやりたくて。楽しんでくれているようです。
サクランボ、もう黒く熟していますか。私は食べてみたことが
無いんですよー。しっかり熟してもやっぱり美味しくはないんですねcoldsweats01
はい、あまもりさんのコメントには私も爆笑でした~happy01


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

春のキラキラとも真夏のギラギラとも違う初夏ならではのきらめきshine
緑たちがまだまだ初々しくて綺麗なだけに、そのきらめきが
引き立つのでしょうね。
ええ。人にとって気持ちのよい季節は、他の生き物達にとっても
気持ちのよい季節、私もそう感じます。
多くの生き物達がこの季節に子育てをするのもうなずけますね。
この日は、nanbuさんが書いてくださったように「みんなみんな輝いて」
いるようなとても綺麗な日でした。翌日に梅雨入りが発表され、
自然界からのpresentだったんだと思ったものです。
 

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

アハハ 輝いているのはクックだけですか?
特別扱いしてやってくださってありがとうございます~happy01

そうそう。mikiさんとこでコメントさせていただいたように、
クックにとって3人一緒&車に乗ってお出かけの非日常の嬉しい日。
この日はさらに気持ちもいつになく穏かなように見えました。
クックも心も体も寛げていたのかもしれません。
もちろん、私たちにとってもですね。
こんなときは、ほんと -時間よ止まれ- ですねsandclock

投稿: ポージィ | 2008/06/26 18:00

「きらめく命」の代表として、ナガメのカップル、ルーで羽を休めるキタテハ、木に生ったサクランボ、木漏れ日にきらめく若葉、それに最後はクックくん。中でも私の目をひいたのは、やはりクック君です。緑の中は私達の心を和ませてくれるのと同じように、犬をもリラックスさせる作用があるのでしょう。右の写真などは、そんなに老いた犬とは思えません。すっくと立っていて、とても元気そうです。「早くおいでよ」と訴えている表情に見えます。

投稿: polo181 | 2008/06/26 21:46

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
ひとつひとつ丁寧に見ていただきありがとうございます。
その中でクックにご注目くださいましたか。
森林浴はマイナスイオン効果で体に良いといいますし、
緑の目からの癒し効果リラックス効果も抜群。
人がそうなら犬もそうなのかもしれませんね(^^)
写真だと、足の震えが写らないおかげで、クックの立ち姿も
あまり老いを感じさせませんね。
私が写真を撮って遅れていると、よくこんなふうに
立ち止まって見つめています。poloさんの仰るとおり
「早くおいでよ」と言っているのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2008/06/26 22:20

今年は緑豊かな季節を堪能したという思いが無いんですよ。
梅雨入り前から変な天気でしたしね。
ここのところは鬱陶しい雨空が続いていますし。

でも虫たちの姿は、日毎に増えています。
自然界とは、そういうものなんですね。
みんな限られた一生を、精一杯生きているんですね。

ポージィさんたちにとって、公園で寛ぐのは大切な時間なんですね。
クックくんの表情をみても、それがよくわかります。
穏やかな時間を過ごすしあわせ、いつまでも続いて欲しいです。

投稿: goros | 2008/06/27 04:23

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

新緑の季節にその瑞々しい緑たちのシャーワーを堪能できて
いらっしゃらないのですか?悟郎さんのリビングでですら?
たまたまお天気と行かれるときのタイミングが合わなかったのかしら。
どよ~んとした日に木々の下を歩いても緑はあまり綺麗に見えませんし
気分も明るみませんものね。たまの晴れやかな日に公園へ出かけられた
私たちがラッキーだったのかもしれません。

はい、虫たちは増えてきています(^^;)(もちろん蚊も!)
すっきりしないお天気が多くたって、気温差が激しくったって、
自然界の生き物達はそのときどきを精一杯生きているんですねぇ。

私たちは、もう随分の間「遊び=公園行き」になっています。
私があまりに頻繁に立ち止まるので、夫とクックにはストレスも
あるかもしれませんが、それでものんびり寛げる大切なひとときに
なっていると信じています(^^)
ささやかな、でも大切な幸せの時間が、これからも続いて
いってくれるよう私も祈っています。

投稿: ポージィ | 2008/06/27 09:30

一年365日、すべての生き物達は、黙々と生き続けているのですね。
中でも春から初夏にかけては、いろんな生き物達が生まれ出てくる季節。

冬の眠りから覚めて、芽吹き、生まれ出る。生き物が一番生き生きと感ずる季節です。
木漏れ日に映える新緑の葉の中を散策する気持ちよさ、心の中まで洗われる様な気がします。
「木漏れ日の匂い嗅ぎつつ一休み」と言った感じのクックちゃん。とてもリラックスした感じです。

普通の桜の木にもサクランボが出来るのですね。
今まで注意して見たことがありませんでした。
蒔いたら芽が出るのでしょうか?

カメムシで検索したら、沢山の種類が出てきました。
もちろん「ナガメ」もありました。
人面カメムシ、思わずふき出さずにはおられないのもありました。ちょっと触っただけでも臭い奴、何のためにあんな恰好をしているのでしょうか。不思議です。生きるため?

投稿: 夢閑人 | 2008/06/27 10:29

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

生き物達、黙々とひたすらに生きていますね。
悩んだり迷ったり背を向けたりするのは人間だけかもしれません。
新しく生まれた命も、新たな命を生み出そうとしている生き物達も、
みないきいきと輝いて生命力に溢れていますね。素適です。

緑の間を縫って吹く風も爽やかで、クックもやっぱりこういうのは
気持ちいいのですね。穏かないい顔をしていました。

サクラの木にサクランボが生っていること、時々ありますよ。
品種までは分からないのですけれど。山ではこういう実から、
長い長い年月をかけて新しい木が育ってくるのかもしれませんね。
蒔いて芽吹くか試してみたいですね(^^)

アハハ カメムシ検索されたのですか?たくさんいますよね~仲間。
私もナガメはカメムシ検索で名前を見つけました。
あまり近くには来てもらいたくない虫です。

投稿: ポージィ | 2008/06/27 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/41579074

この記事へのトラックバック一覧です: きらめく命 -初夏の公園で-:

« 初々しく -初夏の公園で- | トップページ | ハーブの花たち -初夏の公園で- »